かなまら祭り グッズ。 【かなまら祭り】神奈川で毎年行われる「ちんこ祭り」について徹底考察!

セイマニTシャツ » かなまら祭りレポート

かなまら祭り グッズ

ページコンテンツ• かなまら祭りとは? かなまら祭り概要 開催日 毎年4月の第一日曜日 開催場所 若宮八幡宮・金山神社 住所 開催時間 10:00~17:00 変更になる可能性あり ご利益 商売繁盛・子孫繫栄・安産・夫婦和合・性病除け かなまら祭りは神奈川県川崎市で行われているお祭りで 「商売繁盛・子孫繫栄・安産・夫婦和合・性病除け」などのご利益があるとされており、江戸時代に川崎宿の飯盛女達の願掛けがきっかけで始まったと言われています。 金山神社の御神体である金属の男根は「かなやま」と「かならま」が似ていることから「かなまら様」として地元の方々から親しまれています! ちなみに「まら」とは男根を意味しています。 今でこそ多くの人々で賑わう「かなまら祭り」ですが、昔は廃れてしまっていた時期もあったようです。 しかし性信仰が残る神社として外国人民俗学者から注目され、お祭り好きや外国人観光客の観光スポットとして復活しました! その後「かなまら祭り」は海外で広く紹介され、今では「Utamaro Festival 歌麿フェスティバル 」と称され海外でも有名なお祭りの一つとなります。 その証拠に 「 かなまら祭り」を訪れる人の半数以上は外国人です! 近年ではSNS普及により「かなまら祭り」に訪れる人は年々増えて、本当に多くの人が訪れる大人気のお祭りとなりました! 日本を代表する奇祭「かなまら祭り」の見所・魅力!! かなまら祭りには外国人観光客の方も含め、何十万人もの人が訪れるわけですから、それだけの見所・魅力があります。 ここでは日本を代表する奇祭「かなまら祭り」の見所・魅力についてご紹介していきます! 圧倒的インパクト!! エリザベス神輿 世界に誇る神奈川の奇祭「かなまら祭り」、最高過ぎたから見てくれ。 おみこしを担いでいるのは全員オカマちゃんです。 世界よ、これが日本の祭りだ。 1枚目のピンクの男根が「エリザベス神輿」• 2枚目の黒い男根が「かなまら船神輿」• 3枚目の木の男根が「かなまら大神輿」 かなまら祭りには色々名物がありますが、 祭りの目玉は何と言っても神輿です! かなまら祭りでは3基の神輿が担がれますが、中でも エリザベス神輿を見たときのインパクトは凄まじいものがありますね笑 またエリザベス神輿は見た目もですが、担いでいる人や掛け声のインパクトも凄いです! エリザベス神輿は女装クラブの「エリザベス会館」から寄贈されたもので、神輿を担いでいる人達は会館の女装した方々です。 女装した男性が「かなまら!! 」「デッカイまら!! 」という野太い掛け声とともに、ピンクの男根を担ぎながら進んでいく姿は一度見たら忘れません! かなまら祭り名物男根飴&コラボグッズ さん ikawamariko がシェアした投稿 — 2019年 4月月6日午後11時28分PDT かなまら祭り名物の一つとして外せないのが男根飴です! 男根飴と言っていますが呼び方は「子宝飴・授かり飴・ちんこ飴・エリザベス飴」など様々な呼び方があります。 まぁ結局はちんこの形をした飴っていうことです笑 小さい子供~大人まで、男女国籍関係なくみんな笑顔で美味しそうにちんこの形した飴をペロペロ舐めている光景はまるで違う世界に飛んできたみたいになります笑 今年のかなまら祭も地元のお店がコラボレーションして下さっています。 ぜひお立ち寄り下さい。 — 若宮八幡宮・金山神社(俗称かなまら様)公式 kanayamajinjya 男根飴以外にもかなまら祭り当日は色々なコラボグッズや商品が販売されています! 「チョコバナナ・ロウソク・Tシャツ・ピアス」などなど他にも多数のコラボ商品があるので、お土産としてもいいですし、見て回るだけでも楽しいです! かなまら祭りに行った際には色んなコラボグッズを見て行ってください! かなまら祭りにはどんな人が来るの? 日曜日にお仕事させて戴きました!! 脚立に登って司会補佐をしてみたり、巫女さんになって行列に参加させて戴いたり、振る舞い酒を提供したりオークションをしたり・・・ いろんな『初めて』を経験して来ました!! まだ知らない『面白い』『楽しい』は無限にあると改めて知りました。 