ブラッド ステインド wiki。 全アイテム入手法

攻略チャート

ブラッド ステインド wiki

エリア攻略• 食材「醤油」と「味噌」は、このエリアでのみ獲得できる。 調理コンプリートを目指す人は、忘れずに覚えておこう。 突入後、すぐ側に、岩壁に囲まれたベンジャミンを発見するが、現時点では助ける事ができない。 シャード「ディメンジョンシフト」獲得後に入る事ができるので、今は通過して良い。 東の縦穴を上に行くと、への連絡路がある。 先に、今まで行く事ができなかった場所に行き、アイテムを回収しておくと良い。 縦穴を西に進むと、大量の鳥居が設置された部屋に突入する。 ここの鳥居はワープポータルの機能を持っており、同じ鳥居でも通過する方向によって行き先が変化する。 最初の鳥居を右から通過し、出現地点にある右の鳥居を右から通過し、左にある壁を破壊すると、隠し部屋に行く事ができる。 部屋のアイテムを獲得した後に戻り、インバートで一番右の上にある鳥居に入ると、上のエリアに通じる道に行く事ができる。 次の部屋等に設置されている鳴子は、触れても忍者達が叫ぶだけで実害はないので、普通に通過して問題ない。 ステンドグラスのある部屋の上方にある扉は、後に入手できる「大工の鍵」を使うと、中に入る事ができる。 研究所の奥には、ミリアムの力を確かめようとする斬月が待ち構えている。 斬月を倒して斬月刀を託されたら、のジーベルが待ち受ける部屋に向かう。 ボス:斬月• エントランスで使用した攻撃に加えて、「空即是色」で通過した地点から炎を吹き出させる様になり、分銅による遠距離攻撃も追加される。 但し、今回は本気という事なので、挑発からのカウンターは使わない。 基本的には、エントランスで戦った時と同様の立ち回りで良いが、「空即是色」の炎は間に入ってやり過ごし、分銅は防御の奥義を使うか、或いはジャンプで回避。 HPを一定量、減らすと、炎だけでなく雷、そして氷属性を付与する様になる。 ともに攻撃を食らうと、ミリアムが一時的に行動不能に陥る可能性があるので、念の為に耐性を高めておくと良い。 炎属性付与時は、八枚の札を遠隔操作してミリアムを襲わせる攻撃が追加される。 雷属性付与時は、札を一列に撒き、一帯を放電させる攻撃を使う。 氷属性付与時は、札を畳、壁、天井に撒き、一面を凍結させる攻撃を使う。 更に、属性付与後は一撃必殺の奥義「死印封」も使用する様になる 難易度ハード以上? 札を画面全体に撒き散らし、その札に当たると陣に吸い込まれてしまう。 吸い込まれると脱出不能なので、斬月が「食らえ!! 」と叫んだら、できる限り遠くまで逃げる。 今回も、弱点は闇属性のみ。 加えて、武器攻撃関連の属性に耐性を持っている。

次の

ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト

ブラッド ステインド wiki

ブラッドステインド リチュアル・オブ・ザ・ナイト ジャンル 探索型 Igavania 対応機種 PC 開発元 ArtPlay WayForward Technologies 発売元 505 Games 五十嵐孝司 音楽 藤岡竜輔 美術 夏目裕司 シリーズ ブラッドステインド シリーズ 発売日 PC:2019年6月18日 PS4、XB one:2019年6月18日 NSw:2019年6月25日 PS4、NSw:2019年10月24日 エンジン 『 ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト』 (Bloodstained: Ritual of the Night)は、、、PC()用コンピュータゲーム。 概要 [ ] 本作は ()と呼ばれる、『』や『』のような視点探索型アクションゲームである。 また、キャラクターの成長要素や、アイテムのクラフト要素もあるほか、装備を変えるとキャラクターのグラフィックも変わる。 グラフィックは3Dで制作されているものの、で2Dのように見えるため2. 5Dとされている。 本作は、で『』シリーズなどの開発スタッフの一人であったがコナミ退社後にArtPlay所属となってで資金を調達して開発した作品であり、2018年5月24日に配信された8bit風の『』 (Bloodstained: Curse of the moon)の10年後の時代が舞台となる。 ストーリー [ ] 18世紀末、によって起こった科学の発展に伴い、は急速にその地位を失いつつあった。 これに危機感を抱いた錬金術ギルドは、科学の発展は悪魔に魂を売ることだと吹聴するが、科学の発展は止まることは無かった。 業を煮やした錬金術ギルドは、結晶を移植した幼子を生贄にし、悪魔を召喚した。 しかし、それから1年後、錬金術ギルドは崩壊する。 それから10年、地獄の城がこの世に復活する。 それと同時に、儀式の生贄として使われる予定だった女性ミリアムが昏睡状態から目を覚ました。 ミリアムは、自らの結晶化の解決と、さらなる大きな目的のために戦いに身を投じた。 幼少時に錬金術師に拾われ、その秘術によって結晶を体内に宿す存在「シャードリンカー」になった女性。 