マイクラ 天空 トラップ タワー。 ただ待っているだけでさまざまなアイテムが大量に手に入る!『天空トラップタワー』の作り方(統合版専用)

マイクラ 天空トラップタワーって、なんで高いところに作るの? 詳しく解説します!

マイクラ 天空 トラップ タワー

Contents• モンスターの湧きに関する変更点 モンスターの湧きに関しては、基本的なルール、仕様に大きな変更はありません。 天空トラップタワーに関連するところで言えば• ゾンビが地下判定でも湧くようになった。 トラップドアによる高さ制限でウィッチが湧かなくなった。 (ゾンビが湧くバグはちょっと前に直ってましたよね?たしか。 ) くらいでしょうか。 で、この変更により完全なクリーパートラップの作成が可能になっています。 天空トラップタワーの作り方 今回紹介する天空トラップタワーは、オーバーワールド上のモンスター(エンダーマンを除く)に対応した一般的な使い方とクリーパートラップ化の両方に対応しています。 ピストラによる経験値化は最後に紹介するとして、とりあえず落下処理のアイテムトラップとして作っていきましょう。 建設場所 天空トラップは、 地面から上空へ55ブロック以上離れた場所に作ります。 これによって湧きつぶしが要らないトラップが可能になります。 建設場所の地面にガイドを置いておくとわかりやすい。 ガイドの中心から上空へ60ブロック程度上がった位置に足場を作る。 なぜ天空に作るのか 天空に作る理由はこちらの図をご覧ください。 湧き範囲の中にトラップ以外にモンスターが湧く場所が無い=難易度を一旦ピースにして周囲のモンスターを処理すれば、その後はトラップにしかモンスターが湧かない。 という状態を作り出すことが出来ます。 全体像 全体像はこちら。 作る際には処理層から順に上へ作り進めることになります。 焚き火は上に乗ったモンスターにダメージを与えることが出来るため落下で生き残ってしまったモンスターにとどめを刺すことが出来、さらにブロックの高さが1未満のため上に乗ったアイテムを下のホッパーで吸い取ることが出来ます。 チェストに接続したホッパーと、ホッパー上の焚き火。 落下ガイド 処理層へは落下でモンスターを落としてきます。 処理層の範囲外にモンスターがはみ出ないように、落下用のガイドを作ります。 落下の高さは30ブロック。 処理層の焚き火から30上の位置までガイドを伸ばす。 水流層 湧いたモンスターを落下口に集めるための水流層を作成します。 落下口の内側にはボタンをぐるっと貼り付けます。 ボタンが水流の終端に来るように設計。 これでモンスターは穴の手前で踏ん張ることが出来なくなる。 水は省略して書いています。 周囲ぐるっと水を置いてください。 湧き層 今回もっとも特徴的なのは湧き層です。 湧いたモンスターを水流層に落とすための落とし穴はトラップドアではなくボタンを使用。 さらに、内壁不要のスリット型の落とし穴にしていきましょう。 スリットの内側にボタンを貼ることで落とし穴として機能する。 方角を気にする必要はありません。 なお、湧き層は2層以上作ってください。 モンスターの湧きの上限数は湧いた地点が地表か地下かの属性によって決まっています。 地表判定で8体、地下判定で8体が上限であるため、湧き層は最低2層作って効率を高めましょう。 全く同じ形状の床を2層以上重ねる。 湧き層の天井は高さ3(空間は高さ2ブロック)でエンダーマンを封じる。 天井の湧きつぶし 湧き上限数を有効活用するため、天井はハーフブロックorガラスで湧きつぶしをします。 湧きつぶしと地表判定消去のため天井一面にハーフブロックを敷き詰める。 陸地の上空に作る場合は普通に敷き詰めればOK。 川や海の上に作ったけど魚が湧いてアイテム整理が大変、という方は魚が湧かないように湧き層の床と同じ形状でハーフブロックorガラスを敷き詰めてください。 ハーフブロックを湧き層と同じ形に敷いて、隙間を松明で湧きつぶしすれば水流層に魚が湧くことを防止できる。 天空トラップタワーの運用方法 ここまでで落下式の天空トラップタワーは完成です。 運用する場合は 必ず処理層付近に立ち、難易度を一旦ピースにしてから任意の難易度に戻すようにしてください。 これを行うことで周囲の湧きつぶしは一切不要のまま運用することが出来ます。 天空トラップを経験値トラップ化して運用したいという方も多いと思いますので、1. 13以降でも比較的安定して稼働する処理装置(ピストントライデント)の構造を知りたい方はぜひ動画でご覧ください。 慣れない方にはちょっと複雑な作りなので、動画の方がわかりやすいと思います。 湧き層の高さ制限 湧き層の天井にトラップドアを設置することで、背の高いモンスターを湧かなくさせることが出来ます。 制限の対象となるのはゾンビ、スケルトン、ウィッチ。 これらの湧きを止めれば、残りはクリーパーとクモだけになります。 なお、ゾンビとウィッチは1. 12までバグによってトラップドアを設置しても湧いていましたが、1. 13アップデートにより身長と湧き空間の関係が適正化され、しっかりと湧きを止めることが出来るようになりました。 湧き層各層の天井にトラップドアを敷き詰める。 ボタンによるクモ封じ クモを封じる方法はアプデ前から使用可能だったそうです。 方法は簡単で、床4ブロックにつき1個のボタンを設置するだけ。 注意点は、4ブロックをひとつの塊としてみた時にボタンを 北西側のブロックに貼り付けること。 これで完璧にクモを封じることが出来ます。 床全体、4ブロック単位の北西位置にボタンを貼り付ける。 これで、トラップ内で湧くモンスターがクリーパーのみになります。 煩雑になりがちなアイテム整理の必要なく、火薬だけが山ほど手に入りますよ。

