非課税 と は。 課税、非課税の意味をわかりやすく教えてください。。

住民税非課税世帯とは?対象となる条件や優遇措置について分かりやすく解説

非課税 と は

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典に「相続税や消費税などがかかるのでは」と心配される方もいるのではないでしょうか。 結論からお話すると、 香典には相続税・消費税はかかりません。 課税の対象外になります。 相続税がかからない理由ですが、香典は故人が貰うものではなくて、 喪主やご遺族が貰うものなので故人の財産にはならず、相続税の対象にはなりません。 消費税がかからない理由は、そもそも香典は課税対象ではなく 不課税の対象なので消費税はかかりません。 また、香典は常識的な範囲であれば 贈与税の対象にもなりません。 しかし、故人や喪主の社会的地位を考慮して、あまりにも高額な香典の場合は贈与税の対象となることもあるので注意が必要です。 香典が会社の経費になる場合 会社の従業員やその家族や取引先関係の方にご不幸があった場合には、会社から香典を贈る場合があります。 会社から香典を贈る場合は、経費として計上できることがあります。 経費として計上できるケースとして、勘定科目が 福利厚生費の場合と、 接待交際費になる場合についてご紹介します。 仕訳の勘定科目が福利厚生費になるとき 香典の仕訳の勘定科目が福利厚生費になる場合は、 香典を贈る相手が会社の従業員やその家族の場合です。 この従業員には退職した従業員や、下請け会社の従業員も含まれます。 仕訳の勘定科目が接待交際費になるとき 香典の仕訳の勘定項目が接待交際費になる場合は、 香典を贈る相手が取引先の関係者本人やそのご家族の場合です。 会社で 経費計上するには基本的には領収書が必要になりますが、香典の場合は領収書の発行は難しいと思います。 領収書の代わりに香典袋をコピーしたものや、葬儀案内などを保管しておくといいでしょう。 また、福利厚生として慶弔費の規定があると処理がしやすいです。 さらに、葬儀場に向かう 交通費や宿泊費も経費として計上することができます。 香典の非課税についてまとめ• そもそも課税・非課税の対象の判別は、日本国内で個人や企業が商品の製造・販売をしたり、サービスの提供や権利の貸し借り、輸入などを行うと課税の対象になります。 その課税対象の中で、課税対象としてなじまないものは非課税対象になります。 非課税と不課税の違いは、非課税は課税対象の中で、課税対象としてなじまないものを非課税とし、そもそも課税の対象から外れているもが不課税になります。 不課税の対象には、給与・賞与や寄付、香典などが挙げられます。 香典に相続税がかからない理由は、香典は故人が貰うものではなく喪主やご遺族が貰うものなので相続には当たらないためです。 香典に消費税がかからない理由は、香典は不課税対象なので消費税はかかりません。 香典は贈る相手が会社の従業員やその家族の場合は福利厚生費、取引先の関係者本人やその家族の場合は、接待交際費として経費計上できます。 以上の内容について解説してきました。 今回は日頃あまり考えることが少ない香典に関する税金のお話でした。 この記事で、香典に関する税金についてご理解いただけたのではないでしょうか。 相続税に関してはシステムが複雑であるため、不安や疑問点を抱く方も多いのではないでしょうか。 「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口がありますので、併せてご利用ください。 提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。 ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

