はんてん 作業着。 ベルメゾン ダウンはんてんがパワーアップして人気ランキング常連に

高知ユニフォームセンター 制服 事務服 作業着 ユニフォーム

はんてん 作業着

『はんてん』という言葉を皆さんが耳にするのは、祭りで着る薄手の 「祭りはんてん」と、冬場田舎のおじいちゃんおばあちゃんが着ていた 「綿入れはんてん」ではないでしょうか。 でも、 最近の「綿入れはんてん」は、皆さんが想像するよりずっとおしゃれで普段の生活に取り入れやすくなっていることをご存知ですか?より身近に感じていただくために 「綿入れはんてん」の基礎知識と 要注目老舗はんてんブランド『』について皆さまにお伝えしたいと思います。 日本に伝わる真冬の防寒着(ルームウェア)~久留米はんてん~ 「はんてん」は、色々な漢字の書き方があり、 袢天・半纏・半天はすべてこの「はんてん」を指します。 「どてら」と呼ぶ地方もあります。 もとは長着に帯を締めた上に羽織って着るわた入れの防寒着のことで、江戸時代後期から庶民の日常着となりました。 この『綿入れはんてん』の本筋が、九州久留米筑後地方で1800年頃より続く伝統工芸の『久留米絣(かすり)』を使用した 完全国産品の『久留米はんてん』です。 平成の初めには、産地全体で綿入れはんてんの生産量が年間250万枚を超え、全国のはんてんを独占するほどに。 その後は中国産の輸入品や、フリースやダウンなどの防寒着が一般的になり、生産量は減っていきましたが、最近、若い世代に見直されて生産数を再び上げ始めています。 伝統とこだわりを持ちながらも、これまでの一般的なイメージをくつがえすおしゃれなはんてんが登場し、全国のセレクトショップやギャラリーで取り扱われています。 また、表参道で外着として颯爽とはんてんを着こなし歩いていた男性も。 大正2年創業、平成25年に創業百周年を迎えた宮田織物は、なぜ伝統とこだわりを持ちながらも他にはない、独自のスタイリッシュなはんてんを作り提供することができるのでしょうか。 それには大きく4つ理由がありました。 その1、表地に久留米絣を進化させた和木綿(わもめん)を使用することで、伝統と現代のデザインが融合 平成元年より織り続けてきた宮田織物のオリジナル素材、 和木綿(わもめん)素材を用いることで、毎年自社のテキスタイルデザイナーによって新作を発表できます。 スタンダードな 継承シリーズから、通常よりも袖下をカットしたスリムな 和モダンシリーズまで、お客様1人1人に合う数多くの種類をご用意できました。 その中でも、はんてんの為だけに、はんてんの丈に合わせて織り上げた布地のデザインは、第16回・第17回の福岡デザインアワードに入賞するなどの実績を誇ります。 どこか懐かしく新しい、天然素材の大らかなやさしさを味わえます。 それぞれ着心地に特徴があり、お好みで選べます。 混紡わた(綿80%・ポリエステル20%) 全商品の8割程が、こちらの混紡わたです。 一般的に久留米はんてんは、綿70%・ポリエステル30%が主流ですが、宮田織物では綿80%・ポリエステル20%の混率を、重さ、着心地、ボリューム感を追及して決めました。 ふっくらとした厚みと、まるでお布団に包まれているかのような着心地です。 綿100%わた 宮田織物のはんてんの中でも粋シリーズと、一部の商品に使用している綿100%中わた。 混紡わたに比べると、やや厚みが薄いような印象を受けますが、その分、 着心地が柔らかくなり、からだに添うような着心地になります。 素材へのこだわりがある方に人気があります。 絹100%わた 宮田織物のわた入れはんてんの中でも、限られたごく一部の商品のみに使用している高級わたです。 綿100%よりもさらに細く、長繊維の上質の絹100%を使用。 厚みは、一番薄くなりますが、絹糸の繊維は、非常に細かく繊細なので、ポリエステルほどの弾力がない分、薄く見えますが、目が詰まっています。 独特の着用感と軽さがあり、しなやかな着心地は、一度着たら真わたのものでしか満足されないという方も。 上質のもの、高級志向の方やギフトとしておすすめです。 熟練のスタッフが2人1組になり、一枚一枚丁寧に「わた」を入れていきます。 また、わた入れはんてんの背中部分には、足しわたをしたりなどの暖かさへのこだわりがあります。 その4、何年も変わらない着心地を決定づける、熟年職人による「とじ」作業 はんてんは、 表地と裏地の間に、中わたを挟んでいる商品です。 