ま ど マギ 2 設定 差。 SLOT魔法少女まどか☆マギカ2 【パチスロ】設定判別/まとめ/CZ当選率/ART直撃/ボーナス終了時のセリフ/弱チェリー出現率/特定ボーナス/リセット判別(変更判別)

まどマギ・まど2・実戦・立ち回り・狙い目・設定差

ま ど マギ 2 設定 差

この記事に書かれている内容は…• CZ突入契機と当選率、CZの種類は、以下の通りです。 【弱チェリー成立時(状態不問)】 弱チェからCZに当選した場合は、「ほむらCZ」が確定します! 弱チェリー成立時のCZ突入率は、設定3・5・6が優遇されているので、設定推測要素になりそうですね。 【強チェリー成立時(低確)】 低確滞在中の、強チェリー成立時のCZ突入率は、設定1~4と5・6で、「さやか・マミ」CZ突入率に、設定差が設けられています。 【強チェリー成立時(高確・超高確)】 高確・超高確滞在中の、強チェリー成立時は、CZ突入率が50%(設定不問)となっているので、チャンスですね! 【スイカ成立時(低確)】 低確滞在中の、スイカ成立時のCZ突入率も設定差があり、設定1・2と5・6では2倍の差がありますね。 【スイカ成立時(高確・超高確)】 高確・超高確滞在中の、スイカ成立時は、設定の高低で大きな差はありません。 低設定でも、当選率25%となっているので、期待できそうですね。 【ボーナス成立時】 ボーナス成立時のCZ突入率は、ボーナス成立時の状態により、突入率が異なっています。 【押し順ベル成立時(超高確時のみ)】 押し順ベル成立時も、CZ突入抽選を行っており、トータル当選率が25%となっています。 さらに、 ほむらCZの確率も6. 詳細は、以下の通りです。 詳細は、以下の通りです。 何度も外してしまった方は、ほむらCZの期待度を疑ってしまうこともあると思います。 ただ、導入から半年以上経過して、解析情報に訂正も無いところを見ると、期待度80%というのは間違いないはずです。 ほむらCZに突入した場合、弱レア役でも引くことができれば、ART当選に大きく近づきますが、レア役が引けない場合に頼りになるのは、ART当選率約33%のリプレイになりますね。 リプレイも数回引くことができれば、チャンスとなりますが、ハズレばかりでは、あまり期待できないという結果になってしまいます。 もちろん、ほかのCZと比べれば当選率は高くなっていますが、ほむらCZでも気を抜けませんので、気合を入れて、レバーを叩きましょう!.