結晶の力によって昏睡状態に陥った結果、悪魔召喚の生贄から外され、儀式から10年後に目を覚ました。 自身の身体に埋め込まれた結晶は、悪魔の結晶「シャード」とリンクしており、その力を引き出す形で戦闘に役立てている。 昏睡中は時が止まっていたため、姿は10年前のままであると同時に記憶があいまいになっている。 ギルドの中で唯一地獄の召喚に反対しており、地獄召喚の儀式には立ち会わなかった。 錬金術ギルドの生贄として、ミリアムと同様に錬金術師にシャードリンカーに改造された結果、結晶に肉体を蝕まれている。 復讐として錬金術ギルドを滅ぼし、地獄の城を呼び出す。 地獄の城を呼び出した当初は、人間ではない自分とミリアムの居場所を作るという目的があったが、結晶の侵食が進んだ結果、ミリアムを仲間に引き込み、この世を地獄にして人類に復讐するという目的に変わった。 魔術や錬金術師を憎んでいる。 ギルド復刻のためにロガエスの書を手に入れようと躍起になっている。 開発 [ ] (IGA)は、コナミ時代には2000年代の『』シリーズなどのプロデューサーを務めていたが、コナミは2010年代以降()が普及し大きな市場が形成されていくとゲーム専用機の開発からは距離を置くようになり、五十嵐は2Dのアクションゲームを発売したいという企画はあったものの、「ビジネスにならない」と断られ続け、ゲームを作れない時期が続いた。 そんな折、カプコンから独立したがキックスターターで『』の製作費として大量の資金を集めたのを見て、2Dアクションゲーム市場に大勢のファンがいることを知り、この稲船のキックスターターでの成功をきっかけに五十嵐は自分も2Dのアクションゲームを作りたいと考え、コナミを退社し、ArtPlayを馮らと一緒に立ち上げることとなった。 本作は、キックスターターでの資金募集開始からおよそ半日ほどで100万ドル(およそ1億1000万円)の資金が集まり、制作が決定した。 その後も資金が集まり、累計で550万ドル(約5億6000万円)に達した。 資金募集を開始した2015年の時点ではPlayStation 4、Xbox One、PC(Steam)での開発予定だったが、ストレッチゴールとしてPlayStation Vita版の発売も追加された。 さらにでの発売も予定されていたが、が発売され、Wii Uが生産終了したことで、対応プラットフォームが変更された。 『ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト』 (Bloodstained:Ritual of the Night という題名は、外国の関係者からの提案であり、題名について五十嵐は「『身体に埋め込まれた結晶にどんどん染色されていく』というバックストーリーと、ゲームの内容に合っていると感じた。 」と電ファミニコゲーマーとのインタビューの中で答えており、「Bloodstained」という単語が「血まみれ」を意味することは後で知ったと述べている。 五十嵐は開発にあたり、『月下の夜想曲』などを最後にしばらくゲームを遊んでいなかった層に対し「当時のおもしろかったゲームがまだ遊べる」ということをアピールしたいと考え、彼らが安心して遊べるよう、あえて他のメトロイドヴァニア系ゲームとの差別化は図っていない。 企画当初は主人公を男性にすることが考えられたが、キックスターターによる資金調達を決定した時点で、アメリカ合衆国における問題が大きく取り上げられていたことから、主人公が男性である点が不利に働くと考えられたため、主人公は女性に変更された。 本作の舞台設定を「産業革命によって錬金術師たちが立場を追われた18世紀のイギリス」にしたいと考えた五十嵐は精霊の召喚に使えるとされると実際の大量殺人事件が結びつけることを考えたが、大量殺人事件を見つけることができなかった。 そこで、五十嵐はのの噴火でヨーロッパ全土が火山灰に覆われた際にで2000人が死亡したという出来事に着目し、悪魔の召喚が行われた年を1783年に設定した。 2018年8月21日に、発売を2019年に延期することと、の実機の製造中止を受け、PlayStation Vita版の開発を中止すると発表された。 度重なる調整の後、発売日をPS4、XBone、PCを2019年6月18日、Nintendo Switchを2019年6月25日に予定していたが、予期せぬ物流の問題で日本のみ発売を延期する事が決定した。 PC版は予定通り発売された。 2019年10月24日に日本でもNintendo SwitchとPS4のパッケージ版が発売された。 PS4のダウンロード版は10月31日に販売が開始された。 脚注 [ ] []• ファミ通com 2016年10月6日• 電ファミニコゲーマー. ドワンゴ 2017年11月16日. 2018年5月26日閲覧。 4Gamer. net 2015年6月12日• GameSpark 2017年9月16日• GameSpark 2018年3月29日• 電ファミニコゲーマー. ドワンゴ 2017年11月16日. 2018年5月26日閲覧。 GameSpark 2016年6月6日• ファミ通. com 2017年3月22日• Kickstarter. 2018年8月21日閲覧。 電ファミニコゲーマー 2018年8月21日. 2018年8月21日閲覧。 Kickstarter. 2019年6月1日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

