ナルト 我 愛 羅。 【ナルト】砂分身と砂瀑送葬、我愛羅の攻撃忍術について!

【ナルト】我愛羅の名言・名台詞

ナルト 我 愛 羅

話ノ百十一:サスケVS我愛羅!! 観客席に戻ったカカシ。 サクラはサスケのあざについて心配しますが カカシは笑顔で心配ないよといって安心させます。 周りを見渡すとこの広い会場に暗部が8人、 2小隊しかいないことを懸念するが…。 そしてついにサスケと我愛羅の試合が始まった! すると我愛羅は急に頭を痛がり 不気味な会話をしだす・・・ そんなに怒らないでよ 母さん さっきは不味い血を吸わせたね ゴメンよ でも今度はきっとおいしいから 階段で座り込むナルトとシカマル。 我愛羅は以前病院で 必ず殺すといっていたのにそうしなかった。 絶好のチャンスだったのに。 ナルトは震えながら 俺達じゃもの足りねえんだ、と・・・ サスケは手裏剣を二つ投げると 我愛羅の砂分身がそれを受け止め 砂を前方に放出して反撃します。 そしてジャンプしたサスケに さきほどの手裏剣を投げつけます。 サスケはそれを手裏剣ではじき、 砂分身に蹴りをおみまいしたのち 首元に裏拳を食らわせます。 すると手を固定されてしまいますが すかさずもう一方の手で顔をはじかせ 我愛羅本体に向かっていく。 砂もすかさず我愛羅の前にきますが サスケが足に力をいれ 瞬時に背後をとって顔面にパンチを当てる!! サスケのスピードは リーの標準スピード並になっていた!.

次の

【ナルト】結婚相手が意外…結ばれたカップル情報まとめ

ナルト 我 愛 羅

我愛羅とは、『』に登場するである。 - 概要 砂隠れの里出身の。 は・羅砂、はテ、は。 いとのが特徴的であり、額に『 』の一を刻んでいる。 好きな言葉は自。 ・加流羅 加羅 の胎内にいる時に 砂の化身・守をとチヨバアによってさせられ、のとなるべく生み出された。 加流羅が我愛羅をした際にしたため、加流羅のである叉丸に献身的に育てられたが、守のを制御できない我愛羅は同年代のや里の達からはバと呼ばれ忌み嫌われ、に飢えた孤独な幼少期を送っていた。 しかし、6歳の時に叉丸から命を狙われた上、「の命で殺を試みた」「アナタはからもされてなどいなかった」という衝撃的なを受け、「もうも信じない」と我愛羅は決意。 自ら額に「 」の字を刻み、自分のために生き、自分だけをする 「をする」としてと誓う。 叉丸の襲撃以降、我愛羅はの刺客から幾度となく命を狙われるが、その度に相手を返り討ちにしている。 「他者を殺すことで自分の生を実感する」というんだ存在理由を見出した我愛羅は、それから6年間孤独で荒んだ日々を送ることとなる。 下の中でもの実を持つが、眠れば守に人格を乗っ取られるという弊があるため、常に不眠症に悩まされている。 の深いとな態度はそのため。 普段は冷静で礼節を重んじるが、などによって一度気を高ぶらせると途端に狂暴な本性を露わにする。 の時に受けた中選抜試験において、木ノ葉崩しの際に と突。 守化しても尚の前にを喫した我愛羅は、、そしてやの強さの理由が「する者を守るため」だと気づく。 また、同じ人柱としての業を背負うと理解し合い、彼のようにかを守れるになりたいと思うようになる。 奪還任務では、木ノ葉同盟・砂のとして参戦。 かつて殺そうとしたをうなどと更生した態度を見せ、君に対して中試験時よりもかに成長した術と実を見せつけながら辛勝した。 また、版においては以前は険悪だった仲のテととも打ち解けた様子を見せ、年下のからも少しずつ慕われ始めている。 好きな言葉は慈、。 に謀殺されたの跡を継ぎ、五代に就任。 体内の一尾・守をに狙われ、守を抜かれたことで一度命を落とすが、チヨバアの転生術により生き返った。 里長としては異例のではあるが、他の五にも負けず劣らずの知とを兼ね備える。 その実は現土・オオノキだけではなく、でった達にも認められている。 第四次界大戦で、亡き・と敵同士という形ではあるが再会。 「叉丸のは自分の命によるだった」「はにされていた」とから聞かされ、の姿をった砂に守られながら感泣する。 かつて憎んだを許した我愛羅は、里のを託されながら彼を見送った。 命の恩人であるに対してを深め、「が火になったら杯を交わそう」というをする。 我愛羅のへの信頼とは特別なものであり、限読にかかった際は幼少のが友としてに遊びに来るという夢を見ていた。 終結後もTHE 、と変わらずとして里や民を守り続けた。 という甥っ子もでき、かつて自分に情を与えてくれた叉丸のように、よきとして彼を見守っている。 なおでは装以外ほとんど姿が変わらなかったが、THE ではを伸ばし始め、次世代編からは何故か大胆な七三へとしている。 それでものを立たせるは健在。 戦闘スタイル 背負ったひょうたんに収めた砂を自在に操る。 ひょうたんの砂はが練り込まれた特別性の砂であり、我愛羅の意思とは関係にとなって彼を守る。 これは守のではなく、死して尚を守るというの意思によるものである。 また、守を失った後も砂を操るは健在であること、と同じく砂を操れることを鑑みるに、磁遁系の血継を受け継いでいると考えられる 尚、では砂を操ったこともある。 先述した「砂の」と砂を直接身にう「砂の」を巧みに使い分け、「 絶対防御」の異名を誇る。 になってからは自分よりも部下や他のを守ることを優先しており、一部二部を通して防御に優れたと認識されている。 攻撃面・補助面においても優秀であり、砂で相手をし潰すという戦法を得意としている。 周囲の岩や石を自分の砂で砕いて新たな砂を生み出すという方法で、が尽きぬ限り限に砂を操ることができる。 また、浮遊する砂に乗って移動したり、硬質化した砂で相手を捕らえるといったこともできる。 「砂さえあれば…なんでもできる」。 ただ、の燃費が宜しくないようでから「弱点の押し」と評されている。 我愛羅本人も、この問題は自覚しているようで、本人の寡黙な性格もあいまって、自身の術を自慢したりったりする描写は少ない。 関連動画 関連項目•

次の

NARUTO

ナルト 我 愛 羅

キャラ: 我愛羅(ガアラ) 声優:田中正彦 アニメ: 原作:岸本斉史 ジャンル:忍者、 制作: 放送局:系列 放送時期: 【プロフィール】 五代目風影。 出生時に、風の国の兵器として砂の守鶴(一尾)を憑依させられた人柱力。 守鶴に体を乗っ取られる恐怖から満足に眠れず、慢性的な不眠症を抱えているため両目の周りにどす黒い隈ができてしまった。 性格はクールで比較的無口、無表情。 基本的には礼儀正しいが、好戦的で残忍な本性を秘めている。 ナルトとの戦闘後はつながりを持つ他人を信頼するようになり、冷酷さは完全になくなった。 そしてこの世界を守りたい 世界を守るには俺は若すぎる。 恐るべき兵器としてではなく、砂隠れの風影として。 本当に心を痛めるのは…… 別れではなく想い出だ。 だからこそ、小さな光明ですら目に届くはずだ。 昔も…そして今も… オレも風影となった今里を守るために里への脅威を排除するのも…長の役目だ キャラクター 一覧•

次の