在宅 アパレル バイヤー。 バイヤーになるには

個人輸入でバイヤーとして稼ぐ8つの方法

在宅 アパレル バイヤー

クラウドワークサイトを通して、いくつかの在宅ワークをやってきました。 その中でも、今手持ちでやっているものは、表題にあるとおりの「BUYMA」商品登録のみです。 昨年の冬場からやっているので、もう1年半ぐらいレギュラーで請け負わせていただいてます。 どんなお仕事なのか気にはなっているけど、周りでやっている人もいないしなぁとためらっている方のお役に立てば幸いです。 採用までの道のり 私の場合、シュフティ経由でしたけど、ほかのクラウドワークサイトやSOHO系の募集サイトでもよく見かけますね。 よくある募集内容はこんな感じでしょうか。 「アパレル販売サイトでの出品登録 初心者・主婦の方歓迎!」• PCは基本操作だけでOK• 画像作成あり• マニュアルあり• 文字の入力はコピペ中心• 海外ファッションサイトから、必要な事項を抜き出してコピペして出品• 翻訳サイトを通すので、語学スキルは必要なし• スカイプ、チャットワークなどで連絡が可能な方• 他のバイヤーさんとのお仕事(契約)をしていない方(掛け持ちはNG• 一か月100品程度の出品が可能な方• ファッションが好きで、コツコツ作業が苦でない方 なんていう感じの募集内容ですね。 報酬は、一品当たり50円(手数料込み)がだいたいの相場みたいです。 私の場合、最初にこの手の募集を見たときに、まず躊躇したのが 「ファッションが好きな方」っていうところなんですよね(笑)。 そりゃ、いちおう女ですから、着るもの身に着けるもの、なんでもいいわーとは思いませんが、特にどこそこのブランドが好きとか、ファッション的に追ってるものとか全然ないんです。 美容院でSTORYとか渡されると困る(笑)。 でも、このお仕事、はっきり申し上げさせていただくと、 ファッションの好き嫌い関係はありません! 詳しかったりすれば別ですけど…。 それならパーソナルショッパー(出品者)をやったほうがいいに決まってる。 詳しいのなら…(資本も少しは必要ですけど)。 ファッションに疎い私が「とりあえずぶつかれ!」で応募 ファッションが好きな方、という面だけが気になってはいたけど、とりあえず募集の内容がピンっ!と来たクライアントさんの募集にコンタクトをしてみました(一緒に頑張りましょう!みたいなコメントに惹かれました)。 PC操作は、基本操作問題ありません• ただファッションに関しても知識は疎いかと思いますが… 軽い自己紹介とともに、応募! 翌日、クライアントさんからの返答がありました。 海外ブランドアクセサリーの公式サイトURLがメッセージ内に貼られており、まずはこちらの商品を出品するとして、どのように翻訳するかを拝見させてくださいという連絡でした。 単に海外の言語を翻訳することだけでなく、商品ページを見たお客様に対して「どうアプローチが出来るかどうか」というところを判断したいそうです。 翻訳に関してはGoogle翻訳などを使ってくださいとの事でした。 スポンサーリンク テスト翻訳はOK!連絡手段としてスカイプのアカウントを取得する。 テスト翻訳は問題なくOKとの事。 その後、さらに詳しい話(実質的なこと)に進めるため、一度スカイプで会話させていただきたいという連絡をもらいました。 クライアントさんは海外在住の方で、こちらの時間と日夜が真逆になります。 こちらが夕方に向こうが朝って感じです。 え?いきなり会話~?!を思いましたが…。 とりあえずフェイスブックのアカウントから紐づけして、スカイプのアプリをダウンロード・設定しました。 下書き出品で1つ仕上げる。 スカイプでの会話は、お互いの個人的なプロフィールを話すことと、BUYMAの出品に関して、まずは私の方でアカウントを取って、そのアカウントでの出品作業を一件やってほしいとの事でした。 