インスタ ストーリーズ 追加。 インスタのストーリーで写真や動画を繋げる方法(複数追加)

地味に分かりづらい?インスタのストーリーの追加と削除のやり方!

インスタ ストーリーズ 追加

インスタ「ストーリークイズ」の詳細 多くの人が使っているストーリー機能に、また面白い機能が追加されました。 ストーリーを開くと 「クイズボックス」が表示されていて、ストーリーを見てくれた人がクイズに答えることができる機能です。 記述式ではなく択一式のクイズなので、ストーリーの短い動画時間の中でも答えることができるのではないでしょうか。 上記のような形式で、 閲覧者にクイズに答えてもらうことができます。 出題するクイズも自分で自由に設定できるので、あなたに関連するクイズを出しても面白いですし、ストーリーを撮影した場所などに関連したクイズなどを出題してもいいでしょう。 インスタをより楽しく使うことができる機能として考えることができます。 インスタのストーリークイズの使い方 早速、インスタのストーリーにクイズを追加してみましょう。 クイズを自分で作ってそのクイズを閲覧者に答えてもらって、さらに「誰がどのような解答をしたか」も確認することができます。 フォロワー同士で盛り上がることができる機能なので、ぜひ使いこなしてみてください! まずはクイズを作成 まずは、自分でクイズを作成しなくてはいけません。 このクイズはストーリーで動画や写真を撮影してからでないと作成することができないので、 まずはいつもどおりストーリーで動画などを撮影してください。 ストーリーに投稿する予定の動画を撮影したら、赤枠部分の ス タンプアイコンをタップしてください。 スタンプの一覧が表示されます。 その中に「クイズ」と書かれたスタンプが追加されているので、 クイズを選択してください。 すると、自分のストーリー動画(画像)内に上記のようなクイズボックスが表示されます。 ボックス上部の黒い部分が出題するクイズの題名で、上部分以外の白い部分が解答欄となります。 まずは、出題するクイズそのものを入力してください。 最初に「私が好きなのはどれでしょう」と書かれているのでその文章を消す作業が必要かと勘違いされがちですが、この文章は消すのではなく上書きして文字を入力してください。 そうすればデフォルトの文字が全部消えてくれます。 次に、解答欄を作成してください。 赤枠部分が解答欄になりますが、テキストボックスをタップすれば、そのクイズに関する解答を手動で入力することができます。 用意することができる解答欄は4つで、 その中のひとつを正解にすることができます。 正解もあなたが手動で選択する必要があるのですが、 テキストボックスの左側の「A」「B」などのボタンの中からどれかひとつをタップして、正解を選択してください(正解欄には緑のチェックマークがつきます)。 最終的に作ったクイズがこちらになります。 題名は「私が好きなプリキュアはどれでしょう?」、正解は、緑色で表示されている一番上の「キュアハッピー」です。 クイズの出題が決まらない場合は「サイコロ」を利用する どうしても自分でクイズを決めることができない場合は、 クイズスタンプをタップしたら出てくる「サイコロ」をタップしてみてください。 このサイコロをタップすることで出題するクイズを自動的に決定してくれますので、ランダムで決まった中から気に入ったものをクイズとして出題してみてはいかがでしょうか。 あとは、サイコロで決められたクイズに沿って選択肢を用意すればいいだけですよね。 たまに英語で文章が表示されることがあるので気を付けてください。 クイズボックスをデコレーションする クイズボックスは上記画像のように、 ストーリーの好きな場所に動かしたり、大きさを変えたりすることができます。 クイズボックスを動かしたい場合はクイズボックスをタップして指で動かし、大きさを変えたい場合はスワイプして幅を広げる(幅を狭める)ようにしてください。 また、 画像の赤枠部分のカラフルな丸印をタップすると、緑枠部分のクイズ題名の帯の色を変更することができます。 タップして色を選択するタイプではなく、タップすると自動的に色が切り替わる仕様になっているので、とりあえずひたすらタップしてみて、気に入った色やストーリーに合った色がないかどうか確かめてみてください。 