ピアノ 買取価格 比較。 電子ピアノの買取価格・相場一覧表【高価査定ランキング】

【ヤマハ製】中古アップライトピアノの買取相場

ピアノ 買取価格 比較

目次 ピアノを売る時のトラブル事例と対処法 ピアノ買取でよくあるトラブル事例を挙げると以下のとおりです。 買取価格がつくピアノを無料で引き取ろうとされた• 出張費がかかることを知らず、出張査定時に請求された• 査定時に出された金額と実際の買取金額が違った• ピアノ買取業社からキャンセルには費用が必要だと言われた• 買取ってもらったピアノが海外に売り出されていた 一つずつ詳しく見ていきましょう。 買取価格がつくピアノを無料で引き取ろうとされた 買取業者が売り主を騙して、買取価格のつくピアノを無料で引き取ろうとすることがあります。 ピアノの相場価格を知らない方も多く、買取業者がそこにつけ込みピアノを安く仕入れようとするためです。 たとえば、本来は中古市場で10万円ほどになるアップライトピアノを、買取業者が「これは古すぎて値がつかないけど、無料で引き取りますよ。 」などと偽ることがあります。 事前に売りに出すピアノの買取相場を知った上で、査定に出しましょう。 出張費がかかることを知らず、出張査定時に請求された 出張費を支払わないといけないことを知らず、出張査定時に買取業者から請求されてトラブルになることがあります。 売り主が出張査定費の請求があることを知らないまま、買取業者に出張査定を依頼するために起こっています。 あらかじめ、買取業者のホームページや電話などで出張費やその他費用は必要かどうか確認しておきましょう。 査定時に出された金額と実際の買取金額が違った 査定時の価格に比べて、ピアノの買取価格を安くされることがあります。 ネットや電話査定の場合、ピアノの状態を買取業者へ伝えきることが難しく、引き取りのタイミングで思っていたよりも状態が悪いと判断されると査定価格を減額されるからです。 例えば、電話査定時には10万円と値がついたとしても、引き取り時にピアノにキズが見つかり買取価格が7万円に下がることがあります。 査定に出されたら下記2点を注意しておくと良いでしょう。 提示された査定価格が減額されるケースはあるかを確認すること• ピアノの状態(キズや打痕、ペダルが踏めるかetc)を正確に伝えること ピアノ買取業社からキャンセルには費用が必要だと言われた ピアノ買取をキャンセルしたら費用が発生して、トラブルになってしまうケースです。 買取業者はピアノの引き取りに人件費や運搬費がかかるので、キャンセルされると大きな金額を損失してしまうからです。 例えば、グランドピアノを運ぶ場合、運搬に必要な作業員が4人とします。 キャンセルになると4人分の人件費と現場への移動費といった費用だけが発生し、買取業者が売上をたてられなくなります。 キャンセル料金についての対応は業者によって様々なので、いつ、どういった費用が発生するのかを査定依頼時に確認しておきましょう。 買取ってもらったピアノが海外に売り出されていた 自分の売却したピアノが海外に輸出されているのを見つけてショックを受ける、というトラブルです。 近年、日本製の安くて品質の良い中古ピアノが、中国をはじめとする海外市場で需要が高まり、積極的に輸出を行う買取業者が増えていることが原因です。 「自分の大切にしてきたピアノが買い取り後にどうなるか知っておきたい!」という方は、査定の際に買取業者へ確認しておくと良いです。 ピアノ買取でトラブルを避けるための注意点 ここまで、実際のトラブル事例を紹介してきましたが、これらのトラブルは売り主が以下の3点に注意すれば防ぐことができます。 