ケン ガン アシュラ アニメ 感想。 ケンガンアシュラ(アニメ)part1全話(1話~最終話)のネタバレ・あらすじ&感想!

ケンガンアシュラ(アニメ)part1全話(1話~最終話)のネタバレ・あらすじ&感想!

ケン ガン アシュラ アニメ 感想

ケンガンアシュラとは?• ジャンル:格闘• 作者:原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画だろめおん• 掲載誌:裏サンデーとマンガワン• 連載期間:2012年~• 他にアニメ版があり この世は暴力で決まる!! 命がけのタイマン格闘試合!!! 日本経済の裏側で展開される原始的なバトル。 舞台は現代日本風でありながらリアル以上に力が社会を支配する世界観。 そこでは格闘家と企業家がタッグを組んでそれぞれの頂点を目指す。 >> >> 企業の代理戦争『拳願仕合(けんがんじあい)』 拳願仕合、それは企業の代理戦争。 連綿と続く日本経済の裏の顔。 闘技者の拳に願いを託し、その勝敗で巨額のビジネスを決める異種格闘試合なのだ! この作品の最大の特徴は拳願仕合という独特のルールで全てが決まること。 企業間のビジネスなどの争いは腕自慢の代表者を立ててのタイマンバトル。 その勝負に勝った方が利益を総取りでそれ以外での決着は禁止。 戦いは武器を使用しないのであれば金的・目つぶしなどの何でもアリの異種格闘技戦。 雇う闘技者も表の有名格闘家はもちろん、裏の暗殺者などでもOK。 主人公:十鬼蛇 王馬(ときた おうま)は師匠の仇を取るためにそんな拳願仕合へと挑む。 ケンガンアシュラのアニメ版と原作漫画を比較• 放送期間:2019年ネットフリックスで配信予定• アニメーション制作:LARX ENTERTAINMENT• キャスト:十鬼蛇王馬・鈴木達央、山下一夫・チョー、乃木英樹・中田譲治、秋山楓・内山夕実、理人・金子隼人 アニメ版は2019年にNetflix(ネットフリックス)配信予定。 こちらは視聴後にまた情報を追加していきます。 >> >> ケンガンアシュラの独自評価・考察【ネタバレ注意】 ここからはケンガンアシュラの魅力を三つに絞って紹介。 その三つに注目して感想・評価・考察を語っていきます。 パンチが効いた闘技者&雇用主 【東郷とまり】命の価値は不平等なんだ! 金もねえ、学もねえ、テメーが言うところの良心の呵責もねぇ! 挙句、私の商品に手を出そうなんてボケを生かしとく理由なんざありゃしねぇよ!! 【ムテバ】ククク…怖い怖い。 アンタ、怖い女だねェ。 だが、アンタの考えには同意だ。 金も力もない奴は分をわきまえて生きないとな。 拳願仕合は闘技者と企業家のタッグで挑むのが他の格闘漫画との大きな違い。 