ギャラドス 対策。 ギャラドス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンGO】ギャラドス対策におすすめポケモン!弱点はコレだ!

ギャラドス 対策

ただでさえ攻撃種族値が高いギャラドスの攻撃力が底上げしてしまうので、選出に受けれるポケモンがいなくなってしまいます。 その為できるのであれば、「じしんかじょう」を発動できずにうまく受け回し、ギャラドスの猛進を早めに押さえ込んでおくのが正解だと思います。 但し、「じしんかじょう」を積んで攻撃が上がったギャラドスの攻撃技を一度受けることが前提なので気をつけましょう。 「ダイジェット」を積んで加速する前に、対面でしっかり落としておくのが理想です。 ギャラドスより早い、でんき技持ちのポケモンを構築に仕込んでおくといいでしょう。 例えば素早さに振ったロトムに「こだわりスカーフ」を持たせたら、1ランク素早さが上がったギャラドスでは抜くことができません。 ドリュウズ 特性「かたやぶり」は「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」持ちが多い、というか殆どだがそれでも対策しづらく、 なんとなく構築を組んだら「かたやぶりドリュウズ」が重いということは良くあります。 特性「すなかき」は高速アタッカーとしての火力をあげる「いのちのたま」や「じゃくてんほけん」も存在します。 一度砂展開を許してしまうと、止めれるポケモンを用意していないと、かなり厳しい展開になります。 ウォッシュロトム みず・でんき 弱点が「くさ」技のみで、耐久が高く一撃で落とされることが少ない。 カバルドンやドサイドン、ドヒドイデ、アーマーガアなどの耐久ポケモンに強く、ウォッシュロトム1匹で受けサイクルを潰せることもある。 また、フォルムチェンジで覚える水技のハイドロポンプは、他のロトムのタイプ一致技と比べて火力ダウンがないため使いやすい。 ヒートロトム ほのお・でんき サイクル構築で必須級のほのお技とでんき技をタイプ一致で打てるため、痒い所に手が届く。 「ほのお」「でんき」が抜群の相手は勿論だが、環境に多いフェアリータイプにも強く、ダイマックスしたトゲキッスに後出しダイマックスで安定して勝てるのはとても偉い。 ロトムのメインウエポンやサブウエポンの「シャドーボール」や「あくのはどう」を全て半減で受けることができます。 ダイマックスのトゲキッスにあと投げし、ダイマックスして「ダイバーン」「晴れダイバーン」2発で沈めることができる。 「じゃくてんほけん」持ちが多いため、落とせない時はでんき技を打つのは控えたい。 5倍になるアイテム「とつげきチョッキ」を持たせた、鋼タイプや岩タイプはトゲキッスとのダメージレースで勝つことができます。 ダイマックス中もとつげきチョッキのとくぼうアップが適用される為、ダイマックスとのシナジーが高い。 「バンギラス」「ドリュウズ」「ジュラルドン」「ギガイアス」などがオススメです。 また加速していないトゲキッスなら、「いのちのたま」持ちのはりきりアイアントのアイアンヘッドでダイマックスでも一撃で落とすことができます。

