面接 お礼 メール。 【例文&マナー】面接のお礼メール・お礼状、実際に送った人はXX%!? 書き方と宛先は?

【例文アリ】面接後のお礼メールは必要?注意点まで解説

面接 お礼 メール

新卒の就職活動では、お礼状を出すことで選考通過の可能性が上がるという説があるようです。 社会人経験のない学生を採用する 新卒採用はポテンシャル採用となるため、お礼メールの書き方や、そこに込められた熱意を 採用のポイントの一つとしている企業もあるといわれています。 しかし 中途採用は基本的にはキャリア採用。 それまでの経験や技能、即戦力としての採用になります。 お礼のメールを送ったからといって選考が有利になる、そこで 採否が大きく変わるということは考えにくいものです。 では、転職活動において、お礼のメールは不要でしょうか? 採否が変わらないという点においては不要と思う方もいるでしょうが、 お礼メールを出すことは、ビジネスマナーをアピールするだけでなく、それ以上の意味もあるのです。 お礼メールを出す意味と、実際に出す時に、押さえておきたいポイントを解説します。 社会人だからこそ、採用担当者が忙しいことを理解できるという方も多いでしょう。 だからこそ、メールでの連絡をNGとしていたり、お礼メールは不要と明記していたりする企業でなければ、社会人のマナーとして面接の時間をいただいた感謝の気持ちを伝えるお礼メールを送ることは悪いことではありません。 ですが、「送らなければいけない」というような義務感でお礼メールを書いても、事務的な文章になり相手に伝わってしまいます。 ネットや本などのテンプレートをコピペしてそのまま送るぐらいなら、かえって出さないほうが良いかもしれません。 お礼メールを送るのであれば、自らの言葉で感謝の気持ちと共に働きたいという気持ちを綴ることが重要なポイントです。 本日(昨日)はご多忙のなか、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。 貴社の成長の一端を担うことができたら、幸甚でございます。 取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールいたしました。 ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 末筆ながら面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 本日(昨日)はご多忙のなか、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。 貴社の仕事内容や現在のプロジェクト、今後のビジョンを伺い、ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。 この経験をいかし、貴社成長の一端を担えることができたら、幸甚でございます。 ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。 com 電話番号:xxx-xxxx-xxxx 住所:(都道府県から建物名、号室まで記載) お礼メールはいつ出すべきか。 当日中? 翌日でも良い? お礼メールを 出す前に、先方からメールが来る場合があります。 面接後すぐに企業側から連絡が来るときは、採用・不採用の連絡や次回の面接日程の調整など、選考に関わる内容であることがほとんどですので、迅速に対応しなくてはなりません。 その場合はわざわざお礼メールを別に送ることはせず、 返信メールの冒頭でお礼を伝え、先方からの問い合わせ内容に対する回答を記載したうえで、すみやかにメールを返しましょう。 お礼メールに対し、企業から返信が来る場合は、主に 2つのケースが考えられます。 一つ目のケースは、今後、お礼メールは不要だということを知らせるための 形式的なもの。 もう一つのケースは、お礼メールの 内容に対しての返信です。 前者の場合は、選考に通過したとしても今後お礼メールを送る必要はありません。 後者の場合は採否に影響する可能性がありますので、内容をしっかりと把握し、返信に対するお礼を簡潔にまとめ、迅速に返信しましょう。 メールの文面の中に質問事項などがあれば回答することも、忘れずに。 返信メールを送る際に気をつけたいマナーについては、も参照してください。 パソナキャリアは転職活動のお礼メールもフォローします 最初に述べたように、お礼メールを出すことで合否結果が大きく変わることはありません。 一番大切なことは、面接の限られた時間の中できちんと志望動機や自分のことをアピールできるようにしておくことです。 しかし、面接はとかく緊張するもの。 うまく自分の力を発揮できなかったという方は、何もアクションを起こさずに不採用の結果を受け取ったら悔いが残ってしまうでしょう。 自分のことをきちんと知ってもらうため、アピールできることはすべて伝えるための手段として、お礼メールを出すことは決して間違った行動ではありません。 時間を割いていただいた企業の方に、 社会人として感謝の気持ちを伝えるとともに、入社の意思を改めて伝える。 そういったアピールの場としても、お礼メールは活用することができるのです。 また、仮に不採用という結果になった場合も、転職活動で選考に参加した企業の方々と、 ビジネスの場で再会するということも大いにあり得ます。 転職活動をきっかけに新たな出会いが生まれる可能性もあります。 ビジネスパーソンとして、 常に丁寧な対応を心がけることで、転職先が決まるだけでなく、今後の 新たなつながり、人脈となる可能性もあります。 今回の転職を今後のキャリアに活かす手段の一つとして、お礼メールを送ってみても良いかもしれませんね。

次の

面接のお礼メールで押さえるべきポイント(例文あり)

