キャパ シティー 意味。 キャパオーバーの意味とは何か?自分のキャパを超える原因と対処法

「キャパシティ(キャパ)」の意味と使い方【ビジネス用語】

キャパ シティー 意味

A ベストアンサー No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいですが、気を使う、でもOKだと思います <気遣う> 見舞いのお礼 「お気遣いありがとうございます。 」 「気を使っていただいてありがとうございます」って言ったらイヤミです。 父親が子供に 「静かになさい。 お母さん疲れてるんだから、気遣ってあげなきゃ。 」 基本的に、『気を使う』は「使う」ので、意図的であり、あれこれ考えて行動します。 NO.2の方のおっしゃるとおり、疲れます。 笑 『気遣う』は、自発的・内在的にある優しさがベースの概念だと思います。 『気を使う』ときは何らかのフィードバックを期待する策略を巡らせている場合もありえますが、『気遣う』のは無償のいたわりです。 No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいで... A ベストアンサー 私の語感でお答えします。 私は、視点と観点の両方を用いますが、 視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを 強く引っぱっているように思います。 一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。 したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。 という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。 以上、私の語感でした。 私の語感でお答えします。 私は、視点と観点の両方を用いますが、 視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを 強く引っぱっているように思います。

次の

キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!

キャパ シティー 意味

よく使われるキャパオーバーですが、英語の意味をよく知らなくても「キャパ超えてる」「キャパオーバー」と聞くだけでイメージとして実感できるほど身近な言葉になってきています。 キャパオーバーの意味は? キャパオーバーの意味はというと、受け入れる範囲を超えているという意味ですね。 キャパシティ キャパシティ(capacity)は保持、受け入れという意味です。 【キャパシティについては、こちらの記事もチェック!】• オーバー オーバーは超えること(越えること)です。 合わせてキャパシティオーバー 合わせてキャパシティオーバーになっています。 その略語がキャパオーバー! キャパオーバーはその略語ですね。 英語の意味をはっきり知らなくても私たちはこの言葉を聞くだけでニュアンスとしてなんとなくわかりますね。 ちなみに英語での正しい表現はover capacityです。 つまり許容量を超えていることを表す キャパオーバーとはつまり許容量を超えていることを表しています。 キャパオーバーの使い方を学ぼう! キャパオーバーという使い方はたとえば、 あの会場はキャパが1000人なのに2000人集まってる、完全にキャパオーバー! 仕事を抱え過ぎてキャパオーバー! エレベーターに最後に乗ると、ブザーが鳴って、ああキャパオーバー! などでしょうか。 ️キャパオーバーなときって? キャパオーバーなときってどういうときでしょうか? 私もよく「これってキャパオーバーかも?」と感じることがありました。 今は反省して、キャパオーバーにどうしたらならないか、もしなってしまった場合はどうしたらよいかということを考えるようになりました。 仕事の抱えすぎ 一番多い場面が仕事の抱えすぎですね。 そしてその一番の原因は 「好い人でいたい、好い人になりたい」というものでしょうか。 でもハッキリそれを意識しているわけでも計算しているわけでもないのですが、キャパオーバーをしてしまう自分のことをよくよく考えてみるということをしてみた結果、ああそういうことなのね、とわかったことです。 この原因は一番底の底にあるものです。 頼まれると断れない、つい引き受けてしまうという態度になって表れていました。 残業しても残業しても仕事が終わらないという状態の人、テンパってしまってどこから、何から手をつけていけばいいのかわからないという状態の人はまさにキャパオーバーですね。 キャパオーバーになってしまっている人は一生懸命やっているのはわかるのですがその割に効率が悪かったり、周りからの評価も得られないのです。 デスクの上は書類の山、そこへ誰かがまた仕事を持ってきます。 断ればいいのに、「そこに置いておいて!あとでやっておくわ」と答えていたのです。 どうしてひと言、「すぐには無理よ」「出来ないは」といえないのか、自分でも不思議でした。 平気で人に仕事を振れる人もいるのにどうして自分にはそれができないのか、不思議でした。 ある人はあまりの激務のために胃潰瘍が悪化、入院と退職を余儀なくされて人生観が変わったといいます。 そこまで行きつくまえに対策を練ることが必要ですね。 悩みが頭を占拠 仕事のキャパオーバーであれば仕事量というはっきりしたものが目の前にありますから、キャパオーバーだということへの自覚がもてますが、悩み事や解決しなければいけない人生上の悩みや生活上の問題などが、自分で解決できるレベルを超えていた場合はキャパオーバーだということにすら気づきません。 悩みが頭を占拠しているにもかかわらずその悩みの解決をしなければいけないというプレッシャーに押しつぶされてしまいそうでした。 考えてもわからないことはわからないということが受け入れられないのです。 悩みを数量化できるのかできないのかはわかりませんが、ひとつ悩みがある上に、さらに別の悩みが襲いかかる。 ときにはそれらの悩みから逃れられていないにもかかわらず他の問題点を抱えてしまうという具合です。 疲れの溜め込みすぎ キャパオーバーになってしまうと、間違いなく疲れます。 もし疲れていないなら大丈夫!キャパオーバーではありませんね。 鬱の原因のひとつは疲れだそうです。 私はとにかく疲れに弱いということを自覚しています。 