江波 杏子 nhk ドラマ。 ドラマのみどころ

死去の江波杏子さん、5日前まで収録現場へ 遺作ラジオドラマは12月8日放送: J

江波 杏子 nhk ドラマ

逆境を乗り越え、逞しく生きる女性の姿を描く人間ドラマ。 全4回 【収録内容】 12歳のときに両親が離婚した主人公・綾子は、強引に父・岩伍に引き取られ、内縁の妻とその連れ子たちと暮らすことに・・・。 複雑な家庭環境の中、父親との葛藤、母親への思慕、絶望の希望の間で過ごした綾子の多感な青春時代を描く。 【あらすじ】 第1回 主人公・綾子は、十二歳。 母・喜和に溺愛され、わがままに育ってきた。 ある日、父・岩伍が喜和を殴りつけるのを目にした綾子は・・・ 第2回 喜和のもとを離れて、岩伍の新しい家で暮らすことになった綾子。 その家には、照とその連れ子がいた。 綾子はそんな新しい家族を、使用人のように扱う。 第3回 綾子は、親友の蕗子から突然絶交だといわれる。 その理由は、芸妓娼妓紹介業を営む父の職業にあった。 最終回 大学進学が決まらないまま卒業を迎えた綾子は、 父の支配から逃れるため、代用教員として山間部の学校へと赴任する。 そこで、三好と再会し、求婚される。

次の

死去の江波杏子さん、5日前まで収録現場へ 遺作ラジオドラマは12月8日放送: J

江波 杏子 nhk ドラマ

映画「女賭博師」など多くの映画、ドラマに出演した女優江波杏子(えなみ・きょうこ)さん(本名・野平香純=のひら・かすみ)が10月27日午後9時6分、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため、都内の病院で死去した。 所属事務所が2日、発表した。 76歳だった。 東京都渋谷区出身。 葬儀は近親者らによる密葬で既に営まれた。 突然の旅立ちだった。 江波さんは26日午後2時ごろ、都内の自宅で息苦しさを訴えた。 親しい友人、事務所関係者が駆けつけ、すぐに病院へ搬送されたが、病状が回復することなく翌27日夜、弟やスタッフに見守られて息を引き取った。 所属事務所によると、江波さんはここ10年ほど肺気腫を患っていたが、普段通りに生活していた。 通院もせず、薬も服用していなかった。 先月21、22日には、都内スタジオでNHKFMのラジオドラマ「罵詈雑言忠臣蔵」(12月8日午後10時)の収録にも参加。 同局関係者も体調の不調を感じなかったという。 11月以降の出演作の打ち合わせに参加するなど、次の仕事に意気込んでいたという。 小学生のころに見た映画「落ちた偶像」に衝撃を受け女優を志した。 東宝の映画女優だった母江波和子さんからは遺言で「女優にだけはなるな」と猛反対を受けながら、それを押し切り59年に大映のニューフェースオーディションを受験。 母の存在を伏せて合格した。 デビュー当初はモダン女優として脇を固める存在だったが、66年の映画初主演作「女の賭場」が大ヒット。 女賭博師という個性的な役柄が受けてシリーズ化されるなど、ドル箱スターの仲間入り。 りんとしたたたずまいが特徴の女優として定着し、映画だけでなくテレビ、舞台まで幅広く活躍する存在となった。 江波さんが出演した映画「赤穂城断絶」(78年)などの宣伝を担当した元東映の佐々木嗣郎さんは「ブランデーが好きでたばこが似合う。 絵になる女優さんでしたけど、中身は女優らしくなかった。 酒の席では我々スタッフに交じって、よく自分で作ったクイズを出題して盛り上げてくれました」と振り返った。 グラマラスなボディーで水着やヌードグラビアも披露。 来年1月11日放送のNHKBSプレミアム「小吉の女房」が最後の出演作となる。 所属事務所は「1つ1つの仕事を丁寧にこなして、撮影途中だった作品はありませんでした。 見事としか言いようがない」と、江波さんの女優人生をたたえた。 1942年(昭17)10月15日、東京生まれ。 59年に大映入り。 66年から「女賭博師」シリーズのヒロイン役。 72年東映へ。 近年はミュージカル「マイ・フェア・レディ」などに出演。 今年公開された映画「娼年」では俳優松坂桃李と共演。 フジテレビ系ドラマ「限界団地」などにも出演した。 初期はほとんど自覚症状がない。 肺機能の低下に伴って運動時の息切れやせき、たんの症状が出る。 最も大きな原因は長期間の喫煙。 ほか大気や室内の汚染があげられる。 肺胞は1度壊れると元に戻すことができない。