BUYMAは買うのも出品するのもアカウントは必要なので、アカウントを取ること自体はそんなに大変ではないのですが…。 (Yahoo! なんかと同じだと思います。 Yahoo! ショッピングは簡単に利用できるけど、オークションやYahoo! ショッピングの出品者になるために、少々の手続きが必要なのと同様の感覚ですかね) パーソナルショッパー(売る人)のための手続きは、ちょっとだけめんどくさいです。 バリバリ個人情報の入力箇所がありますから。 そしてパーソナルショッパー資格を得たところで、テストとなる出品を一つしたんですけど、いきなりBUYMA運営からメールがきました。 具体的なことは伏せますが、「この出品に関しても検品はどのようにされるおつもりですか?」という内容の問い合わせメールです。 BUYMAは、個人で買い付けしたものに関して、ブランド品が正規のものであるかどうかのチェックが常に審査されているようでして、疑わしきものあれば即座に出品停止になってしまいます。 必ずパーソナルショッパーの手を経て検品したものを、お客様に対して発送する必要があります。 その辺がひっかかった部分になったんですけど、これは本当に出品が目的ではない作業なのでどうしたものかと思い、クライアントさんにその旨連絡したところ、向こうとしても「やっぱりそう来るよね」と想定済みだったらしいです。 クライアントさんから「このように対応してください」という具体策を教えていただき、BUYMA側に返答をし、お問い合わせメールに関しての件は無事クリアとなりました。 仕事を頼む人が「ちゃんとした人」であることを確認したいための、テスト二段階だったわけです。 そのややこしい作業があって、やっと採用…となったわけですが。 なんでこんなめんどくさいこと(自分でアカウントを取る必要)があるんだって?に思ってた部分は、実際に出品作業をしていく中で分かりました。 実際の作業は、クライアントさんのアカウントとパスワードでログインして出品作業を行うわけですが、ログインした先のページには、信用のある人じゃないと触れさせたくない部分がいっぱいあるからです。 例えば入金管理とかですよね。 見れちゃうのですから(もちろん見たことはありません。 サイトの構成としてその部分があるという事だけを知っています)。 BUYMAの出品作業をクラウドでやっている人が全員通ってる道なのかはわかりませんが、クライアントさんがおっしゃるに 「この手順は、応募されてきた方みなさんにお願いしていることです」との事です。 身元がはっきりしてる人じゃないとやっぱりね、お金がからむことですしね。 クライアントさん側からしてみてば、ワーカーの個人情報を押さえておくべく手法として、テストでアカウントを取得させているのでしょう。 仮にととったアカウントのIDとパスワードは、クライアントさんに通知し、そこからテスト出品の内容を確認していただいているので。 スカイプで相手と直接会話するのっていうのも、個人を知るうえで重要な手段ですよね。 単に個人情報という以外にも、その人のパーソナリティって会話して初めてわかるものってありますし。 この辺のノウハウは、BUYMAパーソナルショッパーをやる人が有料で買う商材みたいなものの中にHowToとしてあるんじゃないかと想像します。 アフェリエイト商材なんかと同じような感じですよね。 いざ、採用となってからも大変な事は続いていますが(笑)、それはまた別の記事にて。 大変は大変なんですけど、やっぱり一度会話した相手だし、クライアントさんもこちらが子持ち主婦だってことはよく理解してくださっているので、無理難題言われることはありません。 だからずっと継続できているんです。 クライアントさんを信用しておりますし、私も頑張ってクライアントさんのお役にたつ仕事をしたいと思っています。

