茨城一家殺傷。 しみ付きのスリッパに家族以外のものと見られる足跡…茨城一家殺傷事件で浮かび上がってくる犯行の計画性

茨城の境町の一家4人殺傷事件について。1階で寝ていた長女は、犯...

茨城一家殺傷

「助けて! 痛い、痛い」 9月23日、切迫した様子の女性から110番通報があった。 通報したのは小林美和さん(50)。 通報から数時間後、失血により死亡した。 夫婦とも恨まれる人物でなかった 事件は2019年9月23日未明に発生した。 境町若林の住宅で会社員、小林光則さん(48)と妻のパート、美和さんが殺害された。 何者かが小林さん宅に侵入し、2階で就寝中の光則さん夫婦を鋭利な刃物で襲撃。 2階の別屋で寝ていた中学1年の長男(13)は手足などを切られ、小学6年の次女(11)も催涙スプレーのようなものを噴射され両手に軽傷を負った。 事件当時別室にいて唯一襲われなかった長女(21)は「言い争う声のようなものを聞いたが怖くて部屋から出られなかった」と話しているという。 「当時、小林さん宅は複数か所に鍵がかかっていませんでした。 犯人は無施錠の窓から入り、2階に直行して一家を襲撃したとみられることから、室内の間取りを把握していた可能性があります。 室内を物色した形跡や、金品を奪ったことを示すものはなく、犯人の遺留品も見つかっていない。 強盗の可能性も少なく、かといって小林さん一家の周囲でトラブルなどもなかったといいます」(全国紙社会部記者) 夫婦の遺体にはいずれも、刃物による傷が約10か所あり、心臓などの致命傷になりやすい上半身に集中していたという。 「遺体の様子からは何が何でも殺してやるという強い殺意がうかがえますが、夫婦ともに人から恨まれるような人物ではなく、人望があったといいます」(同) いったい誰が殺したのか。 小林さん宅は周囲を木々に囲まれ、付近の住宅から離れたところにある。 「事件後に初めて家を知った」(近隣住民) という人もいて、愛犬が吠えなかったことなどからも顔見知り説がとなえられた。 「事件前から小林さんの家を調べていたのではないか、殺人目的で周囲に人がいない民家を探していたのでは、ともいわれていました。 マスク男はすぐに捕まるといわれていたのですが……」(全国紙社会部記者) 負傷した家族も「帽子をかぶりマスクをした男に襲われた」と証言したという。 冬ならばマスクは珍しくはないが事件当時の9月にマスクをしている人物は少ない。 お子さんたちは夜眠れているのでしょうか。 就寝中にお父さんとお母さんが殺されて、自分も襲われて……。 無念でなりません」 【茨城・一家殺傷事件の情報提供をお待ちしています!】 お心当たりのある方は、フリーダイヤル(0120-007285)まで 外部サイト.

次の

茨城「ポツンと一軒家殺人」は世田谷一家殺人事件と酷似している

茨城一家殺傷

茨城県境町の民家で23日、会社員、小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件は、催涙スプレーを使うなど計画性もうかがえる。 専門家は「怨恨(えんこん)の線が強い」とみる。 現場の小林さん方に近い林にはスリッパが落ちていた。 茨城県警境署捜査本部は犯人が室内でスリッパを履き、そのまま外に出た可能性があるとみて調べている。 小林さん夫婦は、2階寝室の布団の上で殺害されており、首や顔に鋭利な刃物による複数の傷があった。 2階の別室にいた中学1年の長男(13)は両足と腕に切り傷があり重傷。 小学6年の次女(11)も両手の痛みを訴え、「スプレーのようなものをかけられた」と話している。 1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。 小林さん宅には無施錠の場所が複数あった。 元千葉県警刑事課長で犯罪評論家の田野重徳氏は、「首や顔などを執拗(しつよう)に刺していることから怨恨の線が強いのではないか。 両親がターゲットで、子供が起きてきたので襲ったとも考えられる。 仮に子供が寝ている状態を襲ったのだとしたら、猟奇的という印象も受ける」と指摘した。

