じん速報。 [B! 2ch] むじん速報 : 第拾回 ゾッとするほど中二病が考えたっぽい武器名書いた奴が優勝

日曜劇場「JIN

じん速報

筆者は2017年はじめ、まだ29連勝フィーバーが本格化する以前に雑誌『文藝春秋』に掲載される記事の取材で、藤井四段(当時)のお宅にお邪魔して、インタビューする機会がありました。 その際、藤井四段には『文藝春秋』誌に連載されている、谷川浩司九段出題の13手詰を解いてもらいました。 雑誌などで詰将棋が出題される際にはだいたい、何分で解けたら棋力はどれぐらい、というおおよその目安が示されています。 その問題は「10分でアマ三段レベル」でした。 藤井四段は問題をちらりと見ました。 そして数秒で「はい」と一言。 ・・・。 えっ? 何が「はい」なのかと思ったら「もう解けました」という意味でした。 「これで四段はあるでしょうか?」 ははははは。 筆者は笑うしかありませんでした。 人間はあまりにすごいものを見せられた時には、笑うしかないようです。

次の

暇人\(^o^)/速報

じん速報

かたすみ速報• カンダタ速報• ハロン棒ch• seiyu fan• やみ速• YouTube速報• ダイエット速報• 女性様• ってなんじぇですかー• オーバージョイド!• HUNTERxHUNTERx• 働くモノニュース• WorldFootballNews• なんじぇいスタジアム• メシニュース• 声優速報• SKE48まとめはエメラルド• 暇つぶしニュース• みんなの修羅場な体験談• わんこーる速報• V速ニュップ• キチガイママまとめ保管庫• 阪神タイガースチャンネル• 投資ちゃんねる• アニはつ• Zチャンネル• 芸能人の気なる噂• 稲妻速報• Samurai GOAL• たろそく• モンスト!まとめーじぇんと。 BIPブログ• ゲーハーの窓• 竜速(りゅうそく)• 明日は何を食べようか• 暇人速報• Dis速• 名前はまだない• まとめたニュース• 質問ある?まとめ速報• 修羅場家の日常• なんJやきう関係ない部 おんJ• ついんてーる速報• オタクニュース• なんJクエスト アニメ部• ぐら速• 2chエクサワロス.

次の

『寿司ダイニングJIN(じん)』青森市新町*お寿司と天ぷらのお店

じん速報

織田信長が、松永久秀を徳川家康に紹介した際の逸話はあまりにも有名だ。 「この老人は世人にできないことを三つやった。 将軍(足利義輝)を弑(しい)し、主君の三好長慶を殺し、奈良の大仏殿を焼いた」 武将らの逸話集『常山紀談(じょうざんきだん)』が描く久秀像には違和感を覚えていた。 続きはこうなのだ。 「松永汗をながして赤面せり」。 老境の大悪人が、いまさら前非を恥じて赤面するだろうか。 千利休の師である武野紹鴎(じょうおう)の高弟で茶の湯の名人であり、「九十九髪茄子(つくもなす)」の茶入や「平蜘蛛(ひらぐも)」の茶釜という名物を愛し、安土城の手本となった芸術性高い多聞山城を築いた男…そんな高雅な印象とも重ならない。 今村翔吾は本作で、ほとんどわかっていない久秀の前半生を丁寧に考察することにより、その謎を解き明かしてくれる。 悲惨な少年期を過ごした久秀は人の世に疑いを抱き、神仏の存在も信じられなくなる。 しかし、阿波の武将、三好元長との出会いが久秀に大いなる理想を与え、彼の人生を激しく変える。 元長が謳(うた)う夢と理想はどこか青臭さを感じさせる半面、あまりにも魅力的に過ぎる。 久秀は実弟の長頼や、後に重臣となった者たちにも理想を説く。 大名たちの食い物となっていた商都・堺の自治を確立するために力を合わせて戦い始める。 若き日の久秀らの姿は、梁山泊(りょうざんぱく)に集(つど)った『水滸伝』の豪傑たちを思わせて実に楽しい。 個として存在するときに「人間」という文字は「にんげん」と読むが、人と人がつながりを得れば「じんかん」と変わる。 人が何のために生きるのかを求めて、久秀は「じんかん」を生き続け、仲間とともに戦う。

次の