オーディオ テクニカ 完全 ワイヤレス イヤホン。 audio

【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:audio

オーディオ テクニカ 完全 ワイヤレス イヤホン

audio-technica ATH-ANC300TW 同社初のNC完全ワイヤレスイヤホン オーディオテクニカ(audio-technica)は、同社初のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」を5月29日に発売します。 オープン価格で、25,000円前後での実売が予想されます。 1月にラスベガスで行われたCES 2020に出展され、海外では229ドルで販売されているモデルの国内販売が決定した形。 記念すべき同社初のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンとなります。 「ATH-ANC300TW」の内容・特徴 左右それぞれのイヤホンに、外側に設置するフィードフォワード方式マイクと内側に設置するフィードバック方式マイクを搭載する「QUIETPOINT ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を採用しているのが特徴としてしています。 また、高精度のノイズキャンセリングプロセッサーに伝送し処理を行うとも謳っています。 このあたりは高いノイズ低減効果を謳う先行他社の人気モデル(ソニー、テクニクス)と同様の基本原理と言えます。 いわゆるハイブリッド方式のノイズキャンセリングでしょう。 また、周囲の音を瞬時に確認できるクイックヒアスルー機能も搭載。 Qualcomm cVcテクノロジーによりクリアな通話を実現しているとしています。 ケースから取り出すだけで電源オンになる機能も搭載するほか、 片側のイヤホンだけでも使用できるので、通話用のヘッドセットとしても活躍できます。 左右両方のイヤホンにマルチファンクションボタンを搭載。 本体での各種操作が物理ボタンで可能になっています。 ノイズキャンセリング機能や外音取り込みの調整や設定、操作ボタンのカスタマイズなどができる 専用アプリ「Connect」も用意。 Bluetoothのバージョンは5. 0で、 SBC・AAC・aptXコーデックに対応。 イヤホン単体で最大約4. 5時間、付属の専用充電ケースとの併用で最大約18時間の音楽再生が可能。 約10分の充電で、約1時間使用できます。 再生時間のスペックはもう少し伸ばしたかったところかもしれません。 イヤホン部はIPX2相当の防滴性能も備えています。 重量はイヤホンが約7g(片側)で、充電ケースが約50g。 DLC振動板採用による高音質がアピールポイント 正直、ここまでの内容は、先行して発売されている他社の同価格帯前後のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンと比較して特に際立った特徴があるとは言えない程度です。 では、どこに本機の特徴というか、アドバンテージがあるかというと、どうやらイヤホンそのものの高品位、高音質ということのようです。 8mmドライバーを搭載しています。 DLCコーティングとはダイヤモンドと黒鉛の中間に近い特性を持つ材料を使用した、非常に高い硬度と速い伝導速度を有するコーティングです。 これにより、硬く、薄く、軽いというスピーカー用振動板の理想により近づいた振動板を構成させています。 すでに同社製の高級イヤホンATH-CM2000TiやATH-CK2000Tiにも搭載されており、その情報量が多くワイドレンジなサウンドで、DLCコーティング振動板の実力は知れ渡っています。 いずれも5万円以上の上位モデルです。 今回、「ATH-ANC300TW」専用に振動板を開発してまで搭載しているという力の入れようで、有線の高級イヤホンだけでなく、完全ワイヤレスイヤホンでも高音質を徹底追求することで、市場での存在感を高めようというオーディオテクニカの意志の表れのようにも感じます。 とはいえ、有線の高級イヤホンのノウハウや技術を、2万円台クラスの完全ワイヤレスイヤホンに投入したという触れ込みは、例えば、テクニクス(パナソニック)のEAH-TZ700でも謳っています。 そちらも、グラフェンコートのPEEK振動板という高品位なハイテク素材を使っています。 完全ワイヤレスイヤホンとしての完成度が問われます また、本機のBluetoothチップは、対応コーデックや機能からすると、どうやら汎用品の範囲になるクアルコムのチップのようです。 ノイズキャンセリングの詳細についてはわからないところもありますが、もし、ノイズキャンセリング機能を汎用チップでおもにまかなっているのなら、独自回路を使っているソニーあたりにはなかなか敵わないのではないでしょうか。 DACやヘッドホンアンプ部については、おそらく自社製の回路で高音質化を図っているものと思われますが、これもソニーやテクニクスあたりと比べて、アピールがあまりなされていないのは気になります。 さらに、他社のようにイコライザーを細かく調節できるアプリもないようです。 ただ、 有線イヤホンにおいて、非常に長い歴史と実績のある実力派の老舗メーカーであることは確かなので、「ATH-ANC300TW」も音が良ければ人気は出ると思います。 完全ワイヤレスイヤホンならではの問題として、接続安定性や操作性は大きな要素であり、この部分での完成度が低いために大手であっても苦戦する原因になるのも完全ワイヤレスイヤホンです。

