口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎。 不顕性誤嚥はなぜ怖い?不顕性誤嚥の原因・症状・検査・リハビリまで

口腔ケアをして誤嚥性肺炎を防ぐ

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

梨雲苑は理事長が医師で、開所当初から看護師の配置を手厚くしたり、機能訓練に力を入れたりするなど利用者の健康に気を配ってきた。 口腔ケアも積極的に職員を研修会に参加させ、学んだ内容を生かしてきた。 梨雲苑の口腔ケアが大きく変わったのは、11年4月に歯科衛生士事務所「ピュアとやま」(精田紀代美代表)と業務委託契約を結び、精田代表が開発した「簡単口腔ケア週2回法」「口腔内臓器つぼマッサージ法」「手技で行う咽頭ケア法と排痰」の3技法を始めたこと。 坪内奈津子・統括副施設長は「口腔ケアは誤嚥性肺炎の予防につながる。 口腔機能維持管理体制加算もつくので経営にも役立つと考えた」という。 週2回法は、全職員が口腔ケアの基本を学んだ後、同事務所の歯科衛生士が月2回訪問して利用者の口腔状態を職員と一緒に点検し、状態改善に必要な用具や使い方を教え、週2回実施する方法。 自分で歯磨きできない人には、職員が柄の短い歯科医院専用歯ブラシや㈱広栄社の舌専用ブラシ「タンクリーナー」などを使いケアする。 入れ歯は洗浄剤に毎日浸けると、漂白剤などが染みこみ粘膜が赤くただれたり、味覚を損なったりするため、パナメディカル㈱の研磨剤の極めて少ない歯磨き剤「ハイライズ」と義歯用ブラシで掃除した後、㈱能作のスズ製「抗菌コマきらり」を入れた水に一晩浸け置きし除菌する。 つぼマッサージ法は口内にあるつぼを指で刺激したり、飲み込む時に使う筋肉を引っ張ったりする。 摩擦を起こさず、浸透性があり粘膜に残らないセーレーン㈱の口内用ジェル「シルクのちから」を塗って行う。 また、排痰法は痰が絡んだ人の肺の上部をたたいたり、押したりすることで空気の通り道を作り、のど元に出た痰を㈱オーラルケアの「モアブラシ」などですくい取る。 回数は毎日、毎食後と徐々に増え、歯科衛生士の個別指導を受け、つぼマッサージ法などを行う職員も出てきた。 そして13年につぼマッサージ法、15年に排痰法の全体研修を行い、全職員が3技法を習得。 自分で歯磨きできない約8割の利用者にも個々の口腔状態に応じたケアができるようになった。 介護士の金井綵香さんは「つぼマッサージをするのは1回1~2分。 長時間しないので利用者にも職員にも負担はない」と話す。 梨雲苑が3技法による口腔ケアを始めて4年、利用者の口腔状態は大きく変わった。 口臭は消え、唾液はサラサラになり、口の動きや飲み込む力が良くなったことで、食事量が増えたり、ペースト食から常食になったりした人もいる。 10年度に6人(延べ約180日)いた誤嚥性肺炎の入院は12年度に2人(約60日)に減り、13年度にゼロになった。 定員が40人増えた14年度以降もゼロを維持している。 唾液がサラサラになり、肺炎を起こす悪玉菌が減ったことが要因だ。 また、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症も4年間発症していない。 個々に合った口腔ケアを毎食後することで、口腔内にウイルスが入っても粘膜に入る前に排除してしまうからだ。 「昔の口腔ケアは集団ケアだったが、今は完全な個別ケアになった。 口腔機能維持管理体制加算がつくだけでなく、ベッドの稼働率もアップし経営面でも役立っている」と話す坪内副施設長。 現在のレベルを維持するとともに、在宅高齢者やその家族にノウハウを伝えたいと、培った専門性を生かした地域貢献活動も見据えている。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

