語尾 に とう が つく。 「とう」で終わる言葉(5文字以上)

「しょこたん」や「矢野ちん」の「たん」「ちん」について

語尾 に とう が つく

はじめまして。 以下はとあるサイトからの引用です。 >「なぜ三単現の- e sは必要なのですか?」と尋ねられたらどう答えますか? 困りますよねえ。 規則だから、としか答えられないでしょうね。 でも、この「規則だから」ってのは答えていることにならないですよ。 ただ、事実を述べているに過ぎないからです。 もちろん、完全にすべてを説明できるわけではありませんが、少なくとも、質問した人に、ある程度の納得のいく答えのようなものがほしいですね。 この問いに答えるには、ヨーロッパの言語を勉強すれば、すぐにわかります。 ドイツ語やフランス語、スペイン語をとれば、三人称、単数、現在の場合に限らず、特にスペイン語などは、主語の人称、性、数により、動詞の語尾変化がすべて異なります。 英語も昔はスペイン語のように、主語により動詞の語尾変化が変わったのです。 でも、時の流れの中で、徐々に語尾変化がとれていってしまい、現在では三人称、単数、現在の場合にのみその語尾変化が残っているのです。 ですから、「なぜ三単現の- e sはつくんですか?」と言う問いには、三単現の場合だけがつくのではなく、三単現の場合だけ昔の面影が残っているということになるわけです。 Shakespeareの時代には、三単現の語尾は必ずしも- e sではありませんでした。 - e thも用いられました。 Shakespeareとう作家は実在せず、実はFrancis Baconのペンネームだったという説がありますが、そのBaconはほとんど- e thを用いていました。 これは- e sが、どちらかというと口語的で、- e thが文語的であったといえるでしょう。 三単現の- e sが、英語の歴史的発展における単純化というプロセスが関係していることを述べましたが、英語はこの単純化が極端に進んできた言語であるといえます。 ドイツ語では冠詞も人称、性、数、格により変化します。 昔は英語もそうでしたが、単純化のため今では冠詞は全く変化しません。 名詞の語尾もドイツ語と同じように格変化しましたが、今ではwho-whom以外では変化しませんね。 この語尾変化の単純化による省略のために、語順が決まってきたわけです。 日本語など、「が」や「を」さえつければ、語順はどうでもいいですよね。 英語はそういうわけには行かないですね。 Mary hit John. とJohn hit Mary. では全く事実が異なります。 単純化というプロセスは三単現の- e sに限らず、英語の発展に大きな意味を持っているのです。 と言うことです。 )にしても、格変化のお蔭で、随分 laconicな引き締まった文体が可能になります。 ところが三・単・現の -sだけは、主語は省略できないまま、余分につけている感じがなくもありません。 しかし、これがあるお蔭で、It cost... となると、アッ過去形、とすぐにわかりますし、関係代名詞の先行詞の特定が可能になることもあり、まるで無用の長物とも思われません。 He is something of a musician like them. He loves both Beethoven and rock'n roll! ここでは love【s】とあるために、 He はほとんど発音しなくてもすみます。 (2つ対で、安定的運用がなされていると...) The United States tries to intervene... というところでは、やはり1つの国という意識が反映されます。 ペギー・リーでしたか、"He needs me" という曲では、三・単・現の -sが神秘的な力で胸にしみいるようでした... 以上、専門家の皆さまにボコボコにされている感のあるSさんの弁護のために一言申し上げました。 人称変化は時代とともに簡単になっていきました。 14~15世紀頃の人称変化はどうだったかというと <現在> 一人称単数 I play 二人称単数 thou playest 三人称単数 he plays 一人称複数 we play en 二人称複数 you play en 三人称複数 they play en 正書法などなかった時代なので書き手によって綴りは異なり、地域的な差もありました(三人称単数の s は北部方言起源でむしろ th の方が多かった)。 ここではつづりはなるべく現代語に近づけてあります。 このうち二人称単数は二人称複数に吸収され thou は古文体に限られるようになり通常の使用からは消えました。 you を単数・複数両方に用いることは相手を直接指すことを避ける敬語法に由来するといわれています。 複数人称語尾の en ですが1世紀ごろから書かれたり書かれなかったり動揺が見られます。 特に詩ではリズムや韻の関係から任意に書いたり書かなかったりされています。 この語尾の n ですが英語では不安定な傾向があり、例えば不規則動詞の過去分詞は know - known do - done give - given のように語尾に n があるのが本来ですが、drink -drunk, sing - sung, swim - swum のように脱落したものも少なくありません。 とにかく複数人称の en は以降消滅の方へ向かっていきました。 過去分詞の en は原形との区別のためか一部残りました。 このように三人称形だけが現代まで残っています。