地元の人• 外国人観光客• 祭りを楽しみたい人• 花見をしたい人• 神輿が見たい人• 御朱印が欲しい人• 欲しいグッズがある人• 仕事で来ている人 かなまら祭りには色々な目的を持った人が集まりますが、世界でも有名な祭りなので、やはり楽しみたいという観光客が多いです! 「神輿を見るも良し」「花見をしながら食べ歩くも良し」「色んなグッズを見て回るも良し」など様々な楽しみ方ができます! もちろん神社なので、お参りや絵馬を書いたりもできますが、境内に入るには結構並ぶので時間がかかります。 3枚目は楽しかった去年の再掲です。 大好きなので来年も行きます — ゆめみ 4. — ともこ Wx38pnKOvwiKiWp ちんちんしゃぶり過ぎて顎くたびれた。 ほぼみんなちんちんしゃぶってた。 ピンクのちんちんとピンクの桜が綺麗だった。 — ひとかわむけた hitomuke かなまら祭りに参加した人の口コミを見てみると、やはり 名物である「エリザベス神輿」や「男根飴」の写真を投稿している人が多かったですね! 4 月ということで桜も満開で桜が綺麗だったという声も多く見られました。 中でも私が気になったのは 「御朱印をもらうのに時間がかかった」という声ですね。 10:00から始まるかなまら祭りで、9:30から既に入場規制がかかってることからもの凄い人が来ているのが分かります。 海外での人気の高く、SNSの普及で今まで以上に有名になり、今では何十万人も訪れる程ですからね! 特にかなまら祭りの中でも人気の高い御朱印は凄い行列ができており、御朱印をもらうまでに何時間もかかったという声が多かったです。 「御朱印がほしい!! 」という方はある程度きちっと計画を立てておく必要がありそうです。 かなまら祭り以外の「ちんこ祭り」を紹介! 祭り名 開催日 開催場所 ご利益 豊年祭 毎年3月15日 愛知県小牧市 田縣神社 子孫繁栄 ・五穀豊穣 ・万物育成 ほだれ祭り 毎年3月の第2日曜日 新潟県長岡市 ほだれ大神 五穀豊穣 ・子宝 ・安産 おんだ祭り 毎年2月の第1日曜日 奈良県高市郡明日香村 飛鳥坐神社 子孫繁栄 ・五穀豊穣 てんてこ祭 毎年1月3日 愛知県西尾市 熱池八幡社 五穀豊穣 ・厄除け 道祖神祭り 毎年9月の第4土曜日 長野県松本市 美ヶ原温泉 厄除け・縁結び ・子宝 おめつき祭り 毎年1月24日 宮城県石巻市 雄勝名振地区 子孫繁栄 ・家内安全 大沢温泉金勢まつり 毎年4月29日 岩手県花巻市 大沢温泉金勢神社 縁結び・子宝 ・安産 かなまら祭りの他にも日本には「ちんこ祭り」と呼ばれるお祭りがいくつかあります。 ちんこ祭りというだけ、子孫繁栄 子宝 というご利益があるとこがほとんどですね! この中でも 「豊年祭」と「ほだれ祭り」はかなり有名なお祭りです! かなまら祭りのように男根を祀った神輿を担いでいるところもあれば、子孫繁栄をモチーフにしたセックス劇をやっていたりと、 同じちんこ祭りでも地域よって違いがあったりするので、色んなちんこ祭りに行ってみると面白いです! ちんこ祭りを巡っていたら子宝に恵まれることは間違いなしですね笑 かなまら祭りはちょっと遠いなーって人は近くのちんこ祭りに足を運んでみるのもいいと思います! まとめ まとめ• かなまら祭りは海外でも有名な日本を代表する奇祭!• 「商売繁盛・子孫繫栄・安産・夫婦和合・性病除け」などのご利益がある!• 「エリザベス神輿」「男根飴」などがかなまら祭りの見所!• 御朱印をもらうには時間がかかるので、計画的に! 昔は廃れていた時期もあった「かなまら祭り」ですが、今では何十万人も訪れる海外でも有名な日本を代表するお祭りとなりました。 「エリザベス神輿」や「男根飴」といったインパクト絶大な見所があるので、思い出になること間違いなしです! 他にも「桜がきれいだったり」「外国人観光客の方と触れ合えたり」こういうお祭りの為かみなさんテンション高めで楽しい雰囲気が出来ています! ただ 本質を間違えないでほしいのですが「性の大切さを教える」「命の大切さを教える」という目的があり、決してふざけたお祭りではありません。 性信仰のある神社ですから、卑猥なものではなく神聖なものとして扱っており、「商売繁盛・子孫繫栄・安産・夫婦和合・性病除け」などのご利益があるとされています! 今では本当に多くの観光客の方で賑わっているので、かなまら祭りに行く際には時間に余裕持って行動するとをおすすめします!.