その中わたを、針で縫いとじていく作業を、とじと言います。 中わたがあまり動かないように、ひと針ひと針、熟練した手仕事で仕上げていきます。 とじの間隔や位置は、申し訳ございませんが企業秘密とのこと。 着心地を左右する大切な作業です。 65歳をこえ、宮田織物を退職されてからもなお、内職者として、指導者として、宮田織物のわた入れを支えている熟練職人森さんの記事はこちらから。 わた入れはんてん 宮田織物の製品 では、ここから実際に宮田織物の製品を見ていきましょう。 はんてんは、袖の長さによって名称を分けています。 手首まで長さがあり、包まれる着心地。 あたたかさを重視される方におすすめ。 やっこ:半袖型 奴(やっこ)凧の型。 半袖~5分袖程度の袖の長さ。 動きやすさとあたたかさを兼ね備えた型。 家事や炊事などをされる方から「袖が邪魔にならない」と人気の型です。 ポンチョ:袖なし型(ちゃんちゃんこ) 袖なしのベスト型。 通常の丈とロング丈を用意。 重ね着などもしやすく、ダウンベストの代わりに着用したい方にも好評。 衿の重なりがある新しい型も温かいと好評。 宮田織物商品の購入と卸・仕入れについて 一般のお客様向け 宮田織物の店舗は、現在九州にて3店舗となりますが、全国の皆さまにはオンラインショップでお買い求めいただけます。 宮田織物のはんてんを中心に、大人から子どもまで、サイズも大判3Lまで合計100種以上。 都内随一取り揃えております。 東京近辺の方は、ぜひ一度ご来店ください。 会員登録年会費無料、小ロットから仕入可能です。 普段からのちょっとしたお手入れで、長い間ふっくらと温かく着用できる「わた入れはんてん」のお手入れはどんなものでしょうか。 宮田織物商品をご購入いただいた際にいただけるお手入れ小冊子から一部抜粋してご紹介します。 日ごろのお手入れ わた入れはんてん どてら はお布団と同じです。 2-3週間に一度程度、裏返して午前中に1-2時間程度天日干しをします。 それでふっくら感が戻り、またワタ切れ防止にもなります。 わた入れはんてんの洗濯方法 まずは、製品についている品質表示および洗濯表示をご確認ください。 宮田織物のわた入れはんてんは、大きく分けて3種類の中わたを使用しております。 その使用されている中わたにより、洗濯方法や取り扱いが違いますので、お手持ちの商品をご確認ください。 中わたが【綿100%】および【綿80%・ポリエステル20%】の製品の場合 1、お洗濯は1シーズンに1回。 軽く畳んで、手洗い 押し洗い でお願いします。 2、洗濯機で脱水したい場合は、きちんと折り畳んで洗濯ネットに入れ、脱水時間は短くして下さい。 3、しわを伸ばし、直射日光を避けて、干してください。 中わたが【絹100%】の製品の場合 専門のクリーニング店でお手入れをお願いいたします。 中わたの繊維が出てきた、中わたの入れ直しについては、下記からお読みください。 」 これが、はんてんを着たときの多くの方の感想です。 フリースやダウン、他の生地で作られた防寒着と違って、はんてんは、一枚一枚、職人が手作業でわたを入れ、ひと針ひと針、手でとじて生産しているため、着てみると一瞬で背中全面を均一にすっぽりと軽く包まれ、気持ちがほっこりしてきます。 昭和の日用品を若い世代が支持している新聞記事もあるように、なんでも簡単に安く手に入る時代だからこそ、好きなデザインで自分に合う、丁寧に作られたはんてんを手に入れて、令和の冬を身体も心も満たされながら過ごしませんか。 制作協力: 上田嘉一朗商店は2020年創業100周年を迎えます 上田嘉一朗商店は、東京日本橋横山町で 和装・洋装・ベビーを取り扱う老舗の製造卸です。 1920年(大正9年)、和装の卸から始まった当社は、これまで多くの和装商品を取り扱い、自社で和装に関する下着や小物の開発・製造も行ってまいりました。 東京都中央区日本橋横山町8-9 03-3663-2511 営業時間:9:00-17:00 (月~金) 9:00-13:30(土) 定休日:第2, 第3, 第4 土曜、日曜、祭日 (午後閉店日や売出し期間などは営業日・時間が異なります。 詳しくは) 上田嘉一朗商店オンラインカタログショップもございます。 ウエダウェブでは宮田織物の多種多様なはんてんを仕入れできます 創業大正9年の老舗問屋『上田嘉一朗商店」が運営するオンラインストア『ウエダウェブ』では、 宮田織物の多種多様なはんてんの仕入れが可能です。 一般消費者様はご購入できません。

