恋 の スケッチ 応答 せよ 1988 キャスト。 韓国ドラマ 恋のスケッチ~応答せよ1988~ 相関図 キャスト あらすじ

恋のスケッチ〜応答せよ1988〜の最終回のネタバレと感想!相関図も|韓流マイスター

恋 の スケッチ 応答 せよ 1988 キャスト

ケーブルテレビ史上最高の視聴率を誇ったドラマ『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』は家族の愛と友情を笑いと時々涙させる演出で、観ている側を魅了し続けてくれました。 韓国で人気の『応答せよ』シリーズの第3弾にして最高の作品との声が多い今作。 1988年、初めてのオリンピックに湧くソウルを舞台に、幼馴染5人の友情や初恋、家族を感動的に、そしてコミカルに描いたヒューマンラブコメディ! 男の子4人の中に紅一点女の子がいることによって、思春期を迎えた彼らに少しずつ変化が芽生えていきます。 友情は変わらないけれど、少しずつ大人へと成長していく5人を見ていると胸が締め付けられる思いです。 5組の家族を演じるベテラン俳優達の素晴らしい演技も見ものですが、このドラマがブレイクするきっかけとなった若手俳優達にも注目です! また、1988年と2015年を行き来して話が進んでいくので、主人公の1人である紅一点のドクソンの夫が誰なのか?ということを推理しながら見るのも一つの楽しみですよ。 『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』あらすじ ソウルオリンピック開催が決まった1988年。 韓国はお祭り騒ぎ状態になっている中、双門洞で暮らす5組の家族はそれぞれ支え合って生きてきた。 子供達は全員同い年で、ジョンファン、ドンリョン、ソヌ、テクの男子4人に紅一点のドクソン。 5人はいつも一緒にいて、男女という垣根を越えた友情で結ばれていた。 まだまだ女性らしさがあまりなく、子供っぽいドクソンがある日友人の言葉をきっかけにソヌを異性として意識する。 しかし、ソヌが好きなのは姉のボラ。 ショックで落ち込むドクソンに恋心を抱いていたジョンファンは喜びを隠せない。 一方でテクもドクソンに想いを寄せていることがわかる…。 まだ幼さの残る考え方と、それでも恋に憧れる年齢相応の可愛らしさを持っています。 姉のボラとは犬猿の仲でいつもケンカをしている。 家族の中で自分は大事にされていないのでは?と思うことがよくあり、そのせいでよく泣いている。 友人との会話をきっかけにソヌへ淡い恋心を抱き始めたドクソン。 思い込んだらとことん突き進むドクソンは、当然ソヌも自分が好きだと思い、熱烈になります。 しかし、そんなソヌが好きだったのは姉のボラだと知り、ショックを受ける。 常に明るくムードメーカーのドクソンは、まだ自分が誰かの恋の相手だとは知る由もなく…。 ジョンファン役|リュ・ジュンヨル この顔可愛い — youyou youyou23613665 高校2年生の男の子。 極端に無口で一見すると無愛想。 実際は、ただ口下手で思いやりの深い優しい青年です。 あることがきっかけで、ドクソンに対して恋心を抱き始めました。 けれど、そんなドクソンはソヌに夢中になり始め、気が気ではない。 ソヌに失恋したドクソンを見て安心したのもつかの間、テクがドクソンをずっと好きだったことを知り、動揺する。 ジョンファンはいつも、自分がここぞ、という時のタイミングやチャンスを掴むことができずに苦悩している。 