アワビ 下 処理。 つぶ貝のさばき方・食べ方を魚屋が徹底解説|毒の処理がポイント

あわびは冷凍保存も可能?その前にやっておきたい下処理とは!

アワビ 下 処理

「あわび」の栄養 「あわび」には豊富な栄養成分を含んでいます。 「あわび」に含まれている栄養素には、 ・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ナトリウム・カリウム ・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・アルギニン・タウリン・セレン・クロム ・モリブデン・グルタミン酸・グリシン・ペタイン・グリコーゲン・パントテン酸 ・コンドロイチン・コラーゲンなどがあります。 「干しあわび」にすれば約4倍のカルシウム量になるようです。 ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12は、疲労回復や美容効果が期待ができます。 滋養強壮・疲労回復・精力増強・動脈硬化予防・高血圧予防・視力低下予防・肝臓機能の向上が期待される成分を含む美味しい貝類です。 健康面だけでなく美容面でも期待できるコラーゲンが含まれています。 コラーゲンは、美肌・アンチエイジング・肌荒れ・眼精疲労・抜け毛・薄毛・はげに効果があるとされています。 「あわび」には、ガン抑制・抗酸化作用・アンチエイジング・糖尿病・動脈硬化・免疫力強化をサポートするセレン・セレニウムも含まれています。 アルギニンやコンドロイチンは、精力増強・美肌効果・アンチエイジングが期待できる成分です。 「あわび」の肝には海草の栄養分が凝縮されています。 「あわび」の肝に含まれているジメチルサルファイドは、胃潰瘍の改善に期待できる成分です。 次に、「あわび」の肝と貝毒・「あわび」の肝の下処理・アワビの肝と食中毒などの紹介をします。 貝毒とは、二枚貝(牡蠣等)が毒素を持った植物プランクトンを食べて、体内に毒が蓄積されてしまうことです。 貝毒のある二枚貝を食べると、下痢や嘔吐等の様々な症状を発症します。 貝毒に注意が必要なのは、煮たり焼いたりしても死滅しないことです。 「あわび」は巻き貝で二枚貝ではありません。 「あわび」は植物プランクトンを食べないので、貝毒の心配はありません。 「あわび」の肝には毒ではなく、ジメチルサルファイドなどの栄養成分が含まれています。 「あわび」の肝は苦いですが栄養成分があるので食べたほうが良さそうです。 次に、「あわび」の肝と下処理やアワビの肝と食中毒について紹介します。 「あわび」の肝と下処理と毒 「あわび」の刺身を食べるには、肝を取り除く下処理をする必要があります。 アワビの肝は食中毒には関係ありません。 「あわび」の肝(中腸線)を人が食べ過ぎても死ぬことはありません。 肝を食べ過ぎて光線過敏症を発症する人が極めて稀にいるそうです。 「あわび」の肝を食べて光線過敏症を発症するには、2~5月に獲れた「あわび」を何十個も食べて日光に当たる必要があります。 光線過敏症を発症すると顔面・手・指などに、発赤・はれ・疼痛などがでます。 焼けどの様な水泡が現れ化膿することもあります。 光線過敏症の全治は約20日ですが死亡することはありません。