次の

五十音順のポケモン一覧

語尾 に とう が つく

「あなたが感じる大阪人の特徴を一つあげて下さい!」 と質問されると、おおくの方がコテコテの関西弁をイメージするのではないでしょうか?そのような誰もが知っている関西弁。 ですが、関西といっても地域によって話すことばやイントネーションがまったく異なるんです。 たとえば、大阪のネイティブが発する「なんでやねん!」ということば一つとっても、お隣である兵庫県や京都府では、ちがう言い方をするんです。 で、さらにもっと分けると大阪でも北部と南部の方々が話すことばもまったく異なるんです。 この記事では、このような関西弁のちがいについて解説いたします。 しかし、すべてを解説するとハンパないボリュームになってしまいます。 だから、関西といえばここでしょ!と、誰もが知っている三都、大阪、京都、神戸の人たちが話すことばのちがいについて詳しく解説いたします。 といっても、幼少期から関西地区内を転々と9回ほど引っ越した経験(大阪市、尼崎市、西宮市、伊丹市)のある、ぼく自身がじっさいに住んでマスターし話すことができる大阪弁と神戸弁、そして、京都在住の友人知人が話す京都弁をもとに解説します。 ですので、生粋の関西人ではあるけど、あくまでもぼくの主観でのお話である。 ということをご理解ねがいます。 では、さっそくはじめましょう。 まずは、どのような話し方が大阪弁、京都弁、神戸弁なのか?を具体的にイメージしてもらうために、それぞれの方言をつかう芸能人を数人ピックアップしてみました。 関西弁を話す芸能人 関西弁を話す芸能人はたくさんおられますが、大阪、京都、神戸とできるだけ地域別にネイティブな方言を話している芸能人を探しました。 大阪弁を話す芸能人 aikoさん、久本雅美さん、和田アキ子さん、このお三方はわっかりやすいバリバリの大阪弁を話されます。 その他にも、吉本興業の芸人さんなども大阪弁を話す方がたくさんおられます。 が、居住地を都内にうつしたり、大阪弁以外を話すたくさんの方々と関わりを持っておられます。 だから、そういった影響でネイティブとは呼べない東京弁?のまじった変則的な大阪弁を話しておられます。 ですので、除外させてもらいました。 笑 京都弁を話す芸能人 安田美沙子さん、横山由依さん(AKB48)、中村玉緒さん、このお三方の話しことばやイントネーションが京都弁のわかりやすいたとえとなります。 また、舞妓さんや格式ある料亭の女将さん、年配の方などはテレビドラマにでてくるような昔ながらの美しい京都弁を話されます。 が、現代の京都のネイティブさんたちは、やんわりとほっこりさせてくれる京都弁独特の雰囲気あることばを話されます。 しかしガチガチの京都弁は話されません。 神戸弁を話す芸能人 北川景子さん、戸田恵梨香さん、藤原紀香さん、この美女お三方が神戸弁を話されます。 藤原紀香さんは西宮市出身ですが、西宮の人は神戸弁よりの関西弁を使うのでエントリーさせてもらいました。 「えっ、ちょっと待って下さい。 お三方とも知ってますが、神戸弁を話している姿がまったくイメージできないんですけど?」とお思いになられましたか。 まことに申し訳ありません。 がんばってリサーチしたのですが、神戸弁を話しているわかりやすい芸能人を見つけることができませんでした。 しかし、お三方ともプライベートではペラペラと流ちょうな神戸弁を話しておられるらしい、との情報をキャッチしたのでエントリーさせてもらいました。 ちなみに、現在、尼崎市在住のぼくの話しことばも神戸弁です。 土地勘のない人は西宮や尼崎と言われても、どこにあるのか?すら分からないと思います。 しかし、地理の話をすると本題とそれるのでここでは割愛させてもらいます。 じっさいに住んでぼくが感じている感覚は、西宮の人は、おもに神戸弁を話す。 で、尼崎の人は、大阪弁と神戸弁をミックスさせたようなことばを話す。 という印象がつよいです。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがいを一瞬で判断できるコツ 大阪弁、京都弁、神戸弁の決定的なちがいはことばの語尾にあります。 しかも、パターン化されているので聞き分けやすいです。 ですので、3つそれぞれのちがいを知るだけで、どの方言をつかっているのか?を理解することができるようになります。 大阪弁の語尾 語尾が「~ねん」という風になります。 この「~ねん」は大阪弁の代表格といっても過言ではありません。 ですから、うまいねん。 そーやねん。 なんでやねん。 京都弁の語尾 語尾が「~してはる」「~やし」という風になります。 あと、京都在住の友人から貴重な情報をゲットしました。 京都の人は同じことばを2回くり返す方が多いらしいです。 リサーチしている時に偶然みつけたサイトにも まったく同じことが書かれていたので信ぴょう性が高い情報です。 神戸弁の語尾 語尾が「~しとぉ」「~しとん」という風になります。 全国的に大阪弁、京都弁はメジャーですが、神戸弁ってなんじゃ?そして、この記事ではじめて神戸弁の存在を知った方もおられることでしょう。 しかし、大阪のお隣の県である兵庫県民のおおくは、大阪弁ではなく神戸弁を 使います。 じゃぁ具体的にどのようにちがうのか?は以下の例を見ることでご理解いただけます。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがいがわかる4つの具体例 ここでは標準語を大阪弁、京都弁、神戸弁で話すとどうなるのか? という具体例を解説いたします。 具体例その1 「無理です」 大阪弁だと「あかんねん」 京都弁だと「あかんし」 神戸弁だと「あかんで」 具体例その2「何しているのですか?」 大阪弁だと「何してんねん」 京都弁だと「何してはる(はります)の」 神戸弁だと「何しとん」 具体例その3「来ない」 大阪弁だと「けーへん」 京都弁だと「きーひん」 神戸弁だと「こーへん」 具体例その4「すごく」 大阪弁だと「めっちゃ」 京都弁だと「えろぉ」 神戸弁だと「バリ」「ごっつい」 じっさいに使っていることばを文字にするとこんな感じなのですが、いかがでしょうか? 関西に住んだことがある方でしたら、これらのことばを頻繁に耳にします。 だから、イントネーションや発音の微妙なちがいを理解することができるでしょう。 しかし、それら以外の方はおそらく、ヨクワカラナイ状態?なのではないでしょうか。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがい動画 そして、個人的に文字で伝えるには限界があるな、と感じたので 3分ほどの動画をとりました。 動画は文字や画像だけの場合にくらべて5000倍の情報量がある。 とされていますので関西弁に詳しくなりたいあなたは、ぜひ以下の動画をご覧ください。 ご視聴ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか? 文字で読むだけではなく、じっさいの話し方を聞くことで、確実に理解度がふかまったことと思います。 まとめ 全国的には、関西弁=大阪弁という認識をされている方がほとんどです。 ですが、おなじ関西在住者であるものの、大阪人、京都人、神戸人、それぞれ話しことばもちがえば、気質も異なるのでひとくくりにしないで、というのが本音です。 そんな細かいことどーでもいいやんか!と感じるかもしれませんが、いやいやどっこい。 大阪の人は小学生の低学年の頃から、バナナや茄子でエアー電話をかけることができるほど高度なノリツッコミのスキルを標準装備しています。 また、オマケがあたりまえの文化でもあります。 京都の人は、おしとやかだし本音と建前をイヤミなくうまく使い分けることができます。 そして、大阪人はすぐに値切るしことばも下品だから一緒にして欲しくない、と思ってます。 神戸の人は海があって山がある美しい港町神戸を愛しています。 ライバルは大阪でもなく京都でもなく横浜。 そして、大阪のアニマル柄が大好きなおばさんとちがって、神戸マダムはとにかくオシャレな方が多いです。 このように、おなじ関西でも住んでる場所がかわれば人のカラーもガラッと変わるのです。 環境によって受ける影響力ってほんとすごいですよね。 関西在住の方、そして、今度プライベートや仕事で関西に行くよ!というあなたもこの記事でえた視点で大阪、京都、神戸の人々を人間ウォッチングすることで、新しくて楽しい発見をたくさんすることができるでしょう。 最後まで読んでくれてありがとうございました。

