コロナ 鼻水。 新型コロナウイルスの症状は?発熱・喉が痛い・鼻水・鼻づまりの場合は感染?

この症状は花粉症?それとも新型コロナ?区別のためにチェックしたいポイント

コロナ 鼻水

この記事は2020年4月当時の情報に基づいたものです。 症状・経過に関する最新の記事はです。 都市部を中心に新型コロナ患者の増加が止まりません。 どのような症状があれば新型コロナを疑い病院を受診すれば良いのでしょうか。 新型コロナの典型的な症状、病院を受診する目安や注意点などについてまとめました。 新型コロナウイルス感染症の典型的な経過 新型コロナウイルス感染症では風邪のような症状から始まります。 風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、鼻水、鼻詰まり、ノドの痛み、咳などです。 によれば、患者の8割は重症化に至らず治癒するようです。 数日~1週間以降に2割弱の患者では、肺炎の症状が増強し入院に至ることがあります。 新型コロナウイルス感染症の経過(筆者作成) 特徴的なのは、症状の続く期間の長さです。 新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があるようです。 特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。 では、発症から病院を受診するまでに平均5日、そして入院までに平均10日かかることが分かっています。 つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。 インフルエンザは比較的急に発症し、高熱と咳、ノドの痛み、鼻水、頭痛、関節痛などが出現します。 風邪はインフルエンザに比べるとゆっくりと発症し、微熱、鼻水、ノドの痛み、咳などが数日続きます。 しかし、新型コロナウイルス感染症のように1週間以上続くことは比較的稀です(ただし咳や痰の症状だけが2週間程度残ることはよくあります)。 ここが風邪やインフルエンザと新型コロナウイルス感染症とを見分ける一つの手がかりになるかもしれません。 もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。 によると新型コロナ患者59人のうち、20人(33. 特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。 ただの風邪や副鼻腔炎、花粉症が原因で嗅覚異常・味覚障害が起きることもあるので「嗅覚障害・味覚障害=新型コロナ」ではありませんが、だらだらと続く風邪症状に加えてこれらの症状があれば新型コロナの可能性は高くなるでしょう。 また、嗅覚障害・味覚障害のみの症状の方もいらっしゃるようですが「2週間以内の海外渡航歴がある」「新型コロナ患者との接触歴がある」「特定のクラスターに曝露している」のいずれかを満たす方では、新型コロナの検査の対象になる可能性がありますので、かかりつけ医や帰国者・接触者相談センターに相談しましょう。 病院を受診する前に 新型コロナが心配なとき(東京都福祉保健局HPより) 自身が新型コロナかなと思ったら、まずはかかりつけ医か帰国者・接触者相談センターに相談しましょう。 帰国者・接触者外来に受診が必要と判断されたら、マスクを着けて、なるべく交通機関を使わずに病院を受診するようにしましょう。 各都道府県の帰国者・接触者相談センターは以下のページからご確認ください。 病院を受診するデメリット 医療機関を受診するデメリットもあります。 