次の

かなまら祭り

かなまら祭り グッズ

2014年4月6日、毎年恒例の「かなまら祭」が神奈川県川崎市の金山神社で執り行われた。 日本国内屈指の知名度を誇る、アレの形をした神輿が街を練り歩く「天下の奇祭」であり、国内外から大勢の観光客が神輿見たさにやってくる好事家達の集まる祭りとして認識されてきたが、毎年来場者が増加傾向にある。 そんな金山神社へ、祭りの前日にお参りしてきた。 京急川崎大師駅から歩いてすぐの場所にある金山神社は、若宮八幡宮の境内社であり、拝殿の左側に特徴ある社殿を構えている。 祭りの日には人でごった返して境内はまともに歩けなくなるので、ゆっくりお参りしたい場合は祭りの日は外さなければならない。 かなまら祭が行われる金山神社は江戸時代の東海道川崎宿の飯盛女達が性病避けや商売繁盛の願掛けに信仰していた頃の「地べた祭り」がルーツとされていて、明治以降寂れた神社だったが、昭和40年代に外国の民俗学者らの注目を集めるようになり、地元の金山神社信者らが昭和52(1977)年に「かなまら講」を組織し、現在の祭りの形の基礎が生まれている。 絵馬殿の上には昭和62(1987)年の日付が刻まれたかなまら講名義の祈願が記されているのだが、これはエイズの蔓延が社会問題化し始めた頃に書かれたもので、性に対する心構えが書き綴られている。 細かく書かれているが要は「快楽の為の行為はするな」という事である。 はいそうですね、その通りでございます。 他にも何やら卑猥過ぎる七福神の絵も描かれておりますが…はぁめでたいめでたい… 金山神社は元々鍛冶の神を祀っていて、社殿の中も鍛冶場を模したものになっているし、絵馬殿の中には立派なナニがそそり立った鉄床も置かれていたりする。 工業都市であると共に、性の街として今に生き続ける堀之内や南町といった色街もあって、川崎の地にこの独特な性信仰が受け継がれているのだろうか。 毎年4月第一日曜日に行われる「かなまら祭」の他にも、秋頃には大師河原酒合戦に因んだ「水鳥の祭」や、鍛冶職人や鉄工関係の従事者が集まる「ふいご祭り」というのも行われるそうだ。 ただのキワモノ神社じゃないんですよ。 真面目な神社なんですよ。 …で、今年のかなまら祭当日。 祭り自体は10時から始まっているのだが、その前から既に大量の人並みが出来ている。 メインの交通手段である京急大師線もパンク状態になってしまうので、祭りに来るのであれば11時前までに来ておいた方が良い。 境内は11時の時点でもう超満員状態で身動き取れず。 毎年参拝者が増えまくっていて、狭い境内でとてもキャパが追い付いていない気がする。 かなまら祭りの主役級存在である、東京・浅草橋の老舗女装クラブ「エリザベス会館」が寄贈し、同会館の会員であるニューハーフの皆様方が担ぎ上げる「エリザベス神輿」の周りは既に人だかりが凄まじくて近づけそうにない。 しょうがないので、幼稚園の隣で突っ立ってる卑猥な形の帽子を被った頭のおじさんと遊びましょう。 こういう祭り以外の時期にこんなもん路上で売ってたら公然わいせつ罪モノだなと言うようなものまで普通に置いてあるのがヤバイ。 グッズは早めに行かないと売り切れる事も多いし人混みが酷くてまず店まで近づけなくなる。 場末の秘宝館の隅っこの売店で何年も売れないまま埃をかぶった状態で売ってあるような、よく分からないグッズの数々も外国人観光客によって次々飛ぶように売れていく。 しかしこのコーナーに近づくのも大変で、人だかりが滞留してやはり身動きが取れなくなる。 こういう所に自分の可愛い我が子を乗せる親って何なんでしょう、気が知れんわ。 しかしそんな白い目で見られようが、どうしても記念撮影とかがしたいなら祭りが始まる10時までに行くのが良い。 そしてメインイベントの「面掛行列」が始まる正午前後になると神社周辺は身動きも取れない程に人だかりが出来る。 だが目の前の道路は路線バスが行き来するなどして全く規制されない。 そろそろ通行止めにするなど何らかの対策をした方がいいんじゃないかと思うんですが… そんな修羅場と化すお祭り会場で毎年交通整理に精を出す常連の猫耳女装おじさんは今年も健在だった。 他の神奈川県警のお巡りさんと同様いっぱしの交通整理員としてしっかり仕事をしまくるアグレッシブなお方である。 そして予定通りに面掛行列もスタート。 3つの男根神輿が川崎大師周辺の街を堂々と練り歩いたのでありました。 この日は午後から一時期雨が降りだすなど不安定な天気で、しかもやたらと寒い一日だったが予定の狂いもなく無事終わった。 かなまら祭が始まったのは30年ほど前かららしいのだが、ネットが普及する2000年以前までは一部の好事家の間でしか知られていない祭りだったのが、いつの間にか海外メディアに紹介されるなどして、今では人混みが凄すぎて携帯電話の回線すらパンクするくらいだもの。 そのうち事故でも起きなければと心配するのだが、祭りはまた来年までおあずけだ。 ちなみに東日本大震災があった2011年のかなまら祭は面掛行列や境内のバンド演奏などのイベントが自粛され、さらに近年はネットの普及で祭りに乗じて騒ぎたいだけのDQNが群がり著しく秩序が乱れている事から、2016年の祭りでは記念撮影用の木彫り男根が撤去され、エリザベス御輿はエリザベス会館の会員の高齢化を理由に会館側が担ぎ上げを辞退、手押し車で運ばれるのみとなっている。 エリアから記事を探す• 811• 217• 157• 101•