「赤」「緑」「紫」などメジャーな色も揃っている上、グラデーションカラーもありますが、カラー自体は10色しか用意されていません。 作成したクイズが他のユーザーにどう表示されているか もちろん、解答する側のフォロワーは「正解がどれなのか」はわからないように作られているので、クイズの答えが丸わかりになることはありません。 上記のように、A、B、Cの3択で表示され、緑色で表示されるようなことはなくなります。 どれかひとつを選択し解答すると、正解が緑色で表示されます。 また、 クイズは1人1回しか答えることができないので、間違いを正すことはできません。 クイズに答えた人や解答を確認する方法 クイズに答えてくれた人を確認したい場合、まずは投稿したストーリーを開いてください。 画面左下に 「〇人が既読」というアイコンが表示されているので、タップしましょう。 このページで誰がストーリーを見てくれたか確認することができましたよね。 ストーリーにクイズを追加している場合、 そのクイズに他の人がどんな解答をしたかもチェックすることができます。 画像青枠部分が「用意している選択肢を選択した人の人数」で、赤枠部分が「どのユーザーが何を解答したか」を表わしています。 この仕様のおかげで、誰がクイズに正解したかどうかすぐにわかることができます。 具体的な使い方はインスタ内でも記載されている 今回追加されたストーリークイズの詳しい使い方は、インスタ内にも記載されています。 動画として記載されているのですが、自分のアイコンとなりの「NEW」と書かれているインスタアイコンをタップしてみてください。 「新登場新しいクイズスタンプ」という題名で動画がはじまります。 この動画を見ても使い方等をチェックすることができるので、実際の画面でクイズ作成方法を確認したい場合はチェックしてみましょう。 新しい機能の使い方の動画は、 今後また新しいスタンプが追加された際にも投稿される可能性が高いので、その都度使い方を調べてみてはいかがでしょうか! インスタストーリークイズの上手な使い道! インスタのストーリークイズは非常に汎用性が高い可能性があります。 もちろんユーザー間でクイズを出し合って楽しむのもひとつの使い方ですが、 うまく使いこなすことができればフォロワーを増やすこともできるかもしれません。 ただ今の自分がどうしているか伝えるだけではなく「クイズに答えてもらうことができる」という観点から、以下のような使い方をしてみてはいかがでしょうか! ストーリークイズを使ってフォロワーを増やす方法• ストーリーに関連するクイズを出して親睦を深める• 他の投稿に関するクイズを出してその投稿をチェックしてもらう• 「クイズに正解したらプレゼント!」といったキャンペーンを開催する ストーリークイズの解答をチェックできない場合の対処法 上記の2つの画像を比べてみてください。 右側の画像にはちゃんと「〇人が既読」といったアイコンが表示されているので、そのアイコンをタップして解答者やどのような解答をしてくれたか等、集計を取ることができますよね。 しかし、 左側の画像の赤枠部分には何も表示されていません。 クイズボックス自体は設置することができたので、クイズに解答してもらうこと自体はできます。 しかし、せっかくクイズボックスを設置したとしても、上記画像のように閲覧者を確認できないユーザーがいました。 そのような場合はどうすればいいのでしょうか。 時間を置いてクイズ閲覧者を確認してみる 上記画像は 「投稿から2時間経過したストーリー」の画面です(赤枠部分参照)。 2時間経過してようやくオレンジ枠のように「〇人が既読」と表示してくれました。 タップすればちゃんと解答の集計を行うことができます。 このように、 少し時間を置いてもう一度自分のストーリーをチェックしてみてください。 時間差でストーリーの閲覧者が表示されるかもしれません。 誰もクイズに答えていない可能性もある もしかしたら、 誰もクイズに答えていない(ストーリーを閲覧していない)せいで、クイズの集計を取ることができないのかもしれません。 最初フォロワーが少ないアカウントを使ってクイズを作成しましたが集計画面がなかなか現れず、フォロワーの多いアカウントを使ってストーリーを確認すれば、すぐにクイズの解答を集計することができたからです。 クイズの解答やストーリーの閲覧の人数によって、「〇人が既読」と表示されるされないが変わるのかもしれません!.