疲れに強いという人もいるようですがそれは疲れにくい身体能力を持っているだけでやはりキャパを超えると疲れの影響ははっきり表れてくるのではないでしょうか? A子は家でじっとしていると頭が痛くなるといって休みの日でも休むということをしないのです。 見ていて痛々しいほどです。 頭痛の原因のひとつに交感神経と副交感神経とのバランスがあるそうですが、普段交感神経があまりに優位な人は、副交感神経が優位に立つと頭痛がする場合があるようですね。 交感神経優位モードというのは戦いのときやバリバリやっているときに現れるのですから必要といえば必要ですがリラックスモードの副交感神経もしっかり働いてもらう状態でいてこそ私たちは元気に生きていけます。 頭痛の原因を探り、副交感神経優位の生活へと切り替えた方がいいといつもA子にアドバイスするのですが、休みの日の頭痛が怖いといって出歩くことをやめてくれないのです。 なんでもキャパオーバー状態になるまでやらないと気が済まないのです。 ひどい頭痛の経験がほとんどない私にはその苦しみはわからないので人ごとだからそんなこといえるのよ、といわれてしまえばそれまでですが中年期にさしかかっているA子がこのままの生活を続けていたら、今にたいへんなことになりそうな気がして忠告し続けていました。 ほどなくしてA子は病気になってしまったのですが、幸いたいしたことはなくホッとしました。 次から次へと問題発生 そんな生活を何年も続けているA子と知り合ったのは4年前でした。 最初は陽気で活発で行動的な女性だと思っていたのですが、見ていると常にどんなことでもキャパオーバー状態を維持して生活しているということに気づきました。 キャパオーバー状態の維持というと少しおかしいですね。 でもそうなのです。 ギリギリのところで維持できているのならキャパオーバーではないのでは?といわれるかもしれませんが、何かひとつがキャパオーバーしたら他のところでガス抜きをしてなんとか帳尻を合わせるということはできているようでした。 でもキャパオーバーになっているということには変わりはないので、次から次へと問題が発生していきます。 若いころなら体力気力もあるので乗り切れるかもしれませんが中年期にさしかかったA子にはさまざまな体調不良がやってきました。 頭痛の原因は悪い病気ではないとわかっている今のうちになんとか手を打てばいいのにと考えて心配してしまうのは余計なおせっかいなのでしょうか? そんな私ですが人ごとではないのです。 近隣トラブル発生と、仕事を山ほどかかえてこなし切れるかという不安、おかげさまで今は体調はすっかり良くなったのですが、2カ月前にはひどい風邪をひいてしまい、風邪薬のせいで胃をやられ、そうこうしているうちに私の風邪が家族にうつり、自分が少し良くなったかと思ったら今度は家族の看病、ライフワークの英会話の勉強ができないというストレスなど、次から次へと問題発生でした。 やっぱりA子への心配は余計なお世話ですね。 自分のこと以外に人の心配をするということでキャパオーバーに拍車がかかりそうです。 睡眠不足で体力が限界 私は睡眠不足で体力が限界というキャパオーバーが一番怖いですね。 慢性化しているというほどでもない睡眠不足と、やはり慢性化しているというほどでもない疲労というのを同時に味わうとハイ状態になることがあります。 このことは経験している方もいるのではないでしょうか?仕事が忙しく家に帰るのが午前様という日々が続いたとき、本来なら睡眠不足でグッタリ、お肌の状態も良くないはずなのに、なぜかそうではないのです。 肌の色つやは良く妙にテンションも高かったことを覚えています。 でもこれは1日~3日くらいの間だけでした。 医学的なことはよくわかりませんが、アドレナリンやそれに似た物質が脳から出ていたのではないでしょうか?緊急のときにバカちからが出るようなものだと思います。 その反動なのかその後はぐったりしてしまいました。 人によっては、疲れが極限状態になるような生活を好んでしているような人がいますね。 私には考えられないことです。 私たちの健康の基本は食べることと寝ることです。 いつの時代もこのことに変わりはないと思っています。 どんなに疲れていても、激務でも眠れさえすれば少々のことは大丈夫、持ちこたえられると思うのですが睡眠と食のどちがらが崩れると体力的にきつくなります。 ましてや両方が破たんすると体力に限界がきてしまいます。 私は、寝つきがかなりよいほうです。 まさにバタンキューです。 あるときテレビの健康番組で、どこかのお医者さんが人間はおふとんに入ってから5分くらいかけて眠りに入っていくもので、バタンキューという人は、寝つきがよいというより、普段から睡眠が足りていないだけだという説明をしていました。 それを聞いてドキッとしました。 確かに睡眠時間が足りていなかったのを、自分は寝つきがいいと思い込んでいたのかもしれないと反省をして、それまでよりほんの少し、20分くらいでしょうか、早めに寝ることにしました。 0時に寝ていたのを23時40分にはベッドに入ります。 すると確かに寝つきがそれまでより悪いのです。 バタンキューではなくなるのが少しさみしいのですが。 なんでも改善というと、うんと大きな変化を望みがちですが、たった20分の改善で良かったと思います。 直すこと、改善することもキャパオーバーにならないように注意が必要ですね。 勉強が追いつかない 勉強が追いつかないというキャパオーバーもあります。 就職してから宅建の資格をとらなければいけなかったB子は仕事をおぼえることだけでも大変なところに資格試験勉強もかかえてしまいました。 仕事に必要な資格なのでどうしても受からなくてはというプレッシャーもあったそうです。 職場の中のエレベーターの中では立っていられずしゃがみこんでしまったといっていました。 数学が苦手な私は高校生のとき、あまりの難しさにキャパオーバーというものを生まれて初めて実感しました。 頭に入りきらないということを感覚として自覚できました。 努力の足りなさを責められるかもしれませんが、悲しいかな「無理!」という言葉がはっきり自分の中から聴こえて来たのをおぼえています。 大人になってから英会話の勉強を始めました。 仕事をしながらの勉強なので時間とお金の余裕がありません。 スクールに通ったこともありますが今は自宅で独学しようと決めました。 でも何をどう独学していいのか見当もつかず、ひとまずNHKのテレビ番組やラジオ講座での勉強を選択したのですが、どの講座がいいのかわからず、3講座を同時進行させてしまったのです。 あれは失敗でしたね。 まさにキャパオーバーです。 どれも本腰を入れて聴けないのです。 