妊婦 貧血 対処法。 脳貧血の原因と8つの対策を詳しく紹介します!

脳貧血が3分でわかる!脳貧血の原因・症状と正しい対処法とは?

妊婦 貧血 対処法

もともと女性は生理などもあって貧血になりやすい体質ですが、妊娠中は赤ちゃんへ栄養を送るなどの影響で、より貧血になりやすい状態になります。 この記事では、妊娠中の貧血についての基礎知識と、貧血と妊娠の関係性、そして貧血の対処法について解説します。 妊娠中は、血液中のヘモグロビン濃度が低下して貧血になりやすいため、妊娠検診時に行われる血液検査により貧血かどうかを調べます。 ヘモグロビンには体内のすみずみに酸素を運ぶ働きがあるため、貧血になると体内の多くの臓器や細胞が酸欠状態になり代謝機能が低下します。 特に、前の出産からの間隔が短い方、つわりにより十分な食事がとれなかった方、もともと貧血気味であった方は注意が必要です。 妊娠中は血液の量が増加する 妊娠すると、体を循環する血液量は徐々に増え、20週後半には妊娠前より平均5割程増加します。 血液量が増える理由は次のようなものがあります。 ・子宮にできた新しい血管に血液を送るため ・子宮が静脈を圧迫によって足から心臓へ戻る血液量が減少するのを防ぐため ・分娩時の出血にも耐えられるようにするため そのため、妊娠中は赤血球の数やヘモグロビンの量が増加しますが、血液の液体成分である血漿の量も増加するため、ヘモグロビンの相対濃度が低下して貧血になることがあります。 妊娠後期は特に貧血になりやすい 妊娠中期以降は胎児が自分で血液を作り始めるため、鉄分など血液を作る材料の必要量が格段に増えて、妊娠初期より貧血になりやすくなります.。 また、妊娠が後半になるにつれて体を循環する血液量も増えるため、鉄欠乏性貧血になることが多くなる傾向があります。 妊娠後期になると、1日に必要な鉄分摂取量でいうと妊娠初期の約2. 5倍、正常時の約3. 5倍の鉄分を摂取することが推奨されるほど血液の必要生産量が増加します。 妊娠中の貧血は胎児に影響がある? 妊娠中に貧血になることはごく自然なことですが、失神・極度の疲労・息切れなどの症状が現れる重度の貧血状態が続くと胎児に悪影響が出ることがあります。 重度の貧血が続くと、正常時と同じだけの酸素を運べなくなり、胎児の成長と発達に必要な酸素が十分に供給されずに切迫早産になるおそれがあります。 また、母体にも影響が出て、正常な陣痛・分娩による出血だけで貧血が命にかかわる状態にまで悪化する場合があります。 そのほか、分娩後の感染症が起こりやすくなったり、産後の回復や母乳の出が悪くなったりすることがあります。 妊娠中の貧血は長引くと胎児や母体へ悪影響が出ることもあるため、主治医に相談しましょう。 鉄の欠乏 貧血は原因によっていくつかの種類に分けられますが、最も多いのがヘモグロビンの材料となる鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。 女性は妊娠中でなくても、毎月の生理によって1カ月に摂取する鉄分とほぼ同じ量の鉄分を失います。 