駿台 入学。 予備校の費用:東進・河合塾・駿台・代ゼミ・四谷学院の5つを比較

駿台の入学認定証【認定基準は?認定特典は?】

駿台 入学

駿台予備校の入学認定証 駿台が予備校からも入学認定証が届きました。 東大・京大・東工大・一橋大・医学部をはじめとする最難関大学への現役合格を目指す特別選抜コース なんだそうです。 すごいですね。 こんな大学目指す人、身近にいないんですけど・・・。 駿台にはいくつか認定が必要なコースがあります。 S:スーパーレベル• A:スタンダードレベル スーパーレベルコースは 東大・京大・東工大・一橋大・医学部・早慶上智大など難関大学を目指すコース スタンダードレベルコースは 千葉大・筑波大・横浜国立大学など難関国公立大学、早慶上智大、東京理科大、GMARCHなど難関私立大学を目指すコース となっています。 認定を必要としないコースとして• B:ベーシックレベル というコースもあります。 基準は駿台のHPに詳しく掲載されています。 高1生 高2駿台全国模試・高2駿台全国マーク模試、駿台全国判定模試・駿台全国模試・駿台全国マーク模試が対象になるようですね。 偏差値からしてみると駿台全国模試というのが一番難しい模試なんでしょうかね。 駿台模試以外の認定基準 駿台模試以外にも他社の模試でも認定されます。 例としては• 進研模試の偏差値66以上:スーパーレベルコース• 進研模試の偏差値56以上:スタンダードレベルコース などがあります。 他の会社の模試の場合は窓口にご相談くださいね。 また、診断テストを受験するという方法もあります。 詳しくはHPをご覧くださいね。 駿台 駿台の入学認定証、特典は? 特典は特にないみたいです。

次の

駿台の入学認定証【認定基準は?認定特典は?】

駿台 入学

駿台後期入学、迷っています 国立理系志望 先日駿台の後期入学の診断テストを受け、 ハイレベル阪大理系の判定が出ました。 当方、一浪で、最初大学進学せずにフリーターになるかと考えていたのですが 色々あり、5月後半にやはり勉強できる機会は今しかないのではと再受験を志し、 無謀にも現役時私立文系志望 一応同志社・明治法に受かっていました。 早稲田落ちです。 から国立理系志望に理転をし、 先日の河合マークでは一応6割五分を何とか得点できたという感じです。 しかし、やはりスタートが遅すぎたためにまだ浚えきれてない部分が多く感じますし、 そういった面でも予備校に入ってついていけるのが、自分の必要な勉強量もせめて9月終わりまでに 浚えきれるのか不安な面もあります。 志望としては近畿圏の国公立または横浜市立で、生物を学べる・研究できるところです。 質問内容が漠然としていて申し訳ありませんが、 ハイレベルとスーパー 自分の学力に対して、やはり厳しいかなどなど なんでもいいのでアドバイス・体験談など頂けると嬉しいです。 理工系は文系と違って、センターの得点率ほど当てにならない指標はありません。 しかし、理工系のメインはこれらの科目です。 文系であればセンターの得点率はある程度2次試験や一般入試の指標になりますが、理工系はまったくと言っていいほどアテになりません。 特に数学は積み重ねの科目なので、今からではどうあがいても間に合いません。 元が私立文系だということであまり認識していないようですが、理工系の必要勉強量は文系とは比になりません。 慶應や早稲田文系レベルだと、まあ少ない科目なりに高得点を取れるということはある程度は評価出来なくもないですが、明治や同志社程度では・・・。 暗記の能力も凡人ですね。 今から国公立理系なんて不可能。 その成績では阪大は論外。 日大とか近大とかオススメです。

次の

駿台後期入学、迷っています(国立理系志望)

