ニトリ カラー ボックス 扉。 住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

カラーボックスを使った机のDIY集!ニトリ商品に適した天板なども紹介

ニトリ カラー ボックス 扉

ニトリのカラーボックスを使った子供机簡単DIY2つ目は、 ジュニア机です。 1つ目より高さが高く、お子さんが小学生になったら作ってあげたい机です。 小学校に入ると本を読んだり、宿題スペースが欲しくなりますよね。 ニトリのA4サイズ2段のカラーボックスだと高さ72cmで、学習机くらいの高さになりますよ。 カラーボックスを3つつなげれば、2人分の学習机ができます。 子供の年齢が違ってもイスが高さの調節できるものであれば、机の高さは一緒でも大丈夫ですよね。 ニトリのA4サイズ2段のカラーボックスを向かい合わせに置いた場合、奥行きは42cmです。 合わせる場合は奥行き42cm天板がぴったりですが、すこし大きめの天板ではみ出して使うのもおすすめです。 シンプルなカウンターで和室にもあいますね。 ニトリの幅広カラーボックスとホームセンターの天板板を使用されています。 3段だと高さが88cmほどで立って作業するのにちょうどいい高さで電話台やFAX台にぴったりです。 カラーボックスで作ると収納スペースに紙などを入れることができますよね。 ニトリのカラーボックスは外側にも穴が空いていて、追加棚板で2つのカラーボックスをつなげることができるようになっています。 2つのカラーボックスの間にも収納スペースができて便利ですよね。 子供の身長にもよりますが、3段のカラーボックスだと、高さが88cmなので立った状態で何かをするのにちょうどいい高さですよ。 近年日本でも、長い時間座っているのは健康によくないと、スタンディングデスクを導入する会社が少しずつ増えていますよね。 子供の勉強にも暗記などをするときは、座っていると眠くなり集中できないともいわれています。 学習机にイスがないのは少し抵抗があるかもしれませんが、必要になったらイスを購入すればすみます。 部活動や習い事で忙しく短時間で集中して勉強させる方法を探している方は試してみるのがおすすめです。 ニトリのカラーボックス4つを使って、2人分の学習机にされています。 机の背面からおしゃれなデスクライトを設置され、夜の勉強もできますね。 天板は軽いMDF(中質繊維板)が使われています。 エコで丈夫な素材のため学習机に使われることが多い素材です。 子供の年齢によってでイスが高すぎる場合は、子供用お食事クッションなどで調節するといいですね。 こちらは高さ59cmほどの2段のカラーボックスが使われています。 一般的な学習机は、A4サイズ入るカラーボックス2段と同じくらいの70cm程ですが、小学校低学年くらいだと通常のカラーボックス2段くらいがちょうどいいサイズです。 小学校4年生くらいまでは59cmのカラーボックス2段で、その後変えてもいいかもしれませんね。 小学校でも学年で机の高さが違いますし、カラーボックスなら天板は同じでカラーボックスを変えるだけで高さの違う机ができますよね。 カラーボックスを使ったダイニング机の作り方 限られたスペースにダイニングテーブルを置いてしまうと部屋が狭くなってしまいますよね。 カラーボックスを使ったダイニング机なら収納力もあり自分の好きな幅に設定できるのでお部屋にあったダイニング机を作ることができますよ。 では、カラーボックスを使ったダイニング机の作り方を具体的にご紹介します。 しっかり固定したい場合は接着剤や両面テープでとめると安心です。 カラーボックスと天板板の間に耐震ジェルパットを置くだけという簡単な方法もありますよ。 カラーボックスと天板の選び方 キッチンカウンターのようにする場合は高さ88cmほどの3段カラーボックス、通常のダイニングテーブルのようにしたい場合は、高さ72cmほどのA4が入るカラーボックスがおすすめです。 天板板は、 カラーボックスからはみ出るくらいの大きさだとよりテーブルっぽくなりますよ。