次の

江波杏子はハーフで萩原健一と結婚していた!遺作となったドラマとは?

江波 杏子 nhk ドラマ

2002年度は衛星第2テレビ(BS2)で土曜日8:30-9:30に再々放送があった)に「 連続ドラマ」として復活。 2004年からは「 よるドラ」という愛称を設定している。 「銀河テレビ小説」「新銀河」がファミリー層向けであったのに対し、「連続ドラマ」「よるドラ」は特に20 - 30代の女性層を中心に向けて放送している。 流れとしては、2000 - 2001年度の2年間、毎週火曜日の23:00-23:45に放送され、この枠の設立に伴い発展終了したを継承した形である。 1シリーズ4~6週間(16~24回)のものが多い。 ホームドラマやコメディーも多いが、「」や「」などのように作品によってはサスペンスや愛憎劇(ドロドロ)を取り入れたものもある。 「よるドラ」とは、「」が「朝ドラ」の愛称(略称)で親しまれているのを参考につけられたものと考えられている。 ただ、8月から放送の「」に関しては、台風情報に加え、当時選挙のが23:15から組まれている(で放送日の変更が出来ない)都合もあってそれらの処置を取る事が出来なかったため、予定の放送を1週休止・繰り下げ(予定されていた時間帯には別番組差し替え)となったケースもある。 また、作品によってはNHKの関連会社、並びに外部プロダクションとの共同製作を取る番組がある。 (これはなどよるドラ以外の作品にも一部見られる)夜の帯ドラマで朝ドラと違う特徴として挙げられていた(特に)題材にしたドラマは結果的に製作の2本のみにとどまった。 (発も3本のみだった) 一連のによるNHKの抜本的な改革の一環として、2005年度で放送が終了することが決まった。 本編は2005年11月14日から12月22日まで放送された「」を最後に終了し、1月から3月までは「 よるドラ・セレクション」として「」(2004年)など過去に放送された作品から好評だったものを再放送した。 但し、金曜夜の1週間まとめての再放送は2005年12月で廃止されるため行わなかった。 このよるドラに携わった多くのスタッフは事実上当番組と、(は「シリーズドラマ」)の後継番組としてから開始された「」に配置転換された。 またこれに伴い、平日23時台の帯番組は再び(最初の2006年度は「」)が設置されることになった。 放送作品一覧 [ ] タイトル 放送期間 共同制作 原作 脚本 音楽 主演 その他出演者 1 2002年4月1日 - 5月23日 (NHK EP) 「微笑みのひと」 、、、、 2 2002年7月1日 - 8月1日 自社制作 〃 、、、 3 2002年8月26日 - 10月4日 自社制作 〃 、、、 4 2002年10月7日 - 11月7日 NHK EP、PDN 〃 、、、 5 2002年11月11日 - 12月5日 NHK EP クリエイツ 「」 、、、、 6 2003年1月6日 - 1月30日 今井美樹 「微笑みのひと」 、、、、 7 2003年2月17日 - 3月6日 自社制作 〃 、、、、、 8 2003年3月31日 - 5月8日 自社制作 小松江里子 「」 、、、、 9 2003年5月19日 - 6月19日 自社制作 〃 、、、、、、、 10 2003年6月23日 - 7月17日 自社制作 〃 、、、 11 2003年8月18日 - 10月2日 NHK EP 大森美香 〃 、、、、、、 12 2003年10月6日 - 11月6日 自社制作 石井まゆみ 戸田山雅司 〃 ともさかりえ 吹石一恵、平山あや、、、 13 2003年11月10日 - 12月4日 自社制作 〃 、、、、、 14 2004年1月5日 - 2月5日 〃 、、、、、 女神の恋(再) 2004年2月9日 - 3月11日 自社制作 田渕久美子 〃 松本明子 山口祐一郎、愛華みれ、国分佐智子、高木ブー、辰巳琢郎 15 2004年3月29日 - 5月6日 NHK EP、カズモ ロバート・アレン 「」 、、、、 16 2004年5月17日 - 6月25日 自社制作 岡田惠和 〃 真中瞳 佐藤藍子、酒井若菜、、、小野武彦、筧利夫 17 2004年7月12日 - 8月12日 NHK EP、 中谷まゆみ 〃 、、、、、 18 2004年8月30日 - 9月30日 自社制作 「」 、、、、、、 19 2004年10月4日 - 11月11日 自社制作 〃 、、、、 20 2004年11月15日 - 12月16日 大阪放送局 浅野妙子 〃 、、、、、、 21 2005年1月10日 - 2月17日 自社制作 「小夜啼鳥(さよなきどり)」 、、、、、、 百年の恋(再) 2005年2月21日 - 3月18日 自社制作 篠田節子 橋部敦子 〃 川原亜矢子 筒井道隆、浅見れいな、高畑淳子、六平直政、加勢大周、江波杏子 22 2005年3月28日 - 5月5日 自社制作 「」 、、、、、、、、、、、 23 2005年5月16日 - 6月16日 自社制作 「おまじない」 、、、、、、、、 24 2005年6月20日 - 7月28日 名古屋放送局 「」 、、、、、、 25 2005年8月22日 - 10月6日 大阪放送局 田渕久美子 「しあわせ」 、、、、、 26 2005年10月10日 - 11月10日 NHK EP 「咲いた」 、、、、、、、 27 2005年11月14日 - 12月22日 自社制作 矢島正雄 「待っていてね」 、、、、、 火消し屋小町(再) 2006年1月9日 - 2月9日 NHK EP、MMJ 逢坂みえこ 中谷まゆみ 倉木麻衣 「明日へ架ける橋」 池脇千鶴 ベッキー、櫻井淳子、細川茂樹、間寛平、山寺宏一、大杉漣 ブルーもしくはブルー(再) 2006年2月27日 - 3月24日 自社制作 山本文緒 中谷まゆみ 島谷ひとみ 「元気を出して」 稲森いずみ 石黒賢、細川茂樹、中尾ミエ、宇津井健 備考 [ ]• ドラマ新銀河の時代には副音声の視覚障害者向けが行われていたが、よるドラではそれは行われていなかった。 (ステレオ放送のみとなっていた)• 度-度は「よるドラ」共通のテーマソングが使用された。 2002・度は1年間を通して使用されたが、2004年度は4-7月期、9-11月期、1-3月期と、ほぼ学校の単位で変えていた。 最終年度・度は朝ドラや過去の夜の帯ドラマと同様に各作品ごとにテーマソングを定めていた。 また上記2つの帯ドラマでは本編の前に、全作品共通の映像が放送されていたが、当シリーズでは作品のそれぞれ冒頭の画面右下に「夜の連続ドラマ」の字幕を出す程度だった(以後の、およびゴールデンタイム枠のドラマでも同様に採用している)。 真夜中は別の顔は週タイトルを設けていなかったが、恋セヨ乙女以後はに倣って週タイトルを設けて放送している。 また毎週木曜日の放送(同枠としては週の末尾に当たる)の本編終了後には朝ドラと同じように1分間程度の予告編を入れていた。 から、毎週月-木曜日19:30-19:45の枠で「夜の連続ドラマ・アンコール」をにて放送された。 これまでに放送した作品から特に視聴者からの再放送希望が多かった作品を放送した。 デジタル放送では基本的に16:9のワイドサイズで放送。 外部リンク [ ]•

次の