夢 対義語。 退廃的の意味・読み方・使い方|類語・対義語・英語表現も解説

夢の意味,読み方,対義語,語源とは?類義語,慣用句,ことわざとは?

夢 対義語

「一心同体」の対義語として、「同床異夢」が挙げられます。 読み方は「ドウショウイム」と読みます。 「同床異夢」は、仕事の仲間や、チームメイトなどが、同じ目標に向かうべきところ、一人一人が違う考えをもって、バラバラな様子を表しています。 「同床異夢」の言葉の通り、同じ床で寝ている仲間なのに、異なった夢を見るほど、心が通じ合っていないという意味合いになり、まさに、「一心同体」の対義語として表されます。 「同床異夢」はニュースや政治の場面では使われることが多いです。 例えば、「戦略を練っても、方向性がまとまらないが、仕方がなく同床異夢である」という例文は、同じ方向性で戦略を練っても、人によって意見や考えがバラバラですが、仕方がなく意見を一致させているという意味になります。 夫婦は一心同体なのでしょうか。 そもそも夫婦とは、様々な定義が存在しますが、辞書で表されるのは、結婚している夫と妻のことです。 これでは意味が簡単すぎるため、もう一歩踏み込む言い方をすると、ともに幸せや痛み、良いことから悪いことまで分かち合いながら生きていく男女のことを表しています。 結論から言いますと、一概には夫婦は一心同体と表現するのは難しいでしょう。 もちろん、一心同体の夫婦は存在していますが、全てが一心同体と感じている夫婦はあり得ないでしょう。 結婚した当初は一心同体と感じていても、時間が経つにつれて、一心同体の対義語、同床異夢のような関係になる夫婦も存在します。 しかし、恋人などに比べれば、いくらかは一心同体の関係であると言えるでしょう。 恋人は一心同体になった気持ちでいるだけで、その覚悟を持っているとは言い切れないです。 恋人は背伸び、夫婦は自然体という言葉があるように、自然体を見せ合っている夫婦は、恋人よりは、一心同体と言えるでしょう。

次の

酔生夢死の意味,語源,対義語,類義語,ことわざとは?

夢 対義語

「一心同体」の対義語として、「同床異夢」が挙げられます。 読み方は「ドウショウイム」と読みます。 「同床異夢」は、仕事の仲間や、チームメイトなどが、同じ目標に向かうべきところ、一人一人が違う考えをもって、バラバラな様子を表しています。 「同床異夢」の言葉の通り、同じ床で寝ている仲間なのに、異なった夢を見るほど、心が通じ合っていないという意味合いになり、まさに、「一心同体」の対義語として表されます。 「同床異夢」はニュースや政治の場面では使われることが多いです。 例えば、「戦略を練っても、方向性がまとまらないが、仕方がなく同床異夢である」という例文は、同じ方向性で戦略を練っても、人によって意見や考えがバラバラですが、仕方がなく意見を一致させているという意味になります。 夫婦は一心同体なのでしょうか。 そもそも夫婦とは、様々な定義が存在しますが、辞書で表されるのは、結婚している夫と妻のことです。 これでは意味が簡単すぎるため、もう一歩踏み込む言い方をすると、ともに幸せや痛み、良いことから悪いことまで分かち合いながら生きていく男女のことを表しています。 結論から言いますと、一概には夫婦は一心同体と表現するのは難しいでしょう。 もちろん、一心同体の夫婦は存在していますが、全てが一心同体と感じている夫婦はあり得ないでしょう。 結婚した当初は一心同体と感じていても、時間が経つにつれて、一心同体の対義語、同床異夢のような関係になる夫婦も存在します。 しかし、恋人などに比べれば、いくらかは一心同体の関係であると言えるでしょう。 恋人は一心同体になった気持ちでいるだけで、その覚悟を持っているとは言い切れないです。 恋人は背伸び、夫婦は自然体という言葉があるように、自然体を見せ合っている夫婦は、恋人よりは、一心同体と言えるでしょう。

次の

「泡沫」は読み方で意味やニュアンスが変わる?例文を使って解説

夢 対義語

【ことわざ】 盧生の夢 【読み方】 ろせいのゆめ 【意味】 人間の一生が短く、栄枯盛衰のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 「李泌」の「枕中記」より。 中国、唐の盧生という青年が都で一旗あげようと田舎から邯鄲という都市(今の中国河北省南部)を目指す。 疲れたので少し休もうと茶店に入ったところ、そこで出会った老人から枕を貸してもらい眠ってしまう。 夢の中で次第に出世し、地位も名誉も財産も持ち、美しい妻や5人の子供に囲まれ、大きな邸宅に住むという成功物語を見たが、目を覚ますと、みすぼらしい身なりで元のままの自分がいて、老人の煮ていた栗はまだ煮えていなかった。 盧生は今の夢は、ただ粟が煮えるまで間のことにすぎなかったのかと、彼は自分の抱いていた夢のはかなさに気がつき、邯鄲に行くのをやめて故郷に戻ったという話から派生した言葉。 【類義語】 ・一炊の夢 ・邯鄲の枕 ・邯鄲の夢 ・邯鄲夢の枕 ・黄梁一炊の夢 ・黄梁の夢 ・南柯の夢 【対義語】 ー 【英語訳】 Pleasure and come and soon go. Life is but a dream. 若いころは、これこそ盧生が夢の中にいたように、夢中だっただろうから、あっという間に感じたんだろうね。 「盧生の夢」の例文• 盧生の夢という言葉の通り、僕の人生は儚かった。 盧生の夢のように、栄華を手に入れるために無我夢中だったが、あっという間にすべてが去っていき、今は何も残っていない。 盧生の夢というように、盧生は立身出世を夢見たが、それはたかが一瞬のもので満足できるものではなかった、人生の満足って何だろう。 盧生の夢というが、人間の一生はあっという間だ、自分が生まれてきた使命を全うできるだろうか。 盧生の夢という言葉の通り、人生は短いし、立身出世を目指すばかりが人生じゃないよ。

次の