ミアハ ファミリア。 【ダンメモ】全星4冒険者のキャラクター別評価ページ一覧

ダンまちの登場人物のステイタス一覧!強さ等を考察してみる(随時更新予定)

ミアハ ファミリア

CV: 概要 ミアハ・ファミリアの団長を務める犬人族の女性。 年齢は18歳。 主神のに好意を抱いている。 普段は淡々としているがミアハ絡みの話題となると感情を露わにすることも。 中級冒険者の域たるレベル2に到達済みだが、ダンジョンでモンスターに片腕を食われたことがトラウマになっておりダンジョンに入ることができなくなり、現在は薬剤師としてファミリアの家計を支えている。 負傷する前は弓をメイン武器として扱っており、現在でも心の傷を刺激されない(魔物の息遣いを感じずにすむ)ほどの超遠距離からならどうにか弓は引ける。 その狙撃の腕は確かである。 との事を嫌ってる。 ディアンケヒト・ファミリアについてタケミカヅチ・ファミリアにあることない事吹き込んだりアミッドと顔を合わせれば悪態をつく。 自分自身がファミリアの凋落の原因になった事を気にしており、それを何とかしなければという思いもあり、ややがめつい所も。 右腕、およびファミリア凋落の真相 …… 本当は片腕どころか、モンスターの群れによって全身を炎に焼かれ大火傷を負わされたうえで生きたまま体中を食い荒らされたというのが真相である。 救助された際、自らのファミリアの主神であるミアハの献身的な看護と投薬により、一命はとりとめ全身の重篤な傷も癒されはしたのだが、骨までなくなってしまった右腕だけは高級ポーションでも治す事ができず、それをいたく悲しんだミアハが莫大な借金を背負ってまでナァーザ用に特注の義腕「銀の腕 アガートラム 」を購入し、右手を失った彼女に装着。 銀の腕は彼女の新たな右腕としてしっかり定着はしたものの、それを購入するためにミアハが商売敵の医療具製造ファミリアから背負った借金があまりに高額すぎたために、それまで中堅どころとしてそれなりに規模も人材も有していたミアハ・ファミリアは、構成員らが主神ミアハを見限って次々と抜けていき、いまやかつての勢力は見る影もない、主神ひとり子ひとりの貧乏零細ファミリアと成り果てたのだった。 その後 ミアハの高潔さと商品たるポーションを何かにつけてオマケしてしまう気前のよさもあり、とても繁盛どころか借金返済すら覚束ない状況に困窮していたナァーザは、そこから 商品の品質偽装に手を染めてしまう。 クエスト受注の報酬や商品として売り出すポーションを水で薄めて水増しし、甘味料を加えて味をごまかし、材料費をケチった粗悪品を、そのまま正規価格の1瓶500ヴァリスで売り始めたのである(見破ったの見立てでは、売られていた粗悪品ポーションは実質適正価格で200ヴァリスがいいところとの事)。 ミアハ・ファミリアの店の常連であり、超のつくお人よしでおよそ人を疑う事を知らないなどはナァーザ的に長きに渡るいいカモであったのだが、その過酷な生い立ちから人の悪意や謀略に聡いベルのサポーター・リリにそれを見破られ、偽装商売が露見。 それを知り激怒したミアハに連れられ、ベル達の主神であるヘスティアも交えてベル達に詫びを入れる事となるのだが、その動機となった上記の困窮理由を明かす事となり、さらに今月分の借金納付期限も迫っている事もあり、一転してベル達に借金返済のための新薬の素材調達のクエストを発注する事に。 ヘスティアが、ミアハと懇意にしていたお得意先であった事もあり、ヘスティア・ファミリアは『今後インチキ商売をしない事』をミアハ・ファミリアへの条件として遺恨を水に流し、依頼を快諾。 その全面協力もあって『体力と精神力を同時に回復する』という薬効の新ポーションの開発・商品化に成功し、当面の借金取立ての危機回避に成功した。 その後、ナァーザは自分たちからの詐欺被害にあってもなお懸命かつ献身的に協力してくれたベルに新作ポーション(今度は手抜きなし)をプレゼントし、改めて謝罪。 今回の窮地回避への感謝も告げ、今後は困ったことを相談してくれたらいつでも力になる、とベルに約束するのであった。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ミアハ (みあは)とは【ピクシブ百科事典】