他の格闘マンガだとだいたい闘技者メインですからね。 ケンガンアシュラではこれにプラスして雇用主である企業の社長などがストーリーに絡んできます。 闘技者はプロレスラー・総合格闘技・合気道・ボクサーといった表の格闘家はもちろん、暗殺者・傭兵・ストリートチャンプといった裏の格闘家たちも登場。 表も裏も闘技者はパンチが効いたキャラが多いですね~w 試合で盛り上げるのは当たり前、それ以外の場外戦でも色々と楽しませてくれます。 そして、ケンガンアシュラではそれらの 闘技者のパートナーとなる企業家にもクセが強いキャラが多い。 全体的には闘技者よりおとなしめですが、なかには闘技者顔負けのアクの強いキャラクターもいますから。 これらのキャラクターが繰り広げるストーリーは思った以上に先が読めませんでしたね。 こっちが勝つと思っていたのに、 逆にこっちが勝つんかいっ!? といった展開がけっこう多かった 笑 また、社長サイドが裏で暗躍することもあり、単純な強さだけでは測れないところも多いですね。 ぶっ飛んでるのに妙に説得力がある格闘技戦 「その技」の本質は、四位一体 ケンガンアシュラのバトルの描き方はリアルとファンタジーの複合型。 実際にある格闘技の技を使いつつ、そこにファンタジー溢れる大技もプラスしてくる。 ただし、かめはめ波といったようなあきらかにファンタジーと分かる技を使ってきません。 それに加えて、大技を繰り出すときはもっともらしい解説も加わるため、 え?もしかして本当に実在する技なの?? といった錯覚を抱くこともある。 この辺のリアルとファンタジーのバランス感覚が絶秒な作品ですね。 公式ヒロインが56歳のおっさん いや、公式ヒロインがおっさんかいっ!? 世界観やバトルよりも一番ツッコミたいのはここ。 主人公:十鬼蛇 王馬(ときた おうま)のパートナーは山下 一夫(やました かずお)という56歳のおっさんなのですが、作者が公式ヒロインとしてわざわざ設定しているのですよ。 女性キャラは他にも複数出てるのにわざわざと 笑 この辺は逆に攻めるね~といった感想ですね。 公式ヒロインに設定しているだけあって、女性キャラよりも山下一夫の方が出番多いですし。 ただ、闘技者ややり手の企業家ではない普通のおっさんという立場なので、一番読者が身近に感じられるキャラクターでもありますね。 自身は直接戦わないものの拳願仕合や主人公とのやり取りを通して徐々に男として成長していく。 いくつになっても人は成長できる。 おっさん世代に勇気を与えてくれるキャラクターでもあります。 ケンガンアシュラの感想・評価・考察まとめ ケンガンアシュラは骨太の異種格闘戦と闘技者以外のキャラクターも楽しめる漫画。 >> >>.

