一人暮らし wimax テザリング。 WiMAXでのテザリング利用のメリット・デメリットをまとめ徹底解説

一人暮らしにおすすめネット環境とは?失敗しない選び方を解説!

一人暮らし wimax テザリング

ソフトバンクやauなど大手通信キャリアが有料化するなど話題のテザリング。 テザリングが有料になり、WiMAXなどモバイルルーター併用を検討する方も多い様子。 外出先でパソコンやタブレット端末を使う場合、iPhoneなどスマートフォンのテザリングは便利で、WiMAXやポケットWiFi無しでもテザリング可能なスマホがあればインターネット通信可能な点がメリットです。 一方、 テザリングのデータ通信量やスマホのバッテリーの確認が必要な点がデメリットで、WiMAXなどモバイルWiFiルーター併用の方が便利で料金が安い場合も。 このページではスマートフォンや携帯の4G LTE回線を使う テザリングによるインターネット通信と、WiMAXルーターを使った通信の速度や通信制限を徹底比較!メリット・デメリットや料金、使い勝手の違いをドコモやソフトバンク、auなどキャリア別に比較・紹介、どちらがお得でどっちがおすすめか?を解説します。 コンテンツ• テザリング有料化!WiMAXなどWiFiルーター併用を検討するべき? 従来、大手通信キャリアでは実質無料提供だったテザリングオプション。 auとソフトバンクは2018年にテザリングを有料化、一方ドコモ(NTT docomo)は現在も無料でテザリングを利用できます。 テザリングオプションが有料ならWiMAXなどモバイルWiFiルーターの併用・申し込みを検討すべきか悩みますが、 料金はテザリングとWiMAXのどっちがお得でしょうか?WiMAXがあれば、より快適、便利にインターネットが使えるでしょうか? テザリングとはパソコンやタブレットをインターネット接続する機能 WiMAXとテザリングの比較の前に、そもそもテザリングとは何か?を説明します。 テザリングとは、パソコンやタブレット端末をインターネット通信やテザリング可能なスマホや携帯電話とWiFiなどで接続、 スマホや携帯をアクセスポイント(中継地)として、パソコンやタブレット端末でインターネット通信を可能にする機能。 テザリングではiPhoneなどのスマホや携帯がアクセスポイント、 WiMAXの場合はWiMAX専用のルーターがアクセスポイントとなりインターネット接続する点が違いですが、通信の仕組みはよく似た形です。 テザリングやルーターの接続方法はWiFi・Bluetooth・USBの3種類 テザリングとWiMAXによる通信は、接続方式も似ています。 パソコンやタブレット端末とスマホ・携帯、またはWiMAXルーターをテザリングで接続する方法には、 WiFi接続、Bluetooth接続、USB接続と3つの方法があり、このうちテザリングでよく利用される方法がWiFi接続です。 最も通信速度が速いUSB接続と最も遅いBluetooth スマホのテザリングでもWiMAXルーターとの接続でも、最も通信速度が速いのはUSB接続によるテザリング方法。 ただし、 USB接続用のケーブルが常に必要で、ケーブルの範囲内でしかテザリング、WiMAXを利用できない点がWiFi接続と比較したUSB接続のデメリットです。 一方、WiFi接続と同様に無線接続でき、バッテリー消費も少なく使い勝手の良い点がメリットのBluetooth接続は、 規格上通信速度が1Mbps前後で、スマートフォンのテザリングでもWiMAXでも通信速度が遅い点がBluetoothによるテザイング方法のデメリットです。 3つの接続方法を比較すると上記のメリット・デメリットがあり、 最もバランスが良いのがWiFi接続。 以降のテザリング、WiMAXの説明もWiFi接続を前提にしています。 