次の

【マインクラフト Wii U】天空トラップタワーの効率が悪い時の修正点|効率悪化のポイント《PART234》

マイクラ 天空 トラップ タワー

今回は、よつクラさんの天空トラップタワーを1層で作ってみようと思います。 今回作るトラップタワーは、バージョン1. 3の統合版マで動作するものです。 参考先はこちらです。 現在、ブログが修正されていて、今回作るかたちのトラップタワーではなくなっています。 ただし、参考になるので是非読んでみてください! 他にもたくさんの方が天空トラップタワーの作り方を紹介しています。 しかし、マが統合版となったことで、以前のトラップタワーではうまく動作しない場合があります。 統合版になって変わった部分の説明なども、よつクラさんはされています。 この記事では、材料の石がどのくらい必要となるか、1層の場合の効率はどの程度かを調査したいと思います。 材料 湧き層や屋根などを作るブロックとして、今回は丸石を使います。 天空トラップタワーは、丸石でも、普通の石でも、土でも、あるもので作ります。 集めるのが簡単なネザーの土を使ってもいいと思います。 土ブロック 待機場所の床用• ガラス• ホッパー 2個• ホッパー付きト• レール 13個• 加速レール 3個• トーチ 3つ• チェスト 2つ• 木のボタン 実際に使った量は、最後に材料の詳細で紹介しています。 結論だけ見たい方は、目次からどうぞ! 集めた材料 ラージチェスト2つ分の丸石を集めました。 さらに、それ以外のアイテムもチェストに揃えました。 作業終了後、どのくらい減っているか楽しみです。 足場ブロックについて 前回までに集めた竹を使って足場ブロックを作りました。 アップデートで足場ブロックが追加され、高所作業がしやすくなりましたね。 上下移動が簡単にできて、壊す時も一番下のブロックを壊せば全てアイテム化します。 竹は育つのが早いので、糸さえあれば大量に作って惜しげなく使えます。 天空トラップタワーでもしっかり活用していきたいと思います! 天空トラップタワーの場所 天空トラップタワーは、魚トラップと同じに作ります。 拠点からは見えない位置ですが、ある程度近くに作ります。 魚が湧きやすくなった為、のトラップタワーは減ってきているようです。 魚ばかり集まって、集めたいものが埋もれてしまう場合もあるようです。 しかし、作業中に落下しても海なら落下ダメージがありません。 また、海面は高さが一定なので待機場所の高さを決めやすいというメリットもあります。 高低差のある地上では、待機場所の高さ不足によって山の上などにモンスターが湧く場合があるのです。 そういう訳で、従来のの天空トラップタワーを作ってみようと思います。 もし、魚ばかりになるなら、魚の割合も調べてみようと思います! アイテム回収場所 海面から128ブロック上にアイテム回収場所兼待機場所を作ります。 今後、統合版のモンスターの湧き方が変わる可能性もあります。 そこで、版を意識して海面から128ブロック離しました。 現状では、54ブロック離せば良いみたいですね。 はしごと足場用の土ブロックは、合わせて3スタックほど使いました。 ホッパーを節約するためにト式でアイテムを回収します。 上に土ブロックを敷き、モンスターが落ちる足場にします。 足場を作ったら30ブロック上までガラスを積み上げます。 ゾンビスポナーで経験値は得られるので、天空トラップタワーではアイテムのみ回収します。 モンスターを確実に落下死させるのに必要な高さとして、30ブロックの高さにしています。 追記:魚を湧かせたくない場合は、35ブロックの高さにしましょう。 足場ブロックを使って、上り下りできるように作業します。 ここから処理層を作ります。 3段目は水を流すためのブロックで、4段目が外壁です。 3段目に水を流します。 全て流し終わると、モンスターを中央に集める水流が完成します。 