買取業者にピアノなどの情報を正確に伝えることは難しい• 自分のピアノの買取相場価格• ピアノ買取業者が提示する査定価格の内訳 はじめに、ピアノ買取はネットや電話口での査定が主なので、現物を買取業者に見せる機会がないです。 そのため、どうしても細かなピアノの状態を伝えきれずに齟齬が起きる可能性があるので注意が必要です。 また、自分のピアノの買取相場を知っておけば買取業者の査定額が妥当か判断できます。 加えて、買取業者の提示する査定額とは ピアノの査定額 = ピアノの買取価格 — ピアノの引き取りや運搬にかかるコスト …という内訳であることを把握しておきましょう。 ピアノ買取業者の選び方 不要なトラブルを回避するために、信頼できるピアノ買取業者を選ぶポイントを紹介します。 ピアノの相場価格と提示された査定価格を比較する• ピアノ買取業者の評判や実績、古物商許可の有無を調べる• 中古ピアノの買取業者を比較する ピアノの相場価格と提示された査定価格を比較する 査定に出すピアノの相場価格を把握しておきましょう。 自分のピアノの買取相場を把握しておけば、その買取業者が買い叩こうとしているかどうかを判別できるためです。 例えば、相場価格が8万円のピアノに0円の査定をつける買取業者であれば怪しいですし、他の買取業者を選ぶという選択肢を設けることができます。 自分のピアノの買取相場を調べる場合はやをご覧ください。 ピアノ買取業者の評判や実績、古物商許可の有無を調べる 依頼するピアノ買取業者の実績や、評判を調べておきましょう。 買取業者に関する評価や実績といったものは、その業者が優良であることを知る一つの指標になるからです。 たとえば、買い取り実績を確認できない業者と、3万台もある業者を比べた場合、実績から考えられる業者の信頼感が違ってきますよね。 事前に買取業者のホームページから実績などを確認してみて下さい。 また、「古物商許可」を取得しているかどうかによって、買取業者が怪しい業者ではないか判断できます。 古物商許可とは、個人もしくは法人が行う中古品の売買業務を警察が認めるものであり、審査には身分証明書や誓約書などの書類が必要です。 古物商許可を取得している買取業者であれば、審査を通過しているため、怪しい買取業者ではないと考えることができます。 当サイトに掲載されているすべての買取業者は古物商許可を取得しているので、気になる方はから確認してみてください。 中古ピアノの買取業者を比較する 最後に、ピアノ買取業者を決める際に重要になるのは、複数の買取業者に査定を依頼することです。 複数の買取業者を比較することで、査定価格やサービス内容の良し悪しを比較することができるからです。 例えば、同時に3社から査定価格を聞き、金額の1番高いところを選ぶといったことが可能です。 当サイトでは、無料で最大5社に一括査定を依頼することができます。 複数の買取業者に依頼したいと考えている方はぜひ利用してみてください。 買取業者とトラブルになってしまった際の対処法 もしも買取業者とのトラブルに巻き込まれてしまった場合には、「消費者ホットライン188番」へ相談しましょう。 これは全国共通の電話番号で、地方公共団体が設置している最寄りの 消費生活相談窓口をご案内してくれるものです。 どこへ相談すればいいかわからない場合は、この に電話すれば相談先を教えてくれます。 まとめ ピアノ買取にまつわるトラブルと注意すべきポイントについてまとめると以下のとおりです。 トラブルを回避するには買取相場を把握し、買取業社とのやり取りに注意する• 信頼できるピアノ買取業社を選ぶには、口コミやランキングを見た上で一括査定する ピアノ買取では様々なトラブルが起こる可能性があるため、わからないことはピアノ買取業者へしっかりと確認を行うことが大切です。 トラブルの原因と対処法を把握して、安心してピアノを買い取りしてもらいましょう。