次の

フリーランス・副業でバイヤーになるためには、経験?センス?

在宅 アパレル バイヤー

こんにちは、重堂香織です。 在宅ワークで稼ぐ方法の1つである、 BUYMA(バイマ)。 そのバイヤーとしての活動をしている、の主婦、ママ、そして副業ワークの女性たち。 彼女たちの 11月の実績はどうだったのでしょうか? 11月といえば、物販を仕事にしている(特に輸入)人ならみんなワクワクする季節なはず! 最近は日本のアマゾンや大手スーパーのイオンなどでも取り入れられ、だいぶ馴染みが出てきましたが、本場アメリカでは、1年間の半分以上(!)の商品を支えるという ブラックフライデー のある月だったからです!! あちらこちらのお店で70%OFFだの、半額なのにタイムセールでさらに20%引きなど、、、そういう店舗やブランドがゴロゴロとし、買い付けを行う方も思った以上に利益がでたー!というバイヤーさんが多かったのではないでしょうか。 そもそも ブラックフライデー ( Black Friday)とは、、、 11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。 小売店などで大規模な安売りが実施される。 アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。 買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。 また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。 より さらには日本国内では12月中旬頃にボーナスを設けている会社も多いので、BUYMA(バイマ)でもそこに向けて、「ボーナス払い」などで自分の欲しいものをゲットするお客様の姿も多く見えました。 【稼ぐ妊婦】神奈川県在住:プレママ、Eさんの実績 Eさんは結婚して今まで勤めていた職場を退職され、新天地で再就職!と思っていた矢先に妊娠が発覚し、在宅で稼げる仕事はないかと探し行き着いた先がBUYMA(バイマ)でした。 1月の出産に向けて一歩ずつ確実に歩みをなし、スタートから3ヶ月で利益10万円を達成した妊婦のEさん。 狙っていたのは確実な10万円。 妊娠中はどんどん迫り出してくるお腹が窮屈になり、後期はホルモンバランスも崩れたりしてか眠気に誘われ、でもゆっくりは眠れずに辛いし、出産直後から床上げまでは動けないし、、、 子どもがあっちにこっちに転がるようになってくると例えばお客様の返信文を書いている途中とか、出品画像を加工している時とか、こっちの都合はもちろん御構い無しに育児の仕事がやってきます。 下のお子さんは来年4月から幼稚園に入園予定とのことで、在宅オンリーワーク! 外注さんも雇い、チームワークを繋ぎながら月に350件を超える受注を得ながら数字を伸ばしてきたスーパー母ちゃんです。 保育園のキャンセル待ちで悩むことも、満員電車に揺られることもなくこれだけの金額を主婦が稼げるということの裏には 「ちょっと待ってて 」 と日本一子どもに言ってしまったという懺悔の気持ちとの葛藤があったり、夜な夜な梱包してくれたスタッフさんの努力があること、周りの協力なくして得られなかったという結果もしっかり分析されているのが彼女の素晴らしいところ。 お子さんはもうすぐ1歳という小ささ。 朗らかな装いとは裏腹に、こうと決めたことは揺らがずやり遂げるまで行動し続ける、芯の強いママです。 ニコニコと笑顔の素敵だった赤ちゃんを連れていた彼女とたこ焼きを突っつきながら 「子どもがハイハイする前に外注化できるといいよ」 と直接のアドバイスをさせていただいてから2ヶ月後には利益10万円を達成。 助言通り、お子さんの成長が追いつく前に外注化をほぼほぼ整えられ、10月には30万円という数値を叩き出しました。 彼女の素晴らしき実績は 「2ヶ月連続しての」30万円達成。 BUYMA(バイマ)をはじめとする物販はなんにせよ、一人でやることがめっちゃくちゃ多くて、決して楽しては稼げない。 