水流を流す前に湧き層を作ります。 参考先のブログでは、改良されてより楽な方法に進化していました。 しかし、見た目等のこだわりから古いバージョンを採用させて頂きます! 湧き層 湧き層は今回1段です。 処理層の3ブロック上に湧き層をつくります。 足場に適当に穴をあけて、モンスターをそこから落とすという仕組みです。 どんな穴でもいいと思いますが、分かりやすいかたちを採用しました。 真ん中は2マス削ると数がぴったりになります。 もともとはトラップドアで落とし穴を作っていました。 しかし、木のボタンでもできるようなので、簡単に作れる木のボタンを採用します。 完成まであと少し 天井を張る前に、モンスターがきちんと落ちるかを確認します。 水流から作っていきます。 やはり魚が多いですね。 足場ブロックも壊し、天井用の丸石だけ用意します。 では、天井を張って仕上げましょう! 天井を丸石で覆います。 丸石の天井の上にハーフブロックで湧き潰しします。 少し前のバージョンでは、天井にハーフブロックを設置することでトラップタワーがうまく動作しなくなっていました。 問題なく動くことを祈ります。 下に丸石の天井があるので、問題があればハーフブロックを取り除くことも可能です。 効率 モンスターが問題なく落ちてくることを確認できました! 効率はどのくらいでしょうか? 1時間放置してみました。 結果はこちらです。 また、クモがうまく落ちてくれないので処理する必要がありました。 ガラスの一番上にサボテンを設置しました。 これで少しはアイテム化してくれるといいのですが...。 そして、魚が湧きすぎ問題です。 前に魚トラップを作ったとき、魚が湧くのはプレイヤーから30ブロックくらいの範囲だと分かりました。 リンク: そこで、待機場所を湧き層から離してみました。 具体的には、5ブロック下で待機しました。 その結果がこちらです。 魚は減りましたね。 効率も向上しています。 あまり待機場を下にすると、上の層でモンスターが湧かなくなる場合もあります。 2段以上湧き層を作る方は、湧き層の上に待機場を作るのも手かもしれませんね。 材料の詳細 消費した材料の内訳です。 海に落ちて無くなったものなども多少含まれています。 丸石 78スタック• ガラス 5スタック• ホッパー 2個• ホッパー付きト• レール 13個• 加速レール 3個• トーチ 3個• チェスト 2個• 木のボタン 6スタック 丸石はラージチェスト1. 5個分使いました。 湧き層が1段でこの量です。 2段にする場合はラージチェスト2つは使いきるかもしれません。 湧き潰し用のハーフブロックにした丸石も含めています。 もし、木のハーフブロックを使う場合は、丸石が節約できそうです。 ちなみに、ハーフブロックは22スタック使いました。 ハーフブロックは、1石から2つできるので、湧き潰しだけで11スタックの丸石を使っています。 まとめ ようやく天空トラップタワーを作ることができました。 作業時間は6時間以上…。 やはり一人だと大変ですね。 1時間放置した時の効率は控えめに、火薬、矢、クモの糸、骨がそれぞれ1スタック弱でした。 なぜか、スミがたくさん取れるという結果も出ています。 一層で作ったのと、ピースフルリセットをしていないのも要因かもしれません。 今後、二層にする必要がありそうです。 ピースフルリセットは、難易度をピースフルにしてスポーンしたモンスターを消すという作業です。 しかし、前回の冒険で海底神殿を見つけているのでやめておきました。 エルダーガーディアンがデスポーンする可能性がありますからね。 とりあえず、火薬や矢が手に入るようになりました。 ネザーゲートで拠点と繋げてアクセスを良くし、活用していく予定です。 ネザーへ向けて装備を整えなくてはなりませんね。 次回は弓のエンチャントです。 dragon627.

