僭越 ながら 意味。 そのスピーチ大丈夫? 「僭越ながら」の正しい意味と使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

僭越ながらの意味とは?漢字・使い方と例文・類語・語源・英語を解説

僭越 ながら 意味

僭越と恐縮の違い 僭越と恐縮の違いを分かりやすく言うと、 僭越とは自分の立場を超えたことをしているようで申し訳ないという気持ち、恐縮とは相手に迷惑をかけているようで申し訳ないという気持ちを意味しているという違いです。 ただしこれらの言葉は社交辞令として使われる傾向があるので、心から申し訳なさを感じていない場合でも使われます。 僭越も恐縮も、謙遜するために使われる言葉と考えることが出来ます。 一つ目の「僭越」は「自分の立場や地位などを超えて分不相応なことをする」という意味の言葉です。 「僭越ながら」「僭越ですが」「僭越ではありますが」などの形で使われる時に、ある種の申し訳なさや謙遜の気持ちを示す言葉になります。 僭越という言葉は「僭越ながら」という感情の意味で使われること圧倒的に多いですが、「君、それは少し僭越が過ぎるんじゃないか」などのように、「身の丈に合わないことをする」という意味で使われることもあります。 二つ目の「恐縮」は「相手に迷惑をかけたり、世話を焼いてもらったりして申し訳ないという気持ち」を意味する言葉です。 僭越はそれ自体では感情の意味にはなりませんが、恐縮はそれ自体で感情を表現しています。 恐縮という言葉の意味する申し訳なさは、謝罪したいという気持ちではなく、相手に対する感謝が混じった気持ちです。 例えば「お返事いただき恐縮です」には、「相手の手を煩わせて申し訳ない」と「返事をくれてありがとうございます」が入り混じっています。 僭越の意味 僭越とは、 自分の地位や立場を超えたことをすることを意味しています。 「ただの門外漢の僭越です」と言えば、専門家が口を出すべきところに素人が意見をした、というような状況が想像されます。 僭越の僭は「おごる、いばりちらす」という意味の常用外漢字で、越は「とびこえる」という意味です。 自分の能力を過信して職務や権限の範囲を超えたことをする、他人の領分にまで入ってくることが周囲の人から見れば偉そうに感じられる、というイメージで考えると僭越という言葉の意味が分かりやすくなります。 この言葉は多くの場合「僭越ながら」という形で使われます。 「僭越ながら」には、申し訳なさや謙遜の念が含まれています。 「差し出がましいようですが」や「恐れながら」などと同じ意味の表現です。 「僭越ながら、一言よろしいでしょうか」は、自分は発言すべき立場にはいないけども、どうしても一言言わずにはいられないので、許していただきたい、というような意味を含んでいます。 また「僭越ながら、昨日の書類の不備をまとめておいたよ」は、書類のチェックは自分の仕事ではないけれどもやっておいた、出過ぎたまねだと思ったならすまない、というようなニュアンスの言葉です。 