黒カビ クエン 酸。 クエン酸発酵(クエンさんはっこう)とは

お風呂掃除は重曹・クエン酸で!カビや水垢も簡単に落とせるお風呂掃除方法

黒カビ クエン 酸

お風呂やキッチンのカビに悩む人は多いはずです。 取っても取ってもまたすぐに生えてくるカビ。 カビは見た目だけじゃなく衛生的にも良くありません。 そこで多くの人は、「カビキラー」や「カビハイター」などの塩素系漂白剤で駆除します。 確かに効き目は抜群です。 だけど同時に使い過ぎは健康面で人体へのダメージも大きいことも分かっています。 そこで、テレビや雑誌などでクエン酸や酢でカビ予防とか駆除をしましょう!って言っていることがあります。 でもこれって大きな間違いなんです! って云うか、カビにこうした「酸」を使うと逆効果なのです! 間違った使い方をしている人が多いので、皆さんに早く正しい情報をお伝えしたくて書くことにしました。 最後まで読んでいただき、お役に立てれば幸いです。 スッキリ・キレイ整活(整理・掃除・洗濯・防虫)講師の整理ist 佐藤亮介 目次• カビと細菌は違います! 多くの人が勘違いしているのは、カビと細菌は同じと思っていることです。 細菌とは食中毒菌やインフルエンザやノロウイルスなどの病原菌のことです。 カビはこれらの細菌とは全く別物であることをまずは知っておいてください。 と云うことは、性質も全く異なる生物だということです。 カビにクエン酸、酢、レモン果汁などの酸は効かない! これはカビに酢水とレモン果汁をかけた時の実験結果です。 どちらも黒カビが繁殖しているのが分かりますよね。 つまり、カビには「酸」は全く効かないのです! 逆に「酸」を使うと益々繁殖してしまうのです。 「酸」が効くのは細菌だけ!カビは酸を餌にする! 多くの細菌は「酸」に弱く、クエン酸が最も安全で効果があります。 クエン酸は、酢やレモン果汁に多く含まれていますので、市販品のクエン酸がなくても台所にあるもので駆除や防止ができます。 特に、キッチンに細菌が繁殖しますと食中毒の原因になりますから除菌は大切です。 まな板、包丁、フキン、冷蔵庫の中などは常に除菌対策をなさってください。 ・水500mlに対し、クエン酸を小さじ1~2杯混ぜます。 ・スプレー容器に入れて噴霧します。 【注意点】 ・酸は蒸発しやすいので1週間以内に使い切りましょう。 なぜ、カビに「酸」は効かないかと言いますと、カビにとって「酸」はエサになるからです。 開封済みで長期間経った酢の瓶の中に白いモノが浮かんでいることがあります。 これは酢の中でカビが繁殖している様子です。 または輪切りのレモンも長い間放置しておくとカビが発生します。 つまり、 キッチンのシンクやお風呂でカビ退治の目的で「酸」を噴霧している方は、カビにエサを与えていることになるのです! ちゃんと「酸」で除菌しているのにカビが除去できないという人は間違った使い方をしているのです。 キッチンやお風呂で絶対にしてはいけないこと! じゃあ、まずはクエン酸や酢水で細菌を除菌し、そのあと塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)でカビ駆除をすれば、どちらも解決できるということになりますよね。 確かにその通りです。 ただし、クエン酸や酢で除菌した直後に塩素系漂白剤を噴霧するのは絶対にしないでください。 逆の順番でも同じです。 猛毒ガスが発生して大変危険です。 しっかり流水ですすぎをしたあと、しばらく時間をあけてからにしてください。 