パチンコ 休業。 パチンコ業界、なぜ一部のホールは休業に応じなかったのか?クラスター対策&固定費の実態

一部のパチンコ店はなぜ休業していないのか? 経営者に聞いてみた

パチンコ 休業

大阪府の吉村洋文知事は27日、府の休業要請に応じないパチンコ店3店に対して、より強い措置になる休業指示を週内にも出す考えを示した。 これまでの休業要請は行政指導で休業指示は行政処分にあたるが、罰則はない。 府によると、新型コロナウイルスに対応する特別措置法45条に基づく休業指示に言及したのは吉村知事が初めてとみられる。 休業要請に応じていない3店舗を含む府内のパチンコ店に対して府は24日、店名を公表。 3店舗以外はその後、閉めた。 吉村知事は「要請に応じていただけない店舗は、今週真ん中あたりに、休業指示の判断をする」と話した。 営業を続けるパチンコ店には府民の反発もあるが、営業の自由を制限しかねないとの指摘も、強まりそうだ。 府は休業要請に応じていない3店を追加で公表した。 大阪市旭区の「P. KING OF KINGS大阪本店」、高槻市の「P. KING OF KINGS高槻店」、泉佐野市の「ミスターパチンコ日根野店」。 また、兵庫県も27日、県の休業要請に応じなかった六つのパチンコ店の名前を公表した。 大阪府に続く公表となる。 井戸敏三知事は「パチンコ店には県内外から多くの人が集う。 ウイルスが広がる恐れがある。 休業に協力して欲しい」と呼びかけた。 改めて文書で休業を求めたが、6店は応じなかったという。 (滝坪潤一、多鹿ちなみ).

次の

緊急事態宣言が発令された7都府県のパチンコ店休業数が公開!4割を超える1577店舗が休業、設置台数が大きい店舗ほど休業する傾向に

パチンコ 休業

都道府県知事の自粛の要請や指示にも従わず営業を続けるパチンコ店に対するバッシングがGWを前から連日報道された。 一時は昼時のワイドショーの全チャンネルが同時間帯にパチンコ店に対する批判を展開するほどだった。 筆者は、無理矢理に営業を続けたパチンコ店経営者の思いや、同企業の経営状況など知る由も無いが、少なくとも弁護するつもりも無く、やはり同店経営陣は自治体に対する協力休業を選択すべきであったと頑なに思っている。 しかし一方で、果たしてパチンコ店は、社会的不安が増長される中で、それほどまでに「悪しきもの」であったのかも冷静に顧みたい。 営業か自粛かの選択を迫られた多くの業種業態、そして個店の中で、パチンコ店が突出して社会的なバッシングを浴びる存在であったのか、と。 まず本稿の前提として、「 パチンコ店は違法であるから、営業の自粛は当たり前であり、そもそも存在してはならない」という論には与しない。 7%が自治体の要請に対する協力休業を実施していた。 警察庁の発表によれば、令和元年12月31日現在で日本全国にパチンコ店は9639軒となっているが、この数字の中には、そもそも休業中(実質閉店)のパチンコ店や、その後に閉店したパチンコ店が含まれている事、また調査対象に含まれなかったパチンコ店の中には、休業要請の出されていない県のパチンコ店や、一部確認が取れなかったであろうパチンコ店があったであろう点は想像に難くなく、仮に営業中であればテレビ局がこぞって取り上げてくれたであろう点まで考慮すれば、この98. 7%という数字はあながち間違いではない。 業界関係者が参考にしている某サイトの集計でも、 調査対象9072軒に対し8660軒、95. 5%が協力休業を実施している。 ちなみに、 休業率100%を達成している都府県は27に及ぶ。 他業種他業態における全国的な休業率を示すデータが出元にないのが残念ではあるが、3000社8000軒以上が混在するという点を加味すれば、この休業率の高さは極めて「 優秀な対応」であると言えるはずだ。

次の

「つるし上げだ」休業に応じぬパチンコ店 経営者の言い分は…|【西日本新聞ニュース】

パチンコ 休業

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、4月8日、政府は緊急事態宣言を発令。 国民への外出自粛が要請され、百貨店、ショッピングモール、遊園地、水族館、動物園など多くの施設が休業に入った。 連日流れる報道で3密の代表と槍玉に上がったライブハウスは早々に営業を自粛。 売り上げが途絶えても家賃、人件費、光熱費、機材維持費などの経費はかかるわけで、既に多くのライブハウスが廃業に追い込まれている。 札幌の老舗「COLONY」、渋谷「VUENOS」の閉店は音楽ファンに大きな衝撃を与えた。 もちろん、パチンコホールも休業の対象だ。 大手の大半は、緊急事態宣言の発令と共に休業を決定。 一部は営業を強行してバッシングを受けているものの、その休業率は5月5日時点で98%超とされている。 休業率100%を達成した都府県は27にも及んだそうだが、これらがメディアで報じられることは少ない。 当サイトでもお伝えした通り、パチンコホールの維持費も相当なものだ。 当然、規模が大きくなるほどその維持費も嵩むわけで、休業期間が長引くほど打撃を受ける。 4月以降、続々とホールが閉店を余儀なくされている…というのが現状だ。 4月15日には株式会社赤玉 本社:愛知県名古屋市 が東京地裁に自己破産を申請し、同日に破産手続き開始が決定。 同社は都内で「アカダマウエスト」「アカダマキャニオン」「アカダマサザンクロス」の3店舗を運営していた。 過去には愛知県内でもパチンコホールやカラオケ店を運営し、2004年4月期には売上高約211億円を計上していたという。 4月30日には有限会社有楽商事 本社:群馬県沼田市 が同様に破産手続き開始が決定。 同社は群馬県内で大型パチンコホール「有楽DELZACC」「有楽JARAZACC」「有楽TAMAZACC」の3店舗を運営していた。 高い集客力を誇り、2004年12月期には売上高約97億5000万円を記録した。

次の