次の

【マイクラ】1.16対応 トラップタワー 水流式湧き層に3 × 3ピストントライデントを添えて【統合版】

マイクラ 天空 トラップ タワー

天空ドラウンドTTの対応機種 Java版は、ゾンビが水中で溺れることによってドラウンドになった場合には、トライデントをドロップしません。 これに対処するために作ったのが、今回紹介するトラップタワーです。 BEは溺れたゾンビからでもトライデントをドロップします。 なので、今回の天空ドラウンドTTはBEで作ることを想定していません。 予めご了承ください。 ドラウンドについて トラップを作成する前に、ドラウンドのスポーン条件などについて知っておきましょう。 ドラウンドのスポーン条件は以下の通り。 川・海・湿地バイオーム• 明るさ7以下 トラップタワーを作るにあたってスポーン条件は絶対守らないといけません。 特に重要なのが、 バイオームです。 ドラウンドトラップタワーの完成形が出来上がるまで色々と実験をしましたが、最も効率が良かったのは川バイオームでのトラップタワーでした。 なぜか、海や湿地ではほとんどドラウンドがスポーンしなかったのです。 コメントより補足 海ではY:64以上ではドラウンドが湧かなくなる、という制限があるそうです。 細かい行動パターンなどはトラップタワーを建造する上でそこまで関わってきませんが、気になる方は上の記事で解説しているのでどうぞ。 ドラウンドのドロップ• 腐った肉• 金インゴット• トライデント• 釣り竿• オウムガイ• もちろん 狙うのはトライデント。 トライデントは自然にスポーンしたドラウンドしかドロップしないのです(BEは別)。 海などに潜ってトライデントを狙うのも良いですが、今後のためにもいくつか確保できるようにすれば便利ですよね。 そこでトラップというわけです。 トライデント トライデントについて全く知らないということであれば、上の記事で解説していますよ。 天空ドラウンドトラップタワーの仕組み 天空ドラウンドトラップタワーの見た目はコチラ。 ただの巨大な箱です。 実は上の石の建造物は水槽になっています。 つまり、この石の壁で出来た水槽がドラウンドのスポーンする 「湧き層」です。 湧き層の床部分は看板で作って、水をせき止めています。 この状態なら、スポーンしたドラウンドが看板を通り抜けて来てくれます。 湧き層の下側にあるガラスの床は、湧いたドラウンドが水槽を抜け出て着地するための床です。 プレイヤーもこの床に上がったりしますが、プレイヤーは主にガラスの床の下に作った 「ドラウンド処理場」に待機します。 ドラウンド処理場は単純な落とし穴の構造です。 中央にある 「カメの卵」を狙ってドラウンドは集まり、カメの卵に近付こうとしてトラップドアの落とし穴に落ちます。 落ちたドラウンドは水流で一箇所に運ばれ、あとはプレイヤーに処理されるのを待つのみです。 効率 30分待って溜まったドラウンドを、ドロップ増加Vの剣で処理した時の結果です。 トライデント• 釣り竿 今回作る天空ドラウンドトラップタワーは作れる範囲では小さめのものですが、30分ほどでこれだけ溜まりました。 何よりトライデントとオウムガイの殻が手に入ったのが嬉しい。 計測中にドラウンドの湧く数が一定数以上溜まったため、湧かない状態になっていました。 倒しながら計測すればもう少し多いかもしれません。 後日、計測し直します。 天空ドラウンドトラップタワーを作る 構造を簡単に理解したら、さっそくトラップタワーを作っていきましょう。 作成に必要な材料• ブロック• ガラスブロック• ハーフブロック• 作る規模によっても変わってきますので、臨機応変に対応してください。 ガラスブロックの色は自由です。 透明でも可。 その他ブロックの種類も、特に指定はありません。 たくさん用意できるもので大丈夫です。 作成する場所を探す ドラウンドが効率良く湧いてくれる川を探します。 この川探しが、 トラップタワーが完成した時の効率に深く関わってくる重要な行程です。 