ワイドナショー 出演者。 ワイドナショーに出演中の女子高生まとめ!かわいいあの子は誰?

フジテレビ「ワイドナショー」MC・女子アナ&コメンテーター出演者一覧

ワイドナショー 出演者

スポンサーリンク ワイドナショーの呪いを受けた芸能人まとめ!ゲスト・出演者が次々と不幸に! 泉谷しげる ワイドナショーにコメンテーターとして出演したことがある泉谷しげるさん。 ytimg. jpg) そんな泉谷しげるさんは出演後の2014年6月に、コンサート中に投げたギターが当たって負傷した観客女性と騒動が有りました。 怪我を追った新潟県長岡市の観客女性は泉谷さんを相手取り、約300万円の損害賠償求めた訴訟。 しかし、2015年10月14日付けで損害賠償金はいくらか渡したか分かりませんでしたが、和解して事なきを得ました。 SMAP解散騒動については、スマップメンバーとの仲も悪くなってしまい、最終的には8月に正式に解散すると宣言してしまいました。 乙武洋匡 乙武洋匡さんもワイドナショーに出演後、不倫が発覚して大騒動となります。 最初は離婚せずに事なきを得ようとしていましたが、その後妻が旦那の世話が辛くなり別居。 数カ月後には、離婚という結果になってしまいました。 清原和博 清原和博さんはワイドナショーに1月24日出演して、2月2日の9日後に 覚せい剤取締法違反罪に逮捕されるという結果となっています。 html) 現在は執行猶予中ですが、宮古島いったいりと気分転換をしており、楽しんでいました。 しかし、報道が直撃した所、かつての元気はなくうつむいているようで、もう取材にはコリゴリのご様子でした。 とにかく明るい安村 とにかく明るい安村さんもワイドナショーに2015年12月に出演しましたが、2016年3月に不倫騒動を起こしてしまいます。 しかも、とにかく明るい安村さんは、愛妻家や子煩悩な所で好感度を上げていただけに、かなりファンが離れてしまったようです。 「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイ 「水曜日のカンパネラ」のボーカルであるコムアイさんも度々ワイドナショーに出演していましたが、呪いにあいます。 html) 2013年に発表した楽曲「ヒカシュー」について、ロックバンド・ヒカシューからの抗議を受けてしまいます。 ヒカシュー側から2016年5月9日に曲名を「ヒカシュー」を使用したことで憤りを感じるとし抗議。 「水曜日のカンパネラ」はこういった有名な人物名等を意図的に使用して誤認誘導させる企ての楽曲名が多いのですが、今回は現実に活動しまた同業のものという点で他と違うということで批判がきたようです。 それに対して「水曜日のカンパネラ」はタイトルにこだわりが無かったので、タイトルを早急に変更するとともに、事なきを得ました。 堀潤 ジャーナリストである堀潤さんもDV疑惑離婚と報じられてトラブルに見舞われます。 html) それも次週のワイドナショーの放送でコメンテーターとして出演する予定が明らかになってからの報道だったので、やはりワイドナショーに関わると何かしら起きるのかもしれません。 そして堀潤さんは2016年5月15日放送のワイドナショーに渦中の中でゲストとして出演し、DVと不倫が原因で離婚したとする報道を否定した上で、良好に話し合いが進んだと言いました。 スポンサーリンク 竹俣紅 女子高生棋士でありながら、タレントとして活動をしている竹俣紅さんは、ワイドナショーにも出演をしていました。 実はその前から師匠の森内九段との確執があり、2,3年前に「記録係事件」というのがありました。 将棋には記録係がいるのですが、長時間拘束されるのでなかなかやりたがらずに、竹俣紅さんも渋っていました。 そのため森内九段がかなり叱ったようですが、その時に竹俣紅さんの母親が、 「ウチの子は記録係をする為に将棋を指しているんじゃないの!」 と反論したりと、もともと竹俣紅さんとは何かしら不満が溜まっていたようです。 しかも森内九段は竹俣紅さんをたいそう面倒を見ていたようで、「記録係事件」で不満がたまり、最近のタレント活動の活発に我慢ができなくなり、休業になっったようです。 ワイドナショーの呪いはすごい!次々とゲスト・コメンテーターがトラブル! 実は2016年3月26日の放送にて松本人志さんが 「この番組に出たコメンテーターがバタバタと倒れていくっていう…」 と冗談で話して言いましたが、ここまで出演者が世間を騒がせているとなると冗談ではなくなってきました。 今後もいろんな芸能人が出演すると思いますが、その後世間を騒がすのか注目するのも楽しみの一つなのかもしれません。 せばな~.

次の

「ワイドナショー」出演者も痴漢被害に 渋谷ハロウイーン騒動、松本人志らはどう思う?