それは「ただの風邪で受診したのに結果的に新型コロナウイルス感染症にかかってしまう」ことです。 現在、新型コロナウイルス感染症が疑われた場合、各自治体の相談窓口に電話相談した後に医療機関の「帰国者・接触者外来」を受診することになります。 今の国内の状況では、受診者の大半は「新型コロナウイルス感染症ではない(風邪などの)患者」ですが、稀に新型コロナウイルス感染症の方が外来を受診している可能性があります。 例えばですが、とのことです。 地域によってこの頻度は異なりますが、多くの地域では風邪症状で受診する患者の大半は新型コロナよりも風邪やインフルエンザです。 しかし、患者さんがたくさん医療機関に押しかけることによって、風邪の患者さんと新型コロナウイルス感染症の患者さんとが、同時に医療機関の中に集まることになります。 多くの医療機関では、受診者同士が近距離で接しないように一定の間隔で待合で待機できるように配慮していますが、受診者があまりに多すぎると狭い空間に受診者が長時間待機することになるかもしれません。 新型コロナウイルス感染症である可能性が高くない時点で病院を受診することは、場合によってはかえって新型コロナウイルス感染症に罹る可能性を高めることがありますので注意しましょう。 高齢者や基礎疾患のある患者は早めの受診を 年齢別にみた新型コロナウイルス感染症の致死率(中国CDCのデータより筆者作成) 当初から言われているように、新型コロナウイルス感染症で重症化しやすいのは高齢者と持病のある方です。 によると、年齢が上がれば上がるほど致死率が高くなることが改めて数字として示されています。 30代くらいまでは亡くなる人はほとんどいませんが、40代以降から徐々に致死率が高くなり、80歳以上では14. でも同様に亡くなっているのは大半が高齢者です。 高齢者では風邪やインフルエンザのような症状が続けば早めに病院を受診する方がメリットがあるでしょう。 基礎疾患と新型コロナウイルス感染症の致死率(中国CDCのデータより筆者作成) 持病の有る無しによっても重症度が変わってくることも分かってきています。 心血管疾患、慢性呼吸器疾患、がんなどの持病をお持ちの方も、早めに受診することが望ましいでしょう。 周囲の流行状況を把握しておきましょう 各都道府県における新型コロナの流行状況(厚生労働省 発生状況マップより) 現在は地域によって流行状況が異なります。 4月25日までに東京都では3590人の患者が報告されており、まだまだ患者は増加傾向です。 3月上旬には当院でPCR検査を受けた患者の5%が陽性でしたが、現在は10%以上にまで高くなっています。 一方、岩手県のようにまだ患者が報告されていない地域もあります。 こうした地域にお住まいの方では、風邪症状が出たとしても、海外渡航歴や接触歴がなければ新型コロナの可能性は高くないでしょう。 周辺の流行状況によって、自身が新型コロナに罹る可能性も変わってきますので、お住まいの地域の流行状況をしっかりと把握しておくことが大事です。 風邪やインフルエンザのような症状が出現した場合も、個々人が自身の感染リスクと重症化する可能性を考慮した上で、病院を受診するかどうか判断するようにしましょう。 また、病院を受診しない場合も、手洗いや咳エチケットなどの予防対策は必要ですし、周囲の人(特に高齢者や持病のある人)にはうつさないような配慮が必要です。 不要不急の外出は控え、3密空間に行くことは避けましょう。 国難とも言える大変な時期ですが、みんながそれぞれできることをしっかりとやっていきましょう。