ソヌ役|コ・ギョンピョ いい男! — youyou youyou23613665 高校2年生の男の子。 成績優秀で生徒会長を務めるほどの有能な学生。 他界した父の代わりに母と幼い妹を支える長男。 しっかり者というイメージが強く、自制心も人一倍あるが、2年間ドクソンの姉であるボラに恋心を抱く情熱家でもある。 しかし、自分が母と妹を守らなくてはいけない、という強い気持ちから、母が苦労することを極端に嫌っている。 テクの父と母が親密になり始め、ソヌは理解しなくてはいけないと頭ではわかっていも、心がついていかない苦悩を感じる。 ドンリョン役|イ・ドンフィ ドンリョンのおかげで時々和む — youyou youyou23613665 高校2年生の男の子。 自分の通っている高校の教師に父親がいることが悩み。 母親も仕事をしているため、日頃から1人行動も多く、よくテクの部屋やジョンファンの部屋には、本人がいなくとも入り浸っている。 ムードメーカーで、いつもふざけている。 しかし、幼馴染の中で最も相談される人でもあり、そんな時はいつものふざけた雰囲気はなくなる。 家庭で自分の存在の薄さが悩み。 家出をして母親の気を引こうとするが、忙しさゆえに家出に気付いてもらえなかった。 情報通でもある。 天才棋士と言われ、中国ではテクを神様と呼んでいるファンもいるほどの腕前。 しかし、幼馴染の前では何もできない人間だと思われていて、保護の対象でしかない。 愛されキャラであり、みんなテクのことはいつでも応援している。 母親を事故で亡くし、時計店を営む父親と2人暮らし。 のちにソヌの母親と親密になっていることを父親に告白された時は、ソヌとは反対に即座に笑顔で祝福していた。 ドクソンのことを昔から好きで、その気持ちが徐々に抑えられなくなってきていることを感じる。 純粋にそのままの気持ちを話していたが、ジョンファンのドクソンへの気持ちにも気付いてしまう…。 相関図 5組の家族の雰囲気がよくわかる相関図です。 ドンリョンの家族はドラマ開始当初はあまり出てこないのですが、ドンリョンが家出した時には、感動させてくれます。 ドクソン家とジョンファン家は家族が多いので、いつも賑やかな印象です。 相関図では各家族の説明しかされていませんが、ここから幼馴染同士がどうなるのか、予測しながら物語を観ることをおすすめします! 注目のキャスト!テク役のパク・ボゴム 主要人物の1人であり、このドラマを通して最も演技力を披露し キャストと言えます。 ただ1人、学生にならず囲碁の世界で戦い、プレッシャーと戦いながらも、友人の前だけでは素直な自分でいられることに安堵するのでした。 しかし『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』では、静かで抑えた演技ながらも、役柄の繊細な空気をしっかりと表現しています。 特に涙の演技は大きな印象を与え、評価につながりました。 このドラマをきっかけに、芸能関係者100人が対象の雑誌のアンケートにて「次世代の俳優」部門で堂々の1位を獲得。 さらに、視聴者の人気も1番となっている今後も注目の俳優です! まとめ 『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』のキャストや登場人物の相関図をお伝えしてきました。 カテゴリー• 18 新着記事一覧.