それこそ、ブラックフライデーの恩恵で今月だけドカーンと100万円!なんていうタイプのプレイヤーもいるかもしれないけれど、それはただのラッキーなだけで、稼げる仕組みが作れたとは言えない。 仕組みを作って稼ぎ「続けること」というのが重要だけれども、実はそれってとても難しいことなんです。 でも彼女は赤ちゃんを抱えながらも愚直にそれを適えました。 寝ているだけだった赤ちゃんもおぼつかない足取りで歩き出して目が離せない状況、ちょっとトイレに言った隙に、ご飯を作りながら、子どもをあやしながら、そんな隙間時間を上手に使いながら時間を捻出して努力されたのだと思います。 あとはBUYMA(バイマ)の作業の中でもかなり時間を取られる梱包発送。 ここを外注スタッフに渡すのが彼女の今月以降のミッション。 来年4月からは育休もあけ、仕事復帰するとのことなので残り4ヶ月でさらに太い幹を作って収入の柱を構築して行けるといいですね! 【海外在住2児の母】オーストラリア在住:Rさんの実績 入学から右肩上がりに利益を伸ばされていたRさん。 それを味方に毎月、着実に利益を伸ばされているのが素晴らしいところ。 オーストラリアでビジネスを経営する場合、GST徴収の義務がある場合があります。 GSTはビジネスでなく顧客が支払うものなので、ビジネスの目的で購入したものに対して支払ったGSTの還付を請求することができます。 仕事柄、常にトレンドを意識する力が身についてい流のでリサーチの精度がいいのでしょう。 それに加えて抜群のコミュニケーション能力を発揮し、外注体制も3ヶ月程で自分の納得の行くものに。 素顔は大学生と高校生の姉妹を育てるママで、静岡県在住ながら都内の学校に通う娘さんのサポートもしているトリプルワーカーです。 最近のメンバーはダブルワークは当たり前のようなパワフルな女性が多く入学されていますが、Sさんは娘さんも大きいこともあってお金の悩みがとても現実的。 現在2人の娘さんは学校の関係で都内在住、ご主人は漁師さんをされていて、それなりに稼ぎはあるけれども漁に出てしまうと数日間家を開けることもあるそう。 娘たちに巣立たれた後、夫婦2人でどう過ごして行くのか、考えても漠然とはしているけれど、お金が必要なことは間違いがないから私も頑張るんです。 と話されていたのが印象的。 目的がしっかりされているとそれに向かっての行動がブレないですよね。 チーム構築もとても上手なので、更に利益を伸ばされて行くのではないかと思います! 【楽しく稼ぐがモットーの主婦】アメリカ在住:Sさんの実績 楽しく無理なくBUYMA(バイマ)で稼ぐのがモットーと豪語するアメリカにお住いのSさん。 トラブルがありながらも 「 気がついたら30万円達成してました!」とのことw 羨ましい、、、 人と比べない これが彼女の強みです。 のコミュニティのカラーは体育会系の「部活」に近いものがあって、みんながライバルであり同志であり、切磋琢磨しながら目標に向かっている女性が多い環境なんですね。 10ヶ月間という時間の中でいかに「 小さな力で大きく稼ぐ」というテーマを自分のものとしていくか学びを得ているのですが、同じような境遇の人をロールモデルにして頑張っているメンバーも多いように思います。 例えば私だったら当時は子どもが1人の状況でBUYMA(バイマ)をスタート下したので、3ヶ月ぐらい早くスタートされていた同じく日本在住で一児の母のOさんを目標にしていたし、子どもが2人いて、アウトレットに買い付けにまで行っていた笠井さんの時間管理の仕方とか、気になって真似してみたりとかしてましたw そうやっての環境を味方につけていけるといいのだけれども、日々の日報から数字の部分だけを抜粋してしまって、同じような境遇や環境の人と自分を比べて悲観的になってしまっている人もいたりする。 子どもの性格も、住んでいるところも、家族構成もみんな違うから参考にするぐらいだったらいいけれども、重ね合わせて落ち込んでしまっては勿体無い。 