次の

ギャラドス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ギャラドス 対策

Contents• また、陽気にすることによって、素早さ1段階上昇で最速ドラパルトを抜けるようになります。 意地っ張りだと抜けません。 持ち物について 持ち物は火力をあげるために、命の珠にしています。 命の珠にすることによって、ギャラドスを受けに来るポケモンの受けを許さない状況をつくることができます。 努力値振りについて 素早さは、トゲキッスやマンムーがいる最速80族を抜くため、最速にしています。 また、ダイジェットを一回積むことで最速ドラパルトを抜くことができます。 攻撃に関しては、A252命の珠ギャラだと火力過剰に感じる試合が多かったため、攻撃にある程度振って残りをBに振っています。 立ち回り 基本的な立ち回りとしては、相手のポケモンをダイジェットで倒せる圏内までダメージを与え、そこからダイジェットで全抜きをねらいます。 相手にブラッキーやアーマーガア等、ギャラドスを受けに来るポケモンがいる場合は、ダイストリームから入ることで、受けを許しません。 具体的な立ち回り 対ブラッキー 対HB特化ブラッキーに関しては、ダイストリーム後、雨下ダイストリームで、食べ残し一回分回復されても確定で落とすことができます。 ブラッキーがギャラドスとの対面で初手あくびを打ってきた場合は勝てないため、ブラッキーがギャラドスに後出ししてくるタイミングでダイストリームを当てる必要があります。 そのため、基本的に相手のパーティにブラッキーが入っており、ギャラドスを選出する場合は、ダイジェットからではなく、ダイストリームから入ります。 ダイジェットから入ってもHB特化ブラッキーに勝てるようにするためには、性格を意地っ張りにする必要がありますが、 食べ残しの回復量 6. 対アーマーガア HB特化アーマーガアもブラッキー同様に、アーマーガア後出しのタイミングでダイストリームを当てることで、食べ残しの回復量込みでも、次の雨下ダイストリームで落とすことができます。 カビゴンは電気技を持っている可能性もあるため、電気技がないとわかるまでは、対面した場合は基本的に逃げます。 対ヒヒダルマ 対ヒヒダルマに関して、ギャラドスのダイジェットでヒヒダルマを確定1発なので、ヒヒダルマを起点に、素早さと攻撃を一段階積むことができます。 スカーフドラパルトやサザンドラの大文字を耐えるために、HやD等耐久に振ったヒヒダルマも一定数存在したため、火力アイテムアップ無しの場合倒せない可能性があります。 この状況は何度かありましたが、そこまで多くなかった印象です。 対ギルガルド ギルガルドのHPを7割削れている状態で対面させるのが理想です。 H252ギルガルドに対して、ダイジェットのダメージが約3割のため、素早さと攻撃を両方あげることができます。 ギルガルドと対面した際、シャドークローのダメージがほぼ確定3発 0. 対マンムー 対マンムーに関して、ギャラドスを最速にすることによって、最速マンムーを抜けるため、マンムーに一発技を入れることができます。 マンムーは気合いの襷を持っている印象があり、かつギャラドスに対して4倍弱点をつけるフリーズドライ覚えるため注意が必要です。 ギャラドスで対応する際は、襷を潰しておく方がよいです。 対ミロカロス HB特化不思議な鱗ミロカロスに対して、やけどダメージ込みで「パワーウィップ」でほぼ2発で落ちます。 ミロカロスからギャラドスに対して有効技がないため、「竜の舞」から入ることもできますが、「熱湯」によるやけどを引いてしまう可能性もあるため、ギャラドスのパワーウィップ ダイソウゲン で落とせる範囲まで削ってから対面させるのが理想です。 被ダメ計算 攻撃を受けるポケモン 被ダメ ダイマックス ギャラドスのステータス H4ヒヒダルマ 62. 努力値振りや立ち回り方法が参考になれば嬉しいです! アイキャッチ画像には以下の画像を使用しています。

次の

【ポケモンGO】ギャラドスの弱点と対策ポケモン|倒し方を徹底解説!

ギャラドス 対策

そのため、でんき技で攻撃すると1撃でHPを多く削ることが可能だ。 ハイドロポンプに注意! ギャラドスは、攻撃の種族値が全ポケモンの中でもトップクラスの高さを誇る。 覚える技の中では、「ハイドロポンプ」の威力が特に高く、HPが高いポケモンでもあっという間に倒されてしまう。 極力避けておきたい。 ボルトチェンジは回避に不向き でんきタイプの通常技「ボルトチェンジ」は威力が高い反面、発動時間が2. 3秒と長い。 CPUは2秒毎に攻撃するので、発動している間は敵の攻撃を避けられない。 被ダメージを抑えて戦う場合には、ボルトチェンジ以外の技を厳選しよう。 1番強力な技は「でんじほう」だが、他の技でも充分に有効だ。 いわタイプはおすすめできない ギャラドスにはいわ技でも弱点を付けるのだが、いわ技が使えるポケモンは、じめんなどの水が苦手なタイプも持っている場合が多い。 そのため、基本的にはでんきタイプでバトルを挑むべきだろう。 ギャラドスに強い対策ポケモン 入手難易度【簡単】.

次の