ぎゅうぎゅう詰めの電車 キャパシティーというのは受け入れを意味するので、、ぎゅうぎゅう詰めの電車というのはキャパオーバーという言葉に一番近い内容かもしれませんね。 私のように地方出身者には信じられないような話ですが、首都圏では通勤時間に2時間というのも珍しくないそうですね。 しかも東京に住んでいる友人の話では、キャパオーバーになる寸前の満員電車というのは、人がつっかえ棒のような役割を果たして体を支えあっているので、何も摑まえる必要がなく楽だというのです。 立ったまま眠れるし鞄も他の乗客が支えてくれているようなものだから重くないということでした。 皆が自分の周りの人たちにもたれかかって眠れるような状態だというではないですか。 鳶職人と営業職のサラリーマンがお互いを称えあっているというコマーシャルをやっています。 鳶職人は営業マンになって下げたくもない頭を下げるなどできっこない、そして高所恐怖症の営業マンは高いところに上れないということで、相手を見て「あんたえらいな」と思っているというシチュエーションです。 ぎゅうぎゅう詰めの満員電車なども、キャパシティの大きな人と、生まれながらにしてとても小さな人がいるのでしょうね。 エレベーターでブザーが鳴った エレベーターに最後の1人として乗ると「ブー」というブザーがなることがありますね。 あれは少し恥ずかしいし、1台見送らなくてはいけないのでムカつきます。 定員オーバーは安全上守らなければいけないことですから仕方ありませんね。 そういえばどこかの航空会社がオーバーブッキングのため乗客4人に搭乗辞退を募ったところ3人は条件を呑んだそうですが1人はどうしても首を縦に振らず、航空会社の数名の職員が力づくで嫌がる乗客を担ぎ降ろしたそうです。 このニュースで私は初めて知ったのですが、もともとキャンセルが入ることを見越して多めに予約を受け付けるそうですね。 しかしこのときにはキャンセルが出なかった、もしくは思ったよりキャンセルが少なかったということだそうです。 そしてもうひとつ初めて知ったことは、搭乗辞退に応じてくれた人にはちゃんと返金プラス、ホテル代の支給があるということです。 客がなだれるライブハウス ライブハウスやコンサート会場でのキャパオーバーは危険です。 お客さんがなだれて将棋倒しのようになりかねません。 チケット販売は収容人数を把握するためのものだそうですね。 それはそうですね。 当日早い者勝ちで入場させていたら、満員状態のときに、「はい!ここまで」 といってお客さんを閉めだすことになってしまいます。 そしてついつい余分に入場を認めてしまいかねません。 収容人数を超えて集客すると刑事罰の対象だそうです。 当然ですね。 お客さんがなだれるような場合は警備や誘導の仕方も大きく左右するのではないでしょうか? 飲み過ぎ 私はお酒に弱いのですが、弱ければ弱いなりに飲み過ぎます。 ビールだと中ジョッキ1杯、ワインならワイングラス1杯が限度ですが、勧められるとついついもう一杯くらい大丈夫だろうと飲んでしまいます。 美味しいとは思わないのですが、断ると悪いような気がしてしまうのです。 お酒の席で断るということは場を白けさせてしまうのではないだろうかという気持ちがあります。 ビールやワインなどお酒の種類で自分が飲める量を把握しているのでキャパオーバーをしてもさほどダメージはないのですが。 お酒の依存性で毎日毎日飲みすぎて肝臓を悪くするのは体がキャパオーバーを起こし悲鳴をあげている状態です。 暴飲暴食の末、痛風や糖尿病を発症というのもある意味キャパオーバーといえます。 もちろん先天性という場合もありますが。 覚えることが多すぎ 転職をした会社が、業務のマニュアルを作っていました。 入社してすぐさまその内容を覚えるようにいわれたのですが、あまりの多さに、このままやっていけるのだろうかと不安になったものです。 30代ですので記憶力の低下を実感してしまいました。 覚えてもすぐ忘れるのです。 何度も何度も繰り返し、やっと覚えることができたかというとそうではなく、知らぬ間に覚えてしまったといういい方が正しいと思います。 人間の記憶力は私たちが思っている以上に、キャパシティが大きいのかもしれません。 頭だけでなく体や感覚を総動員して覚えることができました。 「覚える」ということに関してはキャパシティの境界線がかなりあいまいなのではないでしょうか? ひとことでいえば、興味のあることはいくらでも覚えられるのに、覚えたくないことのキャパシティはものすごく小さくなるのですから。 私は中学生のとき卓球部に所属していました。 他校との練習試合のときは自分たちが審判も務めるので、ルールの説明を一から受けました。 そのときはノートもとらず、先生の話がすべて自分の体に浸透していくのを感じました。 先生の説明の一言一句すべてを一瞬で覚えたのです。 かなりの量があったと思いますが大人になってもそのときの説明を復唱できるほどだと自負していました。 と同時にどうして授業の内容が頭に入らないのだろうと友人と笑い合ったものです。 覚えるということのキャパシティはずいぶんフレキシブル(?)のようですね。 荷物の入れすぎでカバンが破けた 荷物を入れすぎてカバンが破けたことはありますか?私は何度もあります! 仕事帰りにスーパーで買い物をして帰るときサブバックとして常備している布製の袋に入れて持ち帰ろうとしたとき、見事に持ち手のところが破けて落下しました。 そういうときに限って玉子も入っていました。 すべてではなかったですが5個くらいは割れてしまいましたね。 お寿司もプラスティックのパックのなかでぐちゃぐちゃでした。 話はちょっとそれますが、夢で洋服が破けるというものを見たときはあまり良くないそうですよ。 私は中国式のある夢占いを信じているのですが、それはとてもよく当たるというか100発100中です。 そこには夢だけでなく洋服や身につけているものが意味もなく破けるということは縁起がよいものではないと書かれています。 実際の体験としてあまり良いことが起こりませんでした。 それを信じるか信じないかは別として、身の周りのものが破けるというシチュエーションになることをできるだけ避けようという気持ちが生まれていきました。 考えてもみれば、キャパオーバーになる可能性があるにもかかわらず何も対処をしていないということにつながっていますね。 占いや迷信としてではなく身の周りにトラブルが起きないように整えるという意味に繋がっていると思います。 一種の危機管理ではないでしょうか? PCやスマホのデータがパンパン PCやスマホのデータがすぐにパンパンになって困っています。 ネットショッピングをしたりあちこちに登録してしまったせいでセールスメールがたくさん来ます。 