熱湯こそが一番の除菌・殺菌剤です! クエン酸や酢で細菌を除菌し、塩素系漂白剤でカビを殺菌する。 ただし、使い方を間違うと危険です。 それと、どれもそれほど高価なものではないにしてもお金がかかります。 さらには、そもそも家になければどうしようもありませんよね。 そこでお金もかからず、すぐにできて、最も安全な方法をご紹介します。 何を使うのかと言いますと・・・・・・ 熱湯です! 細菌や病原菌、カビでさえも高熱には絶対にかないません。 人間も熱湯をかけられたら命を失ってしまいます。 ほとんどの生物の一番の弱点は「熱」なんです。 例えば、赤ちゃんの哺乳瓶はどうやって殺菌していましたか? 多くの人は煮沸していたのではないですか? それが一番安全で効果があるって知っていたはずです。 なのに、除菌剤や殺菌剤で解決しようとしているのはどうしてでしょうか? 熱湯を使えば細菌もカビも退治できて一石二鳥です。 先程のように2度に分けて除菌や殺菌をする必要もありません。 完全無添加で有毒ガスも発生したりしません。 かかるお金はわずかな水道代とガスや電気代だけです。 余ったお湯を捨ててはいけません! 例えば、コーヒーやお茶を飲むために沸かしたお湯。 ヤカンに残っているお湯をどうしていますか? ヤカンに残したまま? シンクに捨ててる? それってモッタイナイですよ。 せっかく光熱費を使って沸かした熱湯を冷ましたり捨ててしまうのはお金を無駄にしています。 残った熱湯は、シンクの流しにかけるとか、まな板や包丁、スポンジ、フキンにかけるなどすれば有効活用できます。 ほうれん草やジャガイモなどを茹でたお湯もシンクに流し捨てていませんか? モッタイナイですよ~ ついでに、まな板、包丁、スポンジなど除菌・殺菌したいモノにかければいいんです。 フキンは煮洗いで完全殺菌 私はフキンや手拭きタオルは鍋で煮洗いします。 鍋に水を入れ、漂白効果もあるクエン酸や酢を混ぜてコトコト10分くらい煮ます。 熱湯と酸で100%殺菌・消毒の完了です。 塩素系漂白剤で消毒するのと違い、すすぎにも気をつかわなくてもいいですから安全だし簡単です。 いかがでしたでしょうか? 今まで間違った除菌や殺菌をしていませんでしたか? 皆様にできるだけ健康的な暮らしをしていただきたいと願っています。 お風呂の掃除やカビ落としの方法も知っておくとラクになれますよ。 家庭におけるカビや害虫、ネズミ駆除の効果的な方法を伝授しています。 あなたやご家族(特にお子様)の健康と命を守るためにも身につけていただきたいです。 ぜひご参加ください。 モノ屋敷だった私は「整理」に出会い、生き方さえも変わりました。 整理istとして「捨てる」を第一歩としない「整活」を提唱しています。 整理・掃除・洗濯の3S講師として全国を講演やコンサルタントとして活動しています。 また岡山をメイン会場に下記のセミナーを開催しています。 com 電話:086-722-2864• 会場が遠くて行けない、子供がいるので参加できない等、何らかの理由で受講できない方のためにオンラインでご自宅でも受講できるようにしました。 会場が遠くて行けない、子供がいるので参加できない等、何らかの理由で受講できない方のためにオンラインでご自宅でも受講できるようにしました。 会場が遠くて行けない、子供がいるので参加できない等、何らかの理由で受講できない方のためにオンラインでご自宅でも受講できるようにしました。 会場が遠くて行けない、子供がいるので参加できない等、何らかの理由で受講できない方のためにオンラインでご自宅でも受講できるようにしました。