次の

【インスタ】ストーリーのシェア方法|自分・他人・タグ付けの投稿、シェアさせない設定

インスタ ストーリーズ 追加

インスタの投稿をシェアすることを「リポスト」または「リグラム」といいます。 (本記事では以下、リポストと表記します。 ) Twitterにはリツイート、Facebookにはシェア、という引用投稿をする機能がありますが、インスタにはありませんでした。 そのため、リポストするために他のアプリが必須でした。 写真の隅にリポストマークと投稿者の名前がつけられたものを見たことはありませんか?これはアプリを使って他人の投稿をリポストしたという印です。 2018年5月にインスタグラムは と発表しました。 機能としては、24時間限定で消えるストーリーズへしかリポストできないのですが、ひと手間加えることでフィードへのリポストも可能となります。 他のSNSと比べて、炎上のリスクが低いと言われているインスタですが、リポストは引用元の投稿者やフォロワーに配慮の必要があるアクション。 ここではリポストの方法とマナーについて詳しく解説いたします。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 インスタではリポストで投稿を共有 「素敵な投稿だからみんなにもシェアしたい」あなたはインスタを見ていてそう思ったことはありませんか?インスタにおいて他人の投稿をシェアすることを「リポスト」と呼びます。 リポストの方法はふたつあります。 ひとつづご紹介します。 1-1. 外部のアプリを使ってリポスト 外部のアプリを使うと、フィード上にリポストできます。 さらに写真にリポストマークと元の投稿者名が付けられます。 キャプションもそのまま自分の投稿に転記できます。 2018年5月に公式にリポスト機能が追加されるまでは、アプリを使う方法でしかリポストできなかったので、ほとんどのリポストはアプリを使ってのもの。 現時点でもアプリを使ってリポストする方法のほうが簡単で一般的ですし、そちらをおすすめします。 1-2. 公式の機能を使ってリポスト 公式の機能は24時間で消えてしまう、ストーリーズへのリポストといった限定されたものです。 一旦ストーリーズへリポストした後、ひと手間加えると、フィードにリポストする事もできます。 しかし、ストーリーズへのリポスト時はタップで元の投稿者にアクセスできる仕様が、フィードの場合、できなくなります。 マナーの面でいかがなものかという声もあり、公式の機能とはいえ、フィードへの投稿には配慮が必要です。 2章ではアプリを使った方法、3章ではインスタの公式機能を使った方法をご紹介します。 外部のアプリでリポストする方法 まずはじめに、外部のアプリを使ってリポストする方法について説明いたします。 使うアプリはこちら「Repost for Instagram」がおすすめです。 無料でダウンロードできるリポスト用のアプリはたくさんありますが、こちらが最もポピュラーで使い方も簡単です。 さっそくリポストしてみましょう。 アプリを立ち上げると、一番最初の画面が左のものです。 右上のインスタのアイコンをタップすると、インスタへ移動します。 次にリポストしたい投稿の「…」をタップします。 選択肢が表示されるので「リンクをコピー」を選択すると、「リンクがクリップボードにコピーされました」と表示されます。 リポストアプリに戻ると「New」にコピーした投稿が追加されていますので、タップしてください。 元の投稿者を表記するラベルの選択画面が表示されるので、ラベルの位置やカラーを選択します。 表示しない選択肢もありますが、 表示しておく方が良いでしょう。 写真へのアクセスを求められたら「OK」をタップしてください。 次に「Got it」をタップ。 そのあと、投稿する場所を選択しますが、今回はフィードを選択します。 あとは通常どおりインスタに投稿する手順と同じです。 通常の投稿と同じようにフィルターの選択や編集を行い、「次へ」をタップします。 「キャプションを書く」を長押しし、表示された「ペースト」をタップすれば元のキャプションやコメントをそのまま記載できます。 さらに、 元の投稿者に通知する「@元の投稿者」と、リポストしたことを示す「#Repost」も入力されています。 便利! さらに自分のコメントを追加で入力することもできます。 