次の

新型コロナの典型的な症状と受診する目安は?(忽那賢志)

コロナ 鼻水

コロナ初期症状「鼻水」出たら注意 新型コロナウイルスの初期症状は鼻水が出るという点が挙げられます。 厚生労働省の「」によると、新型コロナウイルスの症状に関して以下のように記載があります 多くの症例で発熱,呼吸器症状(咳嗽,咽頭痛, 鼻汁,鼻閉など),頭痛,倦怠感などがみられる. もちろん、気温が低くなれば誰でも鼻水(鼻汁)が出るはずです。 そのため、単に鼻水が出るからといって、新型コロナウイルスに感染しているわけではありません。 しかし他の諸症状(発熱・咳・頭痛・味覚や嗅覚障害など)と組み合わさっている場合は、新型コロナウイルスの初期症状であることを疑うべきです。 新型コロナウイルスに感染した場合に、最もよく見られる初期症状「発熱」についてはこちらの記事をご覧ください。 また、咳をすることで発生する飛沫感染や、コロナ予防策についてはこちらの記事をどうぞ。 コロナ初期症状「鼻水」重症化 その際に特に注目するべきなのは、新型コロナウイルスの症状の一つである「鼻水の症状」が重症化するかどうかです。 新型コロナウイルスの重症化の経過が分かりやすい画像として、メディカルノートの画像を引用させていただきます。 一般的に、鼻水を伴う通常の風邪は、発症してから一週間も経過すれば回復に向かいます。 一方で新型コロナウイルスの場合、鼻水を伴う初期症状が発症してから一週間が経過しても未だ回復せず、さらに症状が悪化する可能性があります。 ひどい症状の場合は入院し、• 集中治療室や• 人工呼吸器 も必要となります。 () その際の重症化する割合の大体の目安ですが、新型コロナウイルスへの感染が確認された症状のある人の• 80%が軽症• 14%が重症• 6%が重篤 となっています。 しかし、重症化した人も、約半数は回復していますので、重症化してしまったからと言っても必ずしも死亡するわけではありません。 () について、詳細はこちらの記事をご覧ください。 なお、重症と重篤の言葉の意味が似ているので、参考までにそれぞれの意味を挙げると• 重症とは、症状が非常に重い状態、• 重篤とは、症状が非常に重く、このままの状態では死に至ってしまう状態 を指します。 したがって、鼻水の症状が見られた場合、「ただの鼻水だろう」などと安易に考えるのではなく、「もしかしたら入院が必要となる可能性がある」と重く捉え、注意深く経過を観察するようにしましょう。 そうすることで、新型コロナウイルスの初期症状に早期に気がつくことにつながるはずです。 新型コロナウイルスへの感染リスクを増大させないため、正しいマスクの付け方について、こちらの記事で説明していますのでご参照ください。 コロナ初期症状「鼻水」誤情報(デマ) しかしここでの注意点としては、新型コロナウイルスの初期症状として、絶対に鼻水が含まれると断定できるわけではないという点です。 というのも、新型コロナウイルスについてはまだ解明されていないことが多いので、厚生労働省が公表している情報が誤っている可能性もあるためです。 その結果、誤情報(デマ)が拡散される可能性が出てきます。 例えば、「新型コロナウイルスによる肺炎は乾いたせきが特徴であり、鼻水は出ないものなので、もし鼻水やたんが出るならそれは普通の風邪だ」などという情報が拡散したことがありますが、この情報は誤りです。 ()新型コロナウイルスの初期症状「痰がらみ」について詳しくはの記事をどうぞ。 この新型コロナウイルスの鼻水症状に関するデマに対し、米ベイラー医科大学の専門家、ロバート・レグリー・アトマー博士は以下のように主張しています。 乾いたせきが出る感染者は確かに多いとしたうえで、たんの出る湿ったせきをする症例もみられると強調した。 () つまり、鼻水が出たからといって新型コロナウイルスの初期症状であると断定するのは避けた方が良いのですが、だからといって鼻水症状を安易に捉えるべきではないということです。 その代わり、前述の通り• 味覚や嗅覚障害 などの症状が組み合わさっていないかどうかを確認するべきです。 の場合、頭痛薬を服用するべきかどうかについてはこちらの記事をご覧下さい。 についてはこちらの記事をご参照ください。 