野党 参議院 違い。 徹底比較!国民民主党と立憲民主党。真の「野党第一党」はどっちだ!? | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

【与党と野党の違いはなんだ?】簡単解説!!政治でよく聞くあの言葉

野党 参議院 違い

政権を握っている政党を「与党」、 そうでない政党の総称を「野党」といいます。 そもそも「政党」とは何か 「与党」と「野党」の違いを解説するためにはまず、「政党」とは何かを解説しなくてはいけません。 「政党」とは、 ある程度の政治的思想やスタンス、目的を共有した政治的集団のことを指します。 「徒党を組む」という日本語からもわかるように「党」という字には「仲間」や「集団」という意味があります。 つまり、「政党」とは「政治的な党」「政治的な仲間」「政治的な集団」という意味になるということです。 では、なぜ「政党」を組む必要があるのでしょうか。 なぜなら、現代の政治的仕組み、つまり民主主義は 「多数決原理」に則っているからです。 「多数決原理」とは、 なにかの決定をする際に多数派の意見をその集団の意見にするルールのことです。 日本の政治のありとあらゆる仕組みにも、この「多数決原理」が採用されています。 つまり、何かの決定の際に、自分の意見を通そうと思ったら自分は「多数派」でなくてはいけません。 自分が「少数派」だったとしたら自分の意見を通すことはできません。 自らの意思を通すためには、仲間を作って、協力してもらい、自分が「多数派」になる必要がある、ということです。 このことは、田中角栄 第64・65代内閣総理大臣 が放ったとされる格言、 「政治は数だ、数は力だ」によく表れています。 「数」がなければ、「力」を持てないのです。 それが「政党」が組まれる理由というわけです。 「与党」についてもっと詳しく 「与党」とは一言で言うと「政権を握っている党」のことを指します。 「与」という字には「くみする」「仲間になる」「味方をする」という意味があります。 だから「与党」は 「政府に味方をする党」「政権を握っている党」という意味になるのです。 また、「与党」を英訳すると、government party もしくは ruling party となります。 government は「政府」、ruling は「支配的な」、party は「党」という意味なので、前者は「政府党」、後者は「支配的な党」という日本語訳になります。 このことからも「与党」が「政権を握っている党」であるということがわかります。 では、具体的に「政権を握っている」とはどういった状況でしょうか。 「政権」とは、読んで字のごとく「政治をする権利」です。 つまり、それを持つ与党は、ある程度、自分の意見を通すことができるということです。 日本は民主主義国家であり、「多数決原理」を採用していることは先ほど説明した通りです。 そして、そのような制度の上で「自分の意見を通す」ためには「多数派」でいることが必要であるということもまたそこで説明しました。 つまり、 「政権を握っている」ということは国会の中で「最大多数派」であるということです。 選挙に勝利し、最も多い議席を獲得し、 自分たちの意見を国会である程度通せるようになった党のことを「与党」と呼ぶのです。 国会は「立法権」、つまり法律を作る権利を持つ唯一の機関です。 与党はその国会の議席の大多数を占めているので、ある程度自分たちの考えを法律に反映させることができます。 また、日本のように 「議院内閣制」をとっている国の場合、この立法権に加え、与党は「行政権」にも大きく干渉することができます。 なぜなら「行政権」を持つ機関である内閣の長、内閣総理大臣は国会議員の中から多数決によって決定されるからです。 国会の中での最大勢力は与党ですので、当然与党の中から選出されます。 ほとんどの場合、その党のトップである「党首」が内閣総理大臣になります。 また、総理大臣は他の国務大臣の任命権を持っています。 その権利を使い、自分の仲間、つまり同じ党のメンバーを国務大臣に任命することもできます。 以上のことから分かるように、与党は行政に関しても非常に大きな力を持ちます。 「野党」についてもっと詳しく 「野党」とは一言で言うと「政権を握っていない党」の総称です。 与党ではない党をまとめて「野党」と呼びます。 ちなみに「野党」は英語では non-government party 非政府党 や the party out of power 権力から外れた党 、Opposition 反対勢力 と称されています。 先ほど触れた通り、与党は国会内での最大勢力です。 ということは、自明に野党は少数派の側に回るわけです。 そして再三言っているように、民主主義は多数決原理に則っています。 ならば、少数派である野党には法律を通すこともできず、総理大臣や国務大臣を出すこともできず、なにもすることができないのでしょうか。 全くもってそんなことはありません。 野党の議員も国民によって選挙されています。 もしも野党の議員がなにもすることができなかったら、その議員に票を投じた国民の意思が蔑ろにされることを意味します。 国民の意思が軽視されるようでは民主主義とは言えません。 では、野党の仕事は一体なんなのでしょうか。 それは 与党を監視し、暴走を防ぐことです。 与党は確かに国会の最大多数派です。 つまり、国民の大多数が支持している政党ということになります。 しかし、選挙の際に与党に票を投じていない人もまた同時に存在します。 そういった状況の下で、与党が自分たちの意見をそのまま修正を加えずに押し通していけば、与党に投票しなかった、つまり与党に賛同していない国民の意見が無視されることとなります。 民主主義の理念は「自分たちのことは自分たちで決める」ということです。 無視される声があればそれは民主主義ではありません。 「無視される声」が出ないように、与党と熟議を重ね、妥協点を探し、別の視点を与え、調整を行っていく。 それが野党の役目です。 野党がきちんと機能しなければ、与党を支持する国民だけしか満足できない、非常に偏屈な政治になってしまいます。 野党は野党で大変重要な役目を担っているということです。 まとめ 以上、この記事では与党と野党の違いについて解説しました。