ただし、「僭越ながら」は本当に申し訳ないという気持ちを表現している場合もあれば、単なる謙遜を表現している場合もあり、言葉の形だけからは判断が出来ないので、意味を読み取ることが必要になります。 僭越の類語・類義語としては、自分の持つ権限を越えて物事をすることを意味する「越権」、求められていないのに口出ししたりすることを意味する「出しゃばる」、遠慮がなく図々しいことを意味する「しゃしゃり出る」などがあります。 僭越の対義語・反対語としては、出過ぎたまねをしないようにいましめることを意味する「戒心」、限度を超えないように控えめにすることを意味する「節制」などがあります。 僭越の僭の字を使った別の言葉としては、古代ギリシアの都市国家における独裁者を意味する「僭主」、身分を越えた地位や称号などを名乗ることを意味する「僭称」などがあります。 僭越の越の字を使った言葉としては、技量などが他よりも飛びぬけて優れていることを意味する「卓越」、他の物よりも勝っていることを意味する「優越」、範囲を飛び越えていることを意味する「超越」などがあります。 恐縮の意味 恐縮とは、 相手に迷惑になったり、相手に厚意を受けたりして申し訳なく思う気持ちを意味しています。 「ご心配をおかけして恐縮です」や「恐縮ですが、何かお困りですか」などのように使われます。 恐縮という言葉は、少し古い用法では、「恐ろしさに身がすくむ」という意味でしたが、今日ではもっぱら申し訳なさを表す言葉として使われており、ビジネスシーンでもよく耳にします。 恐縮という言葉の意味する申し訳なさは、相手に対して謝罪したいという気持ちではありません。 恐縮には、相手に対する感謝が混じっています。 例えば「お電話いただき恐縮です」は、「相手に面倒をかけた、煩わせた」という謝罪の意味と、「返事をくれてありがとうございます」という感謝の意味が掛け合わされています。 また恐縮は「恐れ多い」とも異なります。 恐れ多いという言葉は、目上の人に対して使われる言葉であるのに対して、恐縮は丁寧な言葉ではあっても必ずしも目上の人に対して使われる言葉ではありません。 怖れ多いは、例えば「恐れ多いお言葉です」というように使われます。 目上の人から褒美などを貰い、それが自分の身に余ってもったいないということを表現しています。 また「恐れ多いことですが、申し上げます」のように目上の人に対して無礼を働くかもしれない時に、予め断りを入れるために使われます。 恐縮の類語・類義語としては、目上の人に対して敬う気持ちを表すために堅苦しい態度を取ることを意味する「かしこまる」などがあります。 恐縮の恐の字を使った別の言葉としては、びくびくすることを意味する「戦戦恐恐」などがあります。 恐縮の縮の字を使った別の言葉としては、自分より目上の人や、権限や力の強い人の前で恐れて小さくなることを意味する「畏縮」、しぼんで小さくなることを意味する「萎縮」などがあります。 僭越の例文と使い方.