次の

ピアノを売るならどこ?ピアノ買取業者のおすすめ評判ランキング5選

ピアノ 買取価格 比較

電子ピアノとは? 電子ピアノは、電気で動くピアノ型の楽器で「デジタル・ピアノ」「エレクトリック・ピアノ」とも呼ばれます。 生のピアノは鍵盤を押すことでハンマーが動き、弦を叩く事で振動が起き音を出します。 一方電子ピアノは、内部にピアノの音が録音されており、鍵盤を押すことでそれに対応する音が発生し、スピーカーを通して音が聞こえるという仕組みになっています。 主なメーカーとして、ヤマハ、カワイ、ローランド、カシオ、コルグなどがあります。 電子ピアノは生ピアノに比べて値段が安価であることから、ピアノ初心者や子供に習わせたい人等が気軽に購入しやすい点が魅力の一つです。 その他にも• ピアノ以外の多彩な音色を選択して出すことが出来る。 音量調節やヘッドフォン機能がついているので夜中でも騒音を気にせずに練習できる。 重量が軽く、コンパクトなサイズなので設置しやすい。 調律などの手入れが不要。 など生ピアノにはない便利な機能がついています。 また機種によっては、オンラインで音楽をダウンロードして自動演奏してくれたり、録音をしてパソコンに保存出来たりといったデジタル機器ならではの機能を備えているものもあります。 ピアノ入門にはとてもオススメの楽器ですが、やはり生ピアノの表現力に叶わない、古くなると修理部品が無くなってしまうなどといったデメリットもあります。 電子ピアノを買取に出す前に必ずやっておくこと 子供が成長して弾かなくなった、引っ越しで不要になったなどの理由で電子ピアノを処分しなくてはいけない時に、折角ならば買取に出してなるべく高く売りたいですよね。 電子ピアノを買取してもらう場合、まず業者に査定を依頼します。 その時に必要なのが、電子ピアノの「型番」「製造番号」「メーカー名」「製造年」「ペダル数」です。 特に製造年が重要で、製造されて8年以上たつ電子ピアノについては値段が付かない場合が多いといわれています。 これは電子ピアノが楽器ではなく電子機器である事が理由で、古い程価値が無くなってしまうからです。 今はインターネットで持っているピアノの買取相場をすぐに調べることが出来ますから、まずは型番と製造年を基に簡単な相場を調べてみましょう。 例え買取価格が付かなくても、そのままゴミとして処分するとなると処分代がかかります。 古い電子ピアノでも無料引取りを行ってくれる業者がありますので、値段がつかないからと言って諦めずまずはまずは買取業者に連絡を取りましょう。 その他査定時に必要な情報として、傷やヘコミなどの外見の状態、付属品の有無や故障の状況、設置場所や設置階数を伝える必要があります。 電子ピアノをより高く売る方法 折角買取をしてもらうならより高い値段で買い取ってくれる業者さんに売りたいですね。 電子ピアノをより高く売るには電子ピアノ買取の一括査定サービスを利用する方法があります。 査定の依頼をすると最大10社からの見積もりを出してくれるWEBサイトなどがあります。 元々の値段が高価な電子ピアノの場合、業者によって買取価格に何万円と差がつく場合がありますので、複数の業者に見積もりを出して一番高く売れる業者を見つける作業は必ずした方がよいでしょう。 もう1点は、持っている高額のピアノを常に綺麗な状態に保っておくことです。 特に鍵盤部分は指の脂や汗が付きやすく黒くなりやすいです。 そのままにしておくとシミになってしまい落ちにくくなるので定期的な掃除をしてください。 電子ピアノは電子機器ですから、湿気が多いところに設置していると内部が故障したり虫が発生したりしてしまうこともあります。 なるべく風通しの多い場所に設置し換気を行う事でよい状態を保つようにしてください。 機能が使えなかったり音が出なかったりといった故障があると、査定額は必ず下がってしまいます。 また説明書やヘッドフォン、専用椅子などの付属品が揃っている場合も査定額が上がりますので保存しておくとよいでしょう。 電子ピアノ買取のよくある質問 電子ピアノ買取時のよくある質問としては• 汚れや傷があっても買い取ってもらえるのか。 古い電子ピアノでも査定してもらえるのか。 運搬費はかかるのか、ピアノの梱包は必要か。 電話やメールで査定後、現物を見て買取価格が下がることはあるか。 買取できなかった場合に処分はしてもらえるのか。 といったものがよく挙げられています。 汚れや傷に関しては普通に使用してつくような小さな傷や擦り傷であれば問題なく買い取りするが、鍵盤の損傷や、拭いても取れないシミや日焼けに関しては査定に影響すると答える業者が多いです。 古い電子ピアノについては、製造して7~8年以上たったものは査定しないという業者が多いですが、中には20年以上たった古いピアノでも査定してくれる業者もあります。 運搬費に関しては業者負担をすると答えている業者がほとんどです、また梱包も業者が行ってくれるので不要のようです。 買取価格の減額については、査定通りにすると答えている業者が多いですが査定時に報告していなかった傷があった、運搬に特殊作業が必要だったなどの場合には再査定となることもあるようです。 電子ピアノの処分に関しては、買取できなくても処分はしてくれるという業者がほとんどですので最悪値段が付かなくても処分は出来ると考えてよいでしょう。

次の

ピアノ買取一括査定2社を比較!ズバット・引越し侍ではどっちがいい?