タグ付けもできます。 元の投稿者をタグ付けしておくのもいいですね。 最後に「シェアする」をタップするとリポスト完了です。 自分のフィード上にリポストした投稿が表示されます。 インスタの機能「ストーリーズに投稿を追加」からリポスト では次に、インスタ公式の機能でリポストする方法を説明します。 「ストーリーズに投稿をシェアできる機能」というのが公式発表です。 機能に呼び名はついていませんが、便宜上「リポスト」と表記します。 リポストの方法の流れとしては、他人の投稿をストーリーズにシェアし、さらにそれを投稿としてフィードにシェアします。 この章では、まずストーリーズへのリポストの方法、つぎにフィードへのリポストの方法を説明します。 3-1. ストーリーズへリポストする方法 まず、リポストしたい投稿を表示させましょう。 紙飛行機のマークをタップすると表示される「ストーリーズに投稿を追加」を選択します。 非公開アカウントの場合は表示されません。 公開アカウントの投稿のみ、リポストできる仕様です。 元の投稿はスタンプとして取り込まれ、背景は自動的に写真に合わせたものが適用されます。 スタンプ化した投稿の下には元の投稿者の名前が表示されています。 タップするとキャプションが一部表示されたスタイルのものに変わります。 スタンプ化した投稿は大きさを変えたり、傾けたり移動させたりが可能です。 ストーリーを投稿するとき同様、スタンプやテキストを追加したりもできます。 編集を行った後、「ストーリーズ」をタップすれば完了です。 スタンプ化した投稿部分をタップすると、「投稿を見る」とポップアップされ、これを タップすると元の投稿者の投稿へ遷移することができます。 3-2. 「投稿としてシェア」でフィードへリポストする方法 次に、ストーリーズへリポストした投稿を、フィードにリポストする方法です。 ストーリーズを表示して、右下にある「もっと見る」をタップしてください。 選択肢が出ますので「投稿としてシェア」を選択します。 通常の投稿と同じようにトリミングやフィルターの選択などの編集もできます。 キャプションを書く、タグ付け、SNSでの共有の設定もできます。 必要に応じて行い、最後に「シェア」をタップします。 これでフィードへのリポストが完了しました。 この方法でリポストすると、元の投稿にあったキャプションは反映されません。 元の投稿からコピーして、キャプションに貼り付ける手間がかかります。 また、 元の投稿者名は表記されていますが、ストーリーズへリポストした時のように、タップして元の投稿者へ遷移することはできません。 自分でタグ付けやメンションを行う必要があります。 ルールやマナーについては、次の4章で詳しく説明します。 リポストのマナー リポストは他人の投稿写真(動画)を使わせてもらう、という行為です。 マナーを守って行わなければ、人を傷つけてしまったり、炎上したりという可能性も考えられます。 企業の公式アカウントなどでしたら、リポストにセンシティブになることはないですが、個人のアカウントのプライベートな内容をリポストするときは、元の投稿者に確認したほうが安心です。 プロフィールに利用範囲を表明しているアカウントもありますので、リポスト前に確認を行ってください。 リポストのマナーを理解しておきましょう。 4-1. 引用元を明記する 投稿を見た人がリポストだと分かるように、リポストマークと元の投稿者のアカウント名を写真に明記しましょう。 他人の素敵な投稿を共有したくて行うのがリポストです。 他人の投稿の引用を、まるで自分のもののように投稿してはいけません。 そのつもりがなくても、そう思わせてしまうと、自分も相手も嫌な思いをしますよね。 引用元を明記することでトラブルを未然に防ぐことになります。 4-2. インスタでは単に投稿をリポストしただけでは相手に通知されません。 それは公式の機能でストーリーズに投稿した場合も、アプリを使った場合も同様です。 タグ付けも相手に通知されるアクションですので、そちらもあわせて行うと、より良いでしょう。 4-3. 画像はオリジナルのままリポストする 画像は投稿者のオリジナルのまま、リポストしましょう。 アプリで行う場合も、公式の機能で行う場合も、フィルターの選択や編集を選択することは可能です。 