サラダ レシピ 簡単。 サラダチキンを使った簡単レシピ6選|自家製サラダチキンの作り方も紹介 (1/1)

サラダの人気レシピ25選!つくれぽ1000以上のみ掲載、ダイエットにも効くよ♪|専業主婦卒業宣言!

サラダ レシピ 簡単

材料 (7~8人分) じゃがいも5個 *人参 千切り 1/2本 *きゅうり(スライス)4本 *玉ねぎ スライス 1/2個 卵10個 ロースハム150グラム マヨネーズ適量 塩コショウ適量 1.じゃが芋は一口サイズに切り10分ゆでます。 2.じゃが芋のお湯を捨て少し乾煎りしてボールに移し熱いうちに潰し、よくさまします。 3.*印の材料は塩揉みして水分を切ります。 4.ロースハムは短ざくに切ります。 5.卵は固ゆでにしよくさまします。 飾り用に卵黄を2~3個よけておけば出来上がりも綺麗です。 6.全ての材料がさめたらマヨネーズ・塩コショウで味付けをします。 7.お皿に盛り付け最後に残しておいた卵黄をすりおろすと凄く綺麗になります。 ポイント ・卵は固ゆでにし卵黄を2~3個すりおろし用によけておく事 材料 (4人分) ジャガイモ中5個 ハム4枚 きゅうり1本 卵2個 酢大匙2 マヨネーズ大匙5 1.ジャガイモは皮付きで丸のままゆでる。 圧力鍋で高圧10分。 又は普通のなべで30分~40分。 茹で上がったらお湯を捨てて皮をむいて芋を空のなべに戻して、揺らしながら粉吹きにする。 かなりしっかりと水分を飛ばしてください。 2.水分が飛んでからお酢をまわしかけてさらになべを揺らし、しっかりと下味をつける。 ボールに移す。 3.半熟卵を作って半分に切って黄身はそのまま、白身はみじん切りにしてボールのポテトの加える。 ハムも小さくきってボールへ。 きゅうりは薄切りにして塩もみして10分放置して水分をしっかり絞ってからボールへ。 4.マヨネーズと塩コショウ少々して、しっかり混ぜてよく冷やして食べる。 5.ジャガイモ中といってもいろいろな大きさがあるようで、人によってはお酢がきつすぎるようなので、 6.お酢の量は大匙1. 5から3の間で加減が必要なようです。 ポイント ・粉吹きにする時しっかり水分を飛ばすこと。 お酢で下味をつけること、半熟卵でクリーミーに仕上げること。 2.薩摩芋と林檎は皮付のまま1. 5cm角に切ります。 薩摩芋は水にさっとさらし、蒸すか茹でます。 (蒸す方が美味しい) 3.胡桃は乾煎りし、粗みじんに切ります。 ベーコンは5mm幅に切り油を敷かないフライパンでこんがり焼きます。 4.レタスやその他のハーブ野菜はさっと洗って水気を拭き取りお皿に盛り付けます。 5.食べる直前にドレッシングをかけます。 黒胡椒をお好みで挽きます。 塩適宜をふってしばらく放置します。 葉は茹でて水気を良く絞って3~4cm長さに切る。 2.カブから水分が出たら、ぎゅっと絞る。 ペーパータオルでつつんでしっかり水気を切る。 ツナは油を切る。 3.カブ、葉、ツナ缶、マスタードを合わせ良く混ぜ皿にもり、エキストラバージンオリーブオイルをふる。 ツナは80g缶半分使用。 カブは水分をしっかり切って。 マスタードはお好みで増量してね。 材料 ( 2人分 ) 鶏胸 200g オレンジ 1/2個 マヨネーズ 大2 粗挽き胡椒 適宜 塩 少々 コアントロー 小1 レタスなど生食葉野菜 50gくらい 作り方 1.鶏胸は、酒と塩を振り、ラップをしてレンジで4~5分蒸し冷まして細く割いておきます。 2.オレンジは、皮の白いところが入らないように剥き、繊切りにして茹でて水にさらして、小さじ1杯くらい使います。 3.身から果汁を大1取ります。 好みで果肉も入れても良いですが、味が少し薄くなるので塩を足して下さい。 4.鶏、オレンジの皮、果汁(果肉)、マヨ、塩胡椒、コアントローをあえます。 5.レタスの上にあえた物を盛りつけ、粗挽き胡椒を掛けます。 紫玉ねぎとセロリは縦薄切り、小口ネギ、香菜、セロリの葉は2㎝長さに切る。 タバスコの代わりに粉唐辛子や輪切り唐辛子、生唐辛子でももちろんOKです 3.フライパンにオリーブ油をしき、1の人参と豚ひき肉を分けて入れて炒める。 豚ひき肉に火が通ったら人参と混ぜて炒め合わせる。 4.3の火を止めて、1の紫玉ねぎとセロリを加えて混ぜる。 