次の

まどマギ2 設定判別ツール・終了画面セリフ・設定差解析まとめ

ま ど マギ 2 設定 差

スロットまどマギ2設定看破要素を本気で考えてみました。 3月に入って、各メーカーからの6号機が揃い踏みとなり、ホールの状況にも変化があります。 そんな中、5号機もまだまだ人気。 まどマギ2や初代まどマギの人気がうなぎ登りです。 何故か。 それはもちろん勝てる台だから。 かといって、闇雲に打っていては勝てません。 まどマギ2は運に左右される機種ではありますが、低設定でも勝てるのかというと、やっぱり設定は入ってないと厳しいのです。 低設定でも、確かに一撃出ることはありますが、高設定と勘違いして追い続けると痛い目に遭います。 今回は、設定看破……といっても、高設定を探すという意味でなく、 打ち続けていいまどマギ2を考察してみます。 【目次】• スロットまどマギ2攻略 弱チェより魔女の結界当選率とチャンス目からの超高確移行 現在のまどマギ2事情は、正直、設定を入れてない店が多いです。 設定2で放置の店が多い気がしますよ、まぢで。 そりゃ1や2でも一撃出ることはありますが、打ち続けるうち目減りしていくのが低設定。 高設定狙うなら特定日に、それ以外はとりあえず低設定を疑うところからが大事かと。 現状、高設定狙いをしてもなかなか掴むことは出来ません。 まどマギ2は甘い台なのでホールさんも慎重です。 とはいえ、調子いいと「高設定かも」と淡い期待を持ってしまうのもスロッターの悲しい性 さが。 しかし「高設定じゃなかったの?」と気付いた時にはドル箱も財布も空っぽでは何してることか判りません。 早いうちに見極めてせっかくの出玉が飲まれないようにしたいものです。 代表的な設定示唆4つ 出れば高設定というわけではないのがまどマギ2。 低設定をダラダラ打たされないようにするには設定示唆を利用して早めに見切るのがデフォ。 設定が見抜きにくい機種もありますが、まどマギ2には比較的判断しやすい示唆が複数あります。 ボーナス終了時のセリフ• 弱チェ確率• 特定ボーナス出現率• 弱チェからのほむらCZ出現率 まずはそれぞれの信憑度合いを見てみましょう。 1.ボーナス終了時のセリフ もし、本気でボーナス終了時のセリフを判別要素に入れたいとしたら、必ず行いたいことがあります。 それは• ずっと同じ楽曲、同じ告知で消化する ということ。 実はひそかに、ボーナス終了時のセリフが 楽曲チェンジや告知チェンジの影響を受けるという話があります。 定かではないし、同じ曲は飽きるし、告知もその時によって変えたいという人もいるでしょう。 そういう人に無理には勧めませんが、 サンプルを取るのに「同じ条件」というのは必須ではないでしょうか。 全く同じ条件の中で 「君にならその資格がある 本当にそれを望むならね」 が 複数回出たとしたら、 粘る価値のある台の判断材料として十分有効でしょう。 Sponsored Link 他にも高設定示唆セリフとして 「どんな未来が来るのか、楽しみだね」 がありますが、これは、出ないよりは出た方がいい、くらいのものです。 振り分けは設定1~3と設定4~6では倍ほどの差があるものの、低設定でも全然出ますw 出ただけで設定5or6が確定するセリフ 「みんなには内緒だよ」 これが出れば問答無用。 状況が許す限り 時間やタネ銭の都合w 、タコ粘りでいいでしょう。 きっと結果が付いて来るはず。 しかし、これ意外はあくまで他の示唆との兼ね合いも加味しつつ判断材料にするべきですね。 特に、同じ条件でない時の出現では、過信は禁物。 2.弱チェ確率 私の稼働の経験上、弱チェはすごく出現に偏りがあります。 なので、サンプルは節目節目で複数取って確認すべき。 いい節目はユニメモを使っていると1000ゲーム、3000ゲームでお知らせが出るのでその時に取るのがいいと思う。 5 ユニメモを使っていれば取りこぼしもカウントしてくれます。 必ずユニメモを使いましょう。 良かった数値がどんどん下がれば打ち続けるのは危険となるし、上がって来て落ち着けばひとまず安心出来ます。 弱チェでの判断は少なくとも1000ゲーム ボーナス中以外の全部のゲーム数を含む 、回せば回すほど信憑性が増すのはいわずもがな。 私的には打ち続ける理由にするのに弱チェの数値の良さっていうのはかなり優先順位低いです。 以前は弱チェをかなり重要視してて、それで何度も痛い目に遭ったのでした。 当たり前ですが打ち始めて「よくチェリー落ちるな」くらいでの判断は絶対ナシ。 逆も然り。 ちょっと打って落ちないからって、それでは判断出来ません。 めんどくさいんだよなぁ 3.特定ボーナス出現率 特定ボーナスは3種ありますが、着目すべきは同色ビッグ。 低設定と高設定の差が著しく大きいです。 5 ただ、これだけでは判断材料として弱い。 4.弱チェからのほむらCZ出現率 ほむらCZが一度でも出れば高設定に期待、というような非常にざっくりしたことを書いてあったのを見たことがあります。 Sponsored Link 当然それはざっくりしすぎてます。 まず注意が必要なのは、 ほむらCZの出現は弱チェからとは限らないということ。 出現したからといって「高設定?」と色めき立つのは早すぎます。 肝心なのは 直近に弱チェをひいているかどうか。 その上で、ほむらCZ当選率は次のようになります。 弱チェ成立時のほむらCZ当選率 実質的当選率 設定1 0. 5) 設定2 0. 9) 設定3 2. 3) 設定4 0. 9) 設定5 4. 9) 設定6 3. 2) こうして見ると、設定3と5と6がCZ当選しやすいことが判りますが…… ここでも、低設定には一切出現しない、ならば強力な材料ですが0. 4%でも当たらないわけではないのです。 「4ではないな」と見る材料にするならいいかもしれませんね。 