サンデードラゴンズ 見逃し。 サンデードラゴンズ

サンデードラゴンズのネット配信動画・見逃し配信視聴方法!再放送を見るには?

サンデードラゴンズ 見逃し

今回は増田護記者(62)が1987年8月9日、夏休みの日曜日に起きた奇跡を振り返る。 ナゴヤ球場での中日ー巨人。 高校を出てわずか半年足らずの中日・近藤真一(のち真市に改名=現スカウト)がデビュー戦でノーヒットノーランを達成した。 先発が極秘の時代、舞台裏では何が起きていたのか。 午前10時すぎ、1本の電話で起こされた。 声の主は近藤の母。 「きょう、息子が先発するんです。 チケット何とかなりませんか」。 一瞬にして目が覚めた。 混乱する頭でナゴヤ球場に急いだ。 当初の先発予想は江本晃一だったが、中日は死闘の末にドローとなった前夜の巨人戦でその左腕をつぎこんでいた。 とはいえ前日に合流したばかりのルーキーの起用などあるのか。 中日のロッカールームでも先発がだれか話題になっていた。 極秘情報とはいえ普通は雰囲気で分かるのに気配がない。 巨人ベンチでは王貞治監督が「近藤はないね。 こんな大試合にルーキーを使って、もし打たれたら…。 冒険できんだろう」と担当記者に話した。 それが伝わってくると就任1年目の星野仙一監督は「あるかもしれんぞ」と笑った。 先発は前夜遅く球場の浴室で決まった。 目撃者はグラウンドキーパーの永田向平。 仕事を終えて汗を流そうとしたところ、星野監督と池田英俊投手コーチがまだ湯船にいた。 「失礼しました」と出ようとすると、「向平ちゃん、ええよ」と遮られた。 口火を切ったのは池田コーチで「あした投げるのがいません」。 星野監督は間髪入れず「おるやろ、若いのが」。 永田がこの秘話を明かすのは10年以上も後のことである。 実際、近藤に先発が告げられたのは試合当日の午後4時すぎ。 すぐ捕手の大石とのミーティングとなった。 「球種は?」。 速球、カーブ、それに高校時代に練習したが制球が定まらず封印したフォーク。 「よし、フォークは落ちなくていいチェンジアップがわりに」。 かく乱するため首を振ることも確認された。 午後6時20分の試合開始直前、キャッチボールを始めた近藤は不思議な感覚にとらわれた。 テークバックしようとすると体が左後方に引っ張られる。 後の本人の言葉を借りれば野茂英雄のトルネードに近いイメージで、体にためができた。 だが、マウンドに上がると緊張で膝はがくがく。 初球は144キロの速球が高めに抜けた。 それに駒田が手を出してファウル。 す~っと力が抜けた。 打線は1回裏、落合の2ランなどで3点先取。 ベンチには奇跡の達成に欠かせない男がいた。 代打の切り札・石井昭男で、面倒見のいい彼は初回から「あと8回だ」「あと7回だ」、そして5回が終わると「まだヒットを打たれていないから頑張れ」と声をかけ続けた。 近藤は言う。 「それを聞いて、よし狙おうと思いました」 最大のピンチは7回だった。 失策で走者を出し、1死一塁で原。 カーブばかりで1ボール2ストライクとなったところで大石の要求は内角への速球。 近藤は首を4度振った。 「体が疲れきって、まっすぐは通用しないと思ったんです」。 打ち合わせ通りではないと気づいた大石はカーブのサインを出し、三振に仕留めた。 9回になるとベンチは「狙え」「狙え」の大合唱。 最後の篠塚がカーブを見逃し、ドラマは完成した。 引退後、近藤は言った。 「体が引っ張られる、あの不思議な感覚は戻らなかった。 意識してもだめ。 ビデオを見てもだめ。 ノーヒットノーランはあの日、あの時でなければできませんでした」 近藤の母は、なぜ先発が分かったのか。 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(当時は午前10時)の久野誠アナウンサーが「近藤の先発があるかも」と予想を口にしたのを聞いて確信したそうだ。 ではチケットは?完売だったが、木俣達彦総合コーチがたまたま持っていた2枚の招待券をいただくことでミッションを果たせた。 それらも小さな奇跡だった。 早大卒。 84年の入社後は一般スポーツ、大相撲を担当し、星野仙一、高木守道、山田久志監督時代の中日を取材。 このほか山本浩二監督時代の広島、夏冬4度の五輪を取材した。 月刊ドラゴンズ編集長などを経て現在編集委員。 中日スポーツのホームページでコラム「人生流し打ち」を連載中。