蛇行しているところなどは広くなっていたりするので、そういうところを狙いましょう。 しかし、ただ川を探せば良いというわけでもないのです。 探すのは 「川バイオーム」です。 F3キーを押してデバッグ画面を表示させます。 左の方にある、「Biome: minecraft:river」となっているところはOK。 けれど「どう見ても川」なのに1ブロックずれただけで、バイオームの表示は「plains」と、草原バイオームを示していたりする。 これに気をつけなければいけません。 絶対的に川バイオームしかない川というのはほとんど存在しないので、許容範囲内で丁度よい川を探しましょう。 大きく作ればそれだけドラウンドのスポーン率は良くなります。 天空に水槽を作る 地上から128ブロック以上離れていれば天空にしっかりMobがスポーンするわけですが、湧き層がかなり大きいので、最低でも170ブロックは離れている方が安心です。 湧かなかったら努力が水の泡になるので、安全策として出来るだけ最大高度(Y:255)に作っていきましょう。 今回は、 高度250(Y座標)に水槽の天井を作ります。 区切った範囲に作らなければいけないので、 区切った範囲の角っこに砂を積み上げて登っていきます。 この時に、250個以上の砂と天井を作るためのブロックを、に入れて大量に持っていくと良いでしょう。 目安として、ブロックは約1000個必要です。 高度250まで砂の柱を1本積み上げたら、スニークしながら慎重に天井を作っていきます。 1辺31ブロックなので、数えながら作っていきましょう。 31ブロック作ったら、90度曲がって30ブロック置いていく。 1回31ブロック3回30ブロック置くのを繰り返せば、地上で区切った範囲と同じサイズのものが天空に出来上がります。 あとはこの枠の中も埋めて天井が完成。 材料の補給 途中で地上に降りて、また戻ってくる時はとロケット花火を活用してください。 無い場合はソウルサンドでを作るとラクです。 水槽の壁を作る 壁の高さは35ブロックで作っていきます。 この高さは湧きの効率に直結するので、大きいほど効率が良くなる。 目安は最低35、最大60ほどです。 さっき作った砂の柱を降りながら36ブロック破壊し、ブロックを一つ置く。 そこから天井を作ったときと同じように、31ブロックずつ1辺を作っていきます。 4辺できたら、こんな感じになります。 4辺の枠の中は埋めずに、天井と繋がるように 壁を4枚作ってしまいます。 これで巨大な箱の完成。 砂の柱を4ブロック壊して、ガラスブロックを1つ置く。 そしてまた1辺31ブロックの正方形を作っていきます。 上の箱と下のガラスブロックの間は3ブロックです。 ガラスブロックの枠を埋めて、床の完成です。 ここにスポーンしたドラウンドが集まります。 看板貼り 作った上の箱の空いている下面を、 看板で埋めていきます。 水を流した時に漏れないようにするためと、ドラウンドだけは通り抜けてもらうためです。 看板を1個置いたら、スニークしながら看板を右クリックで上手く看板を配置できます。 フェンスゲートでも可能です。 フェンスゲートの場合だと、開いた状態にしなければならないので、一つ一つ開けていく作業が加わります。 看板貼りが完了しました。 中に水を流せば湧き層が完成しますが、Mobが湧くとこの後の作業がし辛いので、次はドラウンドの処理場を作ります。 ドラウンドの処理場作り ガラスブロックの床の中央に穴を空けてカメの卵を置きます。 カメの卵は床が無くても落っこちたりしません。 Mobは開いているトラップドアを床として認識します。 落とし穴の下2ブロック空けて、ドラウンドの処理場用のガラスの床を作ります。 置く位置は落とし穴の1個左から、右に10ブロック置くイメージです。 作ったガラスの床に立って、落とし穴の下側を囲っていきます。 作ったのは青色のガラスのところです。 ドラウンドが1箇所に流れるように、1ブロックの隙間を残して囲ってしまう。 