次の

常節煮(とこぶし) 柔らかく仕上げるコツ 「かつを」効かせた旨煮にする 板前本格レシピ

アワビ 下 処理

踊り焼きは、アワビを生きたまま焼く豪快な食べ方です。 さっきまで生きていたアワビなので新鮮そのもの。 アワビの旨みをストレートに味わうことができますよ。 ひと口食べた瞬間、海鮮の旨みをぎゅっと閉じ込めたような味が口の中に広がります。 鼻から抜ける磯の香りで余韻も楽しめますね。 生のアワビがコリコリとした食感であるのと対照的に、踊り焼きしたアワビはとってもやわらか。 コリコリとした食感が苦手な方には踊り焼きの方が食べやすいかもしれませんね。 バターや醤油を乗せて焼くと、コクや旨みがプラスされ、食べ応えもアップしますよ。 もっとこってり食べたい方はマヨネーズとチーズを乗せて楽しんでみてはいかがでしょう?逆に、さっぱり食べたい方にはポン酢でのアレンジがおすすめですよ。 酒蒸しは、アワビに酒を振りかけて蒸しただけの単純な料理です。 酒蒸しは単純な分、アワビの栄養を逃さず旨みを引き出してくれるのですよ。 アワビは蒸すことでとてもやわらかくなり、旨みもアップします。 踊り焼きに比べて、よりぷるんとした食感を楽しむことができますよ。 電子レンジでもおいしく作ることができるので、蒸し器がない方でも大丈夫ですよ。 電子レンジの方が手間がかからず簡単に作れるので、蒸し器があっても電子レンジで作りたくなってしまうかもしれないですね。 酒蒸しにしたアワビは塩味や旨みがしっかりあるので、なにもつけなくてもおいしくいただくことができます。 コクがほしい方はバターを乗せて食べてみてはいかがでしょう。 さっぱり食べたい方にはポン酢や柚子胡椒をおすすめします。 中華ダレをつけて食べるとまた違った味わいを楽しめますよ。 さらに、料理酒の代わりに白ワインを振りかけて蒸すと、洋風な味わいに仕上げることができます。 ワインと一緒に楽しみたいときはこちらの方がおすすめですよ。 踊り焼きや酒蒸しにする場合は、殻ごと調理するのが一般的です。 ここでは、アワビを殻ごと調理する方法をわかりやすくご説明しますよ。 まずは下処理の方法から。 下処理はアワビをおいしく食べるための重要な工程ですので、めんどくさがらず必ずおこないましょう。 やり方はとっても簡単です。 塩をアワビ全体に振りかけ、たわしでぬめりと汚れをこすり落とします。 そのあと、さっと水洗いすれば下処理は完了です。 踊り焼きにする場合は、殻側を下にして一気に焼きます。 酒蒸しの場合も殻を下にして蒸し器やフライパンで酒と一緒に蒸し上げます。 火の通ったアワビは殻から簡単にはずすことができるので、事前に取りはずしておく必要はありませんよ。 火の通ったアワビを殻から取りはずしたら、肝の部分を丁寧に剥がしましょう。 あとは、適当な薄さに切れば完成ですよ。

次の

アワビの刺身の作り方

アワビ 下 処理

3日ほどなら大丈夫です。 (最低5日以内には調理を)• 布巾(または新聞紙)にたっぷり染み込ませ、あわびを包みます。 3 〔活きあわびの保存 3〕 貝殻の方を上にしてタッパに入れます。 フタはしません。 お部屋の涼しいところに置いておきます。 冷蔵庫は寒過ぎるので避けます。 水で洗い流します。 貝殻と身の隙間にスプンを差し込みます。 削ぐようにして、貝殻から貝柱をはがします。 5 おおかた外れたら、手で身をはがします。 わた(黒い袋状のもの)を破らないように注意! 貝殻と身が外れたら、わたを外します。 貝ヒモ(ひらひらレースみたいなの)をはずします。 6 くちばし(赤い部分)は包丁で切り落とします。 くちばしは捨てちゃって良いです。 足(身のふちにぐるっと1周ついているヒダヒダ)を包丁で切り取ります。 お刺身は、身、わた、貝殻を使います。 流水で洗います。 8 貝柱(吸盤の方)を、縦に10本ほど切り目を入れます。 横に薄くスライスします。 お皿に盛ります。 貝殻を洗ってお皿がわりにすると綺麗です。 お刺身のできあがり!• 9 【きも醤油の作り方】 お刺身は肝醤油で頂きます。 わたを包丁で叩きます。 きも醤油のできあがり!.

次の