次の

企業の代理戦争は拳で決める!ケンガンアシュラ【骨太格闘漫画】

ケン ガン アシュラ アニメ 感想

全話視聴したのですが、間にCMが入るような感じになっているので、地上波の放映もあるのかな?という気もします。 Netflixの格闘漫画と言うと、刃牙を思い浮かべる人が多いと思いますが、 刃牙もNetflixの配信と一緒に地上波の放映がありました。 ただ、ケンガンアシュラは今のところは、地上波の放映はなさそうです。 同じ作者で、世界観共有の「 ダンベル何キロ持てる?」は地上波やってるんですけどね! 「ダンベル何キロ持てる?」 Netflix、amazonプライムでシーズン1の全12話見れます。 ケンガンアシュラアニメ版のあらすじ うだつのあがらないサラリーマンの山下一夫 やましたかずお は、路地裏でケンカを見かけます。 そこで、自分の倍以上ある巨体の男を簡単に倒す、主人公十鬼蛇王馬と出会います。 次の日、山下一夫は、親会社の乃木グループの会長乃木英樹に呼び出されます。 会長から、日本企業の裏である拳願仕合のことを知らされます。 拳願仕合とは、契約や利権の争いをシンプルに決めるために、江戸時代の徳川家継が考えた「強いものが勝ち取ればいい」というルール。 そのルールは、現代にも残り、企業は凄腕の闘技者をやとい、日夜戦っています。 山下一夫は、その存在を会長より知らされ、十鬼蛇王馬の世話役に任命。 王馬とともに、拳願仕合に挑むことになります ケンガンアシュラシーズン1のアニメはどこまで?漫画の原作だと9巻まで ケンガンアシュラのアニメはどこまで?って検索している人がいますが、 漫画の原作だと9巻くらいまでです。 ケンガンアシュラのアニメ版は、漫画に忠実な流れのようです。 少しネタバレになりますが、拳願絶命トーナメントの1回戦の前半くらいまで。 シーズン1では、岩美重工「ムテバ・ギゼンガ」VS 海一証券「目黒正樹」が最後です。 シーズン2は、禍谷園「鬼王山尊」VS ガンダイ「関林ジュン」戦からですね。 単行本では、拳願絶命トーナメントは最後までやります。 続きが気になる人は、9巻以降をみてください。 アニメを見た感想 で、アニメを見た感想です。 ケンガンアシュラは、わたしの大好きな作品の一つです。 もともと刃牙が好きで、似た漫画だなと思っていましたが違う魅力があります。 刃牙は、圧倒的にキャラ優先の漫画です。 主人公の刃牙のほか、地球最強の父勇次郎など、キャラクターが立ちすぎるくらいに立っています。 ケンガンアシュラもキャラがいいんですが、そこに ストーリーの良さも加わっているのが良いところです。 ストーリーが良い理由は、 ケンガンアシュラが闘技者同士の戦いではないところです。 企業の代理人として、闘技者が戦うので企業の思惑(おもわく)も入ります。 たとえば、メインとなる拳願絶命トーナメントを制する方法は、自企業の闘技者が勝つ以外にもあります。 漫画を読んでいると、伏線が結構あります。 また、漫画を最後まで読んだ人は知っていることですが、格闘漫画の常識を覆す展開も待っています。 ネットで話題になった裏切りです。 お約束を裏切るみたいな感じですね。 で、本題です。 感想その1:アニメ化してくれた まずは、アニメ化してくれたことへの感謝です。 大好きな漫画で、 マンガワンというアプリやWEBコミックの裏サンデーで無料で読めるにもかかわらず大好きなので、全部単行本を買った漫画です。 この漫画をいろんな人に知ってもらいたかったので、 アニメ化してくれたことに、とても感謝しています。 できれば、地上波放映もしてほしいですが、 Netflixで全世界同時配信も良いですね 感想その2:豪華な声優陣 声優陣がかなり豪華です。 わかりやすいところだと、 ナレーションが立木文彦さん。 