リブリ・エクス・マキナ

ブラッド ステインド wiki

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) アメリカ連合国 Confederate States of America - () (国章) 国の標語: Deo Vindice (: 我々の擁護神の下で) : (非公認) (非公式) (事実上の公用語。 その他各種のヨーロッパ言語とネイティヴアメリカン諸語が地域的に使用された。 ) (-1861年) (1861年-1865年) (1865年) - 1861年2月18日 - 1865年5月10日 面積 1,995,392 人口 1860年 9,103,332人 (奴隷人口) 3,521,110人 変遷 1861年2月4日 により承認 1861年 勃発 1861年 首都リッチモンド陥落 1865年 () () 現在 アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、: Confederate States of America, 略号: CSA)は、1861年から1865年まで存在した北米の未承認共和国である。 南部連合や 南軍、 アメリカ諸州連合とも言う。 概要 [ ] 連合国は、もともとアメリカの南部地域にある、、、、、、の7つの分離派奴隷州によって形成された共和制国家で、経済は綿花を中心とした農業とアフリカ系アメリカ人奴隷の労働力に依存した制度に大きく依存していた。 1860年11月に行われた候補者の大統領選挙では、西部地域への の拡大に反対の立場をとっていたため、奴隷制度の存続が危ぶまれていたことを確信した連合国は、米国への反発から離脱を宣言し、その後のアメリカ南北戦争では、忠誠を誓った州が連邦(Union)として知られるようになった。 連合国副大統領であるは、そのイデオロギーを「黒人は白人と平等ではないという偉大な真理に基づいており、奴隷制、つまり優越的な人種に従属することが彼の自然で正常な状態である」と説明していた。 リンカーンが3月に就任する前の1861年2月には、アメリカ政府から違法とされていた連合国新政府が発足していた。 各州は民兵部隊を志願し、新政府は一夜にして実質的に何もない状態から自らのの結成を急いだ。 4月にが始まると、の4つの奴隷州(、、、)も脱退して連合国に加盟した。 後に連合国軍はとを南軍の一員として受け入れたが、いずれも公式に離脱を宣言したわけでもなく、連合国軍の支配下にあったわけでもなかった。 連合国軍の影の政府は2つの州を支配しようとしたが、後に追放された。 アメリカ合衆国政府(連邦、the Union)は分離独立の主張を拒否し、それを違法とみなした。 1861年4月12日、連合国軍がの港にあった連邦軍の砦、ことから戦争は始まった。 とはとして連合国を承認していたため連合国軍のエージェントが民間企業と契約して武器やその他の物資を調達することを認めていたが、外国政府は連合国を独立国として公式に認めたことはなかった。 1865年初頭、4年間の激しい戦闘の末、62万人から85万人の戦死者を出した連合国軍はすべて降伏した。 戦争には正式な終結がなかった。 1865年末までにはほぼすべての連合国軍は降伏を余儀なくされるか、意図的に解散していた。 その時点までには、連合国の人員と資源が減少していたため、連合国軍は圧倒的な困難に直面していた。 南北戦争の期間中、アメリカ連合国の大統領であったは、連合国が「消滅した」と嘆いた。 戦後、連合国の各州は、奴隷制を禁止するを批准した後、に連邦に再加盟した。 「(Lost Cause)」イデオロギーは、連合国軍の大義はただ一つであるという考え方で、の間に連合国軍の元将軍や政治家の間で、また「連合国軍退役軍人の息子たち」や「連合国の娘たちの連合」のような組織の間で生まれた。 特に失われた大義についての活動が激しかった時期は、最後の連合国軍退役軍人が死に始め、彼らの記憶を保存しようとしていた時期であるの頃と、1950年代と1960年代のの間に人種平等のための国民の支持が高まっていたことに反応していた時期であった。 連合軍の著名な記念碑を建てたり、学校の歴史教科書を書いたりする活動を通じて、彼らは将来の世代の南部白人がのような政策を支持し続けることを保証しようとした。 1950年代と1960年代の復活は、1948年に上院議員のが公民権運動への反対を示すために行ったことに始まった。 歴史 [ ] 背景 [ ] 詳細は「」を参照 当時、アメリカ合衆国(USA)は南部と北部との経済・社会・政治的な相違が拡大していた。 