次の

中日ドラゴンズ公式戦全試合ネットライブ配信・TV放送視聴方法2020

サンデードラゴンズ 見逃し

今回は増田護記者(62)が1987年8月9日、夏休みの日曜日に起きた奇跡を振り返る。 ナゴヤ球場での中日ー巨人。 高校を出てわずか半年足らずの中日・近藤真一(のち真市に改名=現スカウト)がデビュー戦でノーヒットノーランを達成した。 先発が極秘の時代、舞台裏では何が起きていたのか。 午前10時すぎ、1本の電話で起こされた。 声の主は近藤の母。 「きょう、息子が先発するんです。 チケット何とかなりませんか」。 一瞬にして目が覚めた。 混乱する頭でナゴヤ球場に急いだ。 当初の先発予想は江本晃一だったが、中日は死闘の末にドローとなった前夜の巨人戦でその左腕をつぎこんでいた。 とはいえ前日に合流したばかりのルーキーの起用などあるのか。 中日のロッカールームでも先発がだれか話題になっていた。 極秘情報とはいえ普通は雰囲気で分かるのに気配がない。 巨人ベンチでは王貞治監督が「近藤はないね。 こんな大試合にルーキーを使って、もし打たれたら…。 冒険できんだろう」と担当記者に話した。 それが伝わってくると就任1年目の星野仙一監督は「あるかもしれんぞ」と笑った。 先発は前夜遅く球場の浴室で決まった。 目撃者はグラウンドキーパーの永田向平。 仕事を終えて汗を流そうとしたところ、星野監督と池田英俊投手コーチがまだ湯船にいた。 「失礼しました」と出ようとすると、「向平ちゃん、ええよ」と遮られた。 口火を切ったのは池田コーチで「あした投げるのがいません」。 星野監督は間髪入れず「おるやろ、若いのが」。 永田がこの秘話を明かすのは10年以上も後のことである。 実際、近藤に先発が告げられたのは試合当日の午後4時すぎ。 すぐ捕手の大石とのミーティングとなった。 「球種は?」。 速球、カーブ、それに高校時代に練習したが制球が定まらず封印したフォーク。 「よし、フォークは落ちなくていいチェンジアップがわりに」。 かく乱するため首を振ることも確認された。 午後6時20分の試合開始直前、キャッチボールを始めた近藤は不思議な感覚にとらわれた。 テークバックしようとすると体が左後方に引っ張られる。 後の本人の言葉を借りれば野茂英雄のトルネードに近いイメージで、体にためができた。 だが、マウンドに上がると緊張で膝はがくがく。 初球は144キロの速球が高めに抜けた。 それに駒田が手を出してファウル。 す~っと力が抜けた。 打線は1回裏、落合の2ランなどで3点先取。 ベンチには奇跡の達成に欠かせない男がいた。 代打の切り札・石井昭男で、面倒見のいい彼は初回から「あと8回だ」「あと7回だ」、そして5回が終わると「まだヒットを打たれていないから頑張れ」と声をかけ続けた。 近藤は言う。 「それを聞いて、よし狙おうと思いました」 最大のピンチは7回だった。 失策で走者を出し、1死一塁で原。 カーブばかりで1ボール2ストライクとなったところで大石の要求は内角への速球。 近藤は首を4度振った。 「体が疲れきって、まっすぐは通用しないと思ったんです」。 打ち合わせ通りではないと気づいた大石はカーブのサインを出し、三振に仕留めた。 9回になるとベンチは「狙え」「狙え」の大合唱。 最後の篠塚がカーブを見逃し、ドラマは完成した。 引退後、近藤は言った。 「体が引っ張られる、あの不思議な感覚は戻らなかった。 意識してもだめ。 ビデオを見てもだめ。 ノーヒットノーランはあの日、あの時でなければできませんでした」 近藤の母は、なぜ先発が分かったのか。 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(当時は午前10時)の久野誠アナウンサーが「近藤の先発があるかも」と予想を口にしたのを聞いて確信したそうだ。 ではチケットは?完売だったが、木俣達彦総合コーチがたまたま持っていた2枚の招待券をいただくことでミッションを果たせた。 それらも小さな奇跡だった。 早大卒。 84年の入社後は一般スポーツ、大相撲を担当し、星野仙一、高木守道、山田久志監督時代の中日を取材。 このほか山本浩二監督時代の広島、夏冬4度の五輪を取材した。 月刊ドラゴンズ編集長などを経て現在編集委員。 中日スポーツのホームページでコラム「人生流し打ち」を連載中。