テザリングとポケットWiFiの比較~メリットとデメリットの違い テザリングとWiMAXなどのポケットWiFi、どちらも外出先でのパソコンやタブレット端末のインターネット接続に便利な方法ですが、携帯やスマホの 4G LTE通信回線を利用するテザリングと専用の通信回線やWi-Fiルーターを利用するポケットWiFi・WiMAXでは、比較するとメリット・デメリットに違いも。 以下、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。 iPhoneなどスマホによるテザリング利用のメリット WiMAXなどモバイルWi-Fiルーターを別途契約・併用せず、携帯電話やiPhoneなどスマートフォンのテザリングのみとする場合のメリットは、以下の2点です。 ・持ち歩くのが、 携帯やiPhoneなどスマホ一台だけで済む ・通信会社の 契約も携帯電話・スマートフォンで一本化できる 小型とは言え、ケータイ・スマホと別にWiMAXなどのWi-Fiルーター端末を持ち歩かずに済む点が一番の違いで、通信費用の支払い先も増えず 「シンプル」なのがテザリング利用のメリットです。 スマートフォンや携帯の4G LTE通信回線は対応エリアが広い もう1つのテザリングのメリットが広い対応エリア。 スマートフォンや携帯電話のインターネット通信で使用する4G LTE回線は対応エリアが広く、 どのエリアでも比較的安定してネット接続可能です。 比較して、 WiMAXの対応エリアは地方でやや狭い点がデメリット。 大都市地域ではLTE対応エリアと比較して遜色ないWiMAXのサービスエリアですが、地方の利用が多い場合、エリア次第でテザリングの方が繋がりやすい場合もあります。 WiMAXなどモバイルWiFiルーター使用のメリット・おすすめの理由 ただし、このページの結論は携帯電話・スマホのテザリングよりもWiMAXなどモバイルWiFiルーター端末の契約・利用の方が、特にデータ量が多い場合に ネット利用の使い勝手、料金面でメリットが多いという点。 WiMAXなどWiFiルーター併用のメリットやおすすめ理由、スマホによるテザリングのデメリットを紹介します。 LTEのテザリングは通信速度が遅い、WiMAX回線なら下り最大867Mbps まず第一のWiMAXのメリットが通信速度。 スマホやケータイのテザリングは4G LTE回線を使ったインターネット接続で、その通信速度は4G LTE回線の通信速度次第です。 キャリアやエリアで違うものの LTE回線の下り最大速度は概ね150Mbps前後と遅い点がデメリットです。 比較して WiMAX回線の通信速度はテザリングの5倍以上!2019年発売の最新機種W06は下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応と、スマホで利用するLTE通信と比較して高速のインターネット通信がWiMAX併用のメリットです。 特にノートパソコンと接続して仕事や勉強で利用する、iPadなどのタブレットで動画やオンラインゲームを利用する場合、 テザリングの速度には限界も。 データ通信量の多い人ほど、テザリングと比較してWiMAXなどのポケットWiFiがおすすめの理由の1つが通信速度です。 スマホのバッテリー消費が多いテザリング、肝心な時に電池切れも スマホや携帯のテザリングでは バッテリーを急速に消費する点がデメリット。 肝心な時にスマホや携帯が電池切れで電話やメールに使えなくては面倒。 実際、バッテリーの問題でテザリングよりもWiMAXのようなモバイルWiFiルーター併用をおすすめする口コミも多くあります。 モバイルルーターがあればテザリング不要で、スマホのバッテリーを気にせず外出先でインターネット通信ができる点もメリットで、おすすめ理由の1つです。 LTEと比較してWiMAXは速度制限が緩く、月間通信量無制限プランも テザリングでもWiMAXでも、注意が必要な通信量制限や速度制限。 どちらも一定の通信容量を超過すると速度制限がかかりますが、この 速度制限が比較的緩いのがWiMAXの特徴であり、メリット。 