次の

【恋のスケッチ】は全何話?ostやキャストを相関図で紹介!

恋 の スケッチ 応答 せよ 1988 キャスト

1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていました。 学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン ヘリ は、両親と姉、弟の5人家族。 兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン リュ・ジュンヨル 、優等生のソヌ コ・ギョンピョ 、そして天才囲碁棋士のテク パク・ボゴム。 ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。 しかし、ソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだったのです。 それを知ったドクソンは一気に失恋することに! そんなドクソンの姿を見ていたジョンファンは、なぜかドクソンのことが気になっていた。 さらにテクも、ドクソンのことが好きだと幼馴染の前で宣言します。 そうとは知らずドクソンは、テクの食事の世話をするため囲碁の中国遠征に同行することになり・・・。 今作はヒロイン・ドクソンと彼女の幼馴染4人の少年らが18歳になったことで今まで友達としてみていた彼女にある少年2人が恋心を抱き始める ハートフルラブコメディです。 誰にとっても幼い頃仲良くしていた幼馴染がいますよね? 子どもの頃は全然意識していなくても、高校生くらいから意識し始めいつのまにか好きになっているなんてことが多いのではないでしょうか? 劇中に登場する彼らと同世代の20歳前後の方はもちろんのこと、恋愛に臆病になっている大人の方にとっても共感することが多い作品になっています。 ドクソンは、ソヌが自分のことを好きだと思い込みアドバイスをするもののソヌの意中の人はなんとドクソンの姉・ボラだったのです。 その後、ソヌがボラと付き合うようになってからは、ドクソンに恋心を寄せているジョンファンとテクによる不思議な 三角関係に発展するの! 実際に視聴した私は、どのタイミングでこの2人がドクソンに告白するのかとソワソワしながら見ていました。 韓流ドラマはドロドロとした作品が多いイメージですが、今作は誰が見ても癒されること間違いなしの ピュアなラブストーリーを描いているので万人ウケのドラマです。 最終回の結末を知る前に、『 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』が見たいというあなたはU-NEXTがオススメです。 それでもソヌとボラは互いの両親を説得するために努力を惜しみません。 ソヌは母のソニョンに「 僕はボラと6年付き合ってきた。 過ぎ去っていく感情ではない」と本音を伝え、ボラもソン・ドンイルとイ・イルファに「 来年同姓同本の結婚が一時的に許可される。 その後同姓同本結婚の効力中止への話が出ている」と伝えます。 その頃、ドクソンとテクらも互いの両親に心配をかけないために2人の交際を隠していました。 その後、2人の恋愛説まで新聞に取り上げられ、バレる危機に陥りましたがドクソンから思いがけない言葉を言われます。 テクは「 あなたは自信ないの?」とドクソンから言われハッとさせられるのです。 そのままドクソンとテクは内緒なまま恋愛を続けました。 そして時が過ぎ、ソヌとボラは互いの両親から結婚の承諾を受け、最終的に夫婦の縁を結んだところで幕を閉じました。 相関図は? 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜の相関図がこちらです。 次に今作メインキャストについてチェックしておきましょう。 テク役:パクボゴム 天才囲碁棋士として囲碁の世界で大活躍! ドクソンの幼馴染であり彼女に恋心を寄せている。 ジョンファン役:リュ・ジュンヨル 感情を表に出す事が少ないため、他人からは「何を考えているの?」と思われることもしばしば。 それでも彼は思いやりのあるサッカー少年であり、ドクソンに淡い恋心を抱いている。 ソヌ役:コ・ギョンピョ 周囲の人物の中では最も頼りがいのあるしっかり者。 ドクソンの姉・ボラに恋心を寄せのちに交際に発展する。 ボラ役:リュ・ヘヨン ドクソンの姉でありソウル大学に通っている才色兼備の持ち主。 ソヌからの思いがけない告白がきっかけで交際をスタートすることに! まとめ いかがでしたでしょうか? 日本でも歌手デビューするなど抜群の知名度を誇り俳優 パク・ボゴムさんと遅咲き俳優として今作で大ブレイクした リュ・ジュニョルさんが出演している韓国ドラマ『 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 』。

次の

韓国ドラマ『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』全話あらすじ!感想あり!