そのスタイルと言うのが 無理をしない 楽しく稼ぐ と言うところ。 すでにご自身で出品はされていた状態からスタートされたのですが、後から入ってきたメンバーが次々と10万円を達成していく中で、 リサーチしているのに売れない 出品数が伸びない 価格調整が出来ていない 、、、そんな風にマイナスの部分にフォーカスすることが多くてきっと精神的にも辛い時期を長く経験されていたと思います。 でも彼女達は諦めなかった そしてもう1人、1歳の息子さんを育てながらBUYMA(バイマ)で稼ぐママTさんは、入学から7ヶ月目で利益10万円を達成。 後から入学された同じような境遇のママ達が次々と利益を伸ばして行く中で体調を崩し、一旦BUYMA(バイマ)から離れていたTさん。 お母さんが大好きな息子くんの育児とのバランスに悩み、とても追い詰められた状況で私にも助け舟を求めてくれたこともありました。 上手くいかなくて逃げ出したい、他の人と比較して何で自分は出来ないんだろうって根源を考えるのではなくて気持ちの面でネガティブになってしまう、、、 起業するって孤独です。 時間やルールに制約がない分自由は多いけれど、叱咤してくれる上司もいないし、愚痴をこぼせる同僚もいない。 だから精神的にキツくて、継続できるだけのモチベーションがなくなってで笠井さんも言っているように、せっかく稼げても辞めちゃう人が多いのも事実なんですよね。 でも、Tさんも。。。 決して諦めなかった BUYMA(バイマ)に可能性を感じていたし、何より、その頑張りをそばで見ていた大阪メンバーからの助言や励まし、意見をしっかり自分のものにして行動を起こしたからこそ得られた結果なのだと。 1つのことを最後までやり遂げる力、女性の底力ってスゴイなとお二人が積み上げて行った500円、1000円と言う利益の重みから学びとることが出来ました。 在宅ワークBUYMA(バイマ)で稼ぐ主婦・副業ワーカー2018年11月の実績のまとめ ここまではほんの一部。 まだまだ紹介し足りないのですが、11月のまとめとしては、冒頭でも書きましたがブラックフライデーのタイミングが重なったことは大きな要因としてあると思います。 だけど、で志穂さんも書いてくれているけれど、11月に目標達成できた人たちはこの恩恵のおかげだけではなく、 日々の努力の結果 であることは間違いない! それに加えて同じ境遇、例えば海外に住んでいて同じぐらいの時期にに入学した同期メンバーの頑張りに刺激を受けている人も多々。 だから11月は過去最高ぐらいの勢いで利益10万円の目標を達成した人が多かったように思います。 BUYMA(バイマ)は主にアパレル商材を扱う仕事だから、当然流行り廃りというのがある。 去年爆発的に人気だったブランドがランキングから姿を決していたり、急成長しているニッチブランドで利益を伸ばせたり、、、 そういうのって常にアンテナを立てて、女性誌のように先手必勝でリサーチをして出品をしていないとブラックフライデーがあっても波には乗れないんです。 その場で行き当たりばったりで、じゃ稼げない。 厳しいけれど、この波に乗れなかった人はただ単純に準備不足なだけ。 そしてもう1つ、今回の結果として数字が伸びまくって50万円オーバーも数名いたのだけども、その方達は口を揃えて もっとしっかりとした仕組み化をしておけばよかった と言っています。 私が人を雇うなんて こんな面倒な作業を人にお願いしてもいいんだろうか 、、、そう躊躇してしまってなぜだか「外注化」に後ろめたい気持ちを持っている人が多い。 あなたが稼ぐ目的は何ですか? もし、自由なお金だけでなく時間も手に入れたいと思っているのならば自分のチームを自分がリーダーとなって作り上げていくことは鉄則です! 私はとにかく不器用でセンスがないから「出品」作業が大の苦手。 だから今はその作業が好きで得意とするスタッフにお願いをしています。 スタッフさんも好きなことをしてお金を得られるし、私は好きなこと(BUYMAならリサーチ)に集中できるから、外注化、仕組み化って双方にメリットしかないんです。