コロナ初期症状「鼻水」治癒した状態と薬 前述の通り、厚生労働省の「」では多くの新型コロナウイルスに感染した患者に鼻汁(鼻水)の症状がみられるとの記載がありますが、新型コロナウイルスについては未だ多くの部分が謎に包まれた状態であり、すべてが解明されているとわけではありません。 それは新型コロナウイルスに感染した場合もそうですが、治癒した状態についても同様のことが言えます。 例えば厚生労働省は、• 発熱や• 咳 等の呼吸器症状が消失し、• 鼻腔や• 気管 などからウイルスを検出できなくなった状況を「治癒した」と判断しています。 また、この新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立しておらず、ウイルスが• 上気道や• 肺 で増えることで生じる• 発熱や• 咳 などの症状を緩和する目的の治療(対症療法)として、• 解熱剤や• 鎮咳薬 を投与したり、点滴等が実施されています。 対症療法により、全身状態をサポートすることで、この間ウイルスに対する抗体が作られるようになり、ウイルスが排除されて治癒に至ると考えられます。 () ここで出てくる「対症療法」というのは、疾病の原因に対してではなく、• 主要な症状を軽減するための治療を行い、• 自然治癒能力を高め、• かつ治癒を促進する 療法を指します。 つまり新型コロナウイルスの初期症状に対する特効薬は存在せず、自然治癒力に頼らざる得ないのが現状です。 しかし治療薬の有力候補として、• アビガン• レムデシビル• カレトラ• オルベスコ が注目されているというのも事実です。 例えば2020年3月28日に安倍晋三首相は、アビガン(一般名:ファビピラビル)について「正式承認に向け治験プロセスを開始する」と表明しました。 () について、詳しくはこちらの記事をご参照ください。 コロナ初期症状「鼻水」まとめ 新型コロナウイルスの初期症状の一つとして鼻水が挙げられます。 鼻水は体温が下がれば誰でも出るものであり、鼻水が出たからといって新型コロナウイルスへの感染を断定するのは時期尚早です。 したがって、他の発熱や咳などの諸症状と組み合わさっているのかどうかで、新型コロナウイルスへの感染の有無を第1次的に判断すると良いでしょう。 しかし新型コロナウイルスはまだ解明されていないことが多いので、誤情報があることにも注意しましょう。 例えば鼻水の症状が出たからといって、必ずしも新型コロナウイルスに感染したわけではありませんが、新型コロナ感染を否定できるわけでもありません。 実際に新型コロナウイルスに感染したかどうかは、最終的には検査をしてみない限り分かりません。 少しでも不安に感じるようであれば自己判断するのではなく、専門家の判断を仰ぐ必要があります。 具体的に言うと、風邪やインフルエンザ等の心配があるときには、これまでと同様に、かかりつけ医等に相談すればよいでしょう。 一方で、新型コロナウイルスへの感染が心配である場合には、最寄りの保健所などに設置される「」にお問い合わせください。 特に、「帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく際の目安」として厚生労働省より公表されている以下の条件に当てはまる方は、同センターに早急に相談するようにしましょう。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) () 上記目安に出てくるについて、詳しくはこちらの記事をご参照ください。 もっと知りたい 新型コロナウイルス初期症状についてさらに詳しく知りたい方向けに、おすすめ記事を紹介します。 についてはこちらの記事をどうぞ。 についてはこちらの記事をどうぞ。 また、もし新型コロナウイルスの初期症状の一つである喉の痛みを感じたならば、以下の「」をもとに、• 医療機関で受診をするのか• セルフケアで済ますのか を判断するための一助にされてください。 新型コロナウイルスの初期症状「なし」の場合、どのような問題が生じるかについてはこちらの記事をどうぞ。 について、詳しくはこちらの記事をご参照ください。 新型コロナウイルスの初期症状として、若者は軽症で済むかどうかについてはこちらの記事をどうぞ。 新型コロナウイルスの初期症状の中でも、特に緊急性の高い13症についてはこちらの記事をご覧ください。