物に囲まれる生活は嫌だなと思い、できるだけ余分な物は持たないようにと思っているのですが、データの多さにも困っています。 私の妹はPCに入ってくるメールの送受信をずいぶん長い間しなかったせいで、PCが動かなくなりました。 なぜかというと、久しぶりの送受信のときにたまりにたまったメールを受信しようとしたPCがパンクしてしまったのです。 私も、いらない受信メールをいったんゴミ箱に入れてからゴミ箱の中をカラにしようとすると、あまりにも削除するデータが多すぎるため、固まってしまうことがあります。 こまめに整理するに限りますね。 ️キャパオーバーになったとき、なりそうなとき…どうする? 自分の身の回りの出来事や様子は自分の内面の投影というと極端ですが、でもある意味そういういい方もできるのではないかと思っています。 心が荒れるとどうしても自分の身の回りに気を使う事ができにくくなります。 キャパオーバーになってしまうという考えから、キャパオーバーな状況を自分に許しているという考えにシフトしてみるのもいいかなと思います。 けっして自分自身を責めるのではなく。 そしてキャパオーバーになったとき、なりそうなときはまずどうしたらいいのかというルールを決めて対処していくことが大切なのではないでしょうか? 断る勇気を持つ アドラー心理学ブームですね。 「嫌われる勇気」という本が人気です。 仕事でキャパオーバーになる原因のひとつが嫌われたくなくて断れないということにあるようです。 イヤなことはイヤとはっきりいえる人もいますが、どうしてもいえない人もいます。 私はいえません。 でも人間ですからイヤなことを我慢しているとあるとき飽和点に達して顔や態度に出てしまいます。 それなら最初から「できない」「イヤです」といっていたほうがよかったなと反省することが多いです。 私の場合断ることが苦手なので、断り方がわからなかったようです。 断るときは自分の限界一歩手前の状態なので、柔らかく断れないのです。 切羽詰まって断ると顔つきも言葉もきつくなります。 周りの人にとっては「イヤなら最初からそう言ってよ!」 「引き受けるから頼んでるんじゃないの」、くらいの感じかもしれなかったですね。 誰かに頼る 誰かに頼ってしまうという手があります。 上手くはっきり断ることができたならそれにこしたことはないですが、もしどうしても断れなかったとしても、自分が誰かに頼ることができたなら苦しみは半減します。 オフィスの仕事なら、頼まれたら友人に「こんなこと頼まれた、お願い手伝って」という勇気は、断る勇気よりは少ない勇気で済みそうです。 フリーランスで仕事をしている人や家事などなら、「頼る」をシステム化してしまうのです。 家事に仕事に追われていたとき、こんなことをしていたのでは毎日が楽しくないと思い、お弁当づくりを週5日から3日に減らしました。 なんだそんなこと!?と笑われそうですが、そんなことでも最初は抵抗があったのです。 なんでも完璧にしたいという思いと、節約をしなければいけないという強迫観念からでした。 週2日は職場に出入りしているお弁当屋さんに注文することにしました。 休息をとる キャパオーバーになりそうだと感じたら休息をとることが必要ですね。 私はすぐさまトイレにこもります。 トイレの中だけは誰も入ってくることがない安全地帯です。 何も10分も20分もこもっているわけではありません。 長くてもせいぜい5分くらいですね。 肩甲骨を回したり深呼吸をしたり、心身をリラックスさせます。 これはあくまで応急処置です。 食べ過ぎでお腹がいたくなったときに胃腸の薬を飲むようなもので、根本は食べ過ぎないことと、もし食べ過ぎたなら胃腸を休めさせるということをしなければいけないように、大切なのは睡眠時間の確保と身体をあまりに酷使しないということではないでしょうか。 家に仕事を持ち帰っていた頃、最初はめいっぱいがんばっていましたが、 ここでもルール作りが役にたちました。 どんなに余力があろうともある状態になった時点でそれ以上は頑張らないと決めました。 はっきりした目印があるほうがよいのですが、休息に関してのルールは、もうちょっと出来る、あと少しはできるという状態のときに止めるというものです。 いつも満腹になるまで食べている人が腹八分目でお箸を置くというのはとても難しいものだというのと同じで、もうちょっとやりたい、やれるというときに仕事を止めるということは辛くはないにしても、難しいものでした。 キャパオーバー状態を自分に受け入れるということが癖のようなものなら逆の癖づけをやってやろうと思ったのです。 休息をとると信じられないくらいにリフレッシュして、自分のキャパが広がったように感じます。 一旦問題から離れる つぎからつぎへと問題が押し寄せて来て自分では解決できない量になった場合でも、仕事にゆきづまりどう処理して良いのか、何から手をつけたらいいのかわからないときは、一旦問題から離れるということをしてみます。 どんなに気になっても、とにかく離れます。 食べたいものを食べたり、ビデをを観たり、そしてなんといっても睡眠ですね。 職場にいるときであれば、お茶を飲んだり、頭の片隅にも問題の居場所をつくらない気持ちになってみるとよいようです。 しばらくすると回復して、離れる前には行き詰まったことが、スムーズにいともかんたんに出来たり、よいアイデアを思いつくことがあります。 「離れる」という技を身につけることを強くお勧めします。 私は深呼吸をして、「今から私はこの状況から一旦離れます」 と自分に言います。 なんとなくそうしようというのではなく、言葉で(声に出さなくても大丈夫です)表現することが効果的なようですね。 ️キャパオーバーの解説でした! キャパオーバーの解説でしたがいかがでしたでしょうか?キャパオーバーは一種の癖です。 癖は直そうと思ってもなかなか直るものではないのですが、でも一番最初にしなければいけないのは、そういう癖を持っていることを自覚することですね。 キャパオーバーになって得をすることなど何もないということを思い知らされると、やめようと思えるようです。 思い知らされるとはどういうことでしょうか?ある人は激務に押しつぶされそうになるほど働いていて胃潰瘍で倒れました。 ようやく回復しかけると今度は鬱になったそうです。 その経験以降無理して働かない、遊びたいときは遊ぶ!と決めたそうです。 何も限界を超えるまで無理をして、堪忍袋の緒が切れたような形で今度は正反対の生き方をするという極端な方法ではなく、もう少し穏やかな変化がいいですね。

次の

キャパオーバーとはどういう意味?よく使う用語を解説!