次の

モンベルの隠れた逸品「ダウンハンテン」はたった270gなのに着た瞬間にあったかくなるんです|身軽スタイル

はんてん 作業着

神社のお祭りでお神輿を担ぐときや、地域の祭礼のときに着る「はっぴ」や「はんてん」。 どちらも時代をまたいで昔から日本で愛されてきた衣装ですが、よく考えると「はっぴ」と「はんてん」の違いは分かりにくいですよね。 そこで今回は、意外と知られていないこの2つの違いについてご紹介します。 「はっぴ」とは? 「はっぴ」を漢字で表すと「法被」と書きますが、これは当て字なので仏教用語とは関係がありません。 着丈は腰または膝までの長さがあり、胸元を留めるヒモはついていないのが特徴です。 袖は筒袖か広袖の形になっているのが一般的です。 もともとは武士が家紋を染め抜いた「はっぴ」を羽織っていたのが、町の火消しや職人の間でも広まり作業着として普及しました。 一般的に、背中に渦を巻いたような「巴」のマークや「祭」の字を染め抜き、「御祭禮」「若睦」「中若」「小若」などの襟文字を入れたものを祭礼で着用します。 一方、職人が着る「はっぴ」は印半纏とも呼ばれ、背中に店の定紋、屋号を襟文字に入れたものが支給されることが多く、昔は職人の正装でもありました。 現在でも消防団の制服として採用されることもあり、主に年始の出初式などで着用される他、店舗のキャンペーンや、野球の応援などのときにも羽織られている姿をよく目にします。 「はんてん」とは? 「はんてん」を漢字にすると「半纏」「袢纏」「半天」と表記します。 江戸時代から職人や店員など、都市部に住む庶民の作業着で、戦後まで広く着用されていました。 袖の形はさまざまで、広袖や角袖、筒袖などのバリエーションがあります。 背中に紋が描かれ、屋号などが襟文字として入っている印半纏は、職人たちの正装だったので、俗に「窮屈羽織」とも呼ばれるほど一般的なものでした。 「はんてん」といえば、防寒着として冬に着られる「綿入れ半纏」もありますが、「単衣(ひとえ)」の印半纏とは異なり、生地が二重の袷(あわせ)になっていて、その表と裏の生地の間にあたたかい綿が入ります。 衿は光沢のある黒繻子で、現在でも老若男女問わず着用されています。 「はっぴ」と「はんてん」の違い 「はっぴ」も「はんてん」も江戸時代に生まれました。 「はっぴ」は当初、武士の羽織が発祥だったため、武家社会や官民の中で襟を返して着られていましたが、一般庶民に「羽織禁止令」が出てから襟を返さなくなりました。 そのため、襟を返さない、単衣で胸元を留めるヒモがない、筒袖や広袖の「はんてん」とほぼ同じ形状の衣装になり、2つが混同されていったのです。 現在における2つの違いは、祭礼やキャンペーン、応援などで一般的に着られるカラフルなものが「はっぴ」。 日本の伝統的な商品を扱う店舗や、旅館などの従業員が着用しているのが「はんてん」というように分けられます。 「はっぴ」も「はんてん」も粋な江戸時代のイメージが強い、日本の伝統衣装。 伝統文化を受け継いでいくためにも、機会があれば「はっぴ」や「はんてん」を、その違いを踏まえて着てみたいですね。