【専門家が教える】誤嚥性肺炎とは?症状や予防方法を解説|みんなの介護

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

こんにちは、セコムの武石(たけいし)です。 前回は、と題しては、食べることに何かしらの不具合をともなう「 摂食嚥下(えんげ)障害」についてご紹介しました。 嚥下(えんげ:食べものや飲みものを飲み込むこと)に問題があり、食べものや飲みものが誤って気管に入ってしまうと、「 誤嚥(ごえん)性肺炎」になってしまうことがあります。 誤嚥(ごえん)性肺炎は、高齢者の方にとって命の危険につながりかねない危険な病気です。 平成27年の人口動態調査によると、肺炎は死亡原因の第3位。 肺炎で死亡する人の9割以上は75歳以上で、高齢者の肺炎の7割以上が誤嚥(ごえん)に関係していると言われています。 今はまだ、食べることには特に不具合がなく、元気に食事をしていらっしゃる方でも、誤嚥(ごえん)性肺炎は決して他人ごとではありません。 在宅介護で誤嚥(ごえん)性肺炎を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 日常の予防対策と、万が一誤嚥(ごえん:食べものや飲みものが誤って気管に入ってしまうこと)してしまったときの対応策をご紹介します。 嚥下(えんげ)機能が低下した方の 食事で気をつけたい重要なポイントは次の5つです。 1)姿勢 あごが上を向いた姿勢は、気管が開くため、誤嚥(ごえん)の可能性が高くなります。 うつむいて、あごの下に指が3本入るくらいの角度がベストです。 できれば座って食事をしたほうが、誤嚥(ごえん)しにくくなります。 寝たきりの方も、介護ベッドのリクライニングをあげて上半身を起こし、必ず枕などで首の角度を調節しましょう。 また食事介助は、うつむく角度を維持するためにも、上からではなく目線と同じ位置から行ってください。 2)食べものの形態 食べやすさや飲み込みやすさは、嚥下(えんげ)能力によって人それぞれ違います。 ご本人に確認しながら、食事の形態や食べ方を工夫しましょう。 特にサラサラと気道に落ちやすい水分や汁物は誤嚥しやすいので、「とろみ」をつけるとよいでしょう。 また、水分そのものがゼリー状になったものも市販されています。 「とろみ」をつけても飲み込みづらい場合は、ゼリーで水分補給すると良いでしょう。 他にも、べたべたと粘り気があってのどや口に残りやすいものや、水分が少なくパサパサするもの、固くて噛み切れないものなどは、嚥下障害がある方には食べにくいとされています。 3)口に入れる量 嚥下(えんげ)機能が衰えてくると、一度にたくさんの量をほおばると誤嚥(ごえん)しやすくなります。 1回で飲み込める量だけを口に入れるのが誤嚥(ごえん)を防ぐポイント。 食べものを飲み込んだあとに口の中を確認してみてください。 食べものが残っていたら、口に入れる量が多いのかもしれません。 4)適切な形のスプーンを選ぶ 大きすぎるスプーンや、深いスプーンは、口に含みにくく、誤嚥(ごえん)しやすくなります。 口のまわりの筋肉や舌の動きが弱っている方には、小さめで浅いスプーンのほうがおすすめ。 口元から喉のほうまで食べ物を送り込むのが難しい方には、口の奥まで食べものを入れられる柄の長いスプーンを利用します。 5)こまめな水分補給 唾液の分泌の少ないお年寄りの口の中は乾いています。 食前に十分水分をとり、口を湿らせてから食事をしていただきましょう。 また、口や喉に食べ物が残っていると、それが誤嚥の原因になります。 食べ物とお茶や水・ゼリーを交互にとっていただき、のどの残留物を押し流しながら食べると誤嚥(ごえん)防止に効果的です。 介護する方は「誤嚥(ごえん)しやすい食べもの」について正しい知識を持つことも大事です。 例えば、東京消防庁の調べによると、65歳以上の窒息や誤嚥(ごえん)の原因となった食べものの1位は意外なことに「おかゆ」です。 柔らかく、消化のよい「おかゆ」を主食としている方は多いと思います。 ただし、おかゆは「べたつく」という点では危険な食べ物になります。 また、やわらかく炊きすぎて水っぽいおかゆにも注意しなければなりません。 水分の部分だけサラサラと気管に落ちこみ、誤嚥の原因になります。 