アキラ ラストシーン。 AKIRA (漫画)

アキラ

アキラ ラストシーン

出展 : Amazon. jp Anime Expo 2019で新アニメ化プロジェクトを発表がされ話題が再燃!2019年の日本が舞台である 『AKIRA』。 今回は、1988年公開のアニメ版『AKIRA』のあらすじや漫画版との違い、さらにあのラストシーンの意味もネタバレ解説していきます。 『AKIRA』アニメ版とは? 出展 : Amazon. 124分のアニメーションの中で カット数2200、セル画15万枚が使われ、画面外のモブキャラクターの動きまで緻密に計算された圧巻の映像は30年以上経ったいまも国内外で高い評価を受けています。 また、当時の技術としては珍しく 「台詞を先に収録して後からそれに合わせ絵をつける」プレスコ方式が採用されており、キャラクターの動作をリアルに表現しています。 漫画・アニメ共に大ヒット 劇場版アニメの監督を務めたのは、原作漫画の作者でもある 大友克洋さんです。 大友さんは漫画版『AKIRA』の連載途中で自ら絵コンテを描き起こしこの劇場版を製作しています。 劇場版『AKIRA』は原作漫画の完結前に製作・公開された作品ではありますが、原作者本人が脚本にも携わっていることもあり物語に大きな齟齬はありません。 漫画版・劇場版共に大ヒットを記録していることから、『AKIRA』は原作者監修のアニメ化成功例の最たるものと言えるでしょう。 革命的な音楽 『AKIRA』の劇伴を担当するのは、世界の民族音楽を題材にした音楽パフォーマンスグループ 「芸能山城組」。 『AKIRA』を構成する要素である 「サイバーパンク」「神秘と科学」「退廃的な近未来」というイメージにマッチした数々の楽曲は、単なるアニメ映画のサウンドトラックというだけではなくひとつの芸術作品としても高く評価されています。

次の

AKIRAのあらすじを解説!ストーリー・感想などネタバレ考察

アキラ ラストシーン

AKIRAの最後のシーンって本当はいったいどうなったんだろう? そう思い原作を読み返し、そしてネットでも検索してみたけど 納得いく説明がひとつもなかった。 しかしヒントをひとつ見つけた。 大友克洋がAKIRAに込めた本当の意味。 本当のラストシーンに迫ることができた! AKIRAのラストシーンに込められた本当の意味【あらすじ・考察・解説】 東京オリンピック、大地震、テロ、天災、人災、安保法案可決、 そんな今だからこそ再度、AKIRAに込められたメッセージを確認してみたくなった。 AKIRAについて 1982年に連載開始。 1990年6月に完結。 1988年には映画化され社会現象にもなった。 完結から25年経った今でも風化しない内容です。 物語の中心となるのは2019年のネオ東京。 1982年、新型爆弾が使用され3度目の世界大戦勃発、それから38年後が舞台だ。 AKIRA アニメ映画版と原作漫画の違い 登場人物などはほぼ一緒だが、人間関係や設定、ストーリーなどが違う。 キャラクターによっては全く違う。 ラストシーンの描き方も違う。 アニメの限界を超えたアニメ.