次の

袢纏

はんてん 作業着

イベント会場やキャンペーンでは、半纏姿で会場を盛り上げています。 職人さんが印半纏を着ている姿は日本の伝統と言う感じがして風情があります。 そんな法被と半纏の歴史・由来をご紹介します。 現代では法被(はっぴ)と半纏(半天・はんてん)は特別区分なく使っているように思います。 とくに法被はカタカナでハッピと表記してなんとなくイベントやお店の販促の勢い付けに 使用されるようなイメージですね。 法被は半纏より袖が広く、かつ長くできていて格式が高いものでした。 半纏は商人や職人用でしたから、作業しやすいように袖は短く幅も絞られていました。 江戸時代には法被と半纏は別物でした。 江戸時代の印半纏のデザインにはパターンがあり、 その半纏を見ればどこの商店、職人、どこの組の火消しかとか 一目でわかるようにというものであったそうです。 背中に屋号や家紋などの大紋を染め抜き、 腰には文字を図案化した腰字や白線、波型、吉原つなぎ、松葉模様といった 伝統的に洗練された腰柄やお店独自の図柄をいれました。 衿にはお店名や組の名称を染め抜きました。 商人や職人たちの所謂「ユニホーム」になってより発展して行きます。 お店の「印半纏」を着る事は、現代風に言えば、会社の名刺と社章と社員証であり、信用であり、 背中に屋号というロゴマークを背負った広告宣伝でもあったと思われます。 お店の屋号入りの印半纏は質入れする事が出来るほどの重要なシンボル的存在だったそうです。 なお、漢字ついては「半天」「半纏」「袢天」「袢纏」など色々説があるようです。 どの文字が正しいかは定かではありません。 一説には「はんてん」という言葉は商家の丁稚奉公のために一反の生地で二着作ったことから 「はんたんもの(半反物)」という作業着が作られていたことからという説もあります。 はんたんもの(半反物)から転じて「半天」になった、 また、半分身に纏うという意味から「半纏」という文字を使うようになった などという説があります。 江戸時代後期からは、法被と半纏は区別はなく使われたようです。 現代ではあえて言えば、カタカナで「ハッピ」といった時は、企業のイベントやキャンペーン用で、 半纏というときは職人用の昔ながらの印半纏などを指すような傾向があります。 ハッピは江戸時代以降、明治、大正、昭和と着用されていましたが、次第に姿を消したそうです。 復活したのは昭和40年代になってからだそうです。 昭和45年の大阪万博で大量のハッピがイベント用に用いられたのがきっかけだそうです。 実用性ではなくイベント用として再登場したわけです。 また、JALのファーストクラスで機内用として提供され ビートルズ来日の際、JALのハッピを着て飛行機を降りてきた記憶があります。 最近では、企業の宣伝活動やイベントの演出に「ハッピ」を使用するようです。 テレビCMの安売り家電店は「ハッピ」にハチマキ姿でやっています。 かつてサザンオールスターズのCDのおまけに「ハッピ」が付いてました。 何十万着作ったのでしょうか? また、大阪万博と同じ頃、高度成長期真っ最中、日本人の暮らしも豊かになり、 余裕も出来てきて、各地方の祭礼の人気復活に繋がりました。 揃いのハッピを着て大人も子供もお神輿を担ぐ事が盛んになったこともハッピ復活になったそうです。 浅草下町の三社祭り等のお祭りでお揃いのハッピで神輿を担ぐ姿は、 粋でこれぞ日本って言う感じでいいですね。 一方、職人さんの仕事着として印半纏を着ている姿は 正月とかの儀式の時以外はあまり見かけないようで寂しく感じます。 私は東京の下町育ちなので、お葬式の時に印半纏姿の職人さんを見かけます。 印半纏は職人さんの正装なのでしょう。

次の