次の

僭越ながらの意味とは?漢字・使い方と例文・類語・語源・英語を解説

僭越 ながら 意味

僭越と恐縮の違い 僭越と恐縮の違いを分かりやすく言うと、 僭越とは自分の立場を超えたことをしているようで申し訳ないという気持ち、恐縮とは相手に迷惑をかけているようで申し訳ないという気持ちを意味しているという違いです。 ただしこれらの言葉は社交辞令として使われる傾向があるので、心から申し訳なさを感じていない場合でも使われます。 僭越も恐縮も、謙遜するために使われる言葉と考えることが出来ます。 一つ目の「僭越」は「自分の立場や地位などを超えて分不相応なことをする」という意味の言葉です。 「僭越ながら」「僭越ですが」「僭越ではありますが」などの形で使われる時に、ある種の申し訳なさや謙遜の気持ちを示す言葉になります。 僭越という言葉は「僭越ながら」という感情の意味で使われること圧倒的に多いですが、「君、それは少し僭越が過ぎるんじゃないか」などのように、「身の丈に合わないことをする」という意味で使われることもあります。 二つ目の「恐縮」は「相手に迷惑をかけたり、世話を焼いてもらったりして申し訳ないという気持ち」を意味する言葉です。 僭越はそれ自体では感情の意味にはなりませんが、恐縮はそれ自体で感情を表現しています。 恐縮という言葉の意味する申し訳なさは、謝罪したいという気持ちではなく、相手に対する感謝が混じった気持ちです。 例えば「お返事いただき恐縮です」には、「相手の手を煩わせて申し訳ない」と「返事をくれてありがとうございます」が入り混じっています。 僭越の意味 僭越とは、 自分の地位や立場を超えたことをすることを意味しています。 「ただの門外漢の僭越です」と言えば、専門家が口を出すべきところに素人が意見をした、というような状況が想像されます。 僭越の僭は「おごる、いばりちらす」という意味の常用外漢字で、越は「とびこえる」という意味です。 自分の能力を過信して職務や権限の範囲を超えたことをする、他人の領分にまで入ってくることが周囲の人から見れば偉そうに感じられる、というイメージで考えると僭越という言葉の意味が分かりやすくなります。 この言葉は多くの場合「僭越ながら」という形で使われます。 「僭越ながら」には、申し訳なさや謙遜の念が含まれています。 「差し出がましいようですが」や「恐れながら」などと同じ意味の表現です。 「僭越ながら、一言よろしいでしょうか」は、自分は発言すべき立場にはいないけども、どうしても一言言わずにはいられないので、許していただきたい、というような意味を含んでいます。 また「僭越ながら、昨日の書類の不備をまとめておいたよ」は、書類のチェックは自分の仕事ではないけれどもやっておいた、出過ぎたまねだと思ったならすまない、というようなニュアンスの言葉です。 ただし、「僭越ながら」は本当に申し訳ないという気持ちを表現している場合もあれば、単なる謙遜を表現している場合もあり、言葉の形だけからは判断が出来ないので、意味を読み取ることが必要になります。 僭越の類語・類義語としては、自分の持つ権限を越えて物事をすることを意味する「越権」、求められていないのに口出ししたりすることを意味する「出しゃばる」、遠慮がなく図々しいことを意味する「しゃしゃり出る」などがあります。 僭越の対義語・反対語としては、出過ぎたまねをしないようにいましめることを意味する「戒心」、限度を超えないように控えめにすることを意味する「節制」などがあります。 僭越の僭の字を使った別の言葉としては、古代ギリシアの都市国家における独裁者を意味する「僭主」、身分を越えた地位や称号などを名乗ることを意味する「僭称」などがあります。 僭越の越の字を使った言葉としては、技量などが他よりも飛びぬけて優れていることを意味する「卓越」、他の物よりも勝っていることを意味する「優越」、範囲を飛び越えていることを意味する「超越」などがあります。 恐縮の意味 恐縮とは、 相手に迷惑になったり、相手に厚意を受けたりして申し訳なく思う気持ちを意味しています。 「ご心配をおかけして恐縮です」や「恐縮ですが、何かお困りですか」などのように使われます。 恐縮という言葉は、少し古い用法では、「恐ろしさに身がすくむ」という意味でしたが、今日ではもっぱら申し訳なさを表す言葉として使われており、ビジネスシーンでもよく耳にします。 恐縮という言葉の意味する申し訳なさは、相手に対して謝罪したいという気持ちではありません。 恐縮には、相手に対する感謝が混じっています。 例えば「お電話いただき恐縮です」は、「相手に面倒をかけた、煩わせた」という謝罪の意味と、「返事をくれてありがとうございます」という感謝の意味が掛け合わされています。 また恐縮は「恐れ多い」とも異なります。 恐れ多いという言葉は、目上の人に対して使われる言葉であるのに対して、恐縮は丁寧な言葉ではあっても必ずしも目上の人に対して使われる言葉ではありません。 怖れ多いは、例えば「恐れ多いお言葉です」というように使われます。 目上の人から褒美などを貰い、それが自分の身に余ってもったいないということを表現しています。 また「恐れ多いことですが、申し上げます」のように目上の人に対して無礼を働くかもしれない時に、予め断りを入れるために使われます。 恐縮の類語・類義語としては、目上の人に対して敬う気持ちを表すために堅苦しい態度を取ることを意味する「かしこまる」などがあります。 恐縮の恐の字を使った別の言葉としては、びくびくすることを意味する「戦戦恐恐」などがあります。 恐縮の縮の字を使った別の言葉としては、自分より目上の人や、権限や力の強い人の前で恐れて小さくなることを意味する「畏縮」、しぼんで小さくなることを意味する「萎縮」などがあります。 僭越の例文と使い方.