次の

サンデーモーニング|TBSテレビ

サンデードラゴンズ 見逃し

概要 [ ] 2019年現在放送中のドラゴンズ応援番組の中では最であり、番組冒頭で「SINCE 1983」とクレジットされている。 前身は『』という番組で、1983年4月から半年間放送されていた。 当初は30分番組であったが、後に放送枠を1時間に拡大。 2003年4月6日からは『』のコーナー枠(約30分)に吸収。 2006年4月2日からは同時間帯に『』が放送されるようになった関係で3年ぶりに独立し、日曜日12:54 - 13:24に放送される。 プロデューサーが変更された2008年途中からは、番組に若干の変更(解説者がゲストの際の簡単なVTRの放送、エンディングの提供クレジット表示中にスタッフロールを流すなど)があった。 この番組は基本的にCBCテレビのみで放送されるローカル番組であるが、2019年11月11日から2020年3月中旬までの期間限定ででの配信を通して日本全国で視聴できるようになった(なお、番組自体はCBCテレビでの本放送から1週間遅れての配信となる)。 なお、過去にもを通じて全国放送されていたことがある。 放送時間 [ ]• 毎週日曜 12:54 - 13:24(では『』の前半部である )• 、などでオフシーズンを中心に、年に数回番組が休止になる時がある。 放送時間の変遷 [ ]• 日曜 10:00 - 11:20(2003年4月6日 - 2006年3月26日『』内で放送)• 日曜 12:54 - 13:24(2006年4月2日 - 現在) 主な番組コーナー [ ] 基本的には、シーズン中はその週(前の週の日曜日〜放送前日)のハイライトを中心、シーズンオフはドラゴンズに関連したニュースを中心となっている。 過去の番組コーナー [ ] 優子の野球相談室 [ ] が野球に関する相談をCBC解説者に相談する。 なお初回の2008年11月30日放送ではに対しについて質問したが、を知らなかったため、小松を少々あきれさせていた。 コーナーの最後には 「疑問解決」というハンコが画面に登場する。 他にも当時、選手会長であったの出番も多く、小倉の天然さにもめげずに相手をしていた。 2009年度に「今年は中日をずっと応援していた」と言い張る小倉に対し、荒木が尊敬する人物にを挙げたが、小倉は公園のブランコだと思い「人名で言うと? 」と尋ねられ、「ブランコ選手です」と返すと小倉は「何処(の球団)の選手ですか」とまた尋ね、遂には「ウチの4番打者です、ドラゴンズの試合を観てないでしょう? 」と荒木が呆れながら突っ込んだ。 ちなみに、山内壮馬投手の風貌から付けられた愛称となっている チャラ内 の"名付け親"は小倉優子で、山内が当コーナーに出演した際に、小倉から「何か、チャラチャラしてるからチャラ内くんで良い?」と尋ねられたことがきっかけである。 水野裕子始球式85キロへの道 [ ] が中日ドラゴンズ・捕手との約束を番組がバックアップするべく誕生したコーナー。 若狭敬一球速135キロへの道 [ ] 2008年1月6日スタート。 若狭がナゴヤドームの試合開始前に行われるスピードボールコンテストの在名局アナウンサー大会で球速135キロを出したら水野裕子と結婚できるという企画。 結果として135キロが出なかったため、継続企画として放送された「メガネは踊る」(のメンバーとしてナゴヤドームで行われる試合前に踊る)に続く。 メガネは踊る [ ] 若狭敬一球速135キロへの道実施前の放送でがしゃべった何気ない一言から発展したコーナー。 詳しくは「2008年の出来事」を参照。 