離乳食 裏ごし ブレンダー。 離乳食におすすめのブレンダー7選|使い方のポイントやお手入れの方法、ブレンダーを使った期別離乳食レシピも

離乳食に便利なブレンダー3選 /ずっと役立つ多機能揃い-育児と家計ラボ

離乳食 裏ごし ブレンダー

この記事の目次• 離乳食には裏ごし不要のブレンダーが便利! 子どもの離乳食が始まると、毎回どんなメニューにしようかと悩んでしまいますね。 また一から作るのは手間もかかる事ですから、忙しい育児中はなかなか気が重く面倒ですね。 離乳食の強い味方!ハンドブレンダー 離乳食を食べやすくつぶしたい!そんな時に便利なの道具が「ハンドブレンダー」なんです。 すでに持っているという方も多いのではないでしょうか。 ハンドブレンダーが離乳食作りにおすすめな理由としてまず大きいのが、少しの量でも使えること! 赤ちゃんはたくさんの量を食べることは出来ませんね。 少しでいいんだけど・・・という場合がよくありますよね。 そんな時はやはり便利です。 食材をつぶす・混ぜる・泡立てるなどの作業が簡単に出来ます。 鍋で食材を茹でたあとそのままブレンダーが使えることも便利な点ですね。 芋など茹でた鍋で、ボールなどに移し替えることなくそのまま加工出来ます。 スープにする場合など、洗い物が増えなくて助かりますね。 スイッチを入れて、数秒ほどで出来あがりますよ! またおかゆは、多めに作って一回分ごとに分けて冷凍しておくというママも多いようなので、便利ではないでしょうか。 よくミキサーを使っているというママもいましたが、若干使いにくいという一部に声もありました。 ミキサーでおかゆを作ると、上手く混ぜ合わせてくれましたが、ミニトマトなどの食材によっては中で転がるだけでうまくできませんでした。 という意見もありました。 離乳食作りにブレンダー!そのメリットは裏ごし不要 離乳食にブレンダーを使うメリット• 離乳食を作るのがラクチンになる• 調理時間が短い• ママの手間がはぶける• 手でやるより滑らかな仕上がりになる などたくさんのメリットがあげられました。 どんな食材でもスイッチを入れて数秒後で出来あがりなんです! 食材によってはゴリゴリと力が必要だったり、すりつぶすのに時間がかかるものがあります。 すり鉢やすりこぎ棒などの洗い物だって増えます。 すり鉢の溝って洗いにくいものですよね。 またブレンダーでの仕上がり具合は本当になめらかなんです。 子どももするすると食べることが出来て、喉につかえる・・・ということがありません。 初めて使った時は感動しました。 離乳食はとにかく面倒なイメージがあったのですが、ブレンダーを使ってからは離乳食作りが楽しみになっていました。 そんなブレンダーのオススメな使い方を紹介します。 おかゆを作る• スープやポタージュが簡単に出来る• 野菜や果物をペーストにする• みじん切りも出来る• 離乳食の初期はおかゆが多いですよね。 たくさん作って冷凍保存していましたよ!野菜や果物のペーストも同じ要領でやりました。 また離乳食だけじゃなく、大人のメニューにも使えるので大変重宝しています。 離乳食に、ブレンダーを使って裏ごし不要で楽ちんレシピ 離乳食にオススメな簡単レシピを紹介します。 ブレンダーで簡単に作れる!「つぶし粥」の作り方 量・・・3~4食分 調理時間・・・約10分弱 材料 ごはん・・・約30g 湯・・・200ml 作り方• 鍋にご飯を入れます。 5分くらい煮立たせたら、冷まします。 ある程度冷めたら、白湯を少し入れてブレンダーで滑らかになるまで混ぜ合わせます。 りんごは皮をむいて芯の部分を取り除きます。 鍋にお湯とりんごを入れて煮立たせます。 お湯がほとんど無くなったら、ブレンダーで滑らかになるまで混ぜ合わせます。 ブレンダーとは?その使い方も紹介します 離乳食に最適だと言われているブレンダー。 子どもの離乳食が始まるのをきっかけにして、使い始めた!という人も多いのではない でしょうか。 ミキサーとは違う?ブレンダーとはなに? ブレンダーとは、食材を撹拌する調理家電のことです。 ミキサーと同じように、卓上に置くタイプでしたが、最近ではスティックタイプのものをいうことが多いようです。 離乳食のためにブレンダーを購入する場合は、適したタイプを選ぶといいでしょう。 ブレンダーでまとめて作った離乳食は、小分けにして冷凍保存すると便利です!• 製氷皿に1食分ずつ入れる• 冷凍保存用のチャックつきの保存袋に平らにして入れる 離乳食に時期や目安について 離乳食の目安は・・・? 赤ちゃんに食べさせる食品は、離乳の進行をみて種類を増やしていきましょう。 心配なのはアレルギーがあるかどうかですね。 まずは、アレルギーの心配の少ないお米から始めていきましょう。 お米と言ってもおかゆになります。 慣れてきたらじゃがいもや野菜や果物などもあげてください。 最初は、スプーンで一さじずつからあげるようにしましょう。 さらに慣れてきたら、豆腐や白身魚などをあげていってください。 はちみつなど満1歳まであげてはいけない食品もありますので、よく注意しましょう。