農業中心の南部では、労働に依存したが盛んで特にをヨーロッパに輸出していた。 また農園所有者が実質的に南部を支配していた。 を中心とした自由貿易圏に属することが南部の利益だったため、南部はを望んでいた。 北部では急速なが行われており、新たな流動的労働力を必要とし奴隷制を必要としなかった。 また、商工業振興のため、保護関税や交通網の整備などが求められ、特に南部に比べてへの期待が高かった。 南部では、南部の上げた利益が税金などとして北部の重工業化などに使われることへの反発があった。 一方で、近代化し都市化する北部が人口の面でも政治・経済・文化の面でも南部を圧倒し、やがてアメリカが北部中心の国となることへの恐れがあった。 アメリカを掌握する北部が次第にを弱め、奴隷制廃止などに対する南部の抵抗も不可能となり、南部の文化は破壊されるだろうという恐怖が南部に広がった。 一方で北部には、南部が奴隷制を維持するだけでなく国内に広げようとしているという警戒心があり、奴隷労働が人々の職を奪うことへの危機感があった。 北部での機運が高まると、奴隷労働を必要とした南部は反発し、奴隷制を巡る合衆国内の対立はしだいに大きくなっていった。 そこで、奴隷制を認める州()と認めない州(自由州)とを半々とすることによって勢力バランスをとるため、にが奴隷州としてアメリカに加入する代わりに、以後北緯36度30分より北に奴隷州をつくらない、というが成立した。 しかしの結果、アメリカの領土は太平洋岸まで拡大し、新たに獲得した地域にできた州を奴隷州とするかどうかをめぐり奴隷州と自由州の対立が激化した。 結果、を自由州として、ニューメキシコ、ユタについては州に昇格する際に住民自らが奴隷州か自由州かを決定すること(人民主権)となった。 これによって、南部は奴隷州が少数派となること、すなわち上院議員の数が自由州側の方が多くなることに危機感を抱いた。 連邦離脱 [ ] 北部を地盤とし、奴隷制拡大に反対して結党されたから出馬した大統領候補、が末にに当選したことから、南部の危機感は頂点に達した。 奴隷州の内、まずが、続いて、、、、が合衆国から脱退した。 、これらの州により「アメリカ連合国(CSA)」が結成された。 翌日がに選出された。 1か月後の、エイブラハム・リンカーンが合衆国大統領に就任する宣誓を行った。 就任演説で、彼はが当初の「」()より「より完璧な連合」であり、憲法は拘束力のある契約で、合衆国からの脱退は「法律上無効である」と述べた。 彼は「南部州に侵入する意図はない」と述べたが、合衆国の財産の所有の維持、合衆国の諸税を徴収するためには実力も行使するとした。 彼の演説は、連邦の絆を回復しようという嘆願で閉じた。 連合国の各州はこれを無視した。 では連合国に対する忠誠の宣言を行なうことを拒絶したを代え、3月初頭には連合国に加わった。 これら7州は合衆国からの分離を宣言し、その境界内の・の施設、、およびを管理下に収め、の引き金を引いた。 南北戦争と連合拡大 [ ] 連合の範囲。 濃い緑はアメリカ連合国(CSA)に加わった諸州、薄い緑は州内の一部勢力が南部につき、CSAがその一部と主張したが実効支配はできなかった州(ミズーリとケンタッキー)および準州(インディアン準州およびアリゾナ準州)、途中でCSAから脱退した州(ウェストバージニア) に、サウスカロライナ軍は、サウスカロライナ州のサムター要塞に残っていたアメリカ合衆国(USA)政府の軍隊に砲撃を開始し、これを降伏させた。 続くで、リンカーンはUSAに残った全ての州に対し、軍を送りサムター要塞とその他の要塞を奪還し、首都を防衛して連邦を守るよう呼びかけた。 ほとんどの北部人は、CSAに対する戦いが長くなるとは予想せず、発生したばかりの反乱は迅速に打ち砕かれるだろうと信じており、リンカーンも90日間の義勇兵を募集した。 この呼びかけは、さらに4つの州(、、および)でUSA脱退の投票結果を招き、CSAは合計11州になった。 バージニア州のCSA加入で、CSAの首都はアラバマ州からバージニア州へと移った。 との政府はUSAに残ったが、それら2州からの反対党派もCSAの一員として認められた。 それゆえ、CSAの数は時々13州と数えられることもある。 の星の数が13なのもそれにちなむ。 (にとなった)の政府も、主にCSAを支援したが、中にはUSAについた勢力もあり同部族同士の戦いも起こった。 の南部(地域も含む)も、「」としてCSAに加入した。 これら地域の最初の開拓者たちはCSA政府に自らの地域の併合を請願し、34度線より南の部分をCSAが統治すべく遠征せよと刺激した。 軍も公式にCSA側の軍隊として認識された。 CSAはカリフォルニアへの輸送路を確保するためにアリゾナ準州およびニューメキシコ準州を確保しようとした。 に先立って、将軍はニューメキシコの人々に対し、CSAの名において準州を手に入れる意図を宣言した。 CSA軍はからの短期間、準州の首都を占拠したが、で打撃を受け西部での勢いをそがれた。 奴隷制がまだ合法だったすべての地域がCSAに加わるとは限らなかった。 