ピアノ 買取価格 比較

出張買取サービスがおすすめ そんなときに、ピアノのような大きなモノとなると、リサイクルショップやネットオークションで売ろうにも、店頭へ持っていくこと、配送に出すことが難しいという人もいるはずだ。 ピアノのような大きな不要品はどのように売ればいいのか。 そんなときには 出張サービスを利用すると負担なく、ピアノを売ることが出来るだろう。 ネット上で簡単に申し込むことができる 上記で触れた、出張買取サービスだが、現在、増加傾向にある。 これはテクノロジーの進化によって、現代ではPCはもちろん、 スマホやタブレットなどで簡単にインターネットにアクセスが出来るようになったことが要因となっている。 出張買取業者の増加 また、買取専門の業者や店舗などネット上でのビジネスが、主流になってきているのも要因の一つだろう。 このような背景があり、現在では買取業者も増えてきている傾向にあるのだ。 と、このようにピアノの出張買取を行っている買取業者は多いので、こんな便利なサービスを使わない手はないだろう。 また、処分では費用が掛かってしまうのに、売れるとなれば現金も貰うことができれば、一石二鳥だろう。 リサイクルショップおけはざま リサイクルショップおけはざまは愛知県で電子ピアノや家電の買取をおこなっている 出張買取専門の買取業者。 出張範囲は 愛知県内ならどこでも可能の地域密着型。 無店舗型のリサイクルショップなので、 店舗運営費などのコストを削減して、高価買取に努めている。 電子ピアノ高価買取中! 電子ピアノの買取に積極的で、とくに製造から10年以内の電子ピアノは高価買取が可能。 あまりに古いものは買取できないが、2000年から2010年の間に製造されたものであれば5000円前後で買取でき、 2010年以降の電子ピアノは高価買取が期待できる。 ていねいなヒアリングで不満を防ぐ 出張費用などの手数料は 無料で利用できるが、商材によっては発生する場合もある。 しかし、来訪前に細やかなヒアリングをおこなっているため、 買取時の思い違いなどのトラブルを未然に防ぐよう徹底している。 利用者の時間や労力を無駄にしないために、納得してもらえてから来訪する形式だ。 電子ピアノ以外にも家電などの買取もおこなっているため、 不用品をまとめて買取してもらうのもおすすめ。 徹底したヒアリングだけではなく、ユーザーの要望や希望を買取金額にも反映してくれる、安心して利用できる買取店だ。 高く売れるドットコム 様々な商品の買取を行う、高く売れるサイト、ドットコム。 高く売れるドットコム本体が全国主要地にセンターを構え、店頭買取や出張買取を行っている、大手の買取業者だ。 規模を活かした高額な買取、対応の早さ 各商品とも取り扱い点数なども非常に多く、高く売ることのできるドットコム。 大規模事業展開で培った流通経路と蓄積したノウハウによる、高額査定を謳っている。 サイトに買取価格表が存在しないのは、変動する相場の中で人気や状態によってより、高い買取価格をつけるためとしている。 より、高額査定してもらえる期待が持てるサイトと言ってもいいだろう。 さらに大量にまとめて売ることも出来るくらいの規模となっているので、ピアノもすんなりと買い取ってくれるだろう。 そして、 ひとつひとつ丁寧に査定することを売りにしているため、ピアノを売却したい場合において、安心して送ることができる点もプラスだろう。 14時までに成約すれば、なんとその日のうちに集荷してもらえる 宅配買取についてのサービスも、そのスケールとノウハウを最大限活かしている。 14時までに成約すれば、なんと、その日のうちに集荷に来てもらえる、「スピード集荷」というサービスを行っているのだ。 また、 無料梱包キットもその際に持参してくれるため、他業者と比べて、スピーディーに取引ができる。 もちろん、その際の送料や買取価格に納得がいかず、 買取をキャンセルする場合であっても、返送料、振込み手数料なども無料だ。 集荷以外のスピードに関しても、査定は最短当日に行い、即日入金も可能となっているので、急ぎで現金が欲しい人にうってつけだろう。 タケモトピアノ 言わずと知れたタケモトピアノ。 それも一度聞いたら忘れられないCMソングが印象的で、タケモトピアノの名はある程度の人が聞いたことあるだろう。 そんなタケモトピアノは買取にかなり力を入れている。 ピアノの買取台数が、日本1位のタケモトピアノ タケモトピアノは、ピアノの 買取台数において日本で第1位となっており、ピアノ買取市場において大きなシェア率を占めている。 