住民 票 抄本 と は。 戸籍謄本・抄本とは

住民票の「本籍地」の記載方法と、「省略」の意味!【記載時の注意点】

住民 票 抄本 と は

補足:本来の呼称は?? 上で説明のとおり、住民票においては本来「謄本・抄本」という言葉は用いられません。 住民票の請求書には 「世帯全員」「世帯一部」という文言があり、こちらが今の通称です。 以下の住民票は例ですが、もしも「小樽太朗・花子」家族が2人家族であれば、この住民票は「住民票謄本」として発行されていることになります。 ただし、もしも一人娘がいる場合は、その娘の名前が記載されていないことから、この住民票は「抄本」として発行されていることになります。 個人票という形式もある! ちなみにですが、住民票には• 世帯連記式• 個人票 という2つの出力方式があるのをご存知でしょうか。 世帯連記式とは? 世帯連記式は、従来どおり1枚の紙に世帯員が載ります。 【世帯連記式の例】 個人票とは? 一方の「個人票」は、一人ひとりの情報が別の紙に出力されます。 世帯全員(謄本)を選びつつ、形式を個人票とした場合は、世帯員分の個人票がホッチキス留めで渡されます。 【個人票の例】 謄本・抄本という言葉は、出力形式とは関係ない! たまに混乱してしまう方がいらっしゃるようですが、• 謄本(世帯全員)は、世帯連記式・個人票、どちらでも出力できる• 抄本(世帯一部)も、世帯連記式・個人票、どちらでも出力できる ということを覚えておきましょう。 中には【世帯全部=謄本=世帯連記式】【世帯一部=抄本=個人票】と解釈している方もいらっしゃるようですが、そうではありません。 スポンサーリンク 「住民票の写し」とは何が違うのか? 「住民票の謄本・抄本」といった言葉と同様に、混同されやすいのが「住民票の写し」です。 「住民票の写し」というのは、役所に保管されている「住民票の原本」を写したものです。 「写し」という文言がありますが、 我々にとってはそれが「住民票の原本」であり、『住民票の原本を提出して下さい』と言われれば、この「住民票の写し」を提出すれば問題ありません。 ということで、「謄本・抄本」といった言葉とはまた違う角度の話になります。 なお「原本・写し・コピーの違い」については、以下でもまとめています。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク 「住民票記載事項証明書」とは何が違う? 住民票には、「住民票記載事項証明書」という言葉も出てきます。 これは住民票と結構似たような物ではあるのですが、以下2つの特徴があります。

次の

住民票の謄本・抄本の記載事項の違い

住民 票 抄本 と は

証明書 注意事項 手数料 住民票の写し• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる 証明書等(運転免許証、健康保険証など)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要• 同じ世帯以外の人が請求するときは、詳しい請求理由が必要 1通300円 戸籍附票の写し• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証など)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要• 戸籍に記載されている方又はその配偶者、申請者本人の父母、祖父母、子、孫など直系の方の証明を請求することができます。 それ以外の方の証明を請求するときは、詳しい請求事由が必要 1通300円 戸籍謄・抄本 除(原戸)籍謄・抄本• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要• 除かれた戸籍に記載されている本人、正当な利害関係を有する人、裁判所などに提出する人などが請求できます。 戸籍謄・抄本 1通450円 除(原戸)籍謄・抄本 1通750円 住民票記載事項証明書• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証など)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要• 住民票記載事項証明とは、住民票の記載事項のうち申請者が必要とする事項について証明を行うものです。 提出先で指定された用紙をお持ちであればお持ちください。 その用紙がない場合は、提出先にどのような事項が必要か事前に確認のうえ窓口にお越しください。 備え付けの用紙をお渡しします。 1件300円 印鑑登録証明書• 印鑑カード(印鑑登録証)又は印鑑手帳が必要• 窓口にお越しになる方の印鑑が必要• 代理人が申請するときは、その方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要 1通300円 身分証明書• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要• 本籍地の市区町村で請求できます。 1件300円 個人市(県)民税 所得・課税証明書• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要 1件300円 (1年度分) 資産証明書 (資産なし証明書)• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要 1物件300円 固定資産税 課税証明書 (非課税証明書)• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要 1件300円 (1年度分) 納税証明書• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は印鑑が必要 1件300円 (1年度分) 軽自動車税 納税証明書(車検用)• 窓口にお越しになる方の本人確認ができる証明書等(運転免許証、健康保険証等)が必要• 代理人が申請するときは、請求者本人の委任状又は車検証(写し)が必要 無料• 3月中旬から4月中旬は住所異動のお手続きが混み合う時期です.

次の

住民票の写し等の請求/川口市ホームページ

住民 票 抄本 と は

人気の関連ページ!• スポンサーリンク 住民票に本籍を記載する方法! 住民票に本籍を記載するのは、実はとてもカンタンです。 なぜなら、住民票を取得する時の「交付請求書」において、 【本籍地の記載】にチェックを入れるだけだからです。 交付請求書のフォーマットは、各自治体によって異なりますが、必ずチェック欄が設けられています。 「本籍」が必要であれば、本籍にチェックを入れればOKです。 コンビニで取得する場合でも「本籍の記載有無」を選べますので、『有』にすればOK。 同じように、「世帯主との続柄」や「マイナンバー」についても、記載の有無を選べます。 人気の関連ページ!• なお「本籍」については、以下も参考にしてみて下さい。 人気の関連ページ!• スポンサーリンク 本籍を記載する時の3つの注意点! 続いては、本籍を載せるときに気をつけたい3つの注意点を説明します。 全員分の本籍が載ってしまう! 何も考えずにパパッと住民票を取ると、住民登録を一緒にしている同居人全員の情報が載ることになります。 すると必然的に、全員の本籍が載ってしまうことに。 通常は問題ないと思いますが、たとえば「同棲」などの場合、住民票は同じでも戸籍は違うため、それぞれ違う本籍地となっています。 もしも『全員分の本籍が表示されるのはイヤ』という場合は、住民票取得時に「世帯一部」にして、必要な人の分だけ請求しましょう。 もしくは「出力様式」を【個人票】にすれば、一枚ずつバラバラに出力してもらえます。 大阪市のフォーマットを例に出すと、• ちなみに、個人票で出力すると以下の様に出力されます。 住民票の請求書の「本籍地」にチェックを入れれば、本籍が載る• 「本籍」を載せると、必ず「筆頭者」も一緒に載ることになる• 諸事情で全員の本籍を載せたくない場合は、「世帯一部」での出力、もしくは「個人票」での出力にする• 請求時に「本籍地」にチェックを入れなかった場合は、「省略」という表示になる 住民票の取り方は4種類ありますが、発行手数料が若干変わります。 >> もしも「マイナンバーカード」をお持ちであれば、コンビニでパパッと取得することが出来ます。 また「取りに行く時間がない!」という場合は、カンタンに「代理人に頼む」ことも出来ますよ。 >> なお住所が変わった際の「住民票の移動」は 住民基本台帳法によって定められているため、移動していない場合は 最悪なケースとして罰金を課される可能性もありますので注意しましょう。 あとは余談ですが、「原本」や「写し」という概念が分からない方もいらっしゃると思いますので、そのあたりもまとめています。 >> スポンサーリンク.

次の