キャパ シティー 意味

キャパってよく聞きますが一体どんなことなのか分かりますか? キャパとは受け入れることができる許容容量のことなんですよ。 私達人間に当てはめると自分が受け入れることができる容量のことですね。 仕事であったりストレスであったり様々なことを受け入れることができる容量のことです。 人間以外でもPCなどの容量や会場などの収容できる容量など様々なところでキャパは使われていますね。 キャパがないと狭く浅い人生になる キャパが少ないと受け入れることができる容量が少ないということですので、せっかく信頼されて任されても受け入れることができず人生において損をする機会が多くなってしまいます。 キャパが多く受け入れることができれば周りからの信頼や期待も大きく自分自身も沢山のことを経験することができますので自分自身を大きく成長させることができます。 キャパが無いだけでも人生において大きな差が生まれてしまいます。 では、なぜキャパが少なくなってしまうのでしょうか? 最初からキャパの量は決まっているのでしょうか? いいえ、キャパの量は最初から決まっているのではなく自分自身でいかようにも容量は変えられるのです。 キャパを少なくするのも多くするのもそう感じさせるのもあなた自身なのです。 キャパが少なく浅く狭い人生よりもキャパが多く深く広い充実した人生の方が良くありませんか? それではキャパのない人の特徴からご紹介します。 キャパがない人の22個の特徴 キャパが少ない人には少ない理由があったんです。 今の自分と照らし合わせてみて下さい。 容量が悪かったり仕事が上手くいかなかったり物事が思うように行かない原因はキャパ不足が原因だったのかもしれませんよ。 経験値が低い 経験値が低いとキャパの容量は当然低くなります。 はじめてのことは誰でも次に何が起こるのか予想ができません。 予想ができないから本来の容量が分からず多く見積もって受け入れてしまうのです。 例えば本当の容量が10のモノでもはじめて経験する時にはどんなものなのか分からず次に起こることも予想できないですので10が20にも100にも思えて受け入れてしまうのです。 自分の持っているキャパが100だとしたら本来の10であれば他に90も受け入れる余裕がありますが、20や100として受け入れてしまうと全く余裕がなくなってしまい他のことに手が付けられなくなってしまう事態が起きてしまうのです。 経験が無いから本当の容量の見定めができないからキャパが無いと勘違いしてしまうのです。 経験を積んでいくことでスムーズに事が運ぶようになったって経験ありませんか? コレが本来の容量を理解できて100と思っていた容量を10として受け入れられるから90も余裕ができて他の対処に使うことができるからなのです。 経験値が少ないってだけで本来の容量の誤認式でキャパの容量不足を感じていただけなのです。 何事も経験を積み重ねることによって余裕が生まれ次に起こりうることの予想ができます。 次の予想ができることで対処方法も分かり失敗することも少なくなります。 キャパの容量が少ないと思っていた原因は単に経験不足が原因だったのかもしれませんね。 キャパを増やすため、少ないと思わないためには何事も経験を積み重ねて本来の容量を見定めることが重要です! 2. 自分に自信がない 自分に自信がないとキャパも少なくなってしまいます。 なぜだと思いますか? 自分に自信がないということはネガティブなマイナス思考になっているということですね。 ネガティブになっていると、何かを頼まれても何かをやろうとしても、先にどうせできないんだろうな…できたとしても他の人より上手にはできないだろうな、どうせ私なんて… って余計なことを考えてしまいます。 この余計な考えがキャパを占有してしまうのです。 本来のキャパが100だとしたら頼まれたことが30やろうとしたことも30で残り40余っています。 この余ったキャパで頼まれた事ややろうとしたことの対象法などを本当は考えるのですが、余った40やそれ以上の50をどうせ…私なんて…ってネガティブな思いで満たしてしまうのです。 本当ならば余った40で簡単にこなせてしまうことでも、50も60もネガティブな感情で満たしてしまうので30と40の70を使って簡単にこなせるところを30必要なのに20しかキャパが無くなってできなかったや上手くこなせない現象が起きてしまうのです。 ネガティブで自信がない感情は失敗した時の自己防衛本能ですので全く無くしないとダメというわけではありませんが、過剰なネガティブ感情は自分汚キャパを少なくしてしまいます。 失敗の理由として100ある内の10ぐらいにとどめるように感情をコントロールしてあなた本来のキャパでこなしてみませんか? 今までがウソのように物事が上手くいきますよ。 キャパを狭めている原因の一つは自分に自信がなく過剰なマイナス感情にあったんです! 3. すぐに諦める すぐに諦める人もキャパを少なくしてしまいます。 諦めるとなぜキャパを少なくしてしまうの?諦めたらその分キャパの容量が増えるのでは? そうお考えの人もいると思います。 実は人間のキャパってそこまで単純ではないのです。 諦めたからと言ってその事をきっぱり全てなかったことには…できませんよね。 諦めてもその事を引きずってしまった経験はありませんか? 諦めたからと言ってもその感情や思いはキャパとして残り続けるのです。 また、いつかリベンジしてやると思っていたり、諦めたと口では言っても心では諦めきれていなかったり…そんな経験ないですか? 諦めたと思っていてもあなたのキャパの容量の中に少しは必ず残っているのです。 ひどい場合は諦めたからこそその思いや感情が本来の容量を超えて倍以上に膨れ上がることだってあります。 本来10の容量のこと例えば好きな人に対する感情が10だったとします。 色々あって諦めたと口では言ったとしますね。 単純に行けば諦めた10が無くなって0になりますが、諦めきれずに自分で作り出した感情がどんどんプラスされて10が20に最後には100を超えてキャパオーバーにすらなることさえあります。 この自分でプラスした感情は相手のことから絵は無く自分勝手な妄想などですので無限に広がって行ってしまうのです。 キャパオーバーになったその先にはストーカーなどの犯罪行為に発展してしまう恐れもあります。 