しかし、元の投稿者の世界観を侵害してしまいかねないので、そのままリポストするのがベターでしょう。 リポストマークと引用元の投稿者を記したラベルの位置も、邪魔にならないような場所を考えて配置しましょう。 4-4. キャプションもそのまま投稿する 元の投稿のキャプションや、付いていたコメントもそのまま転記する風潮があります。 さらに、元の投稿者への尊敬や感謝の意を付け加えてリポストすると丁寧で良いですね。 投稿をリポストされたくない時にすること 自分の投稿を他人にリポストされたくない場合、どうすればいいか。 その方法を紹介します。 5-1. 再シェアを許可しない設定にする インスタ公式の機能である、「ストーリーズに投稿を投稿を追加」をされたくない場合の方法です。 アカウントが公開アカウントの場合、ストーリーズでの再シェアを許可するか、しないかを選択することができます。 プロフィールを表示>設定>ストーリーズの再シェア、と進むと、選択する画面になります。 「許可しない」に設定すると、他人があなたの投稿をシェアすることができなくなります。 5-2. プロフィールに「転載禁止」と記載する プロフィールに「転載禁止」や「No Repost」と目立つように記載しておきましょう。 法的拘束力はありませんが、抑止力になります。 プロフィールに「転載禁止」と書かれているのにリポストする人は、そういないでしょう。 リポストで得られる効果 リポストをうまく利用すると、自分のアカウントのコンテンツを充実させることができるのはもちろん、フォロワーを増やしたり、コミュニティを活性化するといった効果も生まれます。 リポストで得られる効果をご紹介します。 6-1. フォロワー数の増加に効果あり リポストにはあなたのフォロワーを増やす効果があります。 自分がいいな、と思った投稿をリポストする場合、著作権は投稿者にありますので、基本的には本人の承諾が必要です。 承認を得るために、ダイレクトメッセージで本人とコンタクトをとる方法もありますが、 コメントを活用すると公の場で好意的なコミュニケーションをとることができ、本人だけでなく、投稿者のフォロワーとも繋がるきっかけができます。 急激にフォロワーが増えるような即効性は期待できませんが、「コミュニケーションを楽しんでいたらフォロワーがいつの間にか増えていた」、そんな効果が期待できます。 6-2. コミュニティの活性化 リポストを利用することでコミュニティを活性化させる効果があります。 例を2つご紹介します。 シルバニアファミリー ではリポストを活用したキャンペーンをおこなっています。 ユーザーが指定のハッシュタグをつけて投稿した写真のなかから、素敵な写真を公式アカウントが選んでリポストするという内容です。 キャンペーンの特設ページへの掲載や公式アカウントにリポストされること自体が報酬になっています。 プレゼントキャンペーンも併用されているものもあります。 同じ趣味のユーザー同士の情報交換や、繋がるきっかけを提供してくれます。 IKEA では自社の商品を使ったインテリアの写真をタグつきで投稿してもらい、その中から優秀作品を選んで紹介しています。 受賞者にはギフトカードが進呈されるので、プレゼントキャンペーンも併用しています。 リポストする際は使われている商品の名前を記載し、他のフォロワーがインテリアの参考にしやすいようにしています。 リポストされたユーザーは「より多くの人に見てもらいたい」という願望が満たされますし、企業にとってはユーザーの目線で商品を紹介でき、広告より身近で真似したいというアクションにもつながります。 どちらも季節に合わせてテーマを出して投稿を促進しています。 コミュニティや投稿を活性化させる仕組みになっています。 まとめ 本記事では、• 外部のアプリを使ったリポストの方法• インスタの機能を使ったリポストの方法• リポストを行う上でのマナー• リポストで得られる効果 以上4点についてご紹介いたしました。 リポストを使うと、単なる写真の投稿や閲覧だけでないインスタの楽しみ方もできそうですね。 実はインスタのリポストには、はっきりと明文化されたルールはありません。 だからこそ、インスタならではの空気感を大事に、人間同士のコミュニケーションであることを忘れずにいることが重要です。 本記事があなたのSNSライフさらに充実させる手助けになれば幸いです。