次の

お待たせ! オーディオテクニカから完全ワイヤレスイヤホン「ATH

オーディオ テクニカ 完全 ワイヤレス イヤホン

8mm ドライバーを採用。 ・左右独立伝送により音切れに強く、低遅延を実現するQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応。 5時間、最大約18時間の音楽再生が可能です。 ・イヤホンをケースから取り出すと自動的に電源が入り、すぐに使える状態になります。 イヤホンをケースに戻すと自動的に電源が切れ、充電が開始されます。 高音質と優れた遮音性を備えたデザインで、最適なフィット感が得られます。 さらに、完全ワイヤレス専用のCOMPLY? フォームイヤピース M も付属しています。 左側、右側どちらか片方のヘッドホンだけでも通話ができます。 片側を使用している間、もう片側を充電しておくことができます。 0準拠 ・複数台の機器登録が行えるマルチペアリング機能 ・左右両側のヘッドホンで高品質なハンズフリー通話を実現 ・ワンセグのワイヤレス視聴ができる、コンテンツ保護方式SCMS-Tに対応 ・音声ガイド機能に対応。 ・水しぶきに強い防滴性能(IPX2相当)。 製品を15度傾けた状態で上から落ちる水滴に対して保護されていることを意味します。 お風呂などの高温多湿の場所では使用できません。 4GHz帯 2. 402~2. 7Vリチウムイオン電池 内蔵式 ・充電ケース:DC3. 7Vリチウムイオン電池 内蔵式 ・充電ケース:DC3. 、イヤピース XS,S,M,L 、COMPLY フォームイヤピース M.

次の

オーディオテクニカからノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン

オーディオ テクニカ 完全 ワイヤレス イヤホン

オーディオテクニカは6月19日、『アイアンマン』シリーズや『アベンジャーズ』シリーズで知られる、マーベルとコラボレーションしたオリジナル完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CK3TW SI」「ATH-CK3TW TS」を発表した。 7月3日に日本国内のみで数量限定発売する。 価格はオープン。 ATH-CK3TW SIは『アイアンマン』シリーズなどに登場する「トニー・スターク」の会社「スターク・インダストリーズ」を、ATH-CK3TW TSはトニー・スタークをモチーフにしたモデル。 両モデルともに、音声ガイドにはトニー・スタークが産んだ人工知能のJ. (ジャービス)の音声を使用しており、電源のON/OFF、再生/一時停止などのヘッドホン操作状況を知らせてくれる。 実際の音声ガイドは、特設サイトで6月26日から一部試聴可能になる。 ケースから取り出すだけで電源がONになり、音楽をすぐに聴けるオートパワーON/OFF機能を搭載した。 指になじむ凹形状のハウジングにはタッチセンサーを内蔵し、音楽操作や通話、音量調整などを正確にコントロールできる。 音切れに強く低遅延を実現するQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応しており、安定した接続でストリーミング再生を実現するという。 マイクロホン部は型式がMEMS型、指向特性は全指向性、感度はー38dB(1V/Pa,at1kHz)、周波数帯域は100~10000Hz。 通信方式はBluetooth 5. 0に準拠。 対応BluetoothブロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。 対応コーデックはQualcomm aptX audio、SBC。 防滴仕様はイヤホンのみIPX2に対応している。 充電時間はイヤホンが約2時間、充電ケースは約2. 5時間。 使用可能時間は音楽再生時の連続通信は最大約6時間、充電ケース併用時は最大約30時間。 重量はヘッドホンがL側/R側ともに約4. 充電ケースは約49.

次の