例えばソフトバンクのスマホの場合、 直近3日間で3GB以上の通信をすると超過した翌日の午前6時から24時間、速度制限が発生するプランも。 また契約プランの通信容量を超過した場合、約128Kbpsに低速化する厳しい速度制限がかかります。 WiMAXのギガ放題プランなら3日間で10GBまで制限無しで通信可能 比較してWiMAXのギガ放題プランは月間通信量無制限で、 直近3日間の通信量が10GBを超えない限りは速度制限無し。 制限が発生しても超過した翌日午後6時から深夜2時までの最短8時間で解除され、制限中も速度約1Mbpsで通信可能です。 月間通信容量は無制限のため、月末でも通信量を気にせずにインターネット利用できる点もWiMAXのメリットです。 テザリングによるPC利用の場合、通信制限のリスク・デメリットも ノートPCでインターネット接続する際、携帯・スマホのテザリングを利用する人もいますが意図せず通信容量が膨らむリスクもあり危険。 パソコンにはウィルス対策ソフトやWindowsのアップデートなどもあり、 気づかぬうちに膨大なデータ通信量が発生する場合もあります。 長時間インターネット通信をしていないつもりでも、いつの間にかパソコン経由でスマホの通信量を消費、 通信制限・速度制限がかかるリスクがテザリングのデメリットです。 スマートフォンの大容量プランよりWiMAXの追加契約が安い 通信キャリアや料金プラン、適用可能な割引キャンペーンの内容でも違いますが、基本的にテザリングのためにスマートフォン契約を大容量プランに変更するより、スマホの契約は最小、 WiMAXの追加契約の方が安い料金で利用できます。 特に通信量が多い場合、 携帯・スマホの最小プランとWiMAX・ギガ放題の併用が結果的に安い費用となりコスパが良いとの口コミの評判も多く見られます。 WiMAXのお試し申し込んだー昨日在庫なかったけど今日見たら余裕であったww 情報更新してなかったのかな?とりあえずルーター試して良かったら契約する。 auだから多分トータルで結構安くなるはず。 テザリング料金もなくせるし。 — とらこ namicarcornell 通信キャリアによっても料金が大きく変わるため、以下では通信キャリア別にテザリングとWiMAXの料金を比較します。 各通信キャリアのテザリングとWiMAXの料金・サービス比較 テザリング利用の場合の費用とWiMAX料金の比較とは言え、通信キャリアごとに対応や料金プランが異なり、 どっちがお得かを一言で答えるのは難しいところ。 以下、大手通信キャリア3社の各料金プランと、WiMAXの利用料金やサービス内容を1つずつ丁寧に比較、 どっちの方がコストパフォーマンスが高いかを検証します。 docomo(ドコモ)のテザリングとWiMAX docomo(ドコモ)でiPhoneなどのスマートフォンを契約、大容量プランでテザリングを利用する場合と、WiMAXを契約・併用する場合で料金を比較します。 docomo大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 docomoユーザーの場合は テザリングオプションを無料利用できる点がメリットで、月間データ通信量が30GB以下の場合、月間通信量30GBの大容量プラン「ギガホ」を契約、テザリングの利用でも料金的には悪くありません。 ただしドコモのLTEよりも高速通信のインターネットを利用したい、通信量・速度制限を気にせずインターネット利用したい場合は、ドコモのテザリングよりも WiMAX・ギガ放題プランの追加契約がおすすめです。 docomo(大容量プラン) VS docomo(最小限プラン) WiMAX ギガホプラン プラン名 ギガライトプラン ギガ放題プラン 30GB 月間通信容量 1GB 無制限 6,980円 月額利用料金 2,980円 3,361円~ 6,980円 月額合計 6,341円 - 特に月間30GB以上の通信をしたい場合、ドコモのギガホプランでテザリング利用と比較して料金が安い、 ギガライトプランとWiMAXギガ放題の併用がおすすめです。 