妊娠すると体内では胎児の分の赤血球が作られるため、通常時の約2倍の鉄分が必要になります。 結果として鉄欠乏性貧血になりやすい状態になります。 葉酸の欠乏 葉酸は、胎児に酸素や栄養を運ぶ役割を持つ赤血球を形成する上で必要不可欠な栄養素です。 そのため、葉酸欠乏によって貧血が起こることもあります。 また、葉酸は胎児の神経系の発達にも必要であり、葉酸が不足すると胎児が神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まります。 妊娠中は母体の健康と胎児の健全な発育のためにも、鉄分だけでなく、葉酸も積極的に摂取する必要があります。 貧血の症状が重い場合には医師の治療を受ける必要がありますが、症状が軽い場合は自分で改善できることがあります。 食生活を見直す 妊娠による貧血の予防・対策には、食生活を見直す必要があります。 妊娠中は、鉄分・たんぱく質・ビタミンC・ビタミンB12・葉酸といった栄養素が多い食材を積極的に摂取しましょう。 妊婦の1日に推奨される栄養素の摂取量は次の通りです。 栄養素 推奨される1日の摂取量 鉄分 妊娠初期:8. 5~9. 5mg|妊娠中期・後期:21~22mg たんぱく質 妊娠初期:50g|妊娠中期:60g|妊娠後期:75g ビタミンC 110mg ビタミンB12 2. 8~2. 栄養素 食品 鉄分 ひじき・牡蠣・レバー・卵黄・ほうれん草・菜の花・小松菜・ まぐろ・カツオ・いわし・あさり・大豆など たんぱく質 牛肉・豚肉・鶏肉・レバー・卵・魚・牛乳・チーズ・大豆・豆腐など ビタミンC ピーマン・パセリ・キャベツ・ブロッコリー・ほうれん草・ゴーヤ・いちご・レモン・みかん・オレンジなど ビタミンB12 レバー・魚介類・あさり・牡蠣・赤貝・卵黄・チーズ・牛乳など 葉酸 レバー・卵黄・大豆・納豆・ほうれん草・ブロッコリー・菜の花・ゴーヤ・さつま芋・柿・みかん・メロン・オレンジなど 貧血におすすめの食べ物について、詳しくは関連記事をごらんください。 葉酸や鉄をはじめとする18種類のミネラル・ビタミンが配合されている、女性のためのマルチビタミンサプリメントです。 無味無臭でつわりのときも飲みやすいのが特徴です。 市販薬の使用は医師に相談 鉄欠乏貧血に効果のある鉄剤は市販されていますが、特に 妊娠4週~15 週は胎児に薬の影響が出やすい期間とされています。 妊娠中は自己判断で市販薬を使用せず、医師や薬剤師に相談しましょう。 妊娠中の貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血によるものですが、まれに鎌状赤血球症といった遺伝性貧血である場合があります。 遺伝性貧血の場合は、妊娠中に胎児や母体に問題が生じるリスクが高くなるため、分娩前に定期的に血液検査を行う必要があります。 妊娠中に貧血の症状で生活に支障が出ている場合は、一度病院で血液検査と適切な治療を受けることをおすすめします。