次の

衆議院と参議院の違いってなに?5つの違いを簡単解説|政治ドットコム

野党 参議院 違い

「野党と与党」と、「衆議院と参議院」との違いでしょうか? 最近の報道では「衆議院=与党」で「参議院=野党」だと誤認されても、仕方がないかもしれませんね。 それぞれ2種類あって、互いに対峙しているようになっていますからね。 「与党」とは、政権側の政党のことです。 「野党」とは、逆に政権側にいない政党です。 一方、日本には法律を作る機関(立法機関と言います)として、国会があります。 国会には、「衆議院」と「参議院」が存在しています。 なので、「野党と与党」と「衆議院と参議院」とは、そくイコールで結べるものではありません。 しかし、日本では、国会で内閣総理大臣を多数決で指名して政権を立てています。 ということになります。 ところがです。 国会は、衆議院と参議院に分かれています。 どちらも、多数派となっていれば、問題ありません。 両方で多数派になっている政党が「与党」です。 しかし、衆議院と参議院で多数派が異なることがあります。 今がまさしくそうです。 衆議院では、自民党と公明党が合わせて衆議院では多数派ですが、参議院では少数派です。 この場合、憲法の規定で衆議院を優先することになっています。 そのため、自民党と公明党が与党、民主党などその他の政党が野党と扱われます。 法律は、衆議院と参議院の両院の賛成多数がないと成立しません。 ところが衆議院は与党が多数派で、参議院は野党が多数派です。 内閣が提出した法律案に、衆議院で内閣を支える与党の賛成により可決、参議院では内閣と対峙する野党の反対により否決という対決状況が頻発しています。 このような状況が報道され、「与党と野党との対決」と「衆議院と参議院との対決」と同一視しやすい環境になっています。 与党・野党の違い これは選挙によって一番多く当選した政党のことを「与党」といいます。 現在の自民党がそうなります。 その他の党のことを「野党」といいます。 民主党をはじめ、共産党、社民党などは野党になります。 ただし公明党のように、与党に同調しますという姿勢をとっている少数政党は結果的に「与党」となります。 言葉で言うと「~連立」という言葉をニュースでは聞くかもしれません。 (現在の場合は「自公連立」といいます) 多数党・少数党で与党・野党と違いをつけるわけです。 少数党が集まって多数党の可能性もあります。 または政権を担当している党が与党、政権を担当していない党が野党ともいえます。 衆議院・参議院の違い 衆議院は任期が4年であり、選挙資格は25歳から可能です。 衆議院には解散があり、4年間必ずとは限りません。 そのため衆議院は参議院よりも基本的に権限が強く、法律などの最終決定権限は衆議院にあります。 参議院は任期が6年であり、選挙資格は30歳から可能です。 参議院は3年ごとに半数の議員を入れ替え選挙します。 そのため参議院には解散選挙というシステムはありません。 必ず6年間は政治家として活動することになります。