、(合衆国首都に三方から接する境界州)では、USA脱退の試みを阻止するためにが宣言された。 奴隷州だったではUSA脱退は全く考えられていなかった。 アメリカ合衆国連邦政府直轄地であるゆえに北軍に留まったでは開戦時点で奴隷制度が存続していたが、戦時中の1862年4月16日に奴隷制度廃止となった。 連合の終焉 [ ] の風刺画。 北軍総司令官の立案した、、、の主要な港を抑えて南部を封鎖する「アナコンダ作戦」の一部をなす CSAは国債金利でUSAに対し非常な劣勢に立たされていた()。 、戦争のさなか、バージニア州西部のにあった連邦主義者たちの「残部議会(臀部議会、正式な議会が崩壊したあとに残された議会)」は48の郡がバージニア州から脱退することを宣言し、徐々に奴隷制度を廃止するという州憲法を制定してUSAにの名で加入した。 他の州の一部にあった、CSAから脱退しようという同様の試み(顕著な例ではテネシー州東部)はCSAが宣言した戒厳令によって食い止められた。 CSAは緒戦の勢いを失い、双方の首都をめぐりバージニア州で行われていたは膠着状態に陥る一方、南軍のにほころびが生じた。 また北軍は方面から沿いに南下しCSAを北・西・南から包囲する戦略をとった。 北軍が南部諸港湾に対してとった海上封鎖(を参照)は功を奏し、CSAの商品輸出や兵站は打撃を受けた。 9月には西から進撃した北軍のがジョージア州を陥落させ焼き払い、への「」と翌1865年のでジョージア州と南北カロライナ州の綿花地帯はことごとく破壊された。 CSAは南北からの挟み撃ちに遭い、にCSAの首都リッチモンドが陥落した。 、での将軍率いるの降伏が、「アメリカ連合国」の最後とみなされている。 CSA大統領のデーヴィスはジョージア州アーウィンヴィルで逮捕され、残るCSAの兵士は6月までには降伏した。 最後のCSAの国旗は、、CSAの海軍巡洋艦シェナンドアの艦上から引き下ろされた。 その後の南部再建 [ ] 詳細は「」を参照 CSA崩壊後の南部ではUSA政府による再建()が開始されたが、一旦合衆国を脱退した南部諸州の復帰と数百万人の解放奴隷の処遇をめぐって紛糾した。 大統領は南部宥和政策を採り、特赦により南部の地域指導者のほとんどが公職復帰した。 しかしその後、南部各州で黒人の取締法が制定されたり黒人や奴隷解放論者に対する暴力が横行したため、が多数を占めるUSAの連邦議会で軍事再建法が制定され、南部は軍政下に置かれ旧指導者は再度公職追放された。 合衆国軍の支配下で南部の再建州政府は経済基盤の再建、産業再生、黒人の政界進出などを図ったが、黒人への土地分配は思うように進まなかった。 南部白人はなど秘密結社を作り武装抵抗や黒人への暴力を継続した。 やがて北部も南部の人種的平等や再建への関心を失い、南部ではが相次いで政権を奪取した。 に再建半ばで合衆国軍が北部へ撤退したあとは白人が巻き返しを行い、民主党に白人が結集して「堅固な南部」(solid south)と称される堅い民主党支配を築き上げ、南部各州の黒人は再び政治的・社会的権利を失い「どん底時代」と呼ばれる抑圧の時期が訪れた。 公職に復帰した白人達はなど、「」と称する、差別を合法化する法律を多く制定し、結局南部の黒人が本当の意味で「解放」されるのはになってからであった。 に始まったがに公民権法制定と言う大きな実を結んだのである。 この法律によって(少なくとも公的には)黒人に対する差別は終焉を告げた。 政治 [ ] 憲法 [ ] (the Constitution of the Confederate States of America)は、連邦(USA)からの分離の動機についてより深く洞察するもとを提供してくれる。 連合国憲法は合衆国の大元となったとの両方にある程度基づいているが、についての原理をより一層強調したことを反映して、中央政府の力を弱めている。 また、国際的には禁止されていたにもかかわらず、の厳格な保護を掲げている。 連合国憲法では、序文において「主権をもち独立した性格で行動する各州」と謳われていたが、同時に「恒久的な連合政府」の結成についても言及していた。 また奴隷制は憲法で保護されながら、同時にCSAの外から新たな奴隷を輸入することは禁じていた(合衆国の中の奴隷州からの輸入は除く)など、やや矛盾する箇所もあった。 連合国憲法と合衆国憲法とで大きく違っている条項は、分離した諸州の合衆国政府に対する不平不満が表現されている部分でもある。 たとえば、CSA政府はを課すことを憲法で自ら禁じ、南部の港を国際貿易・自由貿易に対してより魅力的にしようとしていた。 分離独立宣言より以前、ほとんどの南部人は合衆国の保護関税制度を、に生きる中心の南部を犠牲にしながら、を保護して北部を豊かにする手段だとみなしていた。 また、CSA政府は一つの州からのを他の州ののための財政援助金とすることを憲法で自ら禁じていた。 連合国憲法の草案を作るに当たって、奴隷州だけにCSA加盟を認める、との奴隷貿易を回復する、などのいくつかの過激な提案は却下された。 また、憲法には各州に分離独立を認める条項を設けないことを明確にした。 