【図解】消費税の課税区分とは?課税・免税・非課税・不課税の違い

非課税 と は

住民税非課税世帯とは、言葉の通り、「住民税が課税されない世帯」のことです。 住民税は収入を得た人に課税される税金ですが、一定の収入以下の人は住民税が非課税になります。 一方、世帯というのは家族のことで、生計を一にしている人たちのことです。 単純に「一緒に暮らしているからひとつの世帯」というわけではありません。 単身赴任中の人や、一人暮らしをしている大学生なども、一緒に暮らしていたときと同じように「一世帯」となります。 また、一時的に同棲している人たちが「一世帯」かというと、そういうわけでもありません。 たとえば、父、母、子の世帯の場合、子が結婚して別の世帯を作ると、父と母でひとつの世帯、子と子の配偶者でひとつの世帯ということになります。 この、「世帯」という単位に属する全員が住民税非課税の条件に当てはまる場合、その世帯は「住民税非課税世帯」となります。 住民税非課税世帯は、世帯の全員が住民税の「所得割」と「均等割」の両方非課税である世帯です。 具体的にどういう場合に非課税になるのかをまとめました。 東京23区の場合は下記の3つのいずれかに該当する人です。 生活保護を受けている 2. 障害者、未成年、寡婦(夫)のどれかに該当する人で、所得125万円以下 給与所得のみなら年収204万4,000円未満 住民税が非課税の人というのは、上記の均等割と所得割が非課税になる条件の両方に当てはまる人のことです。 たとえば東京23区に住所があって、年間所得額が35万円以下であれば、住民税が非課税になるということですね。 年間の所得額の求め方は、それぞれの人の状況によって異なるため、「年収いくら以下なら住民税が非課税になる」と一概に言うことはできません。 特別な控除の対象になっていない給与所得者の場合は、年収100万円以下であれば住民税が非課税になります(162万5,000円以下の所得控除額65万円+35万円=100万円のため)。 一方、65歳以上の年金受給者の場合は、その他の控除がなにもないのであれば、155万円以下で住民税非課税になります(公的年金控除120万円+35万円=155万円)。 なお、配偶者を扶養している年金受給者の場合は、年収211万円以下で非課税です。 住民税非課税世帯になるための手続きは、特に必要ありません。 自分で確定申告をしたり、会社で年末調整を受けたりして収入を申告した結果、家族全員の住民税が非課税になれば、住民税非課税世帯ということです。 なお、住民税非課税世帯のメリットを受けるために、わざと住民税が課税されている人と世帯を分けるというケースがありますが、安易な利用はおすすめできません。 かえって控除の額が減って税金が増えてしまうこともあります。 事実に即した申告・納税をしましょう。 なお、住民税非課税世帯の条件には当てはまらないが、できるだけ住民税を節約したいと考えている方は、iDeCoの活用を検討してみてください。 iDeCoは、個人型確定拠出年金と呼ばれる年金制度で、拠出金が全額所得控除の対象となるため、所得税と住民税を大幅に節税することができます。 ただし、利用には一定の手数料がかかり、原則解約ができないというデメリットもあります。 メリットとデメリットの両方を理解した上で活用しましょう。 また、初めての方でも分かりやすい ならではの特典もございますので、詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

所得税がかからない「非課税所得」とは [税金] All About

非課税 と は

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典に「相続税や消費税などがかかるのでは」と心配される方もいるのではないでしょうか。 結論からお話すると、 香典には相続税・消費税はかかりません。 課税の対象外になります。 相続税がかからない理由ですが、香典は故人が貰うものではなくて、 喪主やご遺族が貰うものなので故人の財産にはならず、相続税の対象にはなりません。 消費税がかからない理由は、そもそも香典は課税対象ではなく 不課税の対象なので消費税はかかりません。 また、香典は常識的な範囲であれば 贈与税の対象にもなりません。 しかし、故人や喪主の社会的地位を考慮して、あまりにも高額な香典の場合は贈与税の対象となることもあるので注意が必要です。 香典が会社の経費になる場合 会社の従業員やその家族や取引先関係の方にご不幸があった場合には、会社から香典を贈る場合があります。 会社から香典を贈る場合は、経費として計上できることがあります。 経費として計上できるケースとして、勘定科目が 福利厚生費の場合と、 接待交際費になる場合についてご紹介します。 仕訳の勘定科目が福利厚生費になるとき 香典の仕訳の勘定科目が福利厚生費になる場合は、 香典を贈る相手が会社の従業員やその家族の場合です。 この従業員には退職した従業員や、下請け会社の従業員も含まれます。 仕訳の勘定科目が接待交際費になるとき 香典の仕訳の勘定項目が接待交際費になる場合は、 香典を贈る相手が取引先の関係者本人やそのご家族の場合です。 会社で 経費計上するには基本的には領収書が必要になりますが、香典の場合は領収書の発行は難しいと思います。 領収書の代わりに香典袋をコピーしたものや、葬儀案内などを保管しておくといいでしょう。 また、福利厚生として慶弔費の規定があると処理がしやすいです。 さらに、葬儀場に向かう 交通費や宿泊費も経費として計上することができます。 香典の非課税についてまとめ• そもそも課税・非課税の対象の判別は、日本国内で個人や企業が商品の製造・販売をしたり、サービスの提供や権利の貸し借り、輸入などを行うと課税の対象になります。 その課税対象の中で、課税対象としてなじまないものは非課税対象になります。 非課税と不課税の違いは、非課税は課税対象の中で、課税対象としてなじまないものを非課税とし、そもそも課税の対象から外れているもが不課税になります。 不課税の対象には、給与・賞与や寄付、香典などが挙げられます。 香典に相続税がかからない理由は、香典は故人が貰うものではなく喪主やご遺族が貰うものなので相続には当たらないためです。 香典に消費税がかからない理由は、香典は不課税対象なので消費税はかかりません。 香典は贈る相手が会社の従業員やその家族の場合は福利厚生費、取引先の関係者本人やその家族の場合は、接待交際費として経費計上できます。 以上の内容について解説してきました。 今回は日頃あまり考えることが少ない香典に関する税金のお話でした。 この記事で、香典に関する税金についてご理解いただけたのではないでしょうか。 相続税に関してはシステムが複雑であるため、不安や疑問点を抱く方も多いのではないでしょうか。 「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口がありますので、併せてご利用ください。 提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。 ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の