次の

【かなまら祭り2015レポート】濡れた巨大な「男根みこし」が上下に揺れる! 唯一無二の奇祭は今年も多くの見物人で大盛況

かなまら祭り グッズ

かなまら祭り2008レポートpt1 男根グッズ編 川崎の若宮八幡宮にて、毎年4月第一日曜に行われている男根祭り、かなまら祭り。 2008年、今回のレポートは大容量! 大興奮の男根神輿たち! 大量の男根かなまらグッズ! 男根にまたがる女たち! そして、去年は見逃した男根大根削りも! 時系列に沿ってレポート! 2008pt1男根グッズ編、 2008pt2男根神輿行列編、 2008pt3男根大根削り編 の3編構成だ! 目玉の エリザベス大神輿 っす。 間近で見ると圧巻。 町を練り歩く様は後ほど。 かなまら大神輿 っす。 相変わらず、すごい黒光りだ。 若宮八幡宮っす! 祭りが始まって間もなくの頃。 桜が満開でキレイだった。 行く途中、道端にこんなものが。 バス停の土台だったのか。 男根のようだ。 男根の笛っす。 よく出来ていた。 男根の飴っす。 この飴を舐めながら歩く女性をたくさん見かけた。 飛ぶように売れていた。 なぜか、ピカチュー、鶴、目玉のオヤジの飴も。 女性性器の飴も。 ビラビラとクリトリスの大きさがすごい。 男性性器と女性性器の餅っす。 結婚祝いとかに。 すぐに売切れていた。 手ぬぐい屋のブースに、男根のオブジェが。 きれいな流線形だ。 今年は、四十八手の手ぬぐいは売ってなかった。 毎年限定なのか。 欲しいと思ったら買うべきだ。 男根とおかめが合体した器も。 男根の湯呑みだかっす。 男根を切断したような様は痛々しい。 なぜか、セサミストリートも。 去年と同じ光景だ。 こんなのもあった。 ご利益があるそうで、 みんなさわっていた。 食べ物も充実。 骨付きフランクなど、男根を連想させるものばかりだ。 ドリンク、お酒も充実。 マンゴーヤンラッシーなど、普段の生活においては、特に気にならないが かなまら祭りの空間においては、気にせずにいられない。 皆同じ気持ちだと思う。 純金製の男根のお守りだそうっす。 一万円だが、売切れたのだろうか。 男根と女性性器の扇っす。 なんだか別の生き物のようだ。 なぜか剣山も売られていた。 SM用か。 境内の奥の、普段は入れなさそうところで、何か儀式をしていて、その中を覗いたところ、 すごい大根が祭られていた。 その奥の写真は、誰だかわからない。 若宮八幡宮の隣には、幼稚園が。 日曜開催なので、園児の姿は見えない。 いきすぎた性教育が問題視されるが、これは大丈夫だろう。 その幼稚園のとなりには病院が。 窓、屋上から、患者さんが見下ろしていた。 神輿のとなりにあった、ゴミ箱?だかに描かれていた。 去年見たのには、さらにコマも乗っていた。 境内には、高さ50cmぐらいの巨大なロウソクが。 これはなんなんだろう?と思ったが 祭りが終わったとき、その謎はすべて解けた。 ロウが溶けただけに。 へ続きます.

次の