次の

「僭越ながら」の意味と使い方、類義語などを解説

僭越 ながら 意味

「僭越」とは? 「僭越」とはどのような言葉なのでしょう。 まずはその意味から詳しく紹介します。 「僭越」の読み方は「せんえつ」 「僭越」という漢字は見慣れないものですが、読み方は「せんえつ」です。 「僭越」の「僭」は、訓読みでは「おごる」とも読むことができます。 スピーチなどでよく耳にする「せんえつながら」を漢字で書くと、「僭越ながら」となります。 簡単にいうと「出しゃばり」という意味 「僭越」には、「身分や地位を超えて出過ぎたことをすること・出過ぎた状態」という意味があります。 簡単にいうと、「出しゃばり」という意味の言葉です。 「僭越」は誰かほかの人の行動に関して「出しゃばりだ」というのではなく、自分の行動に関して失礼を詫びたり、謙虚さを示したりするニュアンスで使用するのが一般的です。 詳しい使用例を次に紹介しましょう。 「僭越」の使用例 「僭越」という言葉は、乾杯やスピーチでよく耳にしますが、実際にはどういった使い方がなされるのでしょう。 よく見られる使用例を紹介します。 「僭越ながら~する」で謙虚さを示す表現に 「僭越」を使った表現でよくあるのが、「僭越ながら」という言い方です。 「僭越ながらご挨拶させていただきます」などという風に、「僭越ながら~する」という使い方をします。 「僭越ながら」とすると、「私のようなものが出過ぎた真似をして申し訳ございませんが」や「失礼を承知の上で出過ぎたことを致しますが」という風に、謝罪を含むニュアンスになります。 また、相手を立てるような謙虚な姿勢も伺える表現です。 「僭越ですが~」「僭越ではございますが」も 「僭越ながら」以外にも、「僭越ですが」や「僭越ではございますが」といった表現もよく使う言い回しです。 また、「僭越ではありますが」ということもあります。 いずれの場合も意味に大きな違いはありませんが、「僭越ではございますが」が最も丁寧な表現と言えるでしょう。 「僭越ながら申し上げます」もよく使う表現 「僭越」を使った表現はいくつかありますが、実際には、「申し上げます」とセットで使う例が多く見られます。 「僭越ながら申し上げます」とは、「私のようなものが出過ぎた真似をして申し訳ありませんが、申し上げます」という意味です。 目上の人に意見する際に便利な表現で、形式的に謙虚さを示したい場合によく使われます。 また、何かを指摘するような場合には、「僭越ながら、ご忠告申し上げます」などということもあります。 目上の人との会話やメールで幅広く使える 目上の人に意見する以外でも、「僭越ながら」は目上の人との会話・メールで幅広く使える表現です。 たとえば、• 僭越ではありますが、お邪魔させていただきます• 僭越ではございますが、お断りさせていただきたく存じます• 僭越ですが、ご挨拶させていただきます などといった使い方もできます。 目上の人に対して、何か行動に移す場合に幅広く使える表現と覚えておきましょう。 乾杯やスピーチで使う場合は立場に注意を 先にも触れたように、乾杯の音頭で「僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らせていただきます」などというのは定型句ともいえる定番の言い回しです。 この場合、ほかの参列者の方々をたて、「他にもふさわしい人がたくさんいる中、私のような不相応なものが申し訳ないのですが」といったニュアンスで使用されています。 ただし、謙虚な姿勢を示す一方で、列席者の中でも上位の人間が使うと、変に遜った嫌味な表現になることもあります。 スピーチや挨拶の定型句ではありますが、立場が上の人ほど不向きな表現というのは覚えておきたいポイントです。 「僭越」の類語・言い換え表現 「僭越」という言葉は聞きなれない、使いにくいという人には、ほかの類語表現の使用もおすすめです。 便利な言い換え表現をいくつか紹介しておきましょう。 類語は「不躾」「生意気」「厚かましい」など 「僭越」の類語には、「不躾(ぶしつけ)」「生意気」「厚かましい」などといった単語があります。 「不躾(ぶしつけ)」:礼儀のないこと• 「生意気」:能力・年齢などを考えずに出すぎた真似をすること• 「厚かましい」:慎みのないこと いずれも、立場や礼儀をわきまえずに非礼をはたらくようなニュアンスの言葉で、「不躾ではございますが」などという風に使います。 「恐縮ながら」は恐れ多いことに使う 「僭越ながら」と似た表現には、「恐縮ながら」という言い回しもあります。 「恐縮」とは、「恐れ多いこと」という意味の言葉です。 「恐縮ながら」とすることで、相手に迷惑をかけた場合や相手に良くしてもらった場合に、「申し訳ないのですが」と謝罪や感謝の意を込めて使用します。 一方、「僭越ながら」は、「身分を超えて出過ぎたことをして申し訳ありません」という意味なので、細かいニュアンスは異なります。 「お言葉ですが」「微力ながらも」使える類語 「僭越ながら」を何か意見する場合に使うのであれば、「お言葉ですが」も言い換え表現として使えます。 また、何か手伝う場合には「微力ながら~」という表現も便利です。 同様の単語では、「及ばずながら」もあります。 たとえば、「微力ながらお手伝いさせていただきます」や「及ばずながら協力いたします」などという表現が可能です。 まとめ 「僭越」という言葉は、出過ぎた行為・状態を指す言葉で、「僭越ながら(ですが)~する」という使い方が一般的です。 挨拶や乾杯では定型句ではありますが、自分が一番偉い時に使うと、少し嫌味な表現にもなります。 正しく使うと、謝罪や謙虚な姿勢を示せる便利な表現ですので、活用してみてください。

次の