新人佐藤アナのやります! [ ] 2009年当時CBC新人アナウンサーだったが、ドラゴンズ選手にインタビューして一流のアナウンサーになろうという企画。 K [ ] 今週の気持ちがいい奪三振を紹介するコーナー。 が常連人物である。 今週のホームラン [ ] 今週のドラゴンズ選手が打ったホームランのハイライト映像で紹介するコーナー。 が打ったホームランのみ紹介するコーナーもあった。 TBS系列で放送していたドラマ「MR. BRAIN」の便乗企画(DR. Kも同様)。 高木チェック [ ] 高木守道出演時に放送されるコーナー。 選手のプレーVTRを見て「普通」、「ナイス」、「ファインプレー」のいずれかで判定する(但し"ただ横っ飛びで取る事をファインプレーと称賛する傾向にある"事を批判するといった持論の持ち主なので、ファインプレーも高木は「普通」と評することが多い)。 今週のブーちゃん [ ] ブーちゃんこと選手の今週の活躍を放送する企画。 今週の堂上兄弟 [ ] 兄・選手、弟・選手の今週の活躍を放送する企画。 板東英二のバンドラ [ ] 板東英二がドラゴンズに関する都市伝説を語る企画。 2011年 - 2012年放送。 回数 放送日 放送内容 備考 第1回 2012年11月11日 足つぼマッサージ 第2回 2012年11月25日 筋肉トレーニング 第3回 2013年01月13日 おもてなしツアー [ ] 毎年オフシーズンに行われるおもてなしツアー。 2010年度• 2011年度• 2012年度 サンドラ学力テスト [ ] 2013年1月13日、1月20日、1月27日に3週にわたって放送された。 試験結果 順位 生徒 国語 数学 理科 社会 英語 合計 第1位 三瀬幸司 65 90 70 80 60 365 第2位 小林正人 50 80 55 45 60 290 第2位 岩田慎司 45 75 70 45 55 290 第4位 浅尾拓也 45 75 55 45 65 285 第5位 高橋聡文 30 80 55 50 50 265 第6位 山井大介 40 65 45 40 30 220 第7位 朝倉健太 45 35 60 45 25 210 第8位 山内壮馬 30 55 40 35 40 200 けさの撮って出し(若ズバ) [ ] 14:00からでデーゲームがある場合、若狭敬一がサンドラ開始前にナゴヤドームで選手などにインタビューをする。 山田チェック [ ] 山田久志出演時に放送されるコーナー。 選手のプレーVTRを見て「普通」、「いいね」、「ファインプレー」のいずれかで判定する。 デーゲーム直前情報 [ ] ナゴヤドームで14:00からデーゲームがある場合、実況アナウンサーかベンチリポートのアナウンサーが直前情報(先発投手)などを伝える。 [ ] とドラゴンズの選手が内輪ネタで馴れ合いのトークをするコーナー。 2008年シーズンオフは料理屋で収録した。 なお、落合英二が2010年から韓国・三星の投手コーチに就任した事から、同コーナーは、野球シーズンオフの時期を中心に、不定期放送となっている。 竜'sweek [ ] 先週の試合のハイライトコーナー。 2006年10月15日の放送は祝! セ・リーグ優勝スペシャルとして30分拡大で14:00まで放送(この日は13:00から放送)。 2006年12月31日の放送は「サンデードラゴンズ〜来季は絶対日本一スペシャル!! 〜」として14:00まで放送した。 ・選手がゲスト出演した(渡邉博幸はでの練習を終了した後、急遽CBCまで直行)。 2007年 [ ] 2007年2月11日の放送はの協力で、のから生放送した。 4月1日は開幕1時間スペシャルを放送した。 