南部人は、これを、合衆国憲法も各州に放棄を求めなかった、の本質的な権利だとみなし、それゆえそのような分離条項を設けてしまえば、合衆国からの分離を決めた南部諸州のもともとの合意を弱めてしまうだろうと考えた。 は6年ごとにで選ばれ、再選はできなかった。 大統領が任期を満了する前にCSAは戦争に敗れたため、大統領は結局ジェファソン・デーヴィスただ一人しかいなかった。 連合大統領に保障された特にユニークな権限は、項目別拒否権(すでにいくつかの州の知事が持っていた、法律や予算案などの特定の条項だけを拒否できる権利。 合衆国では後半にやっと大統領に与えられた)に基づき法案を提出することを可能にしたことだった。 は大統領による拒否権や項目別拒否権の発動を、合衆国議会同様3分の2の多数決で覆すことができた。 しかし、連合国憲法の残りの大部分は、一字一句、合衆国憲法の引き写しであった。 やといった形で印刷されたは、各州が発行してCSAの名によって保障し流通させることができた。 政府は連合の発行を検討した。 デザイン、鋳型、4つのプルーフ硬貨(試し打ち、収集用)が作られたが、金塊の不足により一般用の硬貨鋳造はついに行われなかった。 首都 [ ] CSAのは、からまでアラバマ州にあった。 にバージニア州を新たな首都とすると宣言し、5月29日以降リッチモンドへ移転した。 戦争終結の直前、CSA政府は戦火にさらされたリッチモンドを脱出し、ジョージア州アトランタやサウスカロライナ州など、より南への再移転を計画していたが、実現しなかった。 リー将軍のアポマトックス・コートハウスでの降伏の直前、バージニア州がからの約一週間のみ、CSA最後の首都となった。 外交と法的地位 [ ] アメリカ連合国の法的地位は、その存在期間中、また戦後長い間議論の対象となった。 その存在の間、CSAはいくつかのの諸国(とを含む)と交渉を行った。 しかし、CSAがヨーロッパ諸国から受け取った公式なは、ドイツのの君主からだけであった。 イギリスはUSAとは遺恨があり、南部による綿花貿易では受益者でもあり、また11月に勃発した「」(英仏へ向かうCSAの外交官を乗せたイギリス船トレント号をUSAの軍艦が停止させ、公使2人を逮捕した事件)によって世論が激昂したため、もう少しのところでアメリカ連合国承認に傾くところであった。 イギリスは出兵と建国に熱中していたフランス皇帝と組み、南北戦争の調停を申し出る準備を行った。 しかし、9月のでの南軍の大敗と、それに続く1月のリンカーンによる によって、USAが軍事的に勝利しつつある上に「奴隷制の廃止」という大義までも手にしたことをイギリスやフランスほか各国も認識し、こぞってCSAの国家としての承認から手を引いてしまった。 戦争中、他のヨーロッパ諸国も中立を守り、非公式にCSAの外交官とも会ったが、承認はしないままに終わった。 ただしその代わり、の原則を適用し、南北の双方を「交戦国」と見なしたため、CSA軍艦はヨーロッパの港湾でUSA軍艦同様の扱いを受けることができた。 は南北双方の政府人員が領内で公開的に活動することを許し、メキシコ北部のいくつかの州はテキサス州境での貿易に関する地方同士の合意を結んだ。 4年間の存続の間、CSAは独立国家を主張して数十人の外交官を海外に送り出した。 それとは対極的に、USAはCSAを反乱中の地方政権に過ぎないと主張し、その地位のいかなる公認も拒否した。 この論争が効いたのか、USAがCSAに対する経済封鎖を宣言して戦争を続けるさなか、CSAはUSAの敵意に対し、公式な宣戦布告を行った。 戦争中の南北双方による交渉は、USAが政府としての公式な承認をCSAに対し行わないまま始められたが、双方の軍事行動はによって調整された。 戦争の4年後、は「テキサス州対ホワイト事件」の判決でテキサス州に対し、USAからの分離は違憲で法的に無効であるとした。 判決は最高裁判所長官(リンカーン政権の財務長官)によって言い渡された。 チェースの判決はすぐさま攻撃の的となり、今に至るも論議を呼んでいる。 ジェファソン・デービスやアレクサンダー・スティーブンスといった評論家らは、この時起こった連邦離脱の合法性を主張する法的論争について詳述している(デービスの『Rise and Fall of the Confederate Government』など)。 南部連合旗 [ ] 詳細は「」を参照 最初の国旗 「スターズ・アンド・バーズ」 2番目の国旗 「ステンレス・バナー」 最後の国旗 「ブラッド・ステインド・バナー」 1863年-1865年の海軍の国籍旗 「レベル・フラッグ」 CSAの「」は3つあった。 最初の国旗「スターズ・アンド・バーズ "Stars and Bars"」と呼ばれ、最初にCSAを形成した7州を象徴する7つの星があしらわれた。 しかしこの旗は戦闘時の混乱の中ではあまりにもUSAのに似ており混乱が絶えなかったため、CSAの(南軍旗)「サザンクロス」が戦闘時に通常使用される旗となり、後の二つの国旗(2番目の国旗「ステンレス・バナー "Stainless Banner"」と最後の国旗「ブラッド・ステインド・バナー "Blood Stained Banner"」)にもサザンクロスのデザインが左上にあしらわれることとなった。 