次の

【医師監修】妊娠初期・中期・後期の吐き気(つわり)の原因と9つの対処法

妊婦 貧血 対処法

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに栄養などを送らなければいけないため、貧血になる方が少なくありません。 貧血はいつ起こるかわからないので突然具合が悪くなることもしばしばあります。 特に外出中に具合が悪くなると転倒の恐れなど、思わぬリスクが潜んでいます。 出かける前に対処法を知っておく否かで、具合が悪くなった時に冷静に対処できるので、是非参考にしていただけたらと思います。 どうして妊娠中は貧血になりやすいの? 貧血は鉄分の不足によって引き起こる症状であることは皆さんご存知だと思いますが、 そもそもどうして妊婦さんは貧血になりやすいのでしょうか? 貧血は誰にでも起こりうる病 貧血は妊婦さんでなくても引き起こす方はたくさんいます。 妊娠前から元々貧血持ちという方も多いのではないでしょうか? 女性の10人に1人は貧血持ちと言われているほど、貧血は身近な病気です。 長期間の断食など無理なダイエットの経験がある、好き嫌いが激しい、不規則な生活を送っている、運動不足という方は貧血になりやすい傾向にあるので、思い当たる方は注意しておきましょう。 赤ちゃんに鉄分を取られやすいから 貧血にもいくつかの要因がありますが、妊婦さんがなりやすいのは鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」です。 妊娠すると、どうして貧血になりやすいのかというと、血液には赤血球、白血球、血小板などでできています。 鉄は赤血球を作るのにかかせないもの。 赤ちゃん自身も自分で血液を作りださなければいけないのでママから鉄分を吸収します。 それから、鉄は酸素とくっついて体中に酸素を運ぶ役割も担っています。 自分の身体にも赤ちゃんにも酸素を送らなければなりません。 ゆえに鉄分が多く使われることになるので鉄分が不足がちになり貧血になりやすいということなのです。 貧血のサインを見逃さないで! 「貧血=立ちくらみ、めまい」といったイメージをお持ちの方を多いと思いますが、貧血のサインとしてこんな症状が見受けられます。 立ちくらみ、めまい• 激しく動いてないのに動機がする• 耳鳴り• 手足が冷たくなる• 無性に氷が食べたくなる また、妊婦健診などで採血をしたときに貧血だと「水っぽい血液」と言われることがあります。 これらの症状が現れ始めたときはすでに重度の貧血の可能性があるので、甘く思わず外出中はこまめに休憩することを心がけたり、かかりつけ医に相談したりしましょう。 外出中に具合が悪くなったときの対処法 いつ具合が悪くなるのかわからないのが貧血ですが、もし具合が悪くなっても落ち着いて行動すれば大丈夫。 外出中は無理せずにこまめな休憩をとるように心がける もし外出中に急に具合が悪くなった時は、 無理をせずに近くにあるイスやベンチに座って落ち着くまで待ちましょう。 どこにも座る場所がない場合は、なるべく人混みを避けてしゃがむようにしましょう。 とにかく、座ったりしゃがんだりして頭を低くすることが大切。 外出先では座って休めそうな場所をチェックしておくといいですね。 筆者が妊娠中のときにお医者さんに 「具合が悪くなったときは身体の左側を下にするといい」とおっしゃっていました。 理由は聞かなかったのですが… 外出中でもベンチやイスで横になれそうな時は仰向けではなく、身体の左側を下にすると楽になりますよ。 どうしても出かけなければいけない時 具合が悪い時は安静にしていることが1番ですが、「今日は調子が悪いけど出かけなければならない」という時もあると思います。 そんなときは少し早めにおうちを出てゆとりをもって行動しましょう。 早めに行動することで多少具合が悪くなっても休める時間が確保できます。 また、上の子の習い事や運動会など座る場所がなさそうなところに行く際は、 折り畳み式の椅子やレジャーシートを持参して座る場所を自分で作りましょう。 調子が優れないときの外出はできるだけ1人ではなく、旦那さんや友人など誰かと一緒に出掛けることをオススメします。 どんな時に貧血の症状が出やすいのか把握しておきましょう いつ起こるかわからない貧血の症状ですが、 人によっては症状が出やすい状況というのがあるようです。 筆者の場合は、夏の暑さがダメでした。 特に湿度も温度も高い時は外出するのが億劫だったほどです。 しかし、出かけなければいけないときもあるので、日傘を差したり、水分補給をこまめにしたりと自分なりに具合が悪くならないように気を付けていました。 他にも人混みに入ったときや、屋外と室内の冷暖房の寒暖差によって、ストレスを感じると貧血の症状が出たりしやすいみたいなので、一度客観的に自分がどんな時に具合が悪くなりやすいのかを把握しておきましょう。 外出中に気を付けて欲しいこと 外出中に気を付けてほしいことの1つに先ほど、特に調子が優れないときは1人での外出を控えるように言いましたが、できる対処法はできる限りしておきましょう。 貧血が気になるときは友人とのランチやお茶会でコーヒーや緑茶、チョコレートなどカフェインが含まれているものは極力避けましょう。 カフェインは鉄分の吸収を妨げて身体の外に排出してしまう性質があります。 コーヒー1杯を飲んで即貧血の症状が出るわけではありませんが、気を付けられることはできるだけ気を付けた方がいいですよね。 小さなことからコツコツと積み重ねることが大切です。 コーヒーの代わりにオレンジジューズなど鉄分の吸収を助けてくれるビタミンが摂れるものにチェンジしましょう。 また、激しく動くと貧血の症状が現れやすくなります。 階段を上がるときは急がずゆっくり上る、約束の時間に遅れそうだからといって小走りでの移動は避けましょう。 とにかく無理をしないで休むことが大切! 貧血が酷くなると身体への影響はもちろん、ふらつきや転倒など事故のリスクがあります。 そうするとママの身体だけではなく赤ちゃんにも悪影響が及んでしまいます。 外出中に具合が悪くなったときはとにかく無理をせずに休むようにするか、外出する予定を変更するなど臨機応変に対応できるように心がけましょう。

