伊勢丹株価。 三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)【3099】株の基本情報|株探(かぶたん)

三越伊勢丹の株の買い方(株主優待カードが人気)/有名企業の株の購入方法/i

伊勢丹株価

今回の記事の内容 ・三越伊勢丹ホールディングス(3099)の株はどうなる?|株価の状況は? ・三越伊勢丹の配当と株主優待は? ・三越伊勢丹の株価の推移(チャート)は? ・三越伊勢丹の株は買い時?今後の株価の予想は? 三越伊勢丹ホールディングスの株がどうなるかに関して以下のツイートをしました。 百貨店業界最大手の三越伊勢丹の株価が低迷しています。 百貨店業界は郊外大型モール、ネット通販の勢いに押されて完全に斜陽化。 長期保有前提で手を出しづらい銘柄です。 百貨店業界は郊外大型モール、ネット通販の勢いに押されて完全に斜陽化。 長期保有前提で手を出しづらい銘柄です。 自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。 今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。 三越伊勢丹ホールディングスの株価データ• 株 価: 865円• P E R : 24. 1倍(予想)• P B R : 0. 58倍(実績)• R O E : 2. 40%(予想)• 配当利回り:1. 38% 株価の指標はイマイチといったところですね。 配当利回りが1. 38%と日本株の中ではやや低い水準といえます。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから24倍というのはけっこう割高な水準。 ただ同業他者と比べて見ると、• 高島屋:11. Jフロント:11. 9倍 となっていて、ライバル2社よりは高い水準ですね。 三越伊勢丹は百貨店業界でダントツの知名度を誇りますから、業績のわりには株価的にも人気になりやすいということですね。 三越伊勢丹の配当実績は? 続いて配当実績を見ていきましょう。 以下が三越伊勢丹の配当金の実績と2019年以降の見通しですね。 出典:より 配当金は1株あたり12円が続いてますね。 2018年3月期は赤字となりましたが配当金12円を維持したところは素晴らしい! 三越伊勢丹の配当方針を見ると、 企業価値の長期的な向上を図りつつ安定的な配当水準を維持することを基本姿勢としながら、経営環境、業績、財務の健全性等を総合的に勘案 としているので、業績次第ですが安定的に配当金を出すことを重視しているということ。 直近5年間の配当性向も15〜30%程度なので問題のないレベルと言えるでしょう。 三越伊勢丹の株主優待は? 続いて三越伊勢丹の株主優待制度を確認していきましょう。 保有株式数に応じて利用限度額が増えるタイプの優待ですね。 株主優待の内容 権利月は3月末。 例年6月ごろに株主に対して以下のような「株主様ご優待カード」が送付されます。 買い物の際に、この優待カードを提示すれば、• 三越・伊勢丹・丸井今井などのグループ各店舗でのお買物、レストラン・ 喫茶・イートインのご飲食代金を 10%割引になります。 優待の利用限度額は以下の範囲内。 利用限度額まで何回も利用できるんです! セール品、デパ地下での生鮮食品やお惣菜、レストランでの食事も10%Offになるので、使い勝手が非常に良いですよね。 長期保有特典 三越伊勢丹の株主優待には長期保有の特典があります。 初めて「株主様ご優待カード」が発行された後、3月末日の基準日を2年連続で迎えられた時点で300株以上ご所有している株主は、優待限度額が2倍となるものです。 例えば、300株の保有で限度額が40万円から80万円になります。 三越伊勢丹をよく利用される方には、うれしい特典ですね。 参照:(三越伊勢丹HP) 三越伊勢丹の株価の推移(チャート)は? 続いてチャートを確認していきましょう 百貨店業界で最大手の三越伊勢丹ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 三越伊勢丹の長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 この10年で株価はほとんど上がっていないですね。 低迷していると言っても過言ではないです。 2012年末ごろに800円程度だった株価が、 ・アベノミクス ・中国人観光旅行者の百貨店での爆買い により 2015年前半に2400円程度にまで株価が上昇しました。 しかし、その勢いは続かずに業績悪化から、わずか1年足らずの 2016年前半に1000円程度にまで株価が急落していますね。 