エクセル 曜日 色付け。 Excel(エクセル)で曜日に応じて色付けする方法2種類|条件付き書式を活用する

今日の日付の色を変える (行に色をつける) 方法|Excelのキホン

エクセル 曜日 色付け

以前、エクセルで日曜日の日付のセルだけを自動的に赤く表示する方法を紹介しましたが、アクセスも多く、お役に立っているようです。 すでに「1行おきに背景色を分ける」方法で基本となる「条件付き書式」については紹介していますので、ぜひ、そちらもお読みください。 エクセルの表で「条件」を設定するセルを選択します。 たとえば「A1」から開始する表で、A列が日付、B列が曜日、C列、D列、E列がその日の担当者、と想定します。 「A1」から対角線上に 一番下の行の E列のセルまで含まれるようにドラッグして「適用先」として選択しておきます。 「ホーム」タブで「スタイル」の「条件付き書式」をクリック、現われたメニューから「新しいルール」を選択します。 「新しい書式ルール」画面が開いたら• 「ルールの種類」の一番下にある 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」 をクリックして選択。 「書式」ボタンをクリック、「セルの書式設定」画面から「塗りつぶし」タブを選択、「背景色」で薄いオレンジを選択して「OK」ボタンをクリック。 「条件付き書式の設定」画面で「OK」をクリック。 これで選択した範囲内で B列のセルが "日曜日" の行全体が、薄いオレンジの背景色になるかどうか確認してみましょう。 書式を設定した範囲を再度、ドラッグして選択します。 「ホーム」タブで「スタイル」の「条件付き書式」をクリックして現われるメニューから「ルールの管理」を選択します。 「条件付き書式ルールの管理」画面が開いたら• 設定したルールをクリックで選択• 「ルールの編集」ボタンで「書式ルールの編集」画面が開くので、数式や書式を確認、変更が可能• 「ルールの削除」ボタンでルールの削除が可能• 「適用」ボタンで実際に適用。 「OK」ボタンで閉じる 条件を変え、新規、変更、削除を何度か繰り返すうちに「条件付き書式」のコツが掴めるでしょう。 理解を深めるための「」•

次の

【Excel】「土曜は青、日曜は赤」予定表の曜日を色分けしたい! エクセルで日付を見やすく書式設定するテク

エクセル 曜日 色付け

この「WEEKDAY」関数を使った数式が、選択したセル範囲の中で日曜日の日付だけに書式を設定するための条件です。 関数の引数(関数名の直後のカッコの中に入力する内容)には、選択したセル範囲の最初のセルを指定します。 WEEKDAY関数については、後ほど詳しく説明します。 WEEKDAY関数を使いこなせば日曜以外の曜日も色分けできる 特定の曜日の色を変える条件として使った関数「WEEKDAY」は、Excelで日付から曜日を判断するときに使われる関数です。 日付のシリアル値(1900年1月1日を基準日として「1」とし、それから何日経ったかを表す数値)から曜日を判断して、曜日を7種類の数値として返します。 「種類」ではそれぞれの曜日にどの数字を対応させるかを3通りから選ぶことができますが、省略することも可能です。 「種類」を省略した場合は、曜日と数値の対応は次のようになります。 日曜 = 1• 月曜 = 2• 火曜 = 3• 水曜 = 4• 木曜 = 5• 金曜 = 6• この仕組みがわかれば、さらにルールを追加して、他の曜日に別の色をつけることもできます。

次の

簡単!エクセルで土日祝に自動的に色をつける

エクセル 曜日 色付け

[書式] WEEKDAY <シリアル値>,[出力方法] [機能] <シリアル値> であらわされた日付を、曜日をあらわす 1~7 もしくは 0~6 の数値に変換します。 <シリアル値> 多くの場合、日付が入力されているセルを指定します。 [出力方法] 1~3 の数値を指定します。 省略すると 1 とみなされます。 しかし、もし曜日を 表示たいだけなら、実は WEEKDAY関数は必要ありません。 特定の日付に対応する曜日を表示したいだけなら、次のようにおこないます。 まずサンプルとなる日付を入力してみましょう。 1 項目名を準備する。 3 セルA2 を選択し、形が + になるようにセルの右下隅にマウスポインタ合わせる。 4 セルA16 までドラッグ。 これで、日付を簡単に入力することができました。 それでは、この日付に対応する曜日を、B列に表示してみましょう。 1 セルB2 に次の計算式を入力する。 この計算式は、A列の内容をそのまま出力するだけの計算式です。 つまり、B列の表示は A列とまったく同じになります。 では、いよいよ曜日を表示してみましょう。 1 セルB2~B16 を選択。 2 [書式 ]メニュー から [セル] を選択。 3 [表示形式]タブ の [分類] から 「ユーザー定義」 を選択。 4 [種類] のテキストボックスに、次のように入力する。 aaa 5 [OK]をクリック。 これで、セルの表示は曜日に変わります。 つまり曜日を表示するには、 「日付のシリアル値が入力されたセルに aaa という表示形式を設定」 するだけなのです。 実は、セルA2 も セルB2 も 「39783」 という数値を出力しています。 それは、 「計算式内で、セルに入力されている日付(シリアル値)に対応する曜日」 を知りたい時です。 たとえば次のようなケースです。 C列に計算式を入力して、日曜日のところには「休日」と表示させるようにしたいとします。 こんな時には、WEEKDAY関数 が必要になります。 この時、セルC2 に次のような計算式を入力し、下方向にコピーします。 でも、これは誤りです。 なぜなら、前述のとおり、実際にセルB2が出力している値は、「日」という文字列ではなく、 「39783」という数値だからです。 「この数値(シリアル値)が、何曜日か?」 を調べるのが、まさにこの WEEKDAY関数 の役割なのです。 そんな時には、この WEEKDAY関数 と、前回もやった条件付き書式を利用します。 たとえば先ほどのシートで、日曜日の行が ピンク色 になるようにしてみましょう。 1 セルA2~C16 を選択。 2 [書式]メニュー から [条件付き書式] を実行。 3 「数式が」 を選択。 4 テキストボックスに、次の計算式を入力する。 6 [パターン]タブを選択し、[色]から「ローズ」 を選択。 7 [OK]をクリック。 8 [OK]をクリック。 これで、次図のように、日曜日の行がピンク色になりました。 もちろんA列の日付を変えれば、 それに合わせて、ピンク色になる行も変化します。 これは、列だけを絶対参照にした複合参照です。 この表現を計算式内で使うと、コピーした際に、 列部分の参照だけ変化させないようにできます。 条件付き書式で入力する条件式でも、このはたらきが継承されます。 逆にこれを知らないと、1列ずつ別々に条件付き書式を設定しなければならないので、かなり 不便です。 WEEKDAY関数で重要なのは、実はこの関数そのものではなく、シリアル値と表示形式の関係 をきちんと理解することです。 ということで、次回も日付関連の関数をピックアップして、理解を深めていきたいと思います。

次の