余熱で紫玉ねぎに火が入り、玉ねぎの辛さが少なくなります 5.4に1の小口ネギ、セロリの葉、香菜、ピーナッツと2のタレを加えて混ぜる。 ポイント 紫玉ねぎ 玉ねぎ は水にさらさなくても、4で炒めた人参と合わせるので辛くないですよ。 3の人参は好みの固さに炒めてください。 タレは、レモン搾り汁だけではなくて、季節の柑橘類を使うと香りもよくておいしいです。 材料 ( 2人分 ) キャベツ 大きめの葉2枚 塩 ほんの少し ペペロンチーノオイル レシピID:1941024 大1 生ハム 適量 レモン汁 小1 昆布茶 粉末 ひとつまみ 作り方 1.キャベツは芯の部分を取って5mm幅の千切り。 芯の部分は薄切りにしておく。 2.キャベツに塩をふりかけて少ししんなりするまで優しく揉んで5分ほど置いておく。 3.薄切りを5mm幅に切った生ハムとペペロンチーノオイル、レモン汁、昆布茶をキャベツとあえる。 4.冷蔵庫で冷やして完成! ポイント キャベツは優しく優しく揉んで下さい。 2.サラダ油を敷いて卵を入れ、入り卵を作り、冷まして置く。 カニカマは手でさいておく。 材料 ( 4人分 ) ・ジャガイモ 中5個 ・ハム 4枚 ・きゅうり 1本 ・卵 2個 ・酢 大匙2 ・マヨネーズ 大匙5 作り方 1.ジャガイモは皮付きで丸のままゆでる。 圧力鍋で高圧10分。 又は普通のなべで30分~40分。 茹で上がったらお湯を捨てて皮をむいて芋を空のなべに戻して、揺らしながら粉吹きにする。 かなりしっかりと水分を飛ばしてください。 2.水分が飛んでからお酢をまわしかけてさらになべを揺らし、しっかりと下味をつける。 ボールに移す。 3.半熟卵を作って半分に切って黄身はそのまま、白身はみじん切りにしてボールのポテトの加える。 ハムも小さくきってボールへ。 きゅうりは薄切りにして塩もみして10分放置して水分をしっかり絞ってからボールへ。 4.マヨネーズと塩コショウ少々して、しっかり混ぜてよく冷やして食べる。 5.ジャガイモ中といってもいろいろな大きさがあるようで、人によってはお酢がきつすぎるようなので、 6.お酢の量は大匙1. 5から3の間で加減が必要なようです。 ポイント ・粉吹きにする時しっかり水分を飛ばすこと。 ・お酢で下味をつけること、半熟卵でクリーミーに仕上げること。 材料 ( 3〜4人分 ) ・サニーレタス 30g ・ベビーリーフ 30g ・ミニセロリ 20g ・プチトマト 5個 ・りんご 50g ・くるみ 20g ・ドライクランベリー 20g ・ベーコンスライス 2枚 ・サワークリーム 10g ・フライドガーリック 3g ・塩 1g ・白ワインビネガー 10g ・オリーブオイル 20g ・粗挽き胡椒 少々 作り方 1.りんごはひとくち大に切り、塩水につけて置く。 くるみは乾煎りする。 ベーコンは2cmくらいに切り、フライパンで焼く。 2.サニーレタスはひとくち大にちぎる。 ミニセロリは4〜5cmに切る。 プチトマトは半分に切る。 3.ドレッシングを作る。 塩をビネガーで溶かし、オリーブオイル、粗挽き胡椒を加え、良く混ぜる。 4.葉物野菜をさっくりと混ぜ器に盛り、りんご、ベーコン、フライドガーリック、くるみ、クランベリー、サワークリームを飾る。 5.ドレッシングは別添する。 かける前に良く混ぜる。 豚ロース肉を広げて、水菜をのせて巻く。 同様に5個作る。 2.器にぬらして軽くしぼったクッキングペーパーを敷いて1並べる。 その上にも同様のクッキングペーパーを材料がかくれるようにかけて、 レンジ(500W)で約4分加熱する。 3.2のクッキングペーパーを全て取り除いた後、食べやすいように半分に切る。 再度盛りつけ、ドレッシングをかけて、4等分のくし形切りにして さらに長さ半分に切ったゆで卵を添える。 ポイント ・器はレンジ加熱可能なものをご使用ください。 ・レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。 ・クッキングペーパーは厚手のものを使用してください。 ・乾いたクッキングペーパーの上に直接肉を置くとくっついてしまうことがあるので、 必ずぬらして使用してください。