次の

【コロナ初期症状「鼻水」重症化】治癒状態と治療薬【誤情報・デマ】

コロナ 鼻水

というニュースが流れると、誰もが「ちょっと待って、新型コロナウイルスにかかっているかな?」と思うようになるのは時間の問題です。 現時点では、新型コロナウイルスに感染している確率は低く、あなたの咳は風邪かインフルエンザである可能性がはるかに高いです。 それでも「コロナウイルスかも?」と思った場合に、やるべきことをお教えしましょう。 症状が本当に一致しているかを確認する 新型コロナウイルスは、風邪やインフルエンザと似た呼吸器系の疾患ですが、どの症例でもほぼ見られない顕著な症状が「鼻水」。 鼻水や鼻詰まり、くしゃみがひどい場合は、新型コロナウイルスに感染している可能性は非常に低いです。 によると、これまでのところ 9割の患者が発熱しており、 7割の患者が乾いた咳をしており、それが典型的な症状です。 "-— World Health Organization WHO WHO 万が一 熱と咳があっても、パニックにはならないでください。 風邪もインフルエンザも年中かかる可能性があり、冬になるとさらに確率が上がります。 今年も例外ではありません。 新型コロナウイルスの方が珍しい病気である限り、その咳は風邪などもっと一般的な病気である確率が圧倒的に高いでしょう。 誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性はありますが、高齢者や、慢性的な呼吸器系疾患など健康上の問題がある人がもっとも深刻です。 なお、理由はまだわかっていませんが、 今のところ子どもには重症のケースがないようです。 このような情報は新型コロナウイルスについて解明されると変わる可能性がありますが、お子さんがいる人は、先週までの時点で、という事実を知ると、少しは安心するかもしれません。 無暗に病院に駆け込まない 自分が伝染する深刻な病気にかかったかもしれないと思った場合は特に、他の選択肢があるなら救急に駆け込まないでください。 これは新型コロナウイルスだけでなく、麻疹など他の深刻な伝染性の病気に関しても原則です。 は、感染の疑いがある場合には、まず「」に電話で相談するよう要請しています。 以下の場合には、 最寄りの保健所等にある「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談しましょう。 1 風邪の症状や37. 5度以上の熱が4日以上続く 2 強いだるさや息苦しさがある 重症化しやすい高齢者や基礎疾患がある方に加えて、念のため妊婦さんは、こうした状態が2日程度続いたら相談しましょう。 症状がこの基準に満たない場合には、かかりつけ医や近隣の医療機関にご相談ください。 (より) 電話での相談を踏まえて、感染の疑いがある場合には必要に応じて、新型コロナウイルス感染症患者の診察ができる医療機関(「帰国者・接触者外来」)を紹介するとしています。 なお、 医療機関を受診する際も、必ず マスクの着用・ 手洗いや 咳エチケットを徹底しましょう。 なお、以上の項目に当てはまらない場合でも、各都道府県によっては相談窓口を設けているところもあります。 詳しくは、各都道府県が公表している「」のページを確認しましょう。 伝染病に罹った場合は家にいる 新型コロナウイルスに罹った、もしくは罹っているかもしれないと思う人は、できるだけ家にいるようにしましょう。 必要に応じて病院に行くことになるかもしれませんが、それ以外は 用事を済ませたり、学校に行ったり、職場で仕事をしたり、公共の交通機関を使ったりするのは極力避けてください。 言うは易く行うは難しだとは思いますが、できる限り有給休暇やリモートワークなどの制度を活用するなどの行動を心がけましょう。 一緒に住んでいる人を守る 家にいるということは、 一緒に住んでいる人にウイルスが伝染する危険性があるということ。 米疾病管理センターには、もあります。 その一部を紹介します。 できる限り病人とは 別の寝室やバスルームを使う。 同じ部屋にいる時は、病人もそうでない人もマスクを着用する。 全員がしっかりを手洗いをし、咳などをする時は適切にマナーを守る(自分の腕やティッシュなどで口を覆い、使い終わったティッシュは捨てる)。 病人はペットとの接触はできるだけ避ける。 新型コロナウィルスが動物にも、もしくは動物からも感染するかどうかはまだわかっておらず(おそらく家庭のペットの場合は問題がないと思われるが)、米疾病管理センターは念のために避けた方がいいと推奨している。 ドアノブ、キーボード、キッチンのカウンター、浴室の備品など、よく触る場所は常に清潔にする。 体液をきれいに掃除するのはもちろん、掃除の際は手袋とマスクをすること。 衣服もこまめに洗濯する。 病人の症状を観察し、医療関係者の指示に従うようにする。 常に清潔に掃除するようにし、病人と健康な人の接触は極力避けること。 一人暮らしの場合も同じようにしましょう。 身の回りは常に清潔にし、人と一緒にいなければならない場合は、マスクを着用し、家に来ると言う人にはFacetimeを使った方がいいと伝えましょう。 あわせて読みたい.

次の