いってQなどのナレーションでおなじみ、あと、エヴァの碇ゲンドウとか・・・ 声優のことは詳しくないんですが、聞き覚えのある声ばかりです 十鬼蛇王馬:鈴木達央 山下一夫:チョー 乃木英樹:中田譲治 秋山楓:内山夕実 理人:金子隼人 関林ジュン:稲田徹 若槻武士:加瀬康之 今井コスモ:榎木淳弥 桐生刹那:浪川大輔 初見泉:蓮池龍三 因幡良:緒方恵美 英はじめ:石田彰 沢田慶三郎:保志総一朗 ユリウス・ラインホルト:白熊寛嗣 御雷零:小野大輔 二階堂蓮:沢城千春 茂吉・ロビンソン:村瀬克輝 鎧塚サーパイン:檜山修之 金田末吉:遊佐浩二 大久保直也:小西克幸 千葉貴之:星野貴紀 目黒正樹:川本宗幸 十鬼蛇二虎:藤原啓治 ナレーション:立木文彦 感想その3:ド派手なトーナメント演出 漫画では表現できなかったところですが、 拳願絶命トーナメントの演出がかっこいいですね。 今の格闘技系のイベントもあんな風にやるんでしょうか? プロジェクションマッピングを利用して、盛り上げる感じが良かったです。 アニメを作ったひとは、これがやりたかったのかな?と思う感じですね。 感想その4:原作からカットされている部分がある アニメでボリュームが決まっているのでしょうがない部分ですが、 原作の漫画にはあったけど、アニメにはなかった部分があります。 例えば、王馬は1戦目の理人戦の次に、漫画版では、メディスンマン 呪術師 こと蕪木浩二と戦います。 蕪木はネットで人気があったキャラで、格闘技経験はほとんどないおっさんですが、凶器を使って相手を倒す悪役キャラです。 この蕪木、かませ犬なのですが、中盤にももう一回出てくる、アクセントになるキャラです。 でも、アニメ版ではカットされていました。 こんな風に、結構、良いキャラだったのになぁっていうところもカットされています。 あと、トーナメント以外のところで、秘密裏に行われている戦闘もカットされています。 企業はトーナメントに勝つために、仕合以外の部分でも暗躍しています。 そこの部分が漫画では、ちょいちょい挟まれています。 そこもカットされています。 残念です。 感想その5:必殺技で終わる格闘漫画って思われない? 考えすぎかもしれませんが、拳願絶命トーナメントをアニメ版で見ると、 ようは、必殺技を使って勝って終わりって見られるかな?とも思ってしまいます。 主人公の王馬も前借りを使いますし、今井コスモもゾーンを、雷庵も外しを使います。 確かに必殺技的なものをみんな持っているのですが、ケンガンアシュラはそれだけで終わるような格闘漫画ではありません。 シーズン2の最初になると思われる、関林ジュン 対 鬼王山尊戦あたりから良さが出てくると思います。 うまくアニメで表現してくれるかちょっと心配です。 シーズン1については、否定的な感想を書きましたが、シーズン2を見て、イメージが変わりました。 もともと、ケンガンアシュラも2回戦目くらいから面白くなったのかも・・・ 初戦は、「鬼王山尊 相撲 」 vs「 関林ジュン プロレス 」の1戦。 特に、プロレス好きな人なら、楽しめる仕合です。 シーズン1を全部見たなら、そこで終わるんじゃなく、シーズン2は見てください! まとめ:漫画を読んで欲しい 感想のまとめです。 ケンガンアシュラをアニメ化してくれてうれしいのですが、 もうちょっと頑張ってほしかったなという気もします。 刃牙のアニメは、結構よくて、毎回楽しめたのですが、 ケンガンアシュラは思い入れが強すぎる分もあるかもしれませんが、すこし拍子抜けです。 ケンガンアシュラのアニメ版の検索ワードに、「ケンガンアシュラ アニメ ひどい」ってのがありましたが、 まあ、言いたいこともわかります。 ケンガンアシュラは漫画、単行本で読むと、もっと面白いんです。 作画のだろめおんさんは、絵がうまいので、迫力ある絵も描けますし、 女の子をエロく書く達人です。 単行本の裏表紙に、女性キャラのセクシーカットが必ずあるので、ぜひ読んで欲しいところです。 単行本の良いところは、キャラの追加情報が多いところです。 漫画の中でも、各キャラの細かいストーリーが出てくるのですが、 単行本では、どういう設定で作ったか!などもありますし、 巻末には別のストーリーも入っています。 ちなみに9巻の最後には、 ケンガンアシュラのメンバーが、カプコンの闘技者と戦います。 カプコンの闘技者は、そう、ストーリートファイターの面々です。 面白い趣向もあるので、ぜひ、単行本も買って読んでみてください。 今なら、1巻無料で読めます。 アニメとストーリーって一緒ですが、漫画のストーリーの良さが分かります。 ただ、巻末の別ストーリーとかは、単行本だけなので、あしからず・・・.