次の

サラダチキンで作るおつまみレシピ!簡単に調理できるよだれ鶏もおすすめ

サラダ レシピ 簡単

日替わりで作れる1週間分のサラダレシピや、ニキビに効くレシピ、美白やアンチエイジングなどの効果別レシピもありますので、毎日の食事の献立づくりに役立ててくださいね。 どれもシンプルで簡単に作れるレシピですので、1週間の日替わりサラダとしてぜひご活用ください! アボカドとミニトマトの塩昆布サラダ アボカドは、抗酸化、アンチエイジング、疲労回復、ダイエットにおすすめの栄養価の高い食材。 これに美肌効果の高いミニトマトを組み合わせれば、インナービューティー効果抜群! 【材料】 アボカド:1個、ミニトマト:4~5個、ごま油:大さじ1程度、塩昆布:大さじ1程度 【作り方】 (1)ミニトマトを半分にカットする (2)包丁でアボカドに縦半分に切り込みを入れ、種周りを1周させてから、両手でねじるように回して開く。 種を取り除いて、5〜7mm幅で斜めにカットする (3)包丁またはキッチンバサミで塩昆布を細かく刻む (4)アボカドとミニトマトをお皿にに盛り、塩昆布をのせて、ごま油を全体に回しかける Wブロッコリーと赤パプリカのサラダ オイマヨソース添え ブロッコリーは、ビタミンCが豊富で、美肌効果のほか、疲労回復、風邪予防にも効果があります。 さらに、スーパーフードとして注目を浴びるブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)は、食物繊維たっぷりで腸内環境を整えたり、コレステロールを下げる働きも。 皮膚の健康維持や風邪予防にも効果あり。 【材料】 好みのきのこ(舞茸、エリンギ、しめじ、しいたけなど):2、3種類~、オリーブオイル(炒め用):大さじ2~3、クミンパウダー:少々、フリルレタス:3枚程度、オリーブオイル(味付け用):大さじ1、バルサミコ酢:大さじ1、塩・こしょう:適宜、くるみ:好みで、松の実:好みで 【作り方】 (1)きのこ類の石づきは包丁で取り除き、食べやすい大きさにカット、またはほぐす (2)フライパンにオリーブオイルを熱し、きのこにサッと火を通して、塩こしょうをふる (3)しんなりしたら、クミンパウダーをふる (4)レタスは食べやすい大きさにちぎり、水洗いした後、水気を切って、ボウルに入れる。 酢酸は体の中に入るとクエン酸に変化し、疲労の原因となる乳酸を分解。 また、胃の働きをよくして食欲不振を解消したり、アミノ酸が脂肪の燃焼を抑えたり、さらに便通改善効果も。 さらに、眼精疲労を和らげる働きもあり、パソコンやスマホで目を駆使している人にはおすすめの食材です。 食物繊維もたっぷりで、便秘解消にも一役買ってくれます。 食物繊維もたっぷりで便秘解消効果もあります。 【材料】 カーリーケール:半束、オレンジ:1個、ミニトマト:5~7個、オリーブオイル:大さじ1~、バルサミコ酢:大さじ1~、塩こしょう:少々、くるみ:好みで 【作り方】 (1)ケールは細かく刻み、ザルで水洗いする (2)オレンジは上下を切り落としてから、りんごの皮むきと同じ要領で皮をむいて、縦半分に切り、さらに5mm幅にカットする (3)ミニトマトは半分にカットする (4)ボウルにケール、オレンジ、ミニトマトを入れて、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩・こしょうを加え、味見をしながら全体に行き渡るように大きめのスプーンで混ぜる (5)お皿に盛り、くるみをトッピングする ニキビの改善にはどんなレシピ? 皮脂や汚れによる毛穴詰まり、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ストレス…大人ニキビの原因はさまざま。 ニキビの改善には食生活も大切です。 食を通してニキビを防ぐためにおすすめのレシピや方法をご紹介します。 たんぱく質、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンB1などを豊富に含み、肌の新陳代謝を高めるほか、利尿作用により肌あれやむくみも改善してくれます。 フタを少しずらしながら、水分がなくなってやわらかくなるまで30分ほど火にかける(指で触ってまだかたさが残っているようなら、水を加えてさらに火にかける) (4)水気が飛んだら火からおろし、フタをして10分ほど蒸らす (5)大根、赤パプリカ、黄パプリカ、きゅうり、紫キャベツ、にんじんを大きさがそろった角切りにし、大根ときゅうりをボウルに入れて塩で軽くもみ、水気をとる (6)亜麻仁油、塩、レモン汁を別のボウルに入れて混ぜ、ハトムギ、野菜すべて、レーズンを加えて和える 時には胃腸を休めてニキビ肌をレスキュー! 食事会やストレスなどで爆食いしてしまった翌日、一気にニキビや肌あれが…なんて経験、あるのではないでしょうか。 美容家・深澤亜希さんによると、そんなときは、食事量をぐんと減らして胃腸を休めるのがおすすめ。 牛乳や豆乳、ヨーグルトと混ぜて飲めば満足感あり! 美白にアンチエイジング…効果別おすすめレシピ5選 「日焼けしてしまった」、「最近老けた気がする」、「やせたい」…そんなお悩みも体の中から改善できるかも! 効果別に、料理家が考案した簡単お手軽レシピをご紹介します。 人気レシピ本の著者伝授!アンチエイジングに効く「サケの低温オイル煮」 サケに豊富に含まれるアスタキサンチンは、抗酸化力に優れ、アンチエイジング効果が期待できます。 『やせるおかず作りおき』や『全部レンチン! やせるおかず 作りおき』などの人気レシピ本の著者であり、料理研究家の柳澤英子先生が考案したサケレシピをご紹介します。 オリーブオイルの保湿効果と合わせて、美肌効果に期待大です! 【材料】 2人分) サケ:3切れ、マッシュルーム:6個、にんにく:1片、ディル(あれば):2本、オリーブオイル:大さじ4~5、塩・こしょう:適量 【作り方】 (1)サケを3等分に切り、塩・こしょうを振って10分ほどおく。 料理家・スヌ子さん考案の美白レシピはこちら。 中でも、手足など末端から冷えてしまっている方には、しょうがで体の芯から温めるのがおすすめ。 料理家・鍬田朋子さん考案のしょうがを含む漢方&コラーゲンたっぷりレシピで、肌も体も生き生き蘇らせましょう。 ビタミンA、C、Eと一緒にとると、美肌効果がアップ。 体調不良は唇などの粘膜に現れやすいので、唇のあれやカサつきが目立つときには取り入れてくださいね。 管理栄養士・料理研究家の関口絢子さん考案のリップケアレシピはこちら。 特に朝食にもち麦を食べると、1日の代謝がコントロールできたり、食べる順番をもち麦からにすると食べすぎを防ぐことができ、ダイエット効果あり。 料理研究家・浜田陽子さん考案の、朝食におすすめのもち麦レシピがこちら。 もち麦や海藻類に含まれる水溶性食物繊維、豆類のたんぱく質など、栄養バランス抜群のレシピです。