ワイドナショー 出演者

首相が14日夕方、東京・台場のフジテレビ本社で『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)の収録に参加した。 ()を筆頭に、有名・文化人たちがコメンテーターとなり、芸能ニュースや時事問題など、さまざまな話題や人物を取り上げていく。 同番組に現役の政治家が出演するのは初めてで、松本と安倍首相は、今回の番組で初対面となった。 17日放送予定。 ゲストコメンテーターとして出演するのは()、、()。 安倍首相は、先日行われた安倍首相主催の「桜を見る会」など、いくつかのニュースについて、松本をはじめとした出演者たちと語り合った。 番組終盤には、出演者たちから安倍首相へ質問するフリートークが実現し、終始和やかな雰囲気で収録が行われた。 MCは、アナウンサー。 安倍首相が、同局のバラエティー番組に出演するのは、『笑っていいとも!』(2014年3月21日放送)のトークコーナー「テレフォンショッキング」に出演して以来、およそ2年ぶり。 フジテレビの番組に出演するのは、『みんなのニュース』(2015年7月20日放送)以来となる。

次の

安倍首相が『ワイドナショー』出演 松本人志と初対面

ワイドナショー 出演者

最近、ワイドショーなどに呼ばれるミュージシャンが増えている。 記憶に新しいのは、『ワイドナショー』(フジテレビ系)へのMY FIRST STORYのHiroの出演である。 そもそも、MY FIRST STORYは積極的に地上波の音楽番組に出るタイプのバンドという印象はなかった。 そのため、『ワイドナショー』への出演にある種の驚きと新鮮さを感じることもあったが、オンエアを見る限り、綺麗に番組の中にハマっていたように感じる。 それにしてもなぜあそこにブッキングされたのがHiroだったのだろうか。 ひいてはなぜミュージシャンが積極的にブッキングされるようになっているのだろうか。 そのことを、少し考えてみたいと思う。 MY FIRST STORY『1,000,000 TIMES』 当然ながら、どんな番組にもカラーというものがあるし、笑いのとり方や盛り上げ方というのはある程度決まった形があるはずである。 テレビ番組はサッカーチームに似ているところがあると言われているが、その所以は番組ごとにカラーが決まっているからである。 たとえば、バラエティ番組であるならば、番組の構造上、基本的には一人のストライカーが笑いをバシバシ取っていく形に収まりやすい。 特にMCに近い立ち位置の人物が「ボケ」ならば、そういう形に収まるのが綺麗になりやすいし、番組の力学として、威力の強いボケは、番組の中には一人配置されていることが多いように思う。 『ワイドナショー』において、サッカーでいうところのストライカーの立ち位置を担っているのは松本人志であろう。 ひとつひとつの笑いを生み出す=点を取りにいっているのは松本人志が多いだろうし、番組内で「オチ」をつけることが多いのも松本人志であることが多いように感じる。 また、各々のコメントが交錯しすぎて、番組が脱線しないようにきっちりと番組の流れをコントロールする、サッカーでいうところの司令塔のような立ち位置、つまりは司会進行的な役をたち振る舞っているのは、東野幸治であろう。 ストライカーと司令塔。 『ワイドナショー』においては、最初からここが固まっているため、ここを軸にして、他の人たちのブッキングがなされているように思う。 そう考えた時、積極的にボケ=点を取りに行くストライカータイプは、あの番組においてはあまり重宝されない印象を受ける。 少なくとも、松本人志のボケを殺すようなボケが出てくることはまずないに違いない。 そう考えた時、ストライカーが点を決めに行きやすい、アシストが行えるようなタイプが重宝される。 ボケの起点を作るような変わったコメントを言うことができたり、放たれたボケをきちんと回収することができる感性を求められるのがコメンテーターだ。 そう考えた時、Hiroはそういう要素を兼ね備えた絶妙な立ち位置からコメントしていたように思う。 ある時は20代の好青年な立場からコメントをする、あるときは両親がともに大物ミュージシャンという特異な立場のバンドマンという職業の立場からコメントをする、ある時は他のコメンテータよりも一素早くツッコみに回るアシストとしてコメントをしていた、そのように思うのである。 しかも、そのあり方が実にナチュラルだったのだ。 仮にもしこれが芸人なら、笑いを起こすことをあまりにも優先的になってしまい、バラエティ色が強く出すぎてしまう懸念がある。 そう考えた時、Hiroは「芸能人」でありながらも、(ある種の)一般人感も出している、実に絶妙な立ち位置だったように思うのだ。 庶民的な目線を持ち合わせつつ、独自の視点(ミュージシャンならではの視点)で意見を繰り出すこともできる、そういうサッカーでいうところのミッドフィルダー的な立ち振舞いを、ナチュラルに行っていたように感じるのである。 だからこそ、チーム全体のバランスをみたとき、実に綺麗にハマっているように感じたのである。

次の