次の

妊婦の頭痛の原因は?対処法はこれ

妊婦 貧血 対処法

妊娠中はつわりを皮切りに様々なマイナートラブルが起こります。 症状にもその辛さにも個人差はありますが、少しでも楽しく快適にマタニティライフを過ごしたいものですね。 つわりを乗り越えてからの安定期は妊娠中の中でも一番活動しやすい時期のため、旅行に出かけたり妊婦向けのスポーツを楽しむ人も多いことでしょう。 しかし、そんな 安定期に入る頃からは貧血に注意が必要なことをご存知でしょうか? 妊娠すると疲れやすくなったり息切れしやすくなりますが、実はこれらの原因も貧血だと言われています。 貧血は症状がひどいと急に意識を失って倒れることもあります。 意識をなくしてお腹を下にして倒れてしまう危険もあるため、赤ちゃんを守るためにもしっかりと対処したいものです。 では、どのように対処したらよいのでしょうか? 貧血対策というとレバーを食べるなど食事を改善するイメージがありますが、どのような方法がよいのでしょうか? 今回は、妊娠中の貧血の症状や対処法、食事での改善法について調べてみました。 ・めまい、立ちくらみ ・耳鳴り ・疲れ、体がだるい ・視界が暗くなる ・動悸、息切れ ・顔色が悪い ・寒気 私は妊娠7か月の頃に貧血で倒れたことがありますが、まさに上記の症状でした。 貧血は突然血の気が引いて立ちくらみするので倒れてしまうこともあります。 意識を失っていたらお腹を打ったり下にして倒れてしまう危険もあるため注意が必要です。 貧血の初期症状 では、貧血症状がひどくなる前に気付くことはできないのでしょうか? 妊娠中期になると、産院では貧血を調べるための血液検査を行います。 そのため進行具合がまだひどくないうちに気付くことができますが、検査よりも前に貧血が進行している場合もあるため要注意です。 自覚症状がないままに進むこともあるので、もし次に挙げるような初期症状があれば貧血を疑ってみてください。 ひどくなってしまう前に病院で相談することをオススメします。 ・軽いめまい、立ちくらみ ・疲れやすい ・動悸、息切れしやすい ・顔色が悪い ・朝起きるのが辛い ・口内炎、口角炎 妊娠中の貧血の対処法は? もし貧血症状が起こってしまったら、無理をしないで休むことが大切です。 そして症状が回復するまで安静にすることです。 もう大丈夫と思って行動したらまたすぐに症状が起こることもあります。 仕事や家事などやらなければならないことに追われている時はつい急いでしまいますが、それは赤ちゃんにもママの体のためにもよくありません。 決して無理をせず治まるまで待ちましょう。 周りの人の邪魔にならないように、まずは 楽な姿勢で横になれる場所を確保します。 もしスペースがなければ椅子に座るなど無理のない姿勢を取りましょう。 血流をよくするためにも体の上にひざ掛けや上着などをかけて体を温めましょう。 【スポンサーリンク】 そもそもなぜ妊娠中は貧血になるの? 実は 女性の5人に1人は貧血だと言われています。 月経や妊娠出産で血液を失うため男性よりもなりやすいそうです。 そのため、 もともと貧血気味の人は妊娠中により強く症状が出る可能性がありますし、貧血でなかった人も妊娠をきっかけに貧血になるケースもあります。 では、なぜ妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか? 妊娠中は血液を通してお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶため、体内を循環する血液量が増えます。 