次の

アニメ『ケンガンアシュラ』|感想 評価 レビューまとめ

ケン ガン アシュラ アニメ 感想

「最強を証明するための戦い」に挑むのは、闘技者から暗殺者まで、様々。 しかし読者を追いてきぼりにするような超展開などはなく、真っ当に「力」と「戦術」がぶつかり合う姿に読んでていてワクワクすること間違いありません。 まずはあらすじから、作品の魅力を解説していきます。 本作の舞台は、現代の日本。 普通の生活の裏では、ある事が行われていました。 大企業同士が巨額の資産を巡って、各社が雇った闘技者を戦わせる「 拳願仕合」なるものが日々行われていました。 この試合で闘技者が勝利すると、出資した企業は莫大な利益を得ることができます。 いわゆる「 拳での解決 」といえるでしょう。 本作の主人公は、謎の武術を扱う十鬼蛇王馬(ときた おうま)。 彼は自分の実力を信じて疑いません。 その自信とともに、実力自慢が集まる「拳願仕合」に。 そして拳願仕合に留まらず、「拳願トーナメント」の開催が決定します。 拳願トーナメントとは、拳願試合を取りまとめる拳願会会長によって開催されるトーナメント戦。 数々の大企業の代表と、その闘技者が一同に介し、次期拳願会会長と最強の闘技者を決定するための戦いです。 トーナメント戦に勝利したものが、「最強」の称号を手に入れます。 王馬は自身が最強であることを証明するために、すでに途絶えたとされる謎の武術・二虎流を武器に躊躇わず参加を決定。 そして拳願トーナメントの幕が開きます……。 ケンガンアシュラの魅力 ここからはアニメ「ケンガンアシュラ」の魅力について解説していきます。 出展:公式HP 勝敗が最後までわからない異種格闘技戦 出展:元ボクサーの一念発起 ケンガンアシュラの魅力はなんといっても勝敗が最後までわからない、ハラハラさせられるバトルが見どころです。 挙願試合に参加している闘技者は純粋な格闘技者に限らず、傭兵や殺し屋、牧師や医師や漁師など様々な職業の男たちが参加しています。 この辺はバキのトーナメント編と近い部分があります。 しかし、バキとの違いは何と言っても職業の多様性、そして誰が勝つかわからないということ。 ケンガンアシュラに登場するキャラクターは挙願トーナメントが始まってから登場するキャラばかりです。 以前から登場していて、主人公と交流もあるとなると「こっちが勝ちそうだな」みたいな予想ってしやすいですよね。 そういうのが一切ないし、どういった技を使ってくるかもわからない。 試合が始まって初めて、こいつはこういう戦い方なのかあとわかるので、本当にどちらが勝つか全くわからないのです。 「これはもう勝負が決まった」と思いきや、そこからの逆転なんて日常茶飯事。 1試合1試合を全て緊張感を持ったまま見ることができます。 現実離れしすぎない世界観 出展:アニメイトタイムズ 筆者がケンガンアシュラがヒットしていると思う理由はここにあります。 試合やキャラクターがあくまで現実に近い! 登場するキャラクターはもちろん、そんなんありかよ!と思いたくなる現実離れしたキャラクターたちが多いです。 しかし試合はというと、キャラクターの特徴や職業などを最大限に考慮し引き出されます。 「こんなのありえない」といったような少し冷めてしまう瞬間がないんですね。 そして戦闘シーンも非常に細かく描かれているため、何が起こったのかわかりやすく、山場みたいなものもたくさん盛り込まれています。 「動きが速すぎてよくわからない」というのが全然ないんです! 実は原作のサンドロビッチ・ヤバ子氏は、元々フルコンタクト空手の経験者であり、現在は総合格闘技やブラジリアン柔術も身に付けている格闘家というのだから驚きです。 それだけでなく、担当編集者も格闘技の経験者という驚きの経歴の持ち主。 それでこれだけ面白いアニメが出来たんですね。 全ての試合に解説がつく 「ケンガンアシュラ」には現実的な格闘技の動きや戦術が随所に反映されており、格闘技経験者やファンにとってはたまらない要素の1つとなっています。 しかし、格闘技経験のない人にとっては「???」となってしまいます。 ですがケンガンアシュラは視聴者を置いてけぼりにしません。 1試合1試合、全ての試合に解説がつくのです。 こういった感じでナレーションが入り、今何が起こったのかということをリアルタイムで解説してくれます。 このおかげでキャラクターや戦闘シーンの厚みと面白みが増し、さらに試合に釘付けになってしまうんです。 アニメ独特の3D表現 ケンガンアシュラは、戦闘シーンをよりわかりやすくするために、3D表現を用いています。 上記の画像を見てもらえるとわかりやすいと思います。 最初はこれが「気にならないかな?」と懸念していましたが、見てみると全く気にならない! 戦闘シーン以外の会話シーンなどでは通常の2Dを使っているため、そのバランスが絶妙でとても見やすいです。 戦闘のシーンだけ3Dにすることによって、よりわかりやすく、そしてより白熱したバトルを体感することができます。

次の