次の

画像加工の仕事を探す

在宅 アパレル バイヤー

フリーランスの の働き方・仕事内容 個人バイヤー 最近はネットの普及に伴い、国内はもちろん世界中のものが自宅にいるだけで購入できます。 このネット環境が追い風となり、企業に属さず個人バイヤーとしてフリーランスで働く人が増加しています。 たとえば人気が高いファッションバイヤーは、国内、海外から仕入れたファッションアイテムをネットで販売します。 自分の通販サイトを立ち上げ、コーディネート例を載せ、サイト自体におしゃれな印象を持たせる工夫をして、商品入荷と同時にsold outになる人気サイトもあります。 自分が仕入れたものがそのまま売上になり、自分のセンスが評価されたことを感じやすいところにやりがいを感じる人が多いようです。 働き方は人により、副業程度で働いている人もいれば、本業としてバリバリ働き、海外を飛び回り、積極的に日本未上陸のものを探すバイヤーもいます。 業務委託 個人事業主として働くフリーランスのなかには、企業と業務委託契約を結びバイイング業務を行う人もいます。 店舗をもたずにECショップなどを運営する企業は、ECショップ運営のためにバイヤーが必要で採用活動を行います。 正社員として雇用することもありますが、人件費削減や即戦力ある人材確保の目的でフリーランスとして働くバイヤー業務委託契約を結びます。 仕事内容は商品リサーチ、出品、お客さまとのやりとりなどECショップ運営代行となります。 完全歩合制で売れた分だけ報酬となるという契約が一般的です。 企業独自の仕入れルートがある、ネットショップ運営のマニュアルがあるなど、一からネットショップを立ち上げる労力がありません。 副業的に行う人も多く、企業側も週2日、1日4時間程度でOKとWワーク前提の求人を出すところも多いです。 起業 個人のバイヤーとして実績を残していった先に、バイイングを行う会社を立ち上げて事業を展開する人もいます。 会社形態になると、個人で働いているよりもさらに大きなビジネスを展開しやすく、バイヤーとしての知識やスキルを生かして小売店のコンサルティングや新商品開発などにまで乗り出す人もいるようです。 たとえば自分でブランドを立ち上げ、店舗管理をしていくバイヤーもいます。 労力も大きく、リスクも高いものの、集客方法も独自の工夫ができ、成功すれば高い年収も夢ではありません。 フリーランスのバイヤーになるまでのキャリアパス 企業に入社する バイヤーには関連分野に関する商品知識のほか、売れそうな商品を見極める力、商談をスムーズに進めるための交渉力、仕入れの際に必要な会計や原価計算の力など、さまざまなスキルが必要になってきます。 こうしたスキルは、実際にバイヤーとしての業務経験を積んでこそ身につく部分も多いため、現在フリーランスのバイヤーとして働いている人も、まずは企業のバイヤー職としてしばらく働き、知識やスキルを身につけてから独立という形が多くなっています。 会社でプロのバイヤーとして活躍していた人ならば、フリーランスバイヤーとしても成功する確率が高くなります。 起業するにしても、知識や経験の少ないバイヤーには、クライアントにとっては買い付けた商品が売れるかどうか分からないため、不安でしょう。 しかし、企業に属してどのくらいの予算を動かしていたなどの実績があれば、クライアントも安心し、大きな金額の案件をとれることもあります。 個人バイヤー 企業に属して接客などの下積みを経験し、プロのバイヤーとして勤務したあとにフリーランスとして活動するルートは、バイヤーとしての知識だけでなく、売上管理などバイヤーとして必要となる総合的な知識を習得できるため理想とされています。 しかし、一般的に企業に入社し、バイヤーになるまでには10年くらいかかることもあります。 また、バイヤー職は人気が高いため、必ずしもなれるとは限りません。 今すぐにバイヤーとして働きたいという人におすすめなのが、インターネットで販売できるような商品を自分で買い付けを行い、販売も自分で行っていくという方法です。 まずは自分のセンスを大切にして、小規模でもいいからバイヤーとして仕事をはじめたいという方にはおすすめです。 その実績をもとに将来的に大きなバイイング業務につなげていくこともできるでしょう。 フリーランスのバイヤーのメリット・デメリット メリット フリーランスとして働くメリットとして、時間的な拘束を受けずらく、より自由に働けるということが挙げられます。 働く曜日、時間は基本的に自由で、在宅ワークも可能なため、家事や育児で忙しい主婦にも副業として人気です。 また本業は別にあるけれど、自分のセンスを生かしたいという思いから副業としてバイヤーをする会社員もいます。 頑張れば頑張るだけ、報酬につながるのもメリットのひとつでしょう。 普通、企業に属するバイヤーは、企業方針・ブランドイメージ・価格帯に合う商品を仕入れる必要があります。 しかしながらフリーランスのバイヤーは、集客方法、商品、ネットショップのイメージも含めて自分で決めることができるため、そこに楽しさを感じる人が多いようです。 デメリット バイヤーは商品を仕入れる仕事のため、基本的には商品仕入れ資金を準備する必要があります。 企業の属するバイヤーと違い、もし商品が売れなければ、買い付けた購入資金は丸々自分の損失となります。 売れた数だけ収入につながるため、高収入のチャンスもありますが、会社員のような安定した収入はみこめません。 なかにはバイトの時給より低い年収という人もいて、本業にして食べていくことは難しいということも珍しくありません。

次の