次の

ニトリのカラーボックスがスゴイ!連結や収納アレンジなど使い方20選

ニトリ カラー ボックス 扉

家具業界のトップを走る「お、ねだん以上」のニトリ。 そして、そのニトリのアイテムの中でも人気が高いのが、カラーボックス。 縦にも横にも使えるだけでなく、3千円台で買えるリーズナブルなお値段も嬉しいところ。 カラーボックスは、シンプルな見た目は、どんな部屋にもマッチしやすいというのが魅力の1つですが、オリジナリティが出しにくいともいえます。 でも、DIYをしやすいのもカラーボックスの魅力の1つ。 自分だけのオリジナリティをDIYでだせると嬉しいですよね。 たくさんの人が使っているニトリの家具だからこそ、カラーボックスのDIY実例もたくさんあります。 今回は、カラーボックスのDIYアイディア11選をご紹介します! 他の人たちのカラーボックスDIYの実例を参考にして、自分だけのオリジナルカラーボックスをDIYしてみましょう。 ちょっとしたアイディアで、カラーボックスのイメージを大きく変えることができますよ。 カラーボックスを横に倒して、ハリネズミの家をDIYしたもの。 カラーボックスは、ニトリの42センチ2段のカラーボックスで、横の板を取りつけずに使っています。 横の板をつけてない部分には、ホームセンターで売っているスライドレールを取り付けて、無印良品のA4アクリルフレームでドアにしているそうです。 ハリネズミの様子が見えやすい可愛いハウスが出来上がっています。 下にはキャスターをつけて、移動可能にもしているのも、ポイントですね。 ケージの中で使っているシールは、100均で購入したものを使っているそうです。 小物もとても可愛く、ハリネズミもワクワクしちゃいそうですね。 ハリネズミ以外のペットでも、ケージを買おうか迷っている方はDIYしてみるのもいいかもしれないですね。 ニトリカラーボックスを使っておままごとキッチン完成! ニトリのカラーボックスを使って、おままごと用のキッチンを作ったDIY。 お子さんの誕生日に手作りのおままごとセットを初DIYで作ったという作品。 把手部分やタオルかけなど、細かいところもしっかりと作り込まれているのが凄いところ。 ニトリのカラーボックスを土台に、コーナンの木材、100均アイテムなどを使ってつくられているそうです。 水道とコンロつまみは、パーツ注文しているそうですが、これだけ本格的なおままごと用キッチンが予算1万円程度でできるのであれば、頑張る価値もありますね。 お子さんの喜ぶ顔を想像しながら、ぜひDIYにチャレンジしてみましょう! ニトリカラーボックスにマットをのせてベンチ DIY ニトリのカラーボックスを使って、憧れのカウンターキッチンを作ったDIY。 カラーボックスを並べれば、カウンターキッチンの土台として使うことができます。 賃貸の部屋でも、カウンターキッチンを作ることができますね! また、壁紙シートを使ってレンガ調にアレンジしているのもポイント。 壁紙シートやリメイクシートは、貼るだけで簡単に部屋の雰囲気を変えれるので、ぜひ活用してみましょう。 一部は、黒板部分をつくることで、気軽にチョークで文字や絵をかけるようになっているのもいいですね。 黒板がなくても、板などに黒板塗料を塗るだけで簡単に黒板として使えることができるようになります。 こちらの方は、冷蔵庫にも黒板塗料を使ってチョークアートができるようにしています。 黒板塗料は、壁や家具のDIYにもよく使用されているので、通常のペンキ代わりに購入して色々なDIYに試してみるのも面白そうですね。 ニトリカラーボックスをアンティーク調のテレビ台に! カラーボックスを並べたという食器棚ですが、引き出しを自作することでオシャレなインテリアになっています。 海外のインテリアをイメージしたというDIYは、100均アイテムを活用してつくっています。 プラカゴにはじまり、木材、ネームプレート、アンティークハンドル、ビス、L字金具、蝶番やウォルナットニスまで、100均で揃えてDIYできてしまいます。 100均のプラカゴを並べるだけだと、見た目も残念だしホコリもかぶってしまういますが、DIYでこんなにかっこいい食器棚が作れちゃうんですね! ニトリのカラーボックスまとめ• ・他の木材を組み合わせて、机やカウンター、ベンチにも。 カラーボックスの高さを活かして、横に並べたり、他の家具と組み合わせることで、机やカウンターキッチンにDIYできます。 さらに、横に倒せば、収納付きのベンチやテレビ台などにも大変身です。 ・ペイントやリメイクシートで、簡単イメチェン! 簡単にイメージを変えられるのが、塗装やリメイクシート。 色がつくだけで、購入時のホワイトからイメージをガラッと変えられます。 塗装は、水性ペンキや黒板塗料など、好みのイメージにあわせて使いわけましょう。 ・「小物」を活用してオシャレにDIY 把手やガラスシート、シールなど小物を取り入れてDIYするだけで、オシャレ感がアップ。 また機能性をアップさせてくれるキャスターやテーブル足などの小物も要チェックです。 ニトリのカラーボックスを使って作られたデスクやベンチなど、オススメのDIY11選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 ニトリのカラーボックスDIYは、どれも簡単にできるものばかりです。 そのまま使うのもいいですが、DIYしてオシャレな棚にしたり、棚以外の使い方をしてみたり、楽しみ方はたくさんです! 手軽な価格で手に入れることができるニトリのカラーボックスだからこそ、ぜひカラーボックスDIYに挑戦してみてください!.