面接 お礼 メール

1つ目のパターンは、「 人事担当者に感謝を伝えたいとき」です。 人事担当者は、忙しい中で時間を割いて、応募者の面接をおこなっています。 ですので、感謝をきちんと伝えておきたいという人もいるでしょう。 実際の面接の場では時間がなく、感謝を伝える余裕があまりありません。 そういった際にお礼メールを活用すれば、感謝の気持ちをきちんと伝えられるのです。 面接でうまくいかなかったとき 2つ目のパターンは、「 面接で上手くいかなかったとき」です。 面接の場になるとどうしても緊張してしまい、本来の実力が出せないことは珍しくありません。 もし、人事担当者が選考を進ませるか迷った場合、お礼メールの有無がきっかけとなることがあります。 面接で上手くいかなかったと感じたときにお礼メールを送ると、少しは安心できるでしょう。 人事は黙って切り捨てる!あなたのマナーは大丈夫? 就活ではメールの書き方以外にも、細かいマナーが沢山あります。 マナー違反をすると、 指摘されることもなく、黙って落とされてしまうでしょう。 そこで活用したいのが、「」です。 マナー力診断を使えば、 24の質問に回答するだけで、「身だしなみ」「電話・メール」「履歴書の書き方・送り方」など、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。 面接後に送るお礼メールの項目別の書き方を、ご紹介します。 まずは、宛先です。 一番上にあるからといって、宛先を最初に入力するのは好ましくありません。 宛先を最初に入力してしまうと、本文が完成していないのにもかかわらず、誤って送信してしまう可能性があるのです。 本文を書き終えて、 メールを送る直前に入力しましょう。 しかし、企業に送るメールでは、件名をきちんと入力するのがビジネスマナーなのです。 面接後に送るお礼メールにも、件名は入力しましょう。 ポイントは、 件名を見ただけで内容がわかるようにすることです。 自分の名前と大学名も、あわせて入力しましょう。 「いつどこで何をした誰なのか」を意識すると、シンプルな自己紹介ができます。 そして、面接で感じたことや考えたこと、面接を受けて変わったことなどを書いていくのです。 本文を書く際は、言葉遣いや誤字脱字に注意しましょう。 署名とは、「このメールは私が作りました」と証明するためのものです。 ビジネスマナーとして、必要なものなので覚えておきましょう。 お礼メールに書く署名の項目は、 氏名・大学名・住所・電話番号です。 この4つの項目のほかに、メールアドレスを追加しても問題ありません。 電話番号の代わりにメールアドレスを記入するのはNGなので、注意しましょう。 本日はお忙しい中、面接のためにお時間を割いて頂き誠にありがとうございました。 面接中は大変緊張してしまいましたが、自分のありのままをお伝えすることができたと思っております。 是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げます。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 こちらのメールに返信は不要でございます。 jp 自宅:xxx-xxxx-xxxx 携帯電話:xxx-xxxx-xxxx お礼メールでは読みやすいように改行を活用し、3〜4行毎に行間を入れましょう。 長文のお礼メールだと熱意が伝わって好印象、というわけではありません。 就活の面接後に送るお礼メールは、 全体的にシンプルな構成にした方が良いのです。 宛先や誤字脱字など、相手に失礼にならないお礼メールを作成することも大切なポイントとなります。 お礼メールで感謝を伝えるためにも、マナーには十分気をつけておきましょう。 ちょっとした心遣いができているかどうか お礼メールの最後に、返信が必要ないことを書いておくと親切です。 書かなくてもマナー違反ではありませんが、あるかないかでは印象が大きく変わってくるでしょう。 面接後に送るお礼メールの目的は、あくまでも「 感謝を伝えること」です。 忙しい人事担当者の手間を考えて、ちょっとした心遣いをすることがプラスに働くでしょう。