タケモピアノは独自の流通ルートを持っており、世界50カ国に輸出して販売を行っているため、また、たくさんのピアノを買い取っても売るノウハウを持っているため、多くのピアノを買い取ることができるのである。 査定や通常の運送費用の負担はない 買取のサービスとして、運搬費などはタケモトピアノが負担をしてくれる。 というのも、タケモトピアノは 買取、修理、出荷まで全て自社で出来る体制を整えているため、出張買取での運搬費用無料というサービスを可能にしている。 さらに買い取り査定もネットで24時間受け付けており、電話では9時〜19時まで対応してくれる。 買取金額も高額査定を謳っているので、期待も出来る買取業者だろう。 楽器の買取屋さん 楽器の買取屋さんは、 ネットを専門に買い取りを行っているショップである。 現在、サイトでピアノだけに限らず、ギター、ドラム、ベース、音響機材に至るまでさまざまなジャンルの買取を行っている。 全国の買取を対象としており、高額買取にも力を入れている業者である。 他社よりも高額でスピーディーな買取を行っている 専門買取については、独自のノウハウを活かしており、スピード感ある買取をおこなっている。 電話での受付となるが 最短で30分での出張買取をサイト内で謳っており、非常に早く、買取で無駄な手間を省くことが出来るだろう。 さらに 大量の査定であっても、スピーディーに取引ができるサービスも行っているので安心だ。 もちろんその際の送料やキャンセルした場合の査定料は無料である。 そのまま即日入金、現地での即払い可能となっているなど利用者に歩み寄っている、非常に売り手に優しいサービスだ。 伸和ピアノ株式会社 伸和ピアノ株式会社はピアノの買取・販売を行っている会社である。 ピアノメインでの事業で、買取にはかなり力を入れている会社である。 基本的なサービスやスピード感も良好 もちろん 基本的なサービスも、無料で査定、キャンセルの際の返送料、振込手数料などが全て無料となっている。 買取出張のエリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、関西は大阪、京都、兵庫、岡山、香川など幅広い地域での出張買取を行っている。 また、上記でも少し触れているが、買取の査定定額に納得出来ない場合でも、キャンセル料はない。 また 搬出料金も掛からないので、負担がないというのは大きなメリットだろう。 買取金額に関してはそこそこの値段で買い取ってくれて、基本的なサービスも充実しているので、出張買取のハードルも低く利用しやすい業者と言っていいだろう。 JPS Japan Piano Service 中古ピアノを専門で取り扱う販売・買取専門サイト。 JPS は、中古ピアノを専門で取り扱う買取サイトである。 他社では評価が低くなりそうなものも評価して買取 基本的に買取では買い叩かれてしまうケースが多いのだが、その中でECサイトを運営している専門買取業者では、買い叩かれる可能性が低いのである。 また、今回取り上げているピアノのような楽器では、 特に買い叩かれる可能性も高くなるが、専門買取業者であれば、しっかりとその価値を把握して買取査定を行ってくれるので、逆に高価金額での買取査定となることも多いのである。 特にそのようなレアな商品は買い取ることを強く打ち出している。 特に キズや壊れていることに関して寛容であるため、そこは大きな利点といえるだろう。 専門買取業者だからこその買取金額となっている また電話、インターネットでの無料査定も行っている。 良い状態のピアノであれば、高い金額の買取額となるだろう。 無料査定が出来るので、 事前査定で確認して、問題なく価格がつきそうであれば、十分考慮に値する業者であり、高価で売れる業者でもあるので、買い叩かれる心配もないといえるだろう。 まとめ 今回は、ピアノの出張買取を行うときの比較として、5社ほど紹介した。 このようにピアノの出張買取の業者は多数ある。 そして、各ショップ毎でサービスの内容から査定金額などの特色も様々だ。 安心して売りに出せると思うポイントなどを考慮して、自分にあったサービスを行っているショップの買取査定に出すといいだろう。 もちろん、ここで紹介した他にも、たくさんのショップが存在している。 そのため可能な限り複数の業者で、仮査定をしたり、リサーチをして徹底的に比較検討することは大切なので、しっかりとやっておくべきだろう。 参考:.

次の