4月29日は12:54 - 15:00まで「サンデードラゴンズスペシャル 燃えよドラゴンズ! 」としてTBSからのによる対中日ドラゴンズ戦を放送した。 10月21日の放送は「祝! 進出スペシャル」として30分拡大で14:00まで放送した(この日は13:00から放送)。 11月4日は日本一記念スペシャルとして36分拡大で14:00まで放送した。 12月23日はアシスタントのが結婚式の翌日のため、若狭が1人で番組を進行した。 12月30日は年末総集編として14時まで拡大。 このチアドラ企画の後、・スタンドでのチアドラ披露など、若狭と番組のチアドラ企画が切っても切れないものになった。 なお、その内容は7月5日・12日に放送した。 2009年7月12日祝250盗塁と題して、優子の野球相談室と落合英二ブルブルの輪がコラボして「ブルブルの相談室」を放送した。 2009年7月19日の変化球講座でのはみたいだねと落合英二が言ったところ、若狭は「チェンという名前だからじゃないですか? 」と言い、落合を薄々納得させたが、若狭は恥ずかしがっていた。 2009年7月20日からで「サンドラ弁当」を発売することになった。 当日は若狭と夏目が51番通路付近で弁当を販売した。 2009年8月9日からが参加、主に選手へのインタビューを担当するが、佐藤が元選手だった事にちなみ、当初から「ヤリます! 」、「ヤリました! 」を自らのとして頻繁に使用、後に中日ドラゴンズの選手やファンが持つ応援グッズなどにも多用されることとなった。 7月18日放送分で、当番組の初の企画である「サンドラ応援ツアー」の中で、ドラゴンズ劣勢の状況で若狭が2008年に罰ゲームでやっていた「チアドラ」の衣装で雰囲気を盛り上げて勝利祈願したが、勝利にはつながらなかった(その試合は2-3でドラゴンズ惜敗)。 2011年 [ ] 12月6日にで、第5レースにとして「やりましたーっ!! 特別」を開催した。 ドラゴンズの選手が個人協賛競走を行ったのはこれが史上初。 表彰式には当事者の小田・若狭以外に・・の3選手も参加した。 この模様はおもてなしツアーの模様と併せて2012年1月29日放送。 2012年 [ ] 12月16日は中継のため、14:54 - 15:24に繰り下げて放送した。 2018年 [ ] この年のドラフト会議でこれまで1位指名候補とした選手の元へ担当して取材に行った若狭がだったが結果的にくじではずれとなり、取材が空振りに終わっていた。 番組としてはこれ以上空振りに終わらないためにも、ドラゴンズが1位を引き当てるためにも1位候補の取材には若狭をはずし、アシスタントの柳沢を充てた。 代わりに若狭は滝行をし、1位選手を獲得するため、祈念することとした。 結果、この年のドラフト1位指名の根尾を見事引き当てることとなり、柳沢も取材することが成功した。 2019年 [ ] 4月7日にアシスタントの柳沢彩美が出産のため降板し、新アシスタントとして田中優奈に番組内で引継ぎがあったが6月23日を最後に理由もなく番組を降板。 次の新アシスタントが就任するまでの間、司会の若狭一人で番組を進行した。 10月6日から新アシスタントに今月からCBC専属アナウンサーになった加藤愛を迎えて放送が始まった。 一週間遅れではあるが、2019年11月11日(CBCテレビ11月3日放送分)から2020年3月中旬までの期間限定で当番組がDAZNにて配信されるようになった。 