次の

【簡単すぎる!】ホットクックでポテトサラダを作ろう!ゆで卵もいっしょにできてしまう超効率レシピ!【動画あり】

サラダ レシピ 簡単

【材料】• サラダチキン:2袋• ブラックペッパー:小さじ1• 七味唐辛子:小さじ1• マヨネーズ:お好みで 【作り方】• サラダチキン1袋分をお好みの大きさに割いてボウルに入れます。 1に七味唐辛子を入れて和えます。 もう1袋のサラダチキンを1と同じように割いて、別のボウルに入れます。 3にブラックペッパーを入れて和えます。 2と4のサラダチキンを、それぞれ1枚ずつ耐熱皿の上に平らに並べます。 2の皿をラップをせずに600Wのレンジで3分ほど加熱します。 耐熱皿を取り出してサラダチキンを表裏ひっくり返します。 さらに600Wのレンジで3分ほど加熱したら完成です。 4の皿も6~8と同じ工程で作ってください。 【材料】• サラダチキン:1個• とろけるチーズ:30g• ホットソース:4滴• 塩コショウ:適量• パセリ:適量 【作り方】• アルミホイルをテーブルなど平らな台の上に広げます。 サラダチキンを手で細かく割き1の上にのせます。 2をケチャップとマヨネーズで和えます。 ホットソースを4滴ほど加えます。 塩コショウを加えて良く混ぜます。 アルミホイルを器状に変形させます。 とろけるチーズをまんべんなくのせます。 オーブンで10~15分ほどチーズに焦げ目がつくまで焼きます。 お好みで粗挽きコショウやパセリを散らして完成です。

次の