しかし、赤血球の数はそれほど増えないので血液中の赤血球の割合が減り、同時に水分量が増えるために血液が薄くなってしまいます。 そのため、全身に酸素が行き届かなくなり、めまいや立ちくらみなどの貧血症状が現れます。 特に妊娠中期以降は赤ちゃんの成長が加速するため、より鉄分が必要となり貧血が起こりやすくなります。 そのため、 妊娠中は貧血になりやすいことを念頭に置いて予防するための工夫が必要になります。 妊娠中の貧血を改善させる食事とは? 赤ちゃんに必要な酸素と栄養を送るためにも、分娩時の出血に備えるためにも早いうちから貧血に備えることが大切です。 貧血の症状でママ自身の活動が制限されないためにも早めに改善しておきたいですよね。 では、貧血を改善するためにはどうしたらよいでしょうか? 貧血の原因は赤血球の血液中の割合が減ることなので、赤血球を構成するヘモグロビンの量を増やすことが大切となります。 ヘモグロビンの材料は鉄分です。 つまり、 鉄分を普段よりも多く摂取することが必要です。 では、どうすれば鉄分を摂取できるでしょうか? 病院での血液検査の結果によっては鉄剤が処方されたり、ご自身で鉄分のサプリメントを購入して摂取することもあるでしょう。 不足している鉄分を補うのに有効なため医師の診断に従ってください。 しかし、薬やサプリメント以外に自宅でできることもあります。 それは 食事の改善です。 鉄分を豊富にとるよう普段の食事を工夫してみましょう。 薬とサプリメントについては、をご参照ください。 鉄分といえばレバーが有名ですが、実はその他の肉や魚、野菜にも含まれています。 バランスのよい食事をとることが大切です。 鉄分はこのような食材に多く入っています。 ヘム鉄 ・肉類・・・・・レバー、牛肉 ・魚介類・・・・カツオ、マグロ、カキ、ひきじ非ヘム鉄 ・野菜類・・・・ほうれん草、小松菜 ・豆類・・・・・豆乳、納豆 ・フルーツ類・・プルーン、レーズン 鉄分は、肉や魚介類に多く含まれるヘム鉄と野菜類に多く含まれる非ヘム鉄の2種類があります。 ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収率が高いという特徴があるものの、一方で妊娠中の過剰摂取に注意が必要なビタミンAを多く含む食材もあるため食べ過ぎに気を付けなければなりません。 ビタミンAの過剰摂取は奇形のリスクがあると言われているからです。 大事なのは、これらの食材をバランスよく食べることと、吸収力をよくするための食べ方の工夫をすることです。 ではどのような工夫をするとよいでしょうか? 食べ方の工夫をご紹介していきます。 例えば副菜に野菜サラダや果物を食べると効果的です。 しかし、 肉や卵などの動物性タンパク質と一緒に食べると吸収率がアップするのでオススメです。 このタンニンは鉄分の吸収を悪くするため、 麦茶などタンニンを含まない飲み物を選ぶようにしましょう。 私も妊娠中は家にあった鉄製の鍋でよくお鍋をしていました。 どうぞ試してみてください。 最後に 妊娠中の体は赤ちゃんの成長のために自然と血液量を増やすため、貧血は赤ちゃんが育っている証拠なのかもしれません。 しかし、症状が出るとママは辛いですよね。 貧血を予防するためにも、症状がひどくなる前になるべく早いうちから食事の改善をする必要があります。 鉄分を摂取しやすくする工夫をして貧血対策ができるとよいと思います。

次の