次の

離乳食に便利なブレンダー3選 /ずっと役立つ多機能揃い-育児と家計ラボ

離乳食 裏ごし ブレンダー

あみあみの中に入った食材は取れにくく洗うのも一苦労。 お粥のもったりしたものも大変ですが、ほうれん草やトマト、コーンは裏ごし器での裏ごしが本当に時間がかかるし大変なんです。 離乳食にミキサーとハンドブレンダーどちらが必要? 大変な裏ごし作業をあっと言う間に終わらせてくれる便利な機械。 その名も「 ミキサー」(笑)。 ミキサーは固形の食べ物を液体にしてくれる便利な機械です。 バナナ+牛乳など、ジュースやスープを作る際に利用しますよね。 我が家にあるミキサーはミックスジュースが作れるような大きいミキサーなのですが、離乳食用にあのミキサーを使うのが適しているかと言うと実はちょっと難しいんです。 とうもろこしは薄皮が残っちゃった・・・ とうもろこしのような離乳食初期から食べさせられるけれど裏ごしが大変な食材は「食材宅配」を使うのがおすすめ。 保存料、調味料は一切使っていない 野菜の裏ごしが「定期便」で届く新しいサービスです。 コープ、オイシックスとの最大の違いは.

次の

離乳食の”裏ごし”は何のため?いつまで必要?裏ごしのコツやおすすめ裏ごし器を紹介!

離乳食 裏ごし ブレンダー

離乳食では基本のおかゆを始め、いろんな野菜や食材を裏ごししたりペースト状にしたりして赤ちゃんに食べさせてあげますよね。 でも、最初からそんなに量は食べないし少量ずついろんな食材を調理するのは大変。 そんな時にあると便利なのがミキサーやブレンダー。 基本の機能は変わらず、混ぜたりペーストにしたりする機能を持っているため離乳食作りには嬉しいアイテム! ここではおすすめのブレンダーとミキサーを9アイテムご紹介します。 この記事の目次• ミキサーやブレンダーがあると、離乳食作りがとても便利に 私自身は、出産祝いとして友人である先輩ママから「ブレンダー」をプレゼントしていただきました! 離乳食作りでは「一度に作って小分けして冷凍」ということが多かったので、ブレンダーが大活躍。 結局、離乳食の「調理セット」を導入せず、ブレンダーだけで乗り切りました。 その後もお菓子作りなど攪拌が必要なシーンや、泡だて器代わりに使ったり、出汁がらで自家製ふりかけを作ったりと、ブレンダーがたびたび登場していますよ。 欲を言えば「刻む(チョッパー)」機能のあるタイプだったら、みじん切りに使えてなおよかったなと感じます。 普段の料理でもそうですが、離乳食中期以降の「粗みじん切り」でも使えるからです。 とは言え、いただいたブレンダーは収納も省スペースで、便利に使えてとてもありがたかったプレゼントのひとつ。 自分ではきっと買わなかったと思うので、出産祝いとして贈るのもいいなと感じました。 必要なのはミキサー?それともブレンダー? このレコルトソロブレンダーは何といっても見た目が可愛らしいです。 サイズは小さめで据え置きのミキサー。 お値段もお手頃な価格となっているので手が出しやすいですね。 飲み口の部分を回すと、通常のタイプとメッシュタイプのものと選ぶことが出来ます。 メッシュタイプにすると撹拌した時に残ってしまった大きめの粒を残してなめらかなペーストだけを器に移すことが出来ますよ。 こし器を使わなくて良いので洗い物が増えないのが魅力的。 離乳食後はスムージーやスープを作る時に使えます。 パンの耳が余れば生パン粉が作れたりと用途はさまざまです。 パナソニック ハンドブレンダー このブレンダーの特徴は、 「まぜる」「つぶす」「きざむ」「砕く」「混ぜ合わせる」「泡立てる」の6役の機能を持っていることです。 とてもたくさんの機能があるので、なるべく手作りのものをお子さんや自分に作りたいという方におすすめ。 「砕く」という機能では、煮干しや昆布などの硬いものを粉砕することが出来るので自家製のふりかけや粉末のだしを作ることが出来ます。 離乳食のアクセントに使うことも出来るので上手く使用しましょう。 また、スタンドの裏側に付属のパーツを収納出来るので便利。 機能と収納を重視する方にオススメしたい商品です。 貝印 マルチブレンダー DK5033 商品ページ 9. クイジナート スマートスティックハンドブレンダー 色がはっきりとしていて見た目がかわいいブレンダー。 洗う時は付属のカップに水と洗剤を入れて回転するだけで綺麗になるので簡単です。 アタッチメントと一体になっているので取り外しは出来ませんが、お手入れが簡単なのが良いですね。 持ちやすくて軽く、回転数もあって3分という長い時間連続で使用できるものです。 時間が長めなので食材の量が多くても撹拌しきることができますね。 収納機能はないのですが、キッチンの隅に倒れないように立てかけておけば、見た目もかわいいのでインテリアのようになりますよ。

次の