次の

ニトリのカラーボックス特集 おすすめの扉付きやスリムタイプ、おしゃれなインナーボックスも紹介

ニトリ カラー ボックス 扉

ニトリのカラーボックスの特徴 カラーボックスはちょっとした収納が欲しい時にとても便利な収納家具ですよね。 サイズが薄型のものや奥行きがしっかりとしたものまで種類も様々です。 また最近では、カラーボックスを塗装やエイジング加工しておしゃれにリメイクする人も増えています。 そんなカラーボックスですが、口コミなどで人気なのはニトリのカラーボックスです。 まずは、ニトリのカラーボックスの特徴を見ていきましょう。 上げの棚の位置を変えることができる 通常のカラーボックスといえば上下は固定で棚板が動かせるものが一般的ですが、ニトリのカラーボックスは天板も底板も両方位置を変えられるのが特徴的です。 カラーボックスを連結できる もう一つの特徴は、縦と横のどちらでも使用でき、外側にネジ穴があるため、カラーボックス同士を連結することが可能です。 ニトリのカラーボックスの種類 ニトリのカラーボックスはいろいろな種類やサイズがあります。 サイズは、22cm幅、30cm幅、42cm幅、44cm幅、61cm幅がありサイズバリエーションは全部で21種類もあります。 カラーバリエーションは3種類 ニトリのカラーボックスのカラーバリエーションはホワイト・ダークブラウン・ナチュラルの3色です。 ニトリのカラーボックスを使った収納アレンジ・DIYリメイクアイデア ここからはニトリのカラーボックスを使った収納アレンジ・DIYリメイクアイデアを紹介していきます。 インテリアコーディネートのイメージが湧きやすくなると思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 ベージュをベースにしたナチュラルな雰囲気に ナチュラルカラーのカラーボックスに収納インボックスを色を統一させて自然の色でインテリアをそろえ、ナチュラルなイメージに。 程よくゆとりのある収納で圧迫感を感じません。 カーテンで収納を隠す カラーボックスを組み合わせてその上に天板を置き、DIYで素敵なシェルフを。 カラーボックスにカーテンをつけることで収納を見えなくしてすっきりとしたイメージに。 子供部屋もおしゃれに! IKEAの子供用キッチンとニトリのカラーボックスで高さを合わせれば子供部屋の収納もたっぷりに。 天板を乗せることでカラーボックスがずれる危険も少なくなります。 扉をDIYすれば流行りのブルックリンスタイルに 扉付きのカラーボックスの扉をDIY。 カラーボックス自体がシンプルだからDIY次第で、どんなインテリアスタイルにも合わせることができますね。 押入れ収納にも便利 二段のカラーボックスは押入れ収納の棚にちょうどいいようです。 収納ボックスもデザインをそろえれば見た目もすっきりします。 ワイヤーバスケットで組み合わせればすっきりとしたイメージに ニトリには高さを調節できるカラーボックスもあります。 ワイヤーバスケットやかごの高さに合わせてカスタマイズするとすっきりします。 ニトリのカラーボックスで収納上手に アイデア次第でどんな収納家具になるシンプルなニトリのカラーボックスはいかがでしたでしょうか?お値段もお手頃で、かつ使い勝手も良いので、ニトリのアイテムの中でも特におすすめのアイテムです。 使い方は無限。 ぜひ、カラーボックスを使ってあなただけの収納家具を作ってみてはいかがでしょうか?.

次の