次の

茨城一家殺傷事件 現地で飛び交う犯人像と犯行動機

茨城一家殺傷

9月23日未明、同町の住宅に住む小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が首や顔を切られ、殺害された。 中学1年の長男(13)が両足や顔を切られ重症、小学6年の次女(11)も腕に怪我をし、病院に搬送されている。 大学1年の長女(21)は別の部屋にいたことから難を逃れたという。 小林さん夫婦は2階で寝ていたところを鋭利な刃物のようなもので襲われた。 次女の証言では催涙スプレーも使われたようだ。 現場近くには犯人が使用したと思われる血痕がついたスリッパが捨てられ、家族以外の人物の足跡も見つかっている。 室内は物色した形跡がなく、最初から家族を狙った犯行だと推測されている。 子供たちは『怖くて動けなかった』と話している」(社会部記者) 小林さん一家は約10年前、埼玉県内から境町に引っ越してきたという。 「この家はもともとお母さん(美和さん)のご実家。 お爺さんが亡くなって、『お婆さん一人だと大変だから』ってこっちに越してきた。 子供たちは元気によく外で遊び回っていました。 お兄ちゃんは野球が好きでチームにも入っていた。 大学生のお姉ちゃんはおとなしい感じの子で、地元の高校を卒業して、今では県外の大学まで車と電車を乗り継いで通っていた。 最近は彼氏ができたようで、近所で姿を見かけたこともありました。 お婆さんは最近体調を悪くなさったようで、病院に入られたそうです」(近隣住民) 光則さんは実家のクリーニング店を営んでいたが、引っ越しを機に会社勤めをするようになった。 美和さんは郵便局に勤めていたという。 この働き者で評判のよい夫婦の一軒家は、雑木林と田畑に囲まれている。 一見、地元住民しか知らなそうな田んぼの脇を走る農道の奥に小林家はポツリとある。 美和さんの両親は、かつて鯉の釣堀と金魚の養殖を営んでいた。 現場の目の前にも地元で人気の大きな釣堀があり、県外からも多くの釣り客が訪れ、土日は100人を越えるという。 「ちょうど、小林さんの家の前が大きな木陰があるから、平日もたくさんの車が駐車して昼間は不審車両があってもなかなか気付かない。 このあたりは10年前にトラクターや農具の泥棒が相次いだり、車の盗難なんかは4、5年前に何度かあった。 けど、殺人事件は初めてです。 早く捕まってほしい」(同前) 茨城県警は小林家の交友関係を調べるほか、周辺の防犯カメラ映像を確認するなど捜査を進めている。 24日には情報提供ダイヤルを設置した。 (「週刊文春」編集部/週刊文春) 補足帽子とマスク姿で襲撃か 茨城殺傷、夫婦は失血死 2019年9月25日 0時12分 共同通信 夫婦が殺害された住宅付近で警備に就く警察官=24日午前、茨城県境町 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、負傷した長男と次女が「帽子をかぶりマスクをした人に襲われた」と話していることが24日、捜査関係者への取材で分かった。 司法解剖の結果、夫婦の死因は刃物で刺されたことによる失血死だった。 2人とも顔や首、胸などに多数の傷があり、境署捜査本部は犯人が強い殺意を持って襲ったとみて調べる。 捜査関係者によると、敷地内に家族や通報を受けて駆け付けた捜査員、消防関係者以外の靴の足跡が残っており、タイヤの跡もあった。 茨城の住宅で夫婦死亡、刃物傷 殺人で捜査、子ども2人けが 福井の住宅で父娘の遺体見つかる 殺人容疑で46歳母親逮捕 住宅で長男刺され死亡、愛知 同居弟の逮捕状請求へ 茨城一家殺傷事件 妻は通報直後に殺害された可能性 茨城一家殺傷事件 室内に物色の形跡なく最初から家族を狙った犯行か 茨城県の夫婦殺害事件 重傷の13歳長男「1人に襲われたと思う」 町田の高齢者施設の殺人事件を思い出しました。 玄関の防犯カメラには、前夜、隣室の夫が自室に戻ったのが最後、人の出入りはありませんでした。 窓に鍵がかかっておらず、ここから侵入したのだろうということでしたが防犯カメラはなく、部屋に足跡はなかったので靴を脱いで侵入したのだろうと言われていました。 とても、珍しい強盗だと。 しかも、その夜は雨で部屋も荒らされていましたが、何も盗られていませんでした。 それから、随分たって、捨てられた凶器も発見され、隣室に入居していた夫が逮捕されました。 当時、謎だらけの事件と騒がれてましたが、夫が犯人なら、謎はないんですね。 今回の事件も、家族が犯人とまで言いませんが、子供達が何か知っているのではないでしょうか? 13歳の男の子の体力はピンキリです。 小学生並みの子もいれば高校生並みの子供も稀にいます。 寝ている親を殺す事はそう難しくないと思いますよ。 火事場の馬鹿力ってのもあります。 息子が親に対して強い恨みがあれば、リミッターが外れ恐ろしい勢いで顔や首を刺しまくったかも知れません。。 警察は既に 犯人の目星はついてるかも知れませんね。 社会に対する影響力が強すぎると警察やマスコミが判断した場合、急に報道が失速して、、 そういえば、あの事件どうなったの?? って事になる可能性もあります。 親に不満を持っている全国の子供が真似するかも知れませんからね。。 母親が通報して切ってから十数分でパトカー到着。。 現場を見たベテランの警察の人なら、息子や娘が犯人なら 直ぐに察したかも知れません。 ただ正味10分で返り血を拭き取りその場をごまかす事ができるかな.

次の