Softbank(ソフトバンク)のテザリングオプションとWiMAX docomoと同様の料金比較をSoftbank(ソフトバンク)の場合でも行った結果が以下の表。 docomoのサービスと違い、Softbankの場合は テザリング利用に月額500円のオプション費用が発生する点がデメリットで注意が必要です。 Softbank大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 他の大手通信キャリアと違うSoftbankの特徴が、月間データ通信容量50GBの大容量プラン・メリハリプラン。 ただし、この 50GB制限プラン契約よりも、最小プランに申し込みしてWiMAXギガ放題を追加契約の方がお得なのが料金比較の結果です。 auケータイ・スマホのテザリングとWiMAX auのケータイ・スマホを契約中の場合、 オプション費用が必要なテザリングよりもWiMAX併用が断然おすすめ。 auユーザーの場合、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineという毎月最大1,000円の割引を利用でき、docomo・Softbankユーザーよりもお得な料金でWiMAXを利用できるからです。 au大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 auスマートバリューmine割引額は契約中のケータイ・スマホの料金プランにより変動しますが、 auもSoftbankと同様、月額500円のテザリング費用がかかるため、auスマートバリューmineの適用を除いてもWiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が総額費用は安くなります。 docomo(ドコモ)ユーザーの場合、 月間通信量30GBのギガホプランを契約、テザリング利用をメインにする選択もアリ(ただし、月間通信量が30GB以上の場合はWiMAXがおすすめ)• Softbank(ソフトバンク)・auユーザーの場合、テザリングが有料の点がデメリット、 データ量最小プラン(1GB)とWiMAXの併用が安い• いずれも、スマホのバッテリーや速度制限を気にせず高速インターネット通信を利用したい場合、 テザリングは速度の遅い点などがデメリットで、比較してWiMAXがおすすめ 上記よりさらに安い費用に節約できるのが。 いずれにせよテザリングオプションが有料のauやSoftbankを契約中の場合、WiMAXの検討はおすすめです。 WiMAXの契約ならプロバイダの料金・キャンペーン比較が重要 当サイトでは幅広くWiMAXについて比較・解説していますが、いざ契約で重要なのはプロバイダ比較。 20社以上のWiMAXプロバイダから自分に合うプロバイダを見つけるには当サイトのようなWiMAX比較サイトの利用が便利です。 大変そうに思えますが、プロバイダ比較のポイントは 最新の料金プランとキャッシュバックなどのキャンペーン情報のみ。 それ以外の点はWiMAXのプロバイダ間で大きな違いが無いのです。 本家プロバイダ・UQ WiMAXが有名ですが、UQ WiMAXも他のプロバイダも同じWiMAX通信サービスを提供する会社で 通信速度や対応エリアに違いは無いのです。 多くのプロバイダが最新機種のWiFiルーター端末を無料提供 多くのプロバイダでは、テザリングの5倍以上の速度・下り最大867Mbpsで通信可能なWiMAXのWiFiルーター最新機種を、契約時に無料提供。 またネットで契約後、 最短当日にルーター端末が発送され、すぐに利用開始できる点もWiMAXのメリットです。 WiMAXプロバイダの比較ポイントは 料金とキャンペーンと覚え、ぜひ当サイトでテザリングよりもお得な最新料金・キャンペーン情報をご確認ください! 【WiMAXの最新料金・キャンペーン情報】 2020. 最新情報・おすすめコラム• その他のおすすめ記事•