恋 の スケッチ 応答 せよ 1988 キャスト

2020. , , , ,• 韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。 鬼のような姉、ボラ リュ・ヘヨン とはささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのは決まってボラだった。 近所に住む幼なじみ、サッカー好きのジョンファン リュ・ジュニョル 、優等生のソヌ コ・ギョンピョ 、お調子者のドンリョン イ・ドンフィ 、そして天才囲碁棋士のテク パク・ボゴム とは兄弟のように育ち、母親たちの日課である「お裾分け」のせいで彼らの家の食卓に上るメニューは毎日同じになってしまう日々を過ごしていたが…。 【概要】このドラマは、1話から8話まで1988年を、9話で17話までは、1989年(17話後半1990年〜1994年)を、18話から20話までは、1994年(20話半ば以降、1995年)をそれぞれ時代背景にし、断続的に短い現代のインタビュー式で入れ、その時代を回想する形式を取った。 成績よりもおしゃれに興味津々の高校2年生。 がさつだが、愛嬌があり皆に好かれる女の子。 チェ・テク パク・ボゴム 13歳で史上最少年タイトル天才囲碁少年。 優しく物静かな性格。 キム・ソヌ コ・ギョンピョ 母と小さい妹の3人暮らし。 家族の面倒をよく見る優しい男。 生徒会長もつとめる。 キム・ジョンファン リュ・ジュニョル サッカー好きの高校生。 優しい一面を持つ優等生。 キム家の次男。 ドクソンのことが気になる。 ソン・ボラ リュ・ヘヨン ドクソンの姉。 ソウル大学の数学教育科。 怒ると鬼のように怖く、ソン家でも近所でも1番の権力者。 ソン・ドンイル役:ソン・ドンイル 韓一銀行 ソン家の父親 イ・イルファ役:イ・イルファ ソン・ドンイルの妻 ソン・ボラ役:リュ・ヘヨン ソン家の長女 ソン・ノウル役:チェ・ソンウォン ソン家の長男、末っ子 キム・ソンギュン役:キム・ソンギュン キム家の父、成金 ラ・ミラン役:ラ・ミラン キム・ソンギュンの妻 キム・ジョンボン役:アン・ジェホン キム家の長男、浪人6年生 ドンリョン役:イ・ドンフィ 高校2年生 スタッフ コメントにて随時感想募集中です。 今回も最終回の視聴率は19%と言うすごい視聴率を出しました。 今までの応答せよシリーズの中で、家族愛、青春、友情が一番強調されてたドラマだったと思います。 特に、親子の細かい愛情表現が毎回描かれていて、毎回号泣させられました。 韓一銀行の万年代理ソン・ドンイルさんとイ・イルファさんの夫婦役も良かったですが 今回はジョンファンの母親役ラ・ミランさんとキム・ソンギュンさん夫婦役が物凄く良かったです。 夫婦役の俳優さんたちは、みなさん大物ベテラン俳優さんなので配役がとても魅力的です。 特に数々の人気ドラマに出演しているラ・ミランさんの演技の幅の広さと歌とダンスの上手さには本当に驚かされ、そして笑わせられます。 ラ・ミランさんと自分をリンクさせて観てしまう方もたくさんいると思います。 それくらいラ・ミランさんのキャラクターや演技力に引き込まれてしまいますよ。 きっとラ・ミランさんが出演しているドラマに自然と注目してしまうファンの方は多いと思います。 天才囲碁少年テク役のパク・ボゴムさんは、純情で透き通った役柄を見事に演じていました。 パク・ボゴムさんはこのドラマで一躍人気者になった俳優さんですのでこれからも注目する価値のある俳優さんだと思います。 ラブラインもありますが、家族愛に重点をおいた作品として観ても十分楽しめて泣けるとても良い作品です。 とにかく笑顔がかわいい!応答せよ1988でみせたような少しのほほんとしてみんなに大事にされているほっこり系の役がぴったりだと思っていましたが、雲が描いた月明かりでは俺様キャラでいたずらっぽい笑みもとても魅力的でした。 また君を憶えてるでは猟奇的な殺人犯の役でしたが、笑顔を封印して凍りつく視線の演技はいつもの柔和な雰囲気と違い驚くほど怖いものでした。 それでも最後に心からの笑顔のシーンがあり、やはりそこではほっこりとしました。 これからどんな役をこなしていくのか、伸びしろが楽しみな俳優さんです。 その笑顔にいつまでも癒されたいです。 mariko215さん パク・ボゴムの魅力は万人受けする「笑顔」です。 パク・ボゴムは性格がいいということで有名ですが、その性格の良さが笑顔に表れています。 最初に演技を見たのは、ドラマ「応答せよ1988」でした。 1988年代のちょっと古めかしい時代に生きた高校生の男の子の役でした。 役の上でお母さんがいないんですが、お父さんや家族思いで、積極的な性格ではないけど友達に好かれる、というタイプの男の子で何だか母性をくすぐる、守ってあげたくなるような役で毎回見るたびにメロメロでした。 実際にお母さんも小さいときに亡くなり、お金の面でも苦労があるらしいのですが、そんなことを全然感じさせない、紳士でさわやかな笑顔にすごく惹かれます。 五月さん さりげない演技が印象的で、可愛さ満点でした。 なんとも天真爛漫な感じがして、可愛かったです。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の