次の

衆議院と参議院の違いとは?人数・任期・役割などを詳しく解説

野党 参議院 違い

現在の参議院 まず、日本にはどんな政党が存在するのでしょうか。 現在の参議院に議席を持っている主な政党を表にまとめたのがこちらです。 左派?右派? 政治に必ず出てくるのが「左」「右」という言葉です。 一言で言うと、左=革新派、右=保守派、を表します。 各政党にも、それぞれの政治的立場があり、それによって理念や政策は大きく異なります。 政治的立場という観点から各党を比べた図がこちら。 各党の特徴 自由民主党 現在内閣で政権を握っているのは自由民主党(自民党)です。 そのため、総裁(党首)である安倍晋三が現在の日本の総理大臣です。 自民党はわりと保守的な政策が特徴的で、高齢者、農家、労働者からの支持が強いです。 特に1955年からはほとんどの期間を自民党が政権を握り、政党としても歴史が長いです。 また、現在は 公明党と連立政権を組み、協力して政権を担当しています。 立憲民主党 実は2017年に創立したばかりの新しい党ですが、野党の中で最も大きく、自民党とは対立的な立場にあります。 その名の通り 立憲主義を理念とし、憲法によって政治権力の悪用や政治支配を制限・防止しようとしています。 また、リベラルで革新的な政策が特徴的です。 国民民主党 現在は解党となった「民進党」が分裂したことがきっかけで2018年に創立した新しい政党です。 実は立憲民主党も同じ民進党ルーツです。 旧民進党のリベラル・革新派議員が結成した立憲民主党に対し、国民民主党は「 穏健な保守」「革新保守」などと言われています。 公明党 公明党の大きな特徴としてあげられる挙げられるのは、仏教系宗教法人の 創価学会を母体としていることです。 比較的保守的な政党であり、理念が自民党と近いことから現在は 自公連立政権を組んでいます。 日本維新の会 党本部は大阪市にあり、もとは「大阪維新の会」という大阪府の地域政党が母体となって結成された特殊な党です。 主な政策として「 身を切る改革」「道州制導入(地方分権)」「規制緩和」などを掲げています。 希望の党 維新のように、もとは小池百合子氏の地域政党「都民ファーストの会」を母体として結成された政党です。 結成当時の比較的早い頃から性別、性的指向、人種などの 多様性を尊重する政策を重視しています。 党のウェブサイトにもあるように、改革保守の立場をとっています。 日本共産党 英語に直すと Japanese Communist Party。 「コミュニスト」という強い言葉が入っていますが、歴史も長く、党の理念が揺るがない、解党や結党を繰り返さないという点では非常に安定した政党でもあります。 民主主義改革を目指した政策を出し、日本の現状と共産党が理想とする民主主義を比較して政策を主張するスタイルが特徴的です。 社会民主党 ズバリ、 社会民主主義を掲げている政党で、共産党と似た点として「日本には改革が必要」と考えています。 社会民主主義の理念とは、平和・自由・平等・共生。 終わりに いかがでしたでしょうか。 「党が多すぎて何から調べていいのか分からない」「選挙って複雑そう」と思っている方、その気持ちよくわかります。 私も初めて投票に行った時は調べることがたくさんあって少し大変だな、と思いましたが、政党の種類や違いを知るだけで様々な政策のあり方、政治の方向性などを理解することができます。 ぜひこれを参考に皆さんも投票に行く準備をして下さい! 【関連記事】 学生団体ivote i-vote. jp のメディア事業部。 「若者と政治のキョリ」を近づけるべく耳よりな情報を届ける。 ちなみに年中メンバー(含ライター)とインタビュー先を募集している。 関連する記事• 2019. 09 「何を見て投票先を決めればいいのかわからない!」 そんな人におすすめなのが選挙公報。 極めて簡単に候補者全員を比べることができる、選挙公報の読み解き方[…]• 2019. 09 第25回参議院議員通常選挙が7月4日に公示され、投開票日は、7月21日となっています。 2019年は12年に一度の「統一地方選挙」と「参議院議員選挙」[…]• 2019. 04 もうすぐ参院選が始まりますね。 皆さんはどのようにして情報を得て選挙に行きますか? テレビ?家族? 無論、そのような人も大勢いるとは思いま[…].

次の