次の

一人暮らしのネット回線、新生活の通信費節約3パターン!スマホ、モバイルWi

一人暮らし wimax テザリング

今回はこの3つの選択肢を、 「一人暮らしでネット回線を契約する時の比較ポイント」に沿って簡単に比較してみましょう。 一人暮らしでネット回線を 契約する時の比較ポイント4つ• 利用開始までの手軽さ 一人暮らしのライフスタイルに合わせて、申し込みからすぐに使える、または賃貸マンションやアパートでも手軽に利用開始できるか。 かかる費用(料金) 一人暮らしは何かとお金がかかるため、実質月額料金が安いかが重要です。 使える容量 パソコンやタブレット、スマホに接続しても快適に使える十分な容量があるか。 使える場所 持ち運びできる、且つどこでも繋がりやすいか 比較結果は以下の表をご覧下さい。 "一人暮らし"に合うのはWiMAX!? ただ、これだけの情報で「WiMAXが一人暮らしにおすすめ」と言い切るのは心もとないと思いますので、 なぜ光回線や他のポケットWiFiでなくWiMAXが最も一人暮らしにおすすめなのか、次項で詳しく説明いたします。 それでは早速みていきましょう。 ワイマックスが一人暮らしにおすすめな6つの理由 一人暮らしをする場合のインターネットはWiMAXがおすすめと申しましたが、その理由がこちらです! WiMAXがおすすめの理由• 月額料金が安い• 速度は光回線並み• 速度制限なし!実質無制限でネット回線が使える• au4GLTE回線も使えてより広いエリアで繋がる!• 最短当日!即日で端末が受け取れる• 携帯代などの光熱費削減に繋がる これらが、一人暮らしの方にWiMAXがおすすめな6つの理由です。 なぜWiMAXは、一人暮らしの方に選ばれ続てけているネット回線なのか、その理由を詳しく見ていきましょう。 一人暮らしにおすすめの理由1 月額料金が他のネット回線よりも圧倒的に安い WiMAXはインターネット回線の種類の中でも、 業界トップクラスに料金が安いことで有名です。 WiMAXと固定回線、ポケットWiFiの料金相場を比較してみましょう。 "一人暮らし"でお得なのはWiMAX!? 一人暮らしは何かとお金がかかりますし、一度契約すると見直しにくいもの。 できるだけ光熱費を下げるためにも、契約前にしっかりとお得なものを選びましょう! 一人暮らしにおすすめの理由2 固定回線に負けない通信速度 「WiMAXは料金が安い分、速度が遅いのでは?」と考える方もいるかもしれません。 しかし、WiMAXの速度は下り最大 1237Mbps。 50Mbpsあれば動画がサクサク楽しめるので、WiMAXは充分な速度といえます。 詳細は比較表をご覧ください。 WiMAXやポケットWiFi、固定回線の通信速度はどれも十分な速さであることを考えると、この時点でもやはり、料金の安いWiMAXがおすすめといえます。 もう1つ月7GBまでの通常プランもありますが、WiMAX契約者の9割がコスパのいいギガ放題プランを選んでいます。 「一人暮らしだしそんなに必要ない」と思うかもしれませんが、月7GBというのは、高画質動画の再生が6時間できる程度。 また、速度制限がされるとかなりの低速で使い物になりません。 その点でいうと、実質無制限、且つ格安でネットが使えることは、一人暮らしの方にはおすすめできるポイントです。 しかし、通常利用では10GBを超えることはほぼないため、「実質」無制限とされています。 速度制限については、WiMAX契約前に知っておくべき点があるので、後半の「WiMAXには速度制限がある?」をチェックしてください。 au4GLTE回線は「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで利用でき、WiMAXの3年契約プランに無料でついてくるオプション。 