次の

クエン酸を黒麹カビで製造する歴史は100年前から

黒カビ クエン 酸

お風呂のゴムパッキンのカビ取り掃除!重曹にクエン酸が効果的? ゴムパッキンのカビが取りにくいと感じるのは・・ 浴室のドアに埋め込まれている ゴムパッキンや浴槽周り タイル壁の目地部分には弾力性のある 「シリコン系てん材」が貼ってあり ちゃんと防カビ剤が入っている事も 多いそうなんですけど その効果もだいたい 2年程度位しかもたないらしく 新築でもない限りはお風呂場の ゴムパッキンの防カビ効果は 切れていると考えた方が無難です。 そして、素材事態が柔らかいという事は 単純に傷つきやすくそこに水分が 溜まったりすると一気にカビが増殖します。 そのままにしておけば内側まで侵食浸透していき 通常のカビ取り剤ではカビを除去するのは 困難になってしまいます。 ひとまずしつこいゴムパッキンの黒カビには・・ まずゴムパッキンが真っ黒で どうにもこううにもならない場合は 「ゴムパッキン用のカビキラー」を 使ってみましょう。 ゴムパッキン専用でジェルタイプなので 通常のカビキラーのように下に垂れることなく カビ部分にしっかり密着し浸透していきます。 だいたい半日程度放置状態にしておけば カビの部分も大分薄くなるはずです。 更に効果をアップさせる場合は 「1」 患部にカビキラーを塗って 「2」 その後キッチンペーパーを かぶせるように蓋をして その上にまたカビキラーを塗っていく 「3」 そしてラップを使ってしっかり密閉 「4」 半日程度置いておく・・・ だいたいこの工程を数回ほど繰り返す事で 浸透していたカビもかなり 取れてくれるはずです。 これでもダメな場合はいっそ交換して 新しいものにした方がいいかもしれませんね。 ちなみに作業する時は ゴム手袋、マスク、念のため 競泳用のゴーグルなどして 換気扇はしっかり回すようにしてください。 次に重曹とお酢を使ったゴムパッキンのカビ取り掃除方法 上記の市販のカビ取り剤 塩素系漂白剤を使ったカビ取り方法ですけど 確かに化学薬品使用なので カビには効果的なものの 喘息や心臓が弱い方 それに小さいお子さんなどがいる場合 扱うのはちょっと危ないなぁ・・と 感じる方もいると思います。 そういった場合は 「重曹+お酢」の 組み合わせのカビの落とし方もあります。 やり方としては大体以下の通りです。 「1」 まず最初に「酢1:水2」の割合で混ぜた お酢スプレーを用意し それをゴムパッキンに吹きかけていきます。 「2」 そしててその上に重曹をふりかけていきまして 「3」 更にお酢スプレーを キッチンペーパーなどにふきかけて湿らせ 貼り付けます。 「4」 約2時間ほど置いておいたら キッチンペーパーを剥がして 歯ブラシを使い優しく患部をこすっていきます。 「5」 最後にお酢スプレーを吹きかけて 乾いたタオルなどで拭き取っていきます。 市販のカビ取り剤よりも効果として やや劣るかもしれないですが ひどくないカビならこの方法でも 効果はあるかと。 しかし、この方法でカビが なかなか落ちない場合は 市販のカビ取り剤を使うことも 視野に入れた方がいいかもしれないですね。 その場合、塩素系漂白剤とお酢を混ぜてしまうと 有毒ガスが発生し大変危険なので お酢を使ったカビ取りの後すぐに 塩素系漂白剤を使用したカビ取りは 絶対しないようにしてください。 「Sponsored link」 重曹とクエン酸を使ったゴムパッキンのカビ取り掃除方法 あとは重曹とクエン酸を使用した カビ取り掃除方法もあります。 「1」 まず 「クエン酸小さじ1+水200ml」の 割合で混ぜたクエン酸水スプレーを用意し それをカビが生えた患部に吹き付けていきます。 「2」 次にその上に重曹をまんべんなく ふりかけていきます。 重曹とクエン酸が合わさり発泡していき 汚れなどが浮き上がっていくはずです 「3」 そして古歯ブラシなどで汚れを 落とすイメージでこすっていきます。 泡が汚れで黒くなっていけば 取れている証拠ですね。 「4」 最後にシャワーで汚れを落として クエン酸スプレーを吹きかけて防カビ対策したら 乾いたタオルなどで拭き取っていきましょう。 お酢同様にクエン酸もまた カビの防止対策には使えるので カビの状態がそこまでひどくない場合は この方法でカビ取り可能かと思います。 今回のまとめ はい、今回はお風呂の ゴムパッキンのカビ取り掃除方法で パッキン専用のカビキラーを使ったものから 重曹にお酢、クエン酸など使った カビ取り方法について見ていきました。 ゴムパッキンのカビが そこまでひどくない場合は 重曹&クエン酸などの人体に 優しい素材を使って掃除していくと いいでしょう。 しかしカビの状態がかなり根が深い場合は 塩素系漂白剤を使用しないといけない場面も 出てくると思うので、その場合は 取り扱いに十分注意し換気を しっかり行うように注意して 掃除するようにしてください。 ではでは、今回のお風呂の ゴムパッキンのカビの取り方については 以上になります。 また次回にお会いしましょう。 「Sponsored link」.