設定示唆1~4まとめ ここまで、とてもよく周知されている設定示唆を4つ考察してみました。 いかがでしょうか。 それぞれひとつずつで見た時、曖昧さが目立ち、どれも確からしさに欠けると思いませんでしたか? しかしこれらはひとつずつでなく、複合的に見るとそれなりに使える示唆ではあります。 バジ絆の弦之介BC残りベル3みたいなバシッとした示唆ではないけれど…… 少なくとも「1」ではないなとか、「4」でもないなとか、確定ではないけど「ぽいな」くらいのことは想像出来る。 それによって、じゃあこれ抜けたらやめようかとか、何ゲームまで様子見てみようかなとか、見切りの材料としては役立ちます。 でも、もっと他に、有効な示唆はないものでしょうか? もっと有効な設定判別 もっと有効な示唆が2つあります。 しかも、これまでのふわっとしたやつより精度が高いです。 魔女の結界当選率• 状態移行率 先に考察した4つにこれらを加えれば最強の精度となるでしょう。 1.魔女の結界当選率 魔女の結界に入っている数が多い台が高設定であるという、ざっくりとした認識はみなさん持っていると思います。 当たらなくてもいいのです(いや、当たって欲しいけども)。 とにかく入ることに意味がある。 ところが更に意味があるのはその内訳です。 スイカ成立時からのさやかとマミCZには設定差があります。 (ほむらと杏子は全設定共通のため含めません) (ほむらと杏子を除く)スイカ成立時からのさやか・マミCZ当選割合 設定 低確時 超 高確時 1・2 10. 1% 20. 6% 3 15. 2% 20. 6% 4 15. 2% 29. 7% 5・6 22. 9% 29. 7% 夜ステージ行ってもなかなか結界まで行かないとか、結界まで行けるのは強チェひいた時だけとか…… ありませんか? もうその時点で上はないと思っていいのですけれど。 何で結界に行ったか• どのCZだったか 結界で意識するのはこの2点です。 スイカをひけるひけないはそれぞれのヒキですが、それで結界まで行けるかどうか、行った結果さやかorマミCZが多いかどうか。 問題の部分をしっかりカウントすれば、一撃出たあとどうするかが自ずと決まるかと。 2.状態移行率 ここまでいろいろ書いて来ましたが、ぶっちゃけ全ては状態移行率で判ると言っても過言ではないです。 チェリーで夕方に行くとかスイカで夜へ行くとかは当たり前。 チャンス目からの夜移行が確認出来たら、これは高設定挙動としてかなり期待が出来ます。 しかもここからレア役なしでCZが当選出来れば超高確だったことも確認出来ます。 ステージ移行が何からだったかを意識すること。 「ボーッと打ってんじゃねーよ!」 C NHKエンタープライズ 「あ、あたし?」 直撃ARTのワナ 夕べ観ていた実戦DVDですごいものを見ました。 2台のHEY鏡でどちらも 朝一で直撃ARTをひいていた。 しかし、 片方は設定6、片方は設定1だったのです。 まどマギ2も 通常時直撃ARTには設定差があるとされています。 強チェ・スイカ・チャンス目での抽選で当選率は次のようになっています。 直撃ART当選率 設定1・3・5 0. 7) 設定2 1. 2) 設定4 2. 3) 設定6 3. 2) この数値だと、直撃が来れば「偶数かな」くらいのあたりを付けても良さそうではありますが…… でも繰り返しになりますが可能性がゼロではないということは頭の隅においといた方がいいです。 4%でも当たる時は当たる。 己のヒキをナメてはいけないのです。 前出の鏡の直撃の話ですが…… 6は2スルー以上しなかったり、1は5スルーしたりと、同じ直撃があっても後の展開は全く異なりました。 当たっても、出ても、設定の違いというのはそういうことなんですよね。 最後に 設定示唆はいろいろありますが、どれかひとつだけではその時の状態によって、ヒキによってブレが大きいです。 出来るだけ多くの示唆を複合的に加味することで、ふわっとした設定示唆の輪郭がよりはっきりとするのではないでしょうか。 高設定セリフが出た、だの ほむらCZが来ただの 果ては直撃ARTが来たと言って 「高設定かも」 と色めき立つ愚かなトーシロスロッターのなんと多いことか…… 「あたしだよ」 でも、示唆を知っているというのは大事なことです。 残念なのはその 情報を活かし切れてないってこと。 数えること、チェックすることを面倒がらず、示唆の精度を上げましょう。 結果は必ず付いて来るはず。 そして「ないな」と見切ったら持ちコインに関わらずさっとやめましょう。 まどマギ2大好きだとそれがなかなか……難しいのですがね。

次の

2021/1/31撤去予定。まどマギ2設定判別要素総まとめ

ま ど マギ 2 設定 差

勝率は80%。 最高枚数は5819枚で、最低枚数は-2000枚でした。 平均差枚数は、1978枚。 ようやくART機ぽいグラフだな、と思えるようなグラフになりました。 正直設定456であまり差を感じられないですw 設定4の素直な感想は、 「安定感は少し欠けるけど、出る時は十分に出る!」 運の発散が好調な台を掴みたいですね。 また、ある程度確率を収束させるには3万Gほど必要な感じですね。 もし、この結果に 「納得がいかない!もっと良い時が多い!」 という方は、是非ご自身でもアプリを使ってシミュレーションを回してみて下さい。 AメソッドとARTの設定判別の関係 Aメソッドでは設定判別の要素が少ないAタイプ(ノーマル機)、ジャグラーを中心に扱っています。 それは一つ一つの確率を全部計算してさらに総合的に判断するからです。 当然理論を身に着けてしまえば、得意な機種に絞って、個別の要素を考えていけば普通に全スロットに使える理論です。 詳細は 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の