おかゆのかたさや水分量など、嚥下(えんげ)機能にあった状態に調理しましょう。 飲み込んだときの様子をよく観察して、水分を摂るようにしてください。 「おかゆだから安心」という油断が一番危険です。 必要な機能を活性化させるために、介護施設や介護サービスなどで食事前によく行われるのが「嚥下(えんげ)体操」です。 <嚥下(えんげ)体操の手順> 1)深呼吸する 2)首の体操:左右を向く、首を傾けたり回したりして首をほぐす 3)肩の体操:両腕を上げ下げしたり、肩を回したりして、肩のまわりをほぐす 4)口の体操:口を大きく開けたり閉じたり、引き結んだりして唇の周辺の筋肉をほぐす 5)頬の体操:頬(ほほ)を膨らませたり、すぼめたりして頬の筋肉を動かす 6)舌の体操:舌を出したり、舌先で左右の口角に触れたりして、舌を動かす 7)声を出す体操:「パ」「タ」「カ」「ラ」の4つの音をはっきり発声し、口の動きや唾液の分泌を促す 8)咳をする体操:咳払いをして、誤嚥(ごえん)したときに咳で押し出す練習をする 深呼吸は食前だけではなく、食後にも効果的。 気づかないうちに誤嚥(ごえん)したものを押し出す効果があるので、 食前食後の深呼吸を忘れずに行いましょう。 また、声帯をきたえることが誤嚥に対する防御機能を高めるのをご存知でしょうか?大きな声を出すこと、歌を歌うこと、おしゃべりを楽しむことが、安全に「食べる」ことにもつながるのです。 反対に、息がもれるような感じで声がしっかりと出ない方は、誤嚥性肺炎のリスクが高いということになります。 ぜひ、普段から発声練習をすることをお勧めします。 また、食後には 口腔(こうくう:歯と口の中のこと)ケアも大切です。 食後、口の中に食べものが残っていると、誤嚥(ごえん)性肺炎になる可能性がありますから、口の中はできるだけ清潔に保ちましょう。 口腔ケアのあとは、十分な水分やゼリーを摂っていただくのもポイントです。 のどに食べものが残らないようにすることも、誤嚥(ごえん)性肺炎を防ぐために大切なことです。 在宅介護で食事介助中にむせさせてしまうと、慌てがちですが、実は「むせる」ことは、決して悪いことではありません。 気管に入った異物を押し出そうとする身体の正常な反応ですから、誤嚥(ごえん)性肺炎にならないためには、むせることが大事なのです。 嚥下(えんげ)機能が衰えると、異物を押し出す反応も鈍くなるため、誤嚥(ごえん)したことに気づかないまま誤嚥(ごえん)性肺炎になってしまうことがあります。 食後しばらくたってから痰(たん)が増えたときや、のどがガラガラ言っているようなときは、誤嚥(ごえん)が疑われます。 そんなときは、とにかく早めに誤嚥(ごえん)したものを外に出すことが必要。 ポイントは、「痰(たん)を出す」ことです。 大きく息を吸って、ハッハッと鋭く息を吐き出すようにすると、より痰が出やすくなります。 うまく痰を出せなければ、咳払いをしたり、身体を動かしたりしてみましょう。 手のひらをお椀状に丸くして、背中全体をポンポンとリズミカルに叩く「 タッピング」という方法もあります。 背中から身体の中を振動させ、痰を浮き上がらせるイメージ。 強い力は必要ありません。 痛くないように力を加減してくださいね。 タッピングは、誤嚥(ごえん)予防になるので日常的に行うと良いでしょう。 誤嚥(ごえん)しても、ただちに誤嚥(ごえん)性肺炎になるわけではありません。 しっかり痰(たん)を出していただくようにすれば、誤嚥(ごえん)性肺炎になるのを防ぐことができます。 さて、誤嚥(ごえん)によって起こされる重大な危険としてあげられるのが窒息です。 食事中に声をつまらせたり、顔色が急に真っ青になったりしたら、窒息かもしれません。 このような時、まず咳ができるようなら、咳を出せるように促(うなが)します。 咳や痰(たん)をはきだすようにしても誤嚥したものを出せないときは、手のひらの付け根部分で、肩甲骨の中間あたりを強く叩く方法で異物を吐き出させます(「背部叩打法(はいぶこうだほう)」)。 このときは、タッピングとは違って力強く叩きましょう。 早いリズムで迅速に、怖がらず思い切り叩くのがコツです。 落ち着いて正しく対処することが、在宅介護では非常に大事ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。 【関連ページ】 ・.

