東京 電力 記者 会見。 手越祐也、会見は「感謝」と「ビジョン」の繰り返し あとは夢、チャレンジ、人脈...: J

話をすりかえる首相、追及しない記者…「無意味な『記者会見』の改善を」江川紹子の提言

東京 電力 記者 会見

「NEWSが大好き」と強調しつつ... 会見冒頭、手越さんはNEWSの現在のかつての所属事務所であるジャニーズ事務所や「NEWS」のメンバー3人、及びそのファン、さらには自身がレギュラー出演していた世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の出演者らに対し、「心から感謝している」と表明。 特に、2019年まで事務所社長を務めた故・ジャニー喜多川氏に対しては、「人生を変えてもらった」と深い感謝の念を持っていることを明かした。 併せて、退所に関しては5、6年前から漠然と考えていたとしつつ、「男としてチャレンジしたいことが出てきた」「事務所に甘えずにチャレンジしたいことがあった」と、その思いについて説明。 また、具体的な話が始まったのは2020年3月だったとも明かしつつ、弁護士を付けることになったのはジャニーズ側ときちんと交渉するためと説明。 「もめたくなかった」と交渉の際の気持ちを明かすとともに、マスコミ報道は事実と異なる部分も多いと主張するなどした。 加え、「NEWS」の3人に対しては、「NEWSが大好き」としつつ、自身が退所の際に謝罪メッセージを出したことについて、「3人を謝罪させてしまったことは心が痛い」と表明。 併せて、ファンに対しても改めて「NEWSが大好き」としつつ、「生半可な気持ちでの退所ではなかった」と、決意の重さを語った。 また、自身が開設しているSNSについては、現時点ではツイッターとYouTubeのみであると説明。 ただし、インスタグラムについては「追って開設したい」と明かした。 「日本文化の発信」「ボランティア」「世界進出」... 具体的には? また、自身の今後については、今、具体的な発表をすると「SNSがパニックになる」として具体的な話は避けつつ、「夢」「チャレンジ」「ビジョン」「準備」といった言葉を積極的に使って今後の自身の身の振り方について説明。 「人脈はそんなに多くない」と謙遜しつつ、「日本文化の発信」「ボランティア」「世界進出」といった言葉を交えて今後の夢を語るなどしたほか、「微博(ウェイボー)を活用したい」といった言葉が飛び出す一幕もあった。 その中でも、特に、5月に緊急事態宣言下での都内でバーやクラブをはしごしていたと報じられたことについては、「今後の自分の夢の準備のため」と説明。 また、外出を自粛するようになってからはさらなる今後の準備を進めるべく、「アメリカとハブのある方とZOOM会議を行っていた」と説明した。 なお、「ビジョン」という言葉に関しては特に連呼する機会が多く、それは、自身のビジョン以外に言及することも。 自身のツイッターを「本物」と認めたYouTuberのヒカルさんについては、「すごくビジョンのある方」と絶賛しつつ、「ヒカルさんがどこで撮影しているかは知らない」「2、3回一緒にご飯に行ったことがある程度」と、ヒカルさんとの関係を説明した。 そして、会見終了直前に記者から出た、この日の会見場所を選んだことに何らかの意味があるのかとの問いには、「急遽(きゅうきょ)の退所だったので」としつつ、特段の意味はないと回答。 加え、「急遽の会見にお越しくださいましてありがとうございました」と、記者会見に訪れた記者たちに感謝の念を表明するなどした後、会見は終了したのだった。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

代表定例会見|東京電力

東京 電力 記者 会見

残念ですがあの記者の態度は被災者、そして世界の声です。 チンピラですか? 可愛いものですよ、東電の上の連中も今起きている現状を理解して無いようですから。 福島原発で起きている事は世界の歴史に残り語り継がれ世界中の人は東京電力という会社に眉をひそめます。 貴方があの記者を許せないのかも知れませんが人類は東京電力を許しませんよ。 まぁ、そのうち理解する事でしょう。 東京電力は今回の事故(事件?)の真相を隠そうとしても無理です、相手が世界なのです。 >今、日本は一つにならなければいけ ない。 そして復興の為にみんなが手を取り合って協力をしなければいけない。 その通りです。 だからあの東電のアホな会見が許せないんです。 他の記者は言えないんですよ、悪い意味で大人ですから。 東京電力は一生懸命なんてやってないですよ。 理由は福島原発があの様になったのは、東京電力の怠慢で起こるべく起こった人災だからです。 福島の新聞社「福島民友」から、地震発生10日前に33機器点検漏れの報道をされています。 (福島民友のサイトに載っています) また、2007年にも共産党から10機器点検漏れを指摘されましたが、その後点検は実施していません。 そして、IAEA(国際原子力機関)から福島原発の耐震は過去の物で大きな地震がくると危ないと警告を受けましたが、東京電力は対応しませんでした。 東京電力は明らかに怠慢経営をしている企業とよくわかります。 なのであんな記者会見をされていても仕方ありません! ちなみに現場に行って作業しているのは東京電力の下請け会社の社員です。

次の

代表定例会見|東京電力

東京 電力 記者 会見

日時 2012年07月06日 金 18:00~• 場所 東京電力本社(東京都千代田区) 4号機UPSを装置から取出し内部確認した結果、細かいゴミの内部混入による絶縁劣化と判断。 ゴミの吸い込み対策実施し、従来通りに運用を再開する。 国会事故調報告書の参考資料の津波写真に、マスコミ非公開のものがあることが発覚、公開を要望した。 東電会見に参加するフリーランスの記者を「出入り禁止」にした問題で、東電 寺澤徹哉 広報部部長は、ジャーナリストのルールに反する行き過ぎた取材であったことを理由に、同社施設への立ち入りを禁じていると釈明した。 東電の取材拒否制裁は今回で2度目 この問題の発端は先月27日におこなわれた東電株主総会の会場でおこった。 東電は株主総会での録画録音を、参加者のプライバシー保護の観点から禁止しており、これを遵守しなかったとして記者への制裁がおこなわれた。 具体的には東電会見への参加をはじめ、東電施設への入場を拒否するといった制裁だ。 一方で、株主総会の参加者から、総会の様子を映した映像を、入手放映した一部の大手メディアもあったが、こちらへの制裁は事実上おこなわれない。 この取材媒体の規模の差が、制裁の差になっているのではないかとする記者の質問に対して東電の寺澤氏は「大手メディアの場合は個人を特定することは難しい」と調査の困難を示唆した。 事実上国有化している東電が開催する、株主総会や定例記者会見への参加制限には、その正当性に疑問がのこる。 ジャーナリズムの有り様まで教授する東電の寺澤氏ではあるが、東電の取材拒否のルールはなく、ケースバイケースで東電の裁量によるなど、東電の不透明な取材対応が、あらためて浮き彫りとなった。 東電福島第一原発事故の損害賠償を巡る和解案の受け入れを、東電が不当に遅らせていると指摘されている件で、東電 原子力・立地本部長代理の松本純一氏は「事例の関係者について厳重に注意するとともに、和解案の尊重について改めて社内で徹底し、このような事例の再発の防止を図る」と述べた。 以下、東京電力ホームページ よりリンク表示 2012年7月6日 2012年7月6日 2012年7月6日 2012年7月6日 2012年7月6日 2012年7月6日 2012年7月6日.

次の