この様に諦めたからと言って単純にマイナスされるわけでは無いのです。 キャパの容量を確保するために諦めることは高度なテクニックとして考えて下さい。 メンタルコントロールやキャパコントロール術の一つとなります。 諦めることが多い人は諦めてなくなったと思っていた感情などで容量不足を起こしているのかもしれません。 諦めていたこと、今なら諦めずに解決できることがきっとあるはずです。 あの諦めていたこと、今再開して終わらせてあなたのキャパを増やしませんか? 諦め癖を治すことで不用意に溜まってくる諦めのカスを無くせますのでキャパ不足を解消できますよ。 失敗を恐れる 失敗を恐れている人は得てしてキャパの容量は少ないです。 何故かと言いますと、失敗を恐れるということははじめてのことは最初からやろうとしないです。 ということは新しく何かを経験する機会が無いということです。 新しい経験をしなければ人間成長することはできません。 今ある知識でしか物事を考えることができなくなってしまいます。 例えば最近ですとデジタル化が進んでいますよね。 若い人のほとんどはスマートフォンを活用していますよね。 年齢の高い人からしたらスマートフォンは未知の世界と思われている人もいます。 そこで、何か起こっても嫌だかとスマートフォンに触れることもしなければあの便利な機能も経験することもできません。 この記事を読まれている人の多くはスマートフォンの便利さを知っていますよね。 その便利さを失敗したくないからと経験しないなんて…ありえない、そう思いませんか? 失敗を恐れてはじめてのことや経験したことないことに誘われた時に私やったことないのでいいですなんて経験もせずに断っていませんか? 仕事も遊びでも何でもそうですが、やったことないことやはじめてのこと、興味のないことでも失敗を恐れずに一度は経験してみることです! 一度でも経験したことある人と一度も経験していない人とでは月とすっぽん、雲泥の差がありますよ。 失敗しても何度も続けて成功することができればそれはもう失敗では無くて成功するための比較検証をしていた経験でしかなくなります。 失敗してそこで終わらせて諦めるから失敗のままとなってしまうのです。 本来失敗なんて世の中には無いのです。 失敗しても成功まで続けることができればそれは失敗ではなく単なる成功するまでの道しるべ、経験なのです。 プロの選手でも最初から全てうまくいっているわけではありません。 プロの野球選手でも最初からボールを上手くキャッチしていたわけではありません。 ボールを思ったところへ投げれたわけではありません。 なぜ取れないのか、なぜ思ったあしょに投げられないのか?と考えて比較比較検証をして経験を積み重ねて確率の高い方法を自ら探し出してプロになっているのです。 失敗をしても周りからは失敗したと思われていることでも自分自身は失敗と思っていないのです。 なんでこうなったのだろうと比較する一つの対象でしかないのです。 予想の一つなのです。 俗にいう失敗ははじめてや経験の浅いことでは必ず起きることです。 趣味をはじめる時にでもはじめてのことですと最初から上手くいくことなんてそうそうないですよね。 失敗したって良いんですだって人間ですもの。 失敗を経験してひとまわりも二回りも成長していけるのです。 キャパの容量も広げることができるのです。 物事の考え方や相手の感情の読み取り方も違う見方ができるようになるのです。 余分なことでストレスを抱え込むことも少なくなり人生が豊かになりますよ。 チャレンジ精神がない チャレンジ精神がないということは先の失敗を恐れると同じ様な事ですが何事にもチャレンジする精神がないとキャパは少なくなってしまいます。 チャレンジしないと経験値が少ないということにもつながります。 経験値がないと物事を考えるための引き出しが他の人よりも非常に少なくなってしまうのです。 今持っている知識や経験でしか物事を考えることができず固定概念で物事をとらえがちになってしまうのです。 たまにいませんか? 自分の考えを押し付けてくる人…こちらがいくら正論を言っても聞き入れてもらえず理不尽に自分の要求や考えを通してくる人。 こういう人はチャレンジ精神がなく自分の中の知識や経験だけで物事を考えてしまっているキャパの少ない人なのです。 自分の中ですべて自己完結してしまっているので他人が何か意見をしてももう答えが決まっているため受け入れてはくれません。 他人の意見を受け入れるのにはキャパオーバーなのです。 他にも自分が経験していないことは全否定してきます。 聞いたことありません正論のように「前例がないのでできません」って言葉。 この言葉を正論のようにキッパリ言われるとあまり考えずにそうなんだって相手にゆだねてしまいませんか? 実はこの言葉はおかしい事だらけの言葉なのです。 前例がないからしない?はぁ?おかしいでしょ。 前例がないからこそやるのではないでしょうか? 今までと同じだとダメだから会議をしたりディベート、ディスカッションなどをしているのではないの? 今までよりも良くするためには今までとは違うことをしないといけません。 ということは前例のないことをすることが唯一の正解なのが分かりますよね。 それを前例がないのでやらないというのは単なる自己保身でしかないのです。 前と同じことをしていれば成功も失敗もなく今まで通りになります。 自分の人気の内は何事もなく穏便に終わらせたいことを優先しているだけなのです。 前例がないことをするチャレンジ精神がないとキャパも増やすことは当然できません。 チャレンジ精神がないということは自己保身で一杯でキャパの容量不足になっているのです。 いかにして自分を守ろうかとばかり考えているのです。 この感情でキャパが満たされていれば当然他のことは受け入れることはできませんね。 チャレンジ精神を得て自己保身の感情を少なくすることでキャパを増やすことができます。 そうすることであなたのまわりにはあなたの見方も増えてきます。 自己保身ばかりを考えてチャレンジ精神のない人にはサポートしてくれる人は集まってきません。 自己保身のために犠牲になることが目に見えていますよ。 人生を豊かにするためにもチャレンジ精神を取り戻して信頼できる仲間と共にy隆な人生を送りましょう。 すぐ怠ける すぐに怠けて休憩などをしてきしまう人もキャパは少なくなってしまいます。 