サザンクロスは13の星があしらわれており、サムター要塞の戦いの後加盟した4州と、南部を承認したケンタッキー州とミズーリ州の分離主義者政府を表している。 実際の南軍旗サザンクロスは正方形の旗であるが、今でも目にする長方形の旗(「レベル・フラッグ」)は実際には第一テネシー軍の旗であり、南部海軍の国籍旗(艦首旗)でもあり、どちらにしても正式の国旗ではない。 ただしに入ってからレベル・フラッグは南部の旗として多くのメディアに登場し、このため今日アメリカではこれがCSAの「国旗」と一般には認識されるようになっている。 連合の政治的指導者 [ ]• (ミシシッピ州) - 南部連合の• (ジョージア州) -• (ジョージア州) - 初代国務長官• (アラバマ州) - 陸軍長官• (ヴァージニア州) - 准将、陸軍長官• (ケンタッキー州) - 陸軍長官、およびの下の• (ルイジアナ州) - 司法長官、陸軍長官、国務長官• (フロリダ州) - 海軍長官• (サウスカロライナ州 - 初代財務長官• (テキサス州) - 郵政長官、第3代財務長官• - 南部連合国会議員、第10代• (ジョージア州) - 議会議長および前議長• (アラバマ州) - 上院議員および委員• - 議会議長 経済 [ ] 戦費を調達しようとするときに国債金利は焦点となる。 1863年初頭、かねてから大量発行していたグレイバックに、CSAは課税してまで8%利付き国債へ乗り換えさせた。 そのCSA国債は金に対して価格が下落していった。 11月半ばには金利が100%を超え、翌1864年12月半ばには218%に達した。 CSAはUSAに最初から国債金利で負けていた。 CSAの経済は、特に奴隷労働を使ったに依存していた。 CSAの主要産品は、、、であり、ほか牧畜がいくらかと多くの穀物生産があった。 主な製品は、(ひき割りとうもろこし)、、加工したタバコ、綿製品、であった。 武器・弾薬製造においても、南部は合衆国全体の数パーセントしか生産せず、圧倒的不利にあった。 CSAはここに堅い経済基盤があると信じ、政策を採ったが、によって機能しなかった。 十分な金融資産を持たなかったことが、戦費を乱造によってまかなうこととなり、激しいにつながった。 南北戦争の結果、南部の農業基盤や交通などのインフラは激しく破壊され、20世紀に入るまで南部諸州の経済は場所によっては南北戦争以前の規模に戻らなかった。 軍事 [ ] CSA軍は以下の三軍で構成されていた。 Confederate States Army• Confederate States Navy• Confederate States Marine Corps CSAの軍事指導者は、ほぼ全員が、開戦前におよびの職を辞してCSA軍の高位職に就いた元合衆国軍人で占められていた。 士官はほとんどが南部の(貴族的な農場主)たちで構成され、尉官(junior officers)や佐官(field grade officers)は兵隊たちからの立候補で選出した。 CSA軍には独自の士官学校などは存在しなかったが、南部の多くのカレッジ(例えばVirginia Military Institute:ヴァージニア軍事大学、ヴァージニア士官学校とも)は戦場に立つ多くの軍人を供給した。 海軍兵学校は、に浮かぶCSA海軍軍艦パトリック・ヘンリーの艦上で発足したが、CSA崩壊までの間に卒業生を出すことができなかった。 陸軍の兵隊は平均年齢16歳から28歳の間の白人男子で構成されていた。 南北戦争の末期にいたり、12歳以上の少年も兵士として戦闘にあて、さらにCSA軍に志願した黒人奴隷に自由を与えるという奴隷制堅持という立場からすればある意味本末転倒な法案 を可決させ、全員黒人の連隊も発足させた。 しかし、北部に比べてその導入はあまりに遅すぎ 、戦力として有効に活用できたのは限られたケースのみだったと伝えられる。 連合の軍指導者 [ ] 「」も参照• バージニア州 - 陸軍大将• ケンタッキー州 - 陸軍大将• バージニア州 - 陸軍大将• ノースカロライナ州 - 陸軍大将• ルイジアナ州 - 陸軍大将• サウスカロライナ州 - 陸軍中将• バージニア州 - 陸軍中将• バージニア州 - 陸軍中将• テキサス州 - 陸軍中将• サウスカロライナ州 - 陸軍中将• テネシー州 - 陸軍中将• バージニア州 - 陸軍少将• ジョージア州 - 陸軍准将• メリーランド州 - 海軍大将• メリーランド州 - 海軍少将• ジョージア州 - 海軍准将• インディアン特別保護区、現オクラホマ州 - 陸軍大将• テネシー州、ルイジアナ州 - 司教、陸軍中将• バージニア州 - 陸軍中将 地理および構成諸州 [ ] アメリカ連合国はの南部に位置し、温暖な冬季と長くて蒸し暑い夏季のある湿潤なであった。 CSA領内は北部と比べてが進んでおらず、CSAの範囲はほとんどが農村であった。 