現在の出演者 [ ] 司会・ナレーション等 [ ]• (CBCアナウンサー、2006年4月2日 - ) - 第5代メイン司会• (CBC専属アナウンサー、2019年10月6日 - )- 第13代アシスタント• (ナレーション) コメンテーター [ ]• (CBC野球解説者、日刊スポーツ評論家)• (NHK野球解説者、東京中日スポーツ評論家)• (CBC野球解説者、スポーツニッポン評論家)• (CBC野球解説者、中日スポーツ評論家)• (CBC野球解説者、中日スポーツ評論家)• (NHK野球解説者、中日スポーツ評論家)• (東海テレビ、東海ラジオ、 CBC野球解説者、中日スポーツ評論家)• (・CBC他野球解説者、評論家)• (日本テレビ他解説者、評論家)• (フリー野球解説者)• (CBC野球解説者、中日スポーツ評論家)• (フジテレビ、ニッポン放送野球解説者、日刊スポーツ評論家)• (東海テレビ、東海ラジオ、ニッポン放送野球解説者、中日スポーツ、東京中日スポーツ評論家) ダイヤモンドナビゲーター [ ]• 過去の出演者 [ ] メイン司会 [ ] 牛島以外はCBCアナウンサー(現役)• 初代:(1983年10月2日 - 1997年3月30日) - その後、ご意見番(コメンテーター )として2001年10月7日から2003年3月30日まで4年半ぶりの出演。 2代:(1997年4月6日 - 2001年9月30日) - 久野が病気療養のために1997年春の改編をもって降板・休養に入り、伊藤が代理として司会を担当。 その後、正式に2代目の司会者に抜擢される。 3代:牛島和彦(2001年10月7日 - 2003年3月30日) - その後も、横浜監督就任時を除いて解説者として出演。 4代:(2003年4月6日 - 2006年3月26日) - 『ニュースな日曜日』内包時代に担当。 サブ司会 [ ] 全てCBCアナウンサー(古木から占部は当時、夏目・柳沢は現役)• 初代:(1983年10月 -1987年3月)• 2代:(1987年4月 - 12月)• 3代:(1987年12月 - 1992年3月)• 4代:(1992年3月 - 1994年3月)• 5代:(1994年4月 - 1996年3月)• 6代:(1996年4月 - 1999年3月)• 7代:(1999年4月 - 2001年9月30日)• 8代:(2001年10月7日 - 2006年3月26日) - 進行役、2003年4月からは『ニュースな日曜日』サブ司会を兼ねて担当。 9代:(2006年4月2日 - 2007年12月30日)• 10代:(2008年1月6日 - 2013年3月31日)• 11代:(2013年4月7日 - 2019年3月31日)• 12代 : (2019年4月7日 - 2019年6月23日) コメンテーター [ ]• (当時CBC野球解説者)• (当時CBC野球解説者)• (当時CBC野球解説者、元投手コーチ)• (当時MBS野球解説者)• (当時CBC客員解説者および野球解説者)中日監督退任直後の1991年オフから監督復帰直前の1995年オフに不定期出演、2014年11月16日に中日監督時代以来13年ぶりに出演した• (当時TBS野球解説者)ダイエー監督退任後の1992年オフ頃から2001年に不定期に出演• (当時CBC野球解説者)• (元中日ドラゴンズ監督) その他企画等 [ ]• - 板東英二のバンドラ• - 優子の野球相談室• (不定期ゲスト)• - 落合英二ブルブルの輪• (元CBCアナウンサー)• (元CBCアナウンサー)• 藤田哲由(中日ドラゴンズチーフトレーナー) - 「哲ちゃんのTVマッサー」のコーナーで、視聴者から寄せられた身体の悩みを克服するトレーニング方法を紹介。 ダイヤモンドナビゲーター [ ]• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の