休憩や休息などは絶対的に必要なことです。 しかし怠けとなると少し違いますね。 怠けと休憩は一見すると同じみえますが違いは何なのでしょうか? 怠けるな!と言われて怠けていません、休憩しているだけですなんて言う人いますよね。 休憩と怠けの決定的な違いは休憩や怠けをする直前の行動にあります。 直前にしていたことが必ずありますよね。 やらなくてはならない仕事、学生の場合は勉強や部活動などがありますよね。 この直前のことをやりたくなくてする休憩は怠けになるのです。 直前のことをさらに効率的に行うためにする休憩は休憩です。 効率的にするために必要な休憩とやりたくないから他のことをすることを怠けと言います。 やりたくないことをしないで怠けてしまうことは誰でもあると思います。 不得意なことなどは正直やりたくないですねでもそんな時にやらないで怠けてしまうとその場はやらなくて良いので一見すると良いように思えますが、何の解決にもなっていません。 怠けずに続けてやってしまえば早めにやりたくないことを終えて自分のしたいことをすることができるのになぜ怠けてしまうのでしょうか? それは今しか考えていないからなのです。 今を考えるのは良いことではありますが今だけをいくら見繕っても何の解決にもならないことはあります。 何でもそうなのですが終わらせるためにはどうしたら良いのかを考えることが最初に必要なのです。 終わらせ方が分かってしまえばいつでも終わらせることができますね。 そうなれば今を楽しむことができます。 すぐに怠けてしまう人はまずは怠けてしまう前に終わらせるにはどうしたら良いか考えることです。 終わらせるためにはコレをしてコレをしなければと思うとやりたくないなと思っていたことがいつの間にか違う角度から見ることが出来て知らない間に終わっていますよ。 少しの考え方で怠け癖も簡単に治すことができます。 物事の終わらせ方を考える考え方を身に着けることでキャパオーバーにならず自分を成長させることができます。 考え方が浅い 考え方が浅いとキャパも少ない傾向になります。 考えが浅いなどと言われる経験があるのかもしれませんが、果たして本当にそうなのでしょうか? 考えていることなんて人それぞれで人が何を考えているなんて分からないですよね。 ではなぜあなたは考えが浅いなんて言われることがあるのでしょうか? それは単にあなたの考えを相手に伝える力、言葉での説明不足が原因な場合が多いです。 私だって色々考えてやっているのに考えが浅いって何!?って思うことの原因はこれなのです。 あなたの考えは全て相手に伝わっているわけでは無いのです。 なんであの人は分かってくれないの?私のこと全然わかっていないってことは実はあなたの伝え方の問題だったのかもしれません。 この伝える力に必要なキャパが不足しているから伝えることができない…考えが浅いってなってしまうのです。 考えが浅い人がキャパが低いのは伝える力のキャパオーバーだったのです。 相手に伝える力…最近のSNSなどのように自分の感情や一方的な発信を続けていると相手が理解してくれるのかなって相手を思う気持ちが薄らいできてしまいます。 相手の気持ちや感情を理解してこうしたら理解してくれるのかなと相手の気持ちになって考える力を養うことが必要です。 他の人があなたと全く同じことを考えているわけではありません。 SNSでは同じ考えや趣味の人だけで集まって理解してくれるかもしれません。 理解できない人はアンチとしてまつりあげてしまいます。 世の中にはあなたの感上げとは違う人の方が多いのです。 相手の気持ちを理解して相手の立場になって考えることで考えが浅いなんて思われなくなります。 そうすることでキャパのない人とは思われなくなります。 考えが浅いと思われない為にも思いやる気持ちを考えるキャパを持ちましょう! 8. いろいろなことをすぐ忘れる 色々なことをすぐに忘れてしまう人はキャパオーバーになっていることが多いです。 日々生きていると目まぐるしく物事が起こります。 その中で忘れずに覚えておかなければいけないことも多くあります。 その覚えておかなければいけないことをすぐに忘れてしまう人はキャパオーバーで覚えることができないのです。 なぜキャパオーバーになってしまうのでしょうか? 簡単に言ってしまうとキャパの使い方が下手なのです。 覚えなくても良いことまで覚えてしまうので覚えなくてはいけないことを覚えられないのです。 いませんか?覚えなくても良い余分なことばかりを覚えて肝心なことはすぐに忘れてしまう人。 CMのキャッチフレーズや音楽ばかりを覚えて肝心なことは覚えない人…ほとんどの人が使わない調味料の名前は沢山覚えているのに肝心なことは何も覚えていない人… なぜだと思いますか? 簡単なことなのですが、その人が興味あるのか無いのかだけなのです。 それだけでキャパに入れるのか入れないのか無意識に判断しているのです。 自分でも覚えなければとは思っているのですがなかなか覚えることができません。 経験ありませんか?苦手な勉強はなかなか覚えられなくてすぐ忘れえてしまうのに好きなひとのことなら声やヘアースタイル、服装、趣味など細かいことまですぐに覚えてしまう。 一回聞いただけでも印象になって覚えてしまうってこと。 苦手な勉強は何度も何度も繰り返しても覚えられないのに好きな人や好きなモノなら1回で覚えてしまう経験。 これは無意識に好きなことと嫌いなことでキャパに入れるのか入れないのかを判断してしまっているのです。 ということは、キャパに入れて覚える方法は簡単なのです! 好きなことにしてしまえば良いのです。 え?嫌いなことを好きにするの?無理なのでは? 普通に考えては嫌いなものを好きになるのはハッキリ言って無理です。 時間の無駄です。 ではどうしたら良いと思いますか? 簡単な方法があるのです。 例えば英語の勉強が苦手な人は多いですよね。 日本語とは文法の並び方が違いますし日本語には無いあいまいな発問があったりと…苦手な所がいっぱいですよね。 普通に英語を好きになりなさいでは好きになれません。 英語ができたら格好良いから勉強する?確かに格好良いですけどそれだけでは好きになれませんね。 英語を英語として考えているうちは苦手意識は無くなりません。 苦手意識を無くすためには英語として考えることをやめてしまうのです。 どういうことかというと、音楽は好きではないですか? 