ミアハ ファミリア

CV: 概要 ミアハ・ファミリアの団長を務める犬人族の女性。 年齢は18歳。 主神のに好意を抱いている。 普段は淡々としているがミアハ絡みの話題となると感情を露わにすることも。 中級冒険者の域たるレベル2に到達済みだが、ダンジョンでモンスターに片腕を食われたことがトラウマになっておりダンジョンに入ることができなくなり、現在は薬剤師としてファミリアの家計を支えている。 負傷する前は弓をメイン武器として扱っており、現在でも心の傷を刺激されない(魔物の息遣いを感じずにすむ)ほどの超遠距離からならどうにか弓は引ける。 その狙撃の腕は確かである。 との事を嫌ってる。 ディアンケヒト・ファミリアについてタケミカヅチ・ファミリアにあることない事吹き込んだりアミッドと顔を合わせれば悪態をつく。 自分自身がファミリアの凋落の原因になった事を気にしており、それを何とかしなければという思いもあり、ややがめつい所も。 右腕、およびファミリア凋落の真相 …… 本当は片腕どころか、モンスターの群れによって全身を炎に焼かれ大火傷を負わされたうえで生きたまま体中を食い荒らされたというのが真相である。 救助された際、自らのファミリアの主神であるミアハの献身的な看護と投薬により、一命はとりとめ全身の重篤な傷も癒されはしたのだが、骨までなくなってしまった右腕だけは高級ポーションでも治す事ができず、それをいたく悲しんだミアハが莫大な借金を背負ってまでナァーザ用に特注の義腕「銀の腕 アガートラム 」を購入し、右手を失った彼女に装着。 銀の腕は彼女の新たな右腕としてしっかり定着はしたものの、それを購入するためにミアハが商売敵の医療具製造ファミリアから背負った借金があまりに高額すぎたために、それまで中堅どころとしてそれなりに規模も人材も有していたミアハ・ファミリアは、構成員らが主神ミアハを見限って次々と抜けていき、いまやかつての勢力は見る影もない、主神ひとり子ひとりの貧乏零細ファミリアと成り果てたのだった。 その後 ミアハの高潔さと商品たるポーションを何かにつけてオマケしてしまう気前のよさもあり、とても繁盛どころか借金返済すら覚束ない状況に困窮していたナァーザは、そこから 商品の品質偽装に手を染めてしまう。 クエスト受注の報酬や商品として売り出すポーションを水で薄めて水増しし、甘味料を加えて味をごまかし、材料費をケチった粗悪品を、そのまま正規価格の1瓶500ヴァリスで売り始めたのである(見破ったの見立てでは、売られていた粗悪品ポーションは実質適正価格で200ヴァリスがいいところとの事)。 ミアハ・ファミリアの店の常連であり、超のつくお人よしでおよそ人を疑う事を知らないなどはナァーザ的に長きに渡るいいカモであったのだが、その過酷な生い立ちから人の悪意や謀略に聡いベルのサポーター・リリにそれを見破られ、偽装商売が露見。 それを知り激怒したミアハに連れられ、ベル達の主神であるヘスティアも交えてベル達に詫びを入れる事となるのだが、その動機となった上記の困窮理由を明かす事となり、さらに今月分の借金納付期限も迫っている事もあり、一転してベル達に借金返済のための新薬の素材調達のクエストを発注する事に。 ヘスティアが、ミアハと懇意にしていたお得意先であった事もあり、ヘスティア・ファミリアは『今後インチキ商売をしない事』をミアハ・ファミリアへの条件として遺恨を水に流し、依頼を快諾。 その全面協力もあって『体力と精神力を同時に回復する』という薬効の新ポーションの開発・商品化に成功し、当面の借金取立ての危機回避に成功した。 その後、ナァーザは自分たちからの詐欺被害にあってもなお懸命かつ献身的に協力してくれたベルに新作ポーション(今度は手抜きなし)をプレゼントし、改めて謝罪。 今回の窮地回避への感謝も告げ、今後は困ったことを相談してくれたらいつでも力になる、とベルに約束するのであった。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ナァーザ・エリスイス (なぁーざえりすいす)とは【ピクシブ百科事典】

ミアハ ファミリア

概要 医療の神 ディアン・ケヒト の四男。 父がの王で弟でもあるが腕を切断された際に悪竜の毒で再生できなかったところを銀の義手で作ったがこの義手のせいで衰弱し、ミアハは義手の中に虫がいたのを発見し腕を完全に接合して治してしまう。 これによりヌアザは追われた王位に返り咲くことができたが… 息子が自分より優れた才能を持っている事に嫉妬したディアンケヒトは息子を剣で何ども切りつけるも、すぐに自分で傷を治してしまう。 父が4度目に斬りつけたときにはミアハの脳をまっぷたつにしてしまい、とうとうミアハは死んでしまった。 末妹のアミッドは慌てて兄の遺体をかき集めひとところにまとめると再生しようと試みたが、それを発見した父が飛んできて、更に蹴散らして二度と再生できないまで粉々にしてしまう。 悲しんだアミッドはミアハを葬ると、夢の中でミアハが「遺体の撒かれた所から新しい薬草が出るからそれを使って薬を作るように」とお告げをする。 そのお告げの通り、お墓から有能な365本の薬草が生えてきて、アミッドがそれを摘んでいたところ、怒りの収まらない父にむちゃくちゃにされてしまう。 不老不死の可能性があった薬はこの時に絶たれてしまった。 こんなろくでもないディアンケヒトだが、伝承によるとも最期は疫病で命を落としたといわれている。 ざまぁというべきか、医者の不養生というべきか… 一説によるとミアハは人間に好意的でその知識を人に与えようとしてたと言われる。 365本の薬草もミアハの化身で「 人間は不老不死になれなかったが、365日病気の諸症状に対応する薬がある」という例えらしい。 ヌアザの門番を務めていた片目の従者に、アミッドと共に猫の目を移植して視力を取り戻させたともいう。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 14:28:19• 2020-07-19 14:25:51• 2020-07-19 14:25:44• 2020-07-19 14:25:35• 2020-07-19 14:24:42 新しく作成された記事• 2020-07-19 14:21:09• 2020-07-19 14:11:25• 2020-07-19 14:10:10• 2020-07-19 14:17:40• 2020-07-19 14:13:49•

次の