これまで繋がりにくかったマンションが密集しているエリアだけでなく、 地下鉄や山岳部でもネットに接続できることが期待できます。 一人暮らしにおすすめの理由5 最短当日!即日で端末が受け取れる 一人暮らしを始めて、 「すぐにインターネット回線が必要!」ということもありますよね。 WiMAXは、店舗で申し込みをすると、 当日に端末を受け取ることが可能です。 当日受け取りが可能な店舗はUQWiMAXの公式ページよりご覧いただけるので、気になる方はチェックしてみてください。 また、20社以上あるプロバイダのうち、BroadWiMAXではバイク便による 当日受け取りサービスが提供開始されています。 これは都内23区限定ですが、指定場所までWiMAXを当日配達してくれるため、忙しい時にはとても便利。 特に引っ越し直後にネット回線が欲しい場合など、自宅で荷物整理をしている間にWiMAXが届くのはとてもありがたいですよね。 これは固定回線や他のポケットWiFiでは不可能ですし、WiMAXだからこそできる独自のサービスです。 一人暮らしにおすすめの理由6 携帯代などの光熱費削減に繋がる! 先ほどの料金の話と関係してきますが、 スマホの低容量プランを契約してWiMAXとスマホと接続すれば、携帯代の節約になります。 さらにスマホがauの方は、WiMAXの利用で 月額1,000円割引されてよりお得に! このように、 WiMAXは「一人暮らしで光熱費を抑えたい」という方にはおすすめのネット回線です。 ちなみに、スマホの大容量プランを契約して、テザリングで他の端末と接続する方法は、月額料金が高くおすすめできません。 一人暮らしで月額料金を抑えたいのであれば、 「WiMAX&スマホの少量プラン」を検討してみてくださいね。 ここまで、WiMAXが一人暮らしの方におすすめの理由を6つご紹介しました。 しかし、「一人暮らしの私にとって、WiMAXは本当に良いことしかないの?」と疑問を持っている方もいるかと思います。 次項では、 「WiMAXの契約前に注意すべきポイント」について徹底調査した結果を紹介します。 契約前に!デメリットと注意点 ここまで、WiMAXが一人暮らしにとてもおすすめなネット回線であることを紹介してきました。 しかし、このままではWiMAXが一人暮らしの方にとって完璧すぎて、逆に怪しく感じてしまいますよね。 まさにその通りで、WiMAXにはまだお伝えしていなかったデメリットや注意点があります。 ここでは、 実際にWiMAXを契約された方の口コミ・評判 知恵袋や2ch を元に調査した、 「一人暮らしの人がWiMAXの契約前に知っておきたいデメリット」について紹介します。 WiMAXには速度制限がある? WiMAXの契約時に一番知っておくべきことは、 「WiMAXには速度制限がある」ということ。 WiMAXの契約プランによって制限内容は変わりますが、ここではWiMAXユーザーの9割が契約している 「ギガ放題プラン」の制限についてその実態を紹介します。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 「実質」としたのは、 ギガ放題プランでも「3日で10GB」の制限があるため。 この制限は、通信量が3日で10GBを超えると、翌日に速度が制限されるというものです。 とはいえ、一人暮らしであれば、 10GBを超えることはほぼありません。 参考までに、10GBでできることをまとめたのでご覧ください。 月額料金も安い、かつ大容量を使えるWiMAXのコスパの良さがわかりますよね。 注意したいのは、この au4GLTE回線の通信量が月7GBを超えると、ギガ放題プランを契約していても超低速に速度制限されるということ。 この制限は当月末まで解除されないため、ネットを快適に使い続けるためにも、「au4GLTE回線は7GBまで」ということは覚えておいてくださいね。 