次の

お風呂掃除は重曹・クエン酸で!カビや水垢も簡単に落とせるお風呂掃除方法

黒カビ クエン 酸

この記事では、クエン酸が黒麹を使って製造されるようになったのは100年前のアメリカからで、黒麹は、パンに生えたカビから採取されたこと、黒麹のTCA回路の反応を途中で止めることで、クエン酸がたくさん得られるようになったことを説明します。 以前、を書いた時、クエン酸製造に黒麹が使われるようになったのは、何となく最近のことだろうと思っていました。 ところが、 を読んでいたら、100年前の1917年にアメリカの化学雑誌「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー」に黒麹によるクエン酸製造の記事が掲載されていたと書かれていました。 この本 は実に面白くて、文系の私が読んでも楽しめます。 多分、高校生が読んでも面白く感じるのではないかな。 このページの目次• クエン酸の構造が判明、真菌がつくることも分かった クエン酸の構造を決定したのは、ドイツのリービッヒでした。 リービッヒは植物の生育にチッソ・リン酸・カリ(ウム)が必要であると発見し、化学肥料のベースを作った人です。 1838年のことです。 また、1839年にやはりドイツのC. ウェーマーという人が、砂糖を炭素源として増殖する真菌が、クエン酸を培地中に分泌するのを発見しました。 真菌ってわかりますか? 真菌 真菌とは、菌類のことです。 キノコ・カビ・酵母の総称です。 外部の有機物を利用する従属栄養生物です。 光合成をする葉緑体は持っていません。 キノコとカビ、酵母が同じようなものだとは知りませんでした。 カビの仲間には、麹のほかに厄介ものの白癬菌(水虫菌)がいます。 真菌は、細胞核を持ち、細胞内にミトコンドリアもあります。 酸素呼吸のためのTCA回路を持っています。 TCA回路では、砂糖をブドウ糖に分解して、それがアセチルCoAになってTCA回路に入るのですが、最初にできる物質が、クエン酸です。 クエン酸は、意外と簡単な構造です。 ちなみに、ヒトも酸素呼吸をしていますから、あなたも私も細胞の中のミトコンドリアでいつもクエン酸が作られています。 クエン酸 クエン酸製造は最初果汁を原料に クエン酸の製造は、1826年イギリスのJohn and Edmund Sturge(ジョン&エドモンドスタージ)社で始まりました。 原料はイタリアから輸入した柑橘類(レモンとライム)のジュースで、そこからクエン酸カルシウム塩が得られ、クエン酸に加工されました。 クエン酸は何に必要だったんでしょう?やはりジュースのもとにしていたのでしょうか?この会社では酒石酸や炭酸カルシウムも作っていたようなので化学薬品会社です。 イタリアはレモンの生産地として独占的な地位を得て、価格が上昇、第一次大戦の間、さらにレモンの価格が上がりました。 価格が上がると、何か他に原料や方法がないか探すようになります。 黒麹カビの登場 1917年、ジェームズ. カリー(James N. Currie)がアメリカの化学雑誌「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー」に黒麹カビ、アスペルギルス・ニガー( Aspergillus niger)が他のカビに比べてクエン酸をはるかに多量に産生することを見いだしました。 産生とは、細胞の中で作られるという意味です。 この頃の話が、ファイザー株式会社 のに詳しく書かれていました。 少し長いですが、引用させていただきます。 第一次世界大戦中、ファイザー社の最も重要な製品といえるクエン酸の製造に必要な原料の供給が途絶えたとき、工場を閉鎖するか、製品を完成させるために別の方法を見いだすか、2つの選択肢しかありませんでした。 数十年にわたってクエン酸はファイザー社の最も親しまれた製品でした。 もともとレモン、ライム、サワーオレンジなどの柑橘類の汁を処理して作られたクエン酸は主に薬として用いられたほか、食品、ソフトドリンク、洗剤、工業用に利用されていました。 (中略) ジェームズ・カリー博士が入社した1917年、新しい時代が幕を開けました。 政府機関の食品化学者として、カリー博士はチーズ製造工程における発酵作用を研究していましたが、その工程の副産物にクエン酸があることを発見しました。 他の科学者も数十年前からその存在を認めてはいましたが、それに秘められた可能性には気付きませんでした。 とはいえ、この物質を量産するということは別のことでした。 カリーはこの挑戦に取り組むためファイザー社に入社したのです。 これを読むとクエン酸の用途が分かりました。 薬、食品、ソフトドリンク、洗剤その他で広い用途があったのですね。 薬としてはウイキペディアによると、検査用血液サンプルの抗血液凝固剤や、尿をアルカリ化させ尿酸の排泄を促進することから、痛風に代表される高尿酸血症の治療のために使われていたようです。 () 実は、私、黒麹をいったいどこから採取したんだろうと思っていました。 