次の

「しょこたん」や「矢野ちん」の「たん」「ちん」について

語尾 に とう が つく

PHP文庫『』より あなたの周りにこういう人はいませんか? 「悪い人じゃないんだけど、その人と話すとぐったり疲れてしまう」 「実はいい人、なのに話しているとイラッとする」 「嫌いなわけじゃない、けどなんとなく絡みづらい」 「付き合いはむしろ長い、でも面倒くさくてつい他の人と話してしまう」 誰でも1人や2人はそういう人を思い浮かべられるのではないでしょうか。 では、その人たちを 「疲れる人」や 「面倒くさい人」にしてしまっているのは何かといえば、他でもない「話し方」です。 ちょっとした言い回しが気になる、なにげない語尾がなぜか鼻につく……。 本人の人柄や能力とはまったく別のところで、話し方の無意識のクセがその人の価値を下げてしまっているのです。 そうした 「知らず知らずのうちに人に不快感を与えている話し方」を本書では「ウザい話し方」と名づけ、全部で50パターン、ピックアップしました。 ところが…… 次第にあなたはもう1つのことに気づきます。 「これって自分もやってない?」「げっ、私のこと言われてる」「えっ!これの何がいけないの!? 」 そう、「ウザい話し方」の怖いところは「実は自分でもやってしまっている」ことにあります。 というのも、こうした話し方は、誰からも非難されるようなひどいマナーや、あからさまに失礼な態度ではないので、自分で気づくのがとても難しいのです。 なにげない話し方が相手に小さなストレスを与える。 でも「ちょっと、やめなよ!」と面と向かって注意されるほどではない。 だから本人は同じ過ちを繰り返す。 次第に周りから人が減っていく。

次の