WiMAXは3年契約プランが基本 WiMAXは月額料金が安い分、契約期間が少し長めというデメリットがあります。 光回線やソフトバンクエアーなどのホームルーターは2年契約プランが一般的ですが、WiMAXは3年契約プランが基本。 更新月以外の解約は 1〜2万円の解約料金が発生してしまいます。 一人暮らしの方は何かと環境が変わりやすいので、WiMAXは長期利用が前提であることを踏まえた上で契約をしましょう。 WiMAXは契約手段が多い! WiMAXはたくさんの契約方法があり、 「結局、一人暮らしにおすすめの契約方法どれ?」と頭を抱えている方も多いと思います。 いざWiMAXを契約しようとしてもどこから契約するのが良いのでしょうか。 もう少し具体的に見ていきましょう。 WiMAXの契約方法は 以下の3つ!• 家電量販店で契約• WiMAXの販売元であるUQコミュニケーションズで契約• WiMAXの販売代理店であるWiMAXプロバイダで契約 結論から言うと、一人暮らしかどうかに関わらず、WiMAXを契約するなら、3つめの WiMAXプロバイダでの契約がおすすめ。 理由は明確で、各プロバイダでは月額料金割引や各種キャンペーンを実施しており、 最も安い価格で契約できるからです。 しかし、各プロバイダの割引条件やキャンペーン内容は独自のもので、実質月額料金が少しずつ異なってきます。 契約方法によっては料金総額に 5万円以上の差が出ることも... ! では、一人暮らしの場合、20社以上あるWiMAXプロバイダのうち、どこで契約するのがベストでしょうか。 次項では、20社以上のプロバイダを徹底比較した結果わかった、 一人暮らしの方におすすめのWiMAXプロバイダをご紹介します。 インターネット回線料金を安く契約できれば、浮いたお金で少し贅沢もできるかもしれません! 一人暮らしにおすすめなWiMAXプロバイダ3選 それでは、ここまでWiMAXが一人暮らしにとって最適なネット回線であると解説してきました。 最後に、当サイトが自信をもっておすすめするWiMAXのプロバイダを3つご紹介。 一人暮らしのネット回線に必要な要素を盛り込んでいる WiMAXを業界最安で契約できるのは当サイト「WiMAX比較. com」からの申し込み限定! この機会をお見逃しなく! 総合比較 ランキング第1位! BroadWiMAX 月額割&ギフト券がセット!信頼ある大手のWiMAXプロバイダを安心して最安値に出来ます! 総合評価 97点 月額料金 95点 特典内容 100点 特典安心度 100点 発送の早さ 95点 サポート対応 90点 口コミ評判 90点 大手プロバイダで業界最安値! 実質月額料金:3,378円 7月限定で当サイト限定の Amazonギフト券10,000円分付き! 数あるWiMAXプロバイダを比較した中では珍しく、口座引き落としがあるのが特徴。 その場合、合計27,500円も高くなり、実質月額4,293円となるので、注意が必要。 口コミ評判を比較すると、キャッシュバックの受け取りが約1年後なので、受け取り忘れを危惧する声や月額料金が割高なところがちょっと・・・という声もありました。 とはいえ、他のキャンペーンと比較してどうしても高額キャッシュバック!がいいという方にはおすすめ。 以上、当ページではWiMAXと一人暮らしというテーマについてご紹介してきました。 現在通信業界はとても熱く、2020年には5Gの運用を目指しています。 その時もポケットWiFi(モバイルWiFi)業界のトップを走り続けることを目指すWiMAX。 これまで工事が必要だったりと使い始めるのが難しかった光回線(固定回線)の代用として、一人暮らしの方には十分すぎる機能ですね。 そんなWiMAXを今回見つけた一人暮らしのあなた。 最高のネット回線を選ぶ準備はできています。 あとは、お得に利用して新生活を実りある豊かなものにしていきませんか?.

次の

一人暮らしで「WiMAX」が選ばれる4つの理由 そのメリット&デメリットとは?