次の

誤嚥性肺炎とは―予防のポイントは「口腔ケア」

口腔 ケア 誤 嚥 性 肺炎

口腔機能が低下し、自分でケアをするのが難しい高齢者は、様々な口腔トラブルを引き起こしてしまいます。 その原因のひとつとなるのが、舌苔です。 本記事ではそんな舌苔が引き起こすトラブルや自宅でできるケア方法などをまとめています。 ぜひご確認ください。 舌苔(ぜったい)とは 舌苔とは、舌の表面にある舌乳頭(舌の表面にある凸凹)に付着した苔のようなものです。 鏡で見ると、舌の表面が白くなっているのが分かります。 高齢者に限らず、誰にでもできるものですが、口腔機能が低下したり、自分でのケアが難しくなったりしている高齢者は、この舌苔が分厚くなってしまうことがあります。 舌の真ん中に薄く付着している程度であれば心配ありませんが、厚くなってきた場合や口腔内のトラブルが引き起こされている場合には、適切に対応するといいでしょう。 舌苔の正体 舌苔の正体は、舌乳頭の間に付着した、様々な細菌や古くなった口の中の粘膜、食べ物のカスなどの汚れが集まったものです。 タンパク質を多く含んでいます。 舌苔の原因 舌苔は、できやすい人とできにくい人がいます。 その差は口の中の潤いです。 汚れを洗い流してくれる唾液の分泌量が少なかったり、口の中が渇いていたりすると舌苔ができやすくなります。 例えば、• タバコの吸いすぎ• 口呼吸• ストレス• 食事中にあまり噛まない といったことによる唾液の分泌量の減少や口の中の乾燥が、舌苔が増える原因です。 厚い舌苔が引き起こすトラブル 舌苔が厚くなると、以下のようなトラブルを引き起こします。 口臭 口臭を引き起こす原因の一つが、舌苔に含まれるタンパク質です。 口の中にある「嫌気性細菌」がこのタンパク質を分解する時に、嫌な臭いを発生させてしまいます。 舌苔はタンパク質を多く含んでおり、厚くなると口臭が強くなる傾向があります。 唾液の分泌が少ない起床時や空腹時などに強くなる口臭は、生理的口臭と呼ばれています。 誰にでも発生するものなので、正常の範囲内であればあまり気にする必要はありません。 しかし、「最近は常に口が臭うようになった」と感じたら、原因は厚くなった舌苔かもしれません。 歯周病やむし歯など他の口腔トラブル、呼吸器系や消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因の場合もありますので、詳しくは歯科医やかかりつけ医にご相談ください。 味を感じにくい 舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがあります。 味蕾の大部分は舌乳頭(舌の表面にある凸凹)にありますが、ここが舌苔に厚く覆われてしまうことで、味の刺激が味蕾細胞まで届きにくくなり、味を感じにくくなってしまいます。 味を感じにくくなると、ついつい調味料を足してしまって塩分を取りすぎてしまったり、食欲が失われて食事量が減ってしまうことがあり、高齢者の健康に影響を与えます。 誤嚥性肺炎のリスクが高まる 飲食物や口腔内の分泌物などが気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言います。 誤嚥によって引き起こされる肺炎が誤嚥性肺炎です。 舌苔が厚くなると、誤嚥性肺炎を引き起こす細菌も口の中に増え、誤嚥をした時に一緒に細菌が気管や肺に入ってしまうリスクが高まります。 舌苔のケア方法 様々なトラブルの原因にもなる舌苔をケアし、舌を清潔に保つにはどのようにすればいいのでしょうか。 舌を清潔に保つ方法 舌を清潔に保つには、1日に1回、専用の舌ブラシを使ってケアをします。 口の中が乾燥しやすい高齢者の場合には、事前に口腔用の保湿剤を舌苔に塗り、30秒ほど経過した後で舌ブラシを使用するのがお勧めです。 まずは、鏡を見て舌のどの部分に舌苔が付いているのかを確認しましょう。 一番奥に舌ブラシをあてたら、手前に軽く引きます。 舌ブラシを水道水で洗いながら、5回ほど繰り返します。 舌苔を完全に取り切ってしまおうと考える必要はありません。 舌苔の中に空気が入るだけで口臭の原因菌の繁殖を抑えることができます。 ケアは起床時がお勧めです。 さらに気になる人は、ケアの後に薬用の洗口液を使うと良いでしょう。 舌ブラシは歯ブラシと同様に、1ヵ月を目安に交換をしてください。 過剰に取ろうとするのはNG 舌のケアをする時に気を付けたいのは、過剰に舌苔を取ろうとしないこと。 歯ブラシでゴシゴシと舌の表面をこすってしまうことがありますが、舌を強くこすってしまうと、舌の粘膜や味蕾細胞を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。 心配な時には 舌や口腔のケアを続けてもトラブルが改善せず、舌苔がなかなか薄くならないということがあれば、歯科医や歯科衛生士、かかりつけ医に相談をしてください。 舌苔の予防方法 最後に、舌苔の予防方法を確認しておきましょう。 舌を動かす (えんげ)体操をしたり、よく噛んで食べたり、お話をしたり、歌を歌ったりなど、舌を動かすことを意識して生活しましょう。 舌を動かすことで唾液の分泌が促進されると、舌苔を予防できるだけではなく、口腔内の健康が向上しますし、消化しやすくなるなどの様々なメリットがあります。 口の中を清潔にする 歯磨きに加えて舌のケアを起床時に行い、口の中を清潔に保ちましょう。 口腔用の保湿剤や洗口液も併せて使うのがお勧めです。 歯ブラシや舌ブラシだけではなく、口の中の状態に合わせて使い捨ての口腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュなどを使用してもいいでしょう。 もし現在の記事のように腔ケア用のスポンジ、綿棒、口腔ケア用ティッシュの画像を入れるならここがいいと思います。 まとめ 舌苔は、舌の表面の凸凹に付着した細菌や汚れなどの塊です。 口臭だけではなく、味が感じにくくなったり、誤嚥性肺炎のリスクが高まるなどのトラブルの原因となります。 しかし、完全に取り除こうと過剰にケアをしたり、こすったりするのは厳禁です。 1日に1回、起床時に専用の舌ブラシを使用して優しくケアをし、唾液の分泌が促進されるように舌を動かす生活を心がけるようにしましょう。 口腔用の保湿ジェルや洗口液、使い捨ての口腔ケアグッズなどを上手に使い、ケアや予防を続けることが大切です。 関連QA.

次の