駿台 入学

充実した英語指導 大学編入試験では、英語力が合格の鍵となります。 駿台では大学編入試験に照準を合わせ、求められる英語力を徹底的に鍛えます。 法・政治・経済・経営・商・外国語からチョイス! 本当に学びたい学部を見つけられる 1年次前期に、文系学部 法・政治・経済・経営・商・外国語 の基礎を学んだ上で、1年次後期から志望学部を決め、志望学部の専門分野を深く学習していきます。 学部選択のミスが少なくなります。 専門分野に精通した講師陣による 少人数授業 実力講師陣 大学編入試験では、3年次編入した後、各学部の専門分野の授業についていける力があるかを問われます。 大学2年間で学ぶ内容を理解しておく必要があります。 駿台では専門分野に精通した実力講師が、丁寧な講義・個別質問・添削指導を通じて、大学の求める水準まで学力を引き上げます。 徹底した添削指導! 丁寧な小論文指導 丁寧な講義・解説と徹底的な添削指導で読解力と論理的思考力、文章力を養います。 1年次は文章の書き方を基礎から指導するので、小論文が苦手な方も安心してください。 2年次以降は、各学部の専門授業で身につけた知識を使いこなせるよう、様々な文献を読み、実際の大学編入試験の過去問を解いていきます。 そうして実践力を高め、合格レベルの答案を書けるよう導きます。 自信を持って自己アピールできるようになる! 面接指導 大学編入試験は科目数が少ない分、面接の重要性が高くなります。 志望理由書の記載内容に基づいて質問されるので、志望理由書の書き方と合わせて指導します。 本番の面接で、志望動機・学習意欲・将来の夢などを自信を持って話せるようになるまで模擬面接を実施します。 編入受験できる大学が広がります! 短大卒業資格も取得可能 駿台では自由が丘産能短期大学のカリキュラムを併修し、短期大学卒の資格を取得することが可能です。 大学編入の受験資格として短大卒を出願の要件にしている大学もありますので、短大併修制度の履修をお勧めいたします。 大学編入後に認められる単位が増えるメリットもあります。 将来も視野に入れた有利な資格を! 将来の就職を見据えた資格取得 受験勉強だけでなく、ビジネス・情報系の資格を取得したり、社会人としてのマナーを身につけ、大学入学後の就職活動を有利に進めることができるのも駿台の強みです。 ハイレベルな講義で合格をつかめる 卒業生インタビュー 1度は諦めた大学進学。 駿台で出会った先生たちのおかげで再チャレンジを決意! 中学校の先生になりたいという夢はずっと持っていたのですが、高校時代に大学進学を諦め、その夢も断念していました。 」と思うようになり、教員免許を取得するため、大学編入を目指すことを決意しました。 編入試験対策で一番力を入れたのは過去問対策と長文読解。 英語の教員免許を取得するために英語系の学部のある大学を目指して、過去問と英語長文読解は力を入れました。 駿台にはコンピュータを使って発音の練習を繰り返しできるCALLや英文多読など今も役立っている授業が多数あります。 さらに、英語を話そうと思えば、休憩時間やランチタイムでも日本人講師、ネイティブ講師とアットホームに話せる環境があることは素晴らしい駿台の魅力だと思います。 3年次編入合格 京都外国語大学・外国語学部・英米語学科 田中 みのりさん 高石高校出身 大阪 第二志望大学の合格では満足できないと思い 大学編入コースで夢の実現へチャレンジしました! 現役時代に合格したのは第二志望の大学でした。 4年間煮え切らないまま過ごすよりも、浪人して再チャレンジしようと高校の担任の先生に相談したところ、駿台の大学編入コースを教えてもらいました。 早速、見学に行き、大学編入希望の在校生だけでなく他学科の学生を見てその質の高さに驚き、「駿台なら大丈夫」と入学を決意しました。 編入試験科目には面接があるのですが、さすが観光系のコースを擁する専門学校だけあって、面接対策はバッチリ。 何を学びたいか、なぜ京都外国語大学なのかをしっかりアピールできたと思います。

次の