一人暮らし wimax テザリング

テザリングで十分という人もいるかもしれませんが、パソコンやタブレット、ゲーム機など、ネットを使う端末は数多くあり、スマホのデータ容量だけで賄うには、限界があります。 固定回線を引くという選択肢もありますが、 「引っ越した当日から使いたい」「複雑な配線などは苦手」という人は、「WiMAX」に注目してみてください。 WiMAXという言葉を一度くらいは耳にしたことがあると思いますが、WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供する「通信基地局とモバイルルーターをつなぐ通信」のことで、似たような言葉としてあげられるWi-Fiは「ルーターと機器をつなぐ通信」のことを意味しています。 ちなみに「ポケットWi-Fi」というのは、SoftBankが扱っているモバイルルーターに付けられた商標名のこと。 名称が似ていますが別のものなので参考までに。 1:固定回線のような工事&工事費用不要 固定回線は安定性や速度は抜群ですが、引っ越し当日から使おうとすると工事日程の調整が発生するほか、工事費が必要となるケースも出てきます。 その点、WiMAXはルーターさえあれば使えるため、工事が必要ありません。 さらに、ケーブル不要なのでお部屋に置いてもすっきり使える点も魅力です。 2:開通までが早い WiMAXはスマホと同じように申し込み後、手元に端末が届くと同時に使い始められます。 最近の固定回線も以前より開通までが早くなってはいますが、それでも数日~2週間程度の待ち時間がある場合も。 やはり、契約して端末さえあればネットが使えるWiMAXの方が、開通までの期間は格段に短いといえます。 3:引っ越し時もそのまま使える 引っ越し前からブランクなくネットを利用し続けるには、固定回線の場合、開通日程の調整が欠かせません。 一方、WiMAXは引っ越しする際もルーターを持っていくだけなので、使えない期間が発生することはありません。 4:テザリングのようにスマホの通信容量を消費しない スマホを使っていて気になるのは、やはり「データ通信容量」。 スマホ自体の通信だけでなく、パソコンなどのテザリングでも使っていると、あっという間に上限に……。 WiMAXならスマホ・パソコン等の複数端末で利用できるため、特にスマホの通信容量を気にする必要なく、通信費の節約も可能です。 WiMAXサービスは、UQコミュニケーションズの回線を利用し、複数のプロバイダーがサービスを提供しています。 そのため基本的には事業者ごとに品質は変わらないほか、 ・ギガ放題プラン ・7GBプラン という2種類のプラン設定も共通しています。 一方、光回線の契約件数は前年から1. 「通話は格安スマホ、データ通信はWiMAX」という利用の傾向が、単身者を中心にあるようです。 以下にまとめてみました。 【WiMAXを利用する7つのメリット】 1、外でも家でも利用が可能 2、ワイヤレスで複数のデバイスを同時に接続できる 3、全国の幅広いエリアで利用できる 4、工事不要で即日開通ですぐに使える 5、モバイル回線としては通信速度が速い 6、ケーブル不要ですっきり使える 7、「auスマートバリューmine」があり、auユーザーはさらにお得に 固定回線との最大の違いは、モバイルルーターのため、 「外出先へと持ち運べる点」です。 さらに無線で通信を行うため固定回線のように配線だらけ……という状況を回避できるのも、一人暮らしでなるべく部屋をすっきりさせたい方にとってはうれしいところでしょう。 反対にデメリットはというと、 【WiMAXを利用する4つのデメリット】 1、速度制限 2、回線の安定感 3、専用ルーターが必要 4、モバイルルーターとして使うには充電が欠かせない などが挙げられます。 ただし、速度制限については 「3日間で10GB(そうそう使い切れない容量)」という設定で、超えた場合も18時~翌2時頃という混雑時間帯のみ制限されるという、携帯キャリアの速度制限に比べれば、かなりゆるい条件といえます。 さらに「ギガ放題」プランを選べば、3日間の縛り以外は実質「1カ月無制限」で通信を使えるのです。 また、無線通信のため、場所によっては回線が途切れてしまうようなケースもありますが、それはスマホやWi-Fiも同様の現象なので致し方ないところでしょうか。 そして、モバイルルーターであるため、外で使うには通信する機器とは別に持ち歩く必要があり、別途充電を気にする必要もあります。 電池持ちは使い方にもよりますが、ノーマルモードなら1度の充電で9~10時間、エコモードだと12時間ほど利用可能です。 工事不要で初期費用も抑えられ、申し込みも設定も手間がかからないWiMAXモバイルルーターはアリな選択肢かもしれません。 上記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。 最新エリアの詳細は、auホームページでご確認ください。 ハイパフォーマンスモード設定時かつハイスピードプラスエリアモード(有料)ご利用時となります。 下り最大300Mbps対応エリアは対象外です。 本サービスは、ベストエフォート型サービスです。 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 エリア内であっても、お客様のご利用環境、回線の状況などによって大幅に低下する場合があります。 通信速度は機器の能力に依存します。 人気記事.

次の