パンに生えるカビから黒麹を採取していたとは、いつものことながら発酵のタネは身近なところにあります。 クエン酸産生のための条件 クエン酸の産生量をさらに増やす条件について詳しく調べられました。 その結果、 栄養培地のpHを強酸性にすると、アスペルギルス・ニガーのクエン酸産生量が増大し、さらに、 培地中の鉄イオンを0. TCA回路では、クエン酸は、次にイソクエン酸に変化するのですが、それができなくなったのでクエン酸がたまってしまうということなのです。 クエン酸製造の図解 図を見てください。 TCA回路は、赤字で書いたアセチルCoAがオキサロ酢酸と反応してクエン酸になるところから始まります。 アセチルCoAの前をさかのぼると、ブドウ糖に行き着きます。 アセチルCoAの実体は、補酵素Aに連れられた炭素数2の酢酸です。 それが、炭素数4のオキサロ酢酸と反応して、炭素数6のクエン酸になります。 条件をつくると、TCA回路内の反応がクエン酸から先に進まなくなるので、クエン酸がたくさんできるということです。 しかし、回路なんだから、クエン酸で止まってしまうとオキサロ酢酸が不足するではないかと思います。 この辺はうまくできていて、オキサロ酢酸は、ブドウ糖があれば別のルートでつくられて供給されます。 もう一つ図を載せましょう。 オキサロ酢酸とアセチルCoAの反応式です。 補酵素Aは運び屋なので、自身は反応の影響は受けません。 このようにしてクエン酸がつくられます。 そしてクエン酸は、容易にミトコンドリアの外に出ることが知られています。 また、強酸性の環境が、アスペルギルス・ニガーの細胞膜を変化させて、クエン酸を外に分泌しやすくなると考えられ、さらに、この環境が雑菌の生育を抑えて、結果的にアスペルギルス・ニガーのクエン酸産生を助けると考えられました。 アスペルギルス・ニガーのことが発表されたのは1917年でしたが、1920年代になるとアスペルギルス・ニガーを使ったクエン酸製造が始まりました。 クエン酸の原料 クエン酸の原料は、グルコース(ブドウ糖)やショ糖(いわゆる砂糖です)、廃蜜糖でした。 廃蜜糖は、サトウキビから砂糖を搾って分離したあとに残ったものです。 安い材料です。 クエン酸製造が、果汁を使わなければできなかった時代と比べると、原料が腐らない。 そして安価である。 生産するのがアスペルギルス・ニガーですから、熱や電気などのエネルギーが不要。 安く大量につくれるようになります。 もちろん、John and Edmund Sturge社でもこの方法は採用されました。 実際、現在では、原料の85%をクエン酸に変換できるようです。 現在の用途は、清涼飲料水や食品加工、化粧水などに広く利用されているそうです。 まとめ 私が黒麹のことを知ったのは、沖縄の泡盛の醸造からでした。 それが何となく先入観になっていて、泡盛の製造方法がよく調べられてから、黒麹によってクエン酸製造が始まったのかなと思っていました。 しかし、今から100年前にすでに黒麹によるクエン酸製造が始まっていて、しかも、黒麹はパンに生えたカビ由来だったというのがとても面白かったです。 黒麹からクエン酸を製造する方法は、TCA回路での反応を途中で止めることでクエン酸をたくさん得ることができる方法でした。 TCA回路やクエン酸はわれわれに無関係なものではありません。 それどころか、あなたの体の細胞でも私の体の細胞でもTCA回路の反応が休みなく続いています。 もちろん、常にクエン酸もつくられています。 ただ、途中で止まることがないので、すぐに次の物質に変化していくのですが。 よく読まれた記事• 20,003件のビュー• 16,118件のビュー• 14,232件のビュー• 13,357件のビュー• 10,098件のビュー• 7,601件のビュー• 7,398件のビュー• 7,001件のビュー• 6,717件のビュー• 6,374件のビュー• 5,916件のビュー• 5,910件のビュー• 5,668件のビュー• 5,624件のビュー• 5,165件のビュー• 5,011件のビュー• 4,975件のビュー• 4,776件のビュー• 4,665件のビュー• 4,553件のビュー• 4,325件のビュー• 4,317件のビュー• 4,208件のビュー• 4,206件のビュー• 3,927件のビュー• 3,856件のビュー• 3,770件のビュー• 3,615件のビュー• 3,462件のビュー• 3,446件のビュー• 3,204件のビュー• 3,081件のビュー• 3,080件のビュー• 2,984件のビュー• 2,950件のビュー• 2,909件のビュー• 2,879件のビュー• 2,723件のビュー• 2,712件のビュー• 2,655件のビュー• 2,644件のビュー• 2,623件のビュー• 2,617件のビュー• 2,592件のビュー• 2,586件のビュー• 2,549件のビュー• 2,484件のビュー• 2,477件のビュー• 2,474件のビュー• 2,470件のビュー.

次の