次の

インスタのストーリーハイライトの追加・編集の手順

インスタ ストーリーズ 追加

最近は、24時間で投稿が消える気軽さを魅力に感じ、ストーリーばかり投稿しているという方も多いのではないでしょうか。 一方で、「せっかく投稿したものをやっぱり残しておきたかった」「24時間だけではなくもっとたくさんの人に見てもらいたかった」と感じたこともありませんか。 そんな人に朗報です!インスタストーリーズに自動アーカイブ機能とハイライト機能が追加され、24時間経過後も投稿が(自分だけが見られる形で)残るようになり、さらにお気に入りのストーリーをプロフィールに掲載できるようになりました。 さっそくこの便利な新機能について詳しく紹介します。 インスタストーリーズのハイライト機能とは? インスタストーリーズとは、通常の投稿のようにフィードには表示されない、24時間で消える投稿のことです。 投稿一覧に残らないため気軽に投稿でき、特別なイベントは通常投稿、日常の出来事はインスタストーリーズに投稿するという使い分けをしている方も多いのではないでしょうか。 そして、今回、そのインスタストーリーズにハイライト機能が追加されました。 このハイライト機能を使うと今まで24時間しか表示されなかったはずの過去のストーリーをプロフィールに表示できます。 ストーリーズ ハイライトは、プロフィール画面にある自己紹介文の下に表示されます。 プロフィールから削除しない限り、ハイライトはプロフィールにいくつでも保存しておくことができます。 ストーリーのアーカイブ機能も追加 投稿のアーカイブ機能は以前からありましたが、ストーリーにもその機能が追加されました。 ストーリーの期限が切れると自動的にアーカイブに保存され、お気に入りのストーリーを後からもう一度再生したり、簡単にハイライトに追加したりできます。 ただし、アーカイブされたストーリーは自分だけが閲覧でき、ハイライトに追加したり再投稿したりしない限り他人からは見えません。 また、プロフィール設定で自動アーカイブをオフにすることもできます。 ストーリーズ ハイライトのやり方は? では早速ストーリーズ ハイライトを作ってみましょう!作成にあたっては、ストーリーズをあらかじめ投稿しておく必要があります。 ストーリーズ ハイライトの作成方法 1. 自分のインスタアカウントのメインページから、右上の時計のようなマークをタップすると、アーカイブ画面に遷移します。 アーカイブ画面右上の「…」をタップし、「ハイライトを作成」を選びます。 アーカイブされているストーリーの中から、ハイライトに追加したいストーリーを選択し、「次へ」をタップします。 ハイライトのタイトルを入力します。 「カバーを編集」をタップすると、カバー画像を編集することもできます。 編集が終わったら、右上の「完了」をタップします。 そうすると、作成したハイライトのカバー写真が丸いアイコンで表示され、タップするとストーリーが再生されます。 ストーリーズ ハイライトの編集方法 1. 一度アップしたハイライトを編集したい場合、該当のハイライトのアイコンを長押しし、「ハイライトを編集」を選びます。 ストーリーズ ハイライトの削除方法 1. 削除したいハイライトのアイコンを長押しし、「ハイライトを削除」を選びます。 確認がでてくるので、「削除する」を選べば完了です。 この場合、ハイライトが削除されるだけで、アーカイブに保存されたストーリー自体は残ります。 ただし、アーカイブに保存しているストーリー自体を削除してしまうと、ハイライトも自動的に消えてしまうので注意しましょう。 ストーリーズ ハイライトは足跡が残る? インスタストーリーズは閲覧した人がわかるようになっていますが、ハイライトも同じです。 誰が見たか足跡がつきますので、閲覧者をチェック可能です。 特定の人の投稿を何度も見に行ったりして、足跡がつくことが気になる方は注意しましょう。 ストーリーズ ハイライトの事例 まだまだハイライトをどのように使っていいかわからないという方も多いかもしれません。 ここでは、すでにストーリーズハイライトを上手に活用しているアカウントの事例をご紹介します。 JENNA KUTCHER( jennakutcher) JENNA KUTCHERさんのアカウントのストーリーズハイライトでは、ハイライトのアイコンに合わせた丸いイラストがカバーとして使われています。 テーマ似合ったイラストが表示されているので、ハイライトの内容が想像しやすく、見た目も統一感があってかわいいです。 Sue B. Zimmerman( theinstagramexpert) Sue B. Zimmermanさんも1つ目の事例と同様に、ストーリーズハイライトのカバーでテーマが伝わるように工夫されています。 背景色を統一して文字を載せるだけでも、分かりやすいカバーになることがわかります。 この方法なら、新たにイラストを用意する手間などがないため、真似しやすいです。 まとめ 続々と新しい機能が追加されているインスタ。 24時間で消えてしまっていたストーリーを再利用できるのは嬉しいですね!例えば、「旅行」「料理」「ヨガ」など好きなものや趣味に関する投稿をハイライトでまとめておけば、自分のことをもっと知ってもらうポートフォリオのように使うこともできそうです。 ぜひ活用してみてくださいね!.

次の