音楽の中で英語の音楽…沢山ありますよね。 その英語の音楽の歌詞…意味を知りたくありませんか? その意味を知るための方法として英語を勉強するのです。 好きな音楽の為になってしまえば良い学校へ行くため、良い仕事に就くためなどあいまいな理由では無く好きなことのために英語を勉強することが楽しくできます。 一つの音楽が終わったら今度はこの音楽って尽きることもありません。 この音楽ってこんな意味だったんだ~って当たらな発見もあって英語を勉強するのがどんどん楽しくなってしまいます。 他にも映画が好きなら英語の映画を字幕なしで観れたらなと好きな映画の英語の意味を調べて勉強しても良いですよね。 といったように好きなことをメーンにして勉強法をかえてあげることで苦手なことがいつのまにか楽しく好きなことになってしまうのです。 好きなことになればキャパに素直に取り込んで覚えていられるのです。 すぐに忘れてしまう人は考え方を少し変えて自分汚好きなことに変えてみましょう! 9. 視野が狭く自分の価値観だけで物事を見る 先の項目にも似たようなものがありましたが、自分の価値観で物事を考えてしまうということは新しい知識を受け入れることを拒否していることになってしまいます。 新しい知識が入ってこなければ人間成長することができません。 成長できなければキャパを増やすことはできません。 他の人にとっても有意義なことをすすめられたとしても自分の価値観だけで判断して受け入れることをしません。 逆に受け入れたら負けだとも思っているのです。 そんな考えでは人生を損してしまいます。 自分の価値観だけでは判断しないで新しい考えややり方なども受け入れることで視野も広がりストレスを受けることも少なくなります。 自分の価値観も他人に押しつけることもなくなり自分の考えを否定されたと思うこともなくなります。 キャパも同時に広がりできることややれることのふり幅も広がります。 人生が豊かにストレスフリーで有意義な人生を送ることができます。 思い込みが激しい 思い込みが激しい人はキャパオーバーになりがちです。 自分で勝手に判断して自己解決してしまうのです。 勝手に自己判断で自己解決して勝手に怒っている人…あなたのまわりにいませんか? 何にも言っていないのに勝手にあの人怒っているけど…どうしたの?分からないよね。 って変わった人扱いされてしまいます。 人生を損してしまいます。 誰も何も言っていないのに勝手に自分で思い込んで沈んでしまったり怒っていては何も良いことはありません。 冷静になって勝手に思い込まないで分からないことは自己判断しないで素直に聞いて物事の本質や伝えたいことを理解しましょう。 勝手な思い込みでキャパオーバーになってしまってはもったいないです。 思い込みを無くしてwからないことや不安なことは素直にまわりの人に納得するまで聞いてください。 それだけであなたの人生が素敵になります。 すぐにテンパる すぐにテンパってしまう人…いますよね。 なぜテンパってしまうのでしょうか? 自分のキャパの許容量を超えてしまうからなのです。 キャパオーバーになって許容量オーバーからの対処ができなくなってしまいテンパってしまうのです。 キャパオーバーになるのには理由があるはずです。 テンパるまでに余分なことまでキャパに受け入れてしまい肝心なことが考えられなくなってしまうのです。 キャパに入れるのか入れないのか取捨選択ができていないからキャパオーバーが起こってしまうのです。 取捨選択するには経験を積むことが一番早い方法です。 何度もテンパる環境を経験することでテンパるのはどんな状況なのか把握することができます。 テンパる状況が把握できたらその直前に何があったのか考えて下さい。 ここにテンパる原因のカギがあるはずです。 そこで余分な状況もで受け入れているからテンパってしまうのです。 あなたが抱えなくても他の人に任せても良いことまで受け入れていませんか? 全てをあなたが抱え込む必要はありません。 他人も信頼して必要なことだけを取捨選択して効率よくこなしていきましょう。 テンパる状況を経験する時には実際の状況では無くてもシミュレーションでもOKです。 取捨選択の方法を学んでテンパることのない環境をつくりましょう。 周囲の人に合わせることができない 周囲の人に合わせることができない人は相手のことを考えて思いやる感情がキャパオーバーをおこしているのです。 周囲に合わせることのできない人の多くは一方的なコミュニケーションばかりを行っていた人が多いです。 学校でも自分が何かを言っても反論されずにそうだね、いいと思うよなんて言われて育ってきた人に多いです。 相手が怒るかもしれない、相手はこんな風に思うかもしれないと考える感情がキャパに無いのです。 SNSなどもそうですね自分が言いたいことを一方的に伝えることだけをします。 SNSばかりをしていると周りと同調して合わせてものごとをすることが困難になってしまいます。 そうなってしまうと周りの人からキャパのない人ととらえられてしまいます。 本当はそうでなくても周りからはキャパのない人と見られます。 相手のことを理解して思いやる気持ちを考えることで解決できますよ。 すぐ墓穴を掘る すぐに墓穴を掘ってしまう人…いますよね。 なぜ墓穴を掘ってしまうのでしょうか? ほとんどの場合が言わなくても良いことを言ってしまうのが原因です。 なぜ言わなくても言い余計なことを言ってしまうのでしょうか? 相手に自分を認めてほしくて過剰にアピールしてしまうからなのです。 無理に認めてもらう必要はありませんよ。 普通にしていれば認めてくれる人はしっかりとあなたのことを見ています。 認めてくれていますよ。 そんな認めてくれる人にまで過剰にアピールをして墓穴を掘ってしまっては台無しですね。 余計なことは言わない、しないでキャパがない人にならないようにしましょう。 【墓穴を掘る人の特徴と治し方は、こちらの記事もチェック!】• まとめ いかがでしたか? キャパといっても自分自身で本来の大きさを見誤っていたり自分自身でキャパオーバーを引き起こしてしまうことがあったんです。 キャパがないと思われてしまう原因も自分自身にあったのです。 SNSなどの弊害もあるので自分自身でしっかりと見極める必要がありますね。 【キャパオーバーについては、こちらの記事もチェック!】•

次の