人口1,000人を越える町も少なく、郡庁所在地も多くは人口500人以下であった。 ので合衆国の10大都市に入ったのは唯一(1862年、北軍により占領)だけだった。 また100大都市に入った南部の街はわずか13しかなく、その多くはで経済が行き詰まった。 CSA首都リッチモンドは首都が置かれて以降人口が増えたものの、の推計で人口は12万8000人しかなかった。 CSA自体の人口も4百万の奴隷人口を含めてやっと1千3百万程度であり、北部の2千2百万とは大きな隔たりがあった。 州名 合衆国脱退 連合加盟 合衆国再加入 もしくは• その法案に反対した議員の一人は「黒人が我々(白人)と同じように戦えると言うのであれば我々は何のために戦っているのか!」と言っている。 黒人は白人より人種的に劣っているから奴隷にしても問題ない(と言うよりその方が黒人にとって幸せである)という南部の大前提が崩れてしまうからである。 北部の方では終戦までに18万から20万もの黒人が北軍に入隊しており、一部の部隊は重要な戦闘にも参戦している。 最初はそれぞれの州や将軍が独自に編成していたものだったが、数が増えてきたので1863年の5月22日に有色人種将兵局 Bureau of Colored Troops が新たに設置されている。 出典 [ ]• Editors 1998年7月20日. 2019年6月25日閲覧。 Arrington. National Park Service. 2017年4月27日閲覧。 Arrington, Benjamin P.. National Park Service. 2017年4月27日閲覧。 Editors 1998年7月20日. 2019年6月25日閲覧。 1997. For Cause and Comrades: Why Men Fought in the Civil War. 106. "Confederate soldiers from slaveholding families expressed no feelings of embarrassment or inconsistency in fighting for their own liberty while holding other people in slavery. Indeed, white supremacy and the right of property in slaves were at the core of the ideology for which Confederate soldiers fought. 1998年7月. 2019年6月25日閲覧。 McPherson, James M. 2007. Oxford University Press US. The Confederate Nation, 1861—1865 1979 pp. 256—257. www. civilwar. org. 2017年8月27日閲覧。 Hacker, J. David 2011年9月20日. Opinionator. 2018年5月19日閲覧。 Arrington, Benjamin P.. National Park Service. 2017年4月27日閲覧。 Davis, Jefferson 1890. Belford co.. 503. 2015年2月10日閲覧。 David W. Blight 30 June 2009. Harvard University Press. 259. academia. edu. 2019年9月13日閲覧。 Ogorzalek, Thomas; Piston, Spencer; Strother, Logan 2017. Du Bois Review: Social Science Research on Race 14 1 : 295—323. Richard Roll, "Interest Rates and Price Expectations during the Civil War", Journal of Economic History 32, Jun. 1972; George K. Davis and Gary M. Pacquet, "Interest Rates in the Civil War South", Journal of Economic History 50, 1990. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 , 1864, a Confederate Congress document• , 1861• , published weekly by Turnwold, Ga. , edited by J. Turner• , by A. Hull, 1905. , November, 1861• - numerous online text, image, and audio collections.

次の