次の

【例文つき】面接後のお礼メールは必要?書き方やポイントを解説

面接 お礼 メール

転職活動中に避けては通れないのが、入社の為の書類選考や面接です。 会社や面接官によって採用までの道のりや見られているポイントなどは異なりますが、できることなら少しでも良い印象を残して採用へと近づきたいですよね。 面接を終えた後、面接をする機会をくださった企業側にお礼のメールをした方が良いかどうかと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 新卒での就職活動中は周囲に相談できる友人もいますし、経験者に話を聞くこともできるでしょう。 しかし転職活動中となると同じ会社に所属する同僚に話を聞くことは難しくなりますし、就職活動ほどしっかりとしたルールが設けられている訳でもありません。 今回は転職活動中に迷うことの多い 面接後のお礼メールについて詳しく解説して行きます。 これでもう迷うことはなくなる決定版ですので、ぜひ読み進めてくださいね。 面接後のメールを送ったほうが良いか否かについては誰しもが頭を悩ませることでしょう。 忙しい時間を取って面接をしてくださった相手や企業に対して、メールを送ることでまた時間を取らせてしまうのではないかと不安に思う気持ちもあるでしょう。 入社を希望する企業だからこそ、小さなことでも気になってしまうのは当然です。 必ず送らなければいけない物であれば悩まずに済むのに!と思ってしまいますね。 そこで知っておきたいのは、面接後のお礼メールは 基本的には不要とされているということ。 しかし送っても何ら問題はなく、それどころか企業に良い印象を与えることさえあります。 転職面接後にお礼メールを送るのは社会人としてのマナーと定められてはいませんが、採用への最後のひと押しになる可能性もあります。 転職面接後のお礼メール=志望意欲の再アピールのチャンス 転職面接後のお礼メールは企業側に良い印象を与えるだけではなく、志望意欲を再アピールするチャンスにもなります。 面接という特殊な環境はとても緊張してしまい、上手く話せないことも多いでしょう。 ぜひこの企業に入りたい、けれど面接はなかなか上手く行かなかったと少しの後悔を抱いている方こそお礼メールを送るべきです。 長々と気持ちを書き綴る訳にはいきませんが、 企業が大きくなればなるほど、ひとつの求人に集まる応募の数も多くなります。 忙しく仕事に終われ、たくさんのメールが届きたくさんの人に会う面接官の方の記憶が鮮明なうちにメールを送るのが良いでしょう。 また面接官はその日のうちに採用の可否や次の面接に進む人材を決めることが多い為、次の日や数日後にお礼のメールを送っても採用になんの影響も与えられないなんてことも起こりえます。 もちろん面接後のメールは企業に謝意を伝えるものなので、数日後に気がついて送ってはいけないというものでもありません。 ですが、せっかく送るのであれば、採用に良い影響を及ぼしやすい 「できるだけ早いタイミング」に送るよう意識すると良いでしょう。 転職面接のお礼メールは基本的にはその日の業務時間中に、遅くとも次の日の午前中には届くように作成することをおすすめします。 一目でお礼メールだと伝わる件名で 面接後のお礼メールを送る際の2つめのポイントは、 「メールを開かずともお礼だと分かる件名を付けること」です。 面接官の方に直接メールを送る場合でも、企業のアドレスにメールを送る場合どちらであっても日々大量のメールが届いているはずです。 会社に届くメールの中には緊急性を要する物もあれば、大切なクライアントからのメールもあるでしょう。 件名を付けずにメールを送ってしまうと、忙しい時間帯に誤って開かれてしまう可能性もあります。 たった数分ではあるものの、会社の業務を滞らせないように細部まで配慮をするように心がけましょう。 また、採用面接をしてくださった担当者に直接メールを送れない場合でも件名にはっきりと 「面接のお礼」と記入することで間違いなく担当者にメールの存在が知らされるでしょう。 面接後のお礼メールの件名は、面接日、採用面接のお礼、自分の名前を並べて書くとひと目で分かるのでおすすめです。 ついつい身近にあるスマートフォンでメールを送ってしまいがちですが、企業のメールのやりとりはパソコンが主流です。 その為スマホでは改行し全体のバランスが整っていても、パソコンで見てみると不自然な空白が空いていたり読みにくい改行になっていたりする場合も。 せっかくメールを出すのですから、読みやすい文面の整えられたメールを読んで頂けるように配慮しましょう。 同じ理由で転職面接のお礼メールだけではなく、企業とやり取りするメールはすべてパソコンで行うようにしましょう。 メールアドレスは個人的な物よりフリーメールなどでシンプルなアドレスの物をひとつ作るのがおすすめです。 3)転職面接後のお礼メールの書き方【テンプレート付】 以上を踏まえて、実際に今すぐ使える転職面接後のお礼メールの例文を見てみましょう。 テンプレートをそのままペーストして送るのではなく、ベースにして少しアレンジを加えるのがポイントです。 面接をしてくれた面接官の方に直接お礼メールを送れる場合と、面接官のメールアドレスが分からない場合、また面接官が複数いた場合のお礼メールと、それぞれテンプレートを用意しています。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 ご多忙かと存じますのでご返信には及びません。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 万が一人事担当者の名前を忘れてしまった場合は 「人事担当者様」でも大丈夫です。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 この度はご多忙な中、私の面接にお時間をいただき誠にありがとうございました。 取り急ぎ面接のお礼を申し上げたくメールをさせていただきました。 この度は誠にありがとうございました。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 その他の部分は基本的に同じでOK。 名前が分からない場合は 「面接をしていただきました担当者様に」とすれば大丈夫です。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 この度はご多忙な中、私の面接にお時間をいただき誠にありがとうございました。 面接時に貴社の持つこれからのビジョンや業務内容をご説明していただき、改めて貴社で自分の経験を活かしたいと強く願っております。 取り急ぎ面接のお礼をお伝えしたくメールをさせていただきました。 面接官様にお伝えいただけましたら幸いです。 この度は誠にありがとうございました。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 実際に面接をしてくださった方にダイレクトに届く訳ではないため面接時の細かな話の内容などは記載しない方が無難です。 少し短くなりますが、シンプルに相手企業で働きたいという気持ちを伝える様な内容にしましょう。

次の