次の

『AKIRA』の魅力考察!東京オリンピックの予言から原作ラスト、トリビアまとめ

アキラ ラストシーン

スポンサードリンク AKIRA(アキラ)の最期はいったいどんな意味があるのか、考えてみたいと思います。 「2001年宇宙の旅」の影響を受けてるという人もいますが、 私は決定的に違う宗教観があると思います。 2001年のほうは、「モノトリス」(神や、創造主のような意味合い)の影響をうけて、 人間が進化していくような感じですが、 「AKIRA」はまさしく、覚醒!覚(悟り) デジタル大辞泉プラスの解説より 覚 さとり 日本の妖怪。 山中に住み、人の心を見透かすことができるとされる。 山神の化身との説もある。 全国各地に類似の伝承がある。 にちかいと思います。 もともと、自分の中にあるののが覚醒していく状態だと思います。 仏教の梵我一如(ぼんがいちにょ)にちかいとも思います。 Wikiより 梵我一如(ぼんがいちにょ)とは、梵(ブラフマン:宇宙を支配する原理)と我(アートマン:個人を支配する原理)が同一であること、または、これらが同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想。 古代インドにおけるヴェーダの究極の悟りとされる。 その時代の思想としては、ニューエイジ・精神世界の話の近いと思います。 ニューエイジに触れているところがあまりなかったので書いてみました。 「人間の意識の変革が新しい時代を生み出す。 それが霊的な世界である」 (レイチェル・ストーム「ニューエイジの歴史と現在」) wikiより ニューエイジ運動は、60年代のカウンターカルチャーをその直接の起源とする。 物質的な思考のみでなく、超自然的・精神的な思想をもって既存の文明や科学、政治体制などに批判を加え、それらから解放された、真に自由で人間的な生き方を模索しようとする運動である。 だそうです。 まさに、東京湾に浮かび超高層ビルが乱立するネオ東京に対するカウンターカルチャーではないでしょうか? 実際に、映画の中でも、「大覚アキラ」と民衆がデモで既存の文明や科学、政治体制などに批判をしています。 そして、覚醒し、意識のレベルが向上し今まで隠されていた霊能力、超能力が当たり前のことになり、あらゆる存在(人間にかぎらない)の心が通じ合うので、お互い愛し合い、争いはなくなる。 愛と平和と調和の時代。 この、「心が通じ合うので、お互い愛し合い」 のところもそうですが、タカシ、キヨコ、マサルの三人も金田を助けようと アキラの光の中に飛び込んだため彼らの回想が金田の意識に入りこんできて、 鉄雄の記憶も中にはいり心が通じあっていきます。 そして、金田と鉄雄は、最後お互いを助け合おうとします。 助かったあとも、仲間が心のそこから、喜んでいる様子が伺えます。 AKIRAの力とは、 その力というのは、「宇宙の根源的なエネルギー」のようです。 この辺のところでも、梵我一如(ぼんがいちにょ)に近いですね。 人が橋や家のような、他の動物とは異なったものを作るということは、人が他の動物とは違った何かしらのエネルギーを持っているということかもしれない。 しかし、もしそうだとしたら、そのエネルギーは他の生物も持っているのだろうか?原始生命体も持っていたのか、その前に存在していた宇宙の塵にもそのエネルギーはあるのか。 実際に、超能力の研究がされていたことはあります。 ソ連や、西ドイツとかですかね。 時代背景としては、 ユリゲラーや、UFO、宇宙人がはやった時代ですね。 同時に、科学が進歩すればすべてが解明できると信じていた時代でもあったと思います。 それに対するアンチテーゼみたいのもあるかもしれません。 最後に、鉄雄は死んだのかもしれませんが、金田が光をぎゅっと手で握ります。 受け取るのかと思ったら、握りました 笑) 「鉄雄は多分…」で台詞をさえぎられるのですが、 別の宇宙なのか、パラレルワールドですかね~金田の精神世界では、つながっているので 大きな問題ではないのでしょうか? 「機動戦士ガンダム」ではニュータイプですねよう能力ですかね。 アムロも、ララアが死んだあと、「ララアとはいつでも会えるから」って言ってます。 想像した事が現実になるという意味では、「マトリックス」にも そういうことが出てきますし、「ジョジョの奇妙な冒険」でも、 エンヤ婆が、dioに「時間を止められる」と信じさせます。 ナポレオンヒルの「思考は現実化する」にもでてきますね。 交流電流 家庭用電源)は発明した人、テスラ エジソンと同時代の科学者)も 「人間の想像したものは実現できる」といってました。 AKIRAは今見ても、映像もきれいで、近未来的なので、リアルな答えを求めてしまいそうですが、 現実には、よくわからないことのほうが多いですよね。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 高橋が書いてます。 よろしくお願いします。

次の