1ブロックの隙間のある 通路を6ブロック伸ばします。 1ブロックの段差をつけて、 5ブロックガラスの床を伸ばします。 伸ばした床の上に立って... 通路をガラスのブロック1個置いて塞ぎ、ハーフブロックも置く。 これで子どものドラウンドも逃げません。 足元を攻撃して倒せます。 見にくいようであれば、ホッパーの上にカーペットを引くでもOK。 自動で倒すシステムではないので、ホッパーとチェストは置かなくても構いません。 通路に水を流して、ドラウンド処理場の完成です!通路に水が流れていくように設置しましょう。 ドラウンドがここに落ちたら、カメの卵を狙って自ら通路の方に進みます。 あとは水流に巻き込まれて、ホッパーの方に溜まっていきます。 湧き層に水を入れる 最後の作業です。 湧き層の 一番上の高さ(天井部分全て)に水を入れていきます。 1番上に水を入れるだけで、あとは看板のあるところまで水が流れていきます。 全部入れれば、 天空ドラウンドトラップタワーの完成です! 天空ドラウンドトラップタワーの完成 ずんぐりした巨大なトラップタワーが完成しました。 砂の柱は一番下に松明を置いて回収してくださいね。 もしくは、面倒くさいですがはしごでも付けて、登り降り用に使うのもアリ。 機能するか確認する ドラウンドが湧いてくると、ガラスの床に着地し、カメの卵を目掛けて落とし穴に落ちます。 なんと、 プレイヤーよりもカメの卵を優先するので、プレイヤーがケガすることはありません。 ドラウンドがちゃんと湧くか• 落とし穴に落ちるか 特にこの2点を確認しましょう。 トラブル防止策 ドラウンドが湧かない場合の原因• 湧き層の位置がY:128以下と低いため、他の場所に湧いてしまっている• 川バイオームが少ない この2点が挙げられます。 湧き層の位置が低くなくても、 周りに山や構造物などがあると、そちらに湧きが傾いてしまう可能性があります。 記事通り高度250に作っているなら、川バイオームが少ないことが原因かもしれません。 湧き層の下の床を歩いて、ちゃんと川バイオームが含まれているか確認し直しましょう。 落とし穴に落ちない場合は、フェンスの配置が間違っている可能性があります。 その他に、ドラウンドがフェンスの範囲内に落ちてきて カメの卵を割ってしまうことが。 ちょうどフェンスの範囲内に川バイオームが含まれていることが原因なので、フェンスの上1ブロック空けて 天井を付けてあげて下さい。 フェンスの上をそのまま覆うと、ドラウンドが反応しなくなります。 ワールドデータ配布 トラブルが起きたとき、解決できない時に、安定動作している天空ドラウンドTTを実際に見て確認できるようにワールドデータを配布します。 マインクラフトを起動して、ワールド選択画面にワールドが表示されればOK。 天空ドラウンドトラップタワーまとめ Java版は通常のゾンビをドラウンドにするだけでは、トライデントがGET出来ない仕様のために用意したトラップタワーです。 基礎的なものを紹介したので見た目は不格好ですが、大きさやデザインなど、自由に作り変えて下さい。 ドラウンド処理場の形式は水流で集めるだけでしたが、落下型にして自動化したり、ギリギリで生き残る高さにした落下型など、色々あるのでお好みで変更してくださいね。 「上手くいかない」とか、「よく分からない」ところがあればコメントでお気軽にお尋ね下さい。 以上、「【マイクラ1. 13】天空ドラウンドトラップタワーを作ってトライデントGET!」でした。 水のアップデートから作れるトラップ 簡単に作れる自動コンブ収穫機の作り方を紹介しています。 コンブは意外と便利なのでオススメの装置です。 成長させるのに時間のかかるカメを放置しながら、カメのウロコを集められるトラップです。 そしてこちらでも紹介していますが川のバイオームなら高さは関係なくなるとのことなので、全く同じTTを川バイオームへ移してみたところ問題なく大量にわいたので、ドラウンドの天空TTは川でないと機能しないようですね。

次の