1年程度で60%近い調整ですから暴落と言っても良い水準です。 三越伊勢丹の短期チャート 以下が直近1年の短期チャートです。 綺麗な右肩下がりのチャートなっています。 75日移動平均線( 青線)で株価が跳ね返されるという教科書通りの下がり方です。 直近1年間で株価が1400円台から800円台まで大幅下落してます。 かなり割安な水準ですね。 百貨店業界で最大手の三越伊勢丹。 最近の株価がここまで下落している理由は何故なのでしょう? 三越伊勢丹の株価が低迷している理由とは? 三越伊勢丹の株価が低迷しているのは、業績があまり良くない、直近決算が減収となっているからですね。 以下、クイックに見ていきます。 業績があまり良くない ここでは業績推移を確認していきましょう。 売上高 営業利益 純利益 2014年度 12,721. 3 330. 8 298. 9 2015年度 12,872. 5 331. 1 265. 1 2016年度 12,534. 6 239. 4 149. 8 2017年度 12,563. 9 244. 1 -9. 6 2018年度 11,968. 0 292. 3 134. 特に中国人観光旅行者の爆買いがひと段落した2016年ごろの業績は深刻で、赤字決算となっています。 百貨店は、 ・少子高齢化 ・イオンモールなどの郊外店との競合 ・アマゾンなどネット通販の攻勢 といった問題で長年苦境にあえいでいて、今だに業界共通の悩みとして横たわります。 日本百貨店協会によると2018年末時点の全国の百貨店数は219店となっていて、ここ10年間で61店舗も減っています。 2019年の閉店数は二桁に乗る見込み。 三越伊勢丹に限っても伊勢丹相模原店(相模原市)、同府中店(東京都府中市)の閉鎖を決定してるんですよね。 百貨店業界全体の不振が、三越伊勢丹の株価が低迷している要因の一つですね。 直近の決算も減収 三越伊勢丹が7月31日に発表した2020年3月期1Q決算によると、 三越伊勢丹の2020年3月期1Q決算 ・売上高:2822億6800万円(前年同期比1. 6%減) ・営業利益:80億5400万円(10. 9%減) ・純利益:60億1600万円(30. 8%増) となっています。 今年度に入っても業績改善の傾向が見られないところが株価下落の要因となっていますね。 三越伊勢丹の株は買い時?今後の株価は? さて株価が低迷している三越伊勢丹。 株は買い時でしょうか? 少し自分の好みも入っていますが、長期投資という観点からは三越伊勢丹株は少し様子を見た方が良いと考えます。 今後の株価も長期的には期待できないと考えます。 やはり百貨店業界自体が、斜陽化していることもあり長期的な株価上昇を期待して保有する銘柄ではありませんね。 百貨店にいかなくてもショッピングモールやネット通販で何でもそろう時代。 イオンやアマゾンなどの競合企業が強いこともあり、百貨店がかつての勢いを取り戻すことはもはや困難と言えます。 何れにせよチャートの形も良くないこともあり、三越伊勢丹株の購入は様子見ということで良いと思います。 「三越伊勢丹の株はどうなる」まとめ 今回は三越伊勢丹の株はどうなるということで、株価の推移(チャート)、株主優待、配当実績や今後の株は買いかなどについて述べてきました。 百貨店業界で最大手の三越伊勢丹。 百貨店業界自体が、少子高齢化、郊外型ショッピングモール、ネット通販の三重苦で株価が上がりづらい状況が続いています。 株主優待は、買い物やレストランの料金10%Offという大変魅力的な内容ですが、長期的な見通しはあまり良くないですね。 チャート的にも冴えないこともあり、三越伊勢丹の株は様子見で良いと考えています。 それでは。 おすすめ記事です。 Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。 ネオモバなら1株単位で投資可能。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)【3099】株の基本情報|株探(かぶたん)

伊勢丹株価

7 1,929. 0 1. 7 1,710. 6 0. 2 1,853. 2 1. 8 1,798. 2 1. 4 1,057. 4 0. 39 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)【3099】株の基本情報|株探(かぶたん)

伊勢丹株価

現在は【中立】 予想株価 733円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「三越伊勢丹ホールディングスの2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の