川口 敦典。 てんしとあくま

てんしとあくま川口さん急逝

川口 敦典

お笑いコンビ「てんしとあくま」の川口敦典さんが15日、持病の内臓疾患のため急逝した。 36歳。 所属事務所の吉本興業が16日、発表した。 通夜・告別式は家族葬で行われる予定。 川口さんは1983年6月22日生まれで大阪府吹田市出身。 NSC大阪29期生で、2008年4月に相方のかんざき(年齢非公表)と「てんしとあくま」を結成。 よしもと漫才劇場を中心に活動し、16年には第1回上方漫才協会大賞で大賞にノミネート。 17年と18年には同大賞の文芸部門賞を2年連続で受賞した。 川口さんは11日までNSCの同期生にツイッターで返信するなど、元気な様子もうかがわせていた。 4月23日の投稿では「胃がずっと痛いな~と思って病院行ったら胃潰瘍やった」などとつづっていた。 かんざきは「とても残念でなりません。 突然のことで気持ちの整理がついてない状況です」とコメントした。

次の

てんしとあくまの川口はどっち?相方のかんざきはソロで活動していくのか調査してみた!|T

川口 敦典

川口敦典のプロフィール 名前:川口敦典(かわぐちあつのり) 生年月日:1983年6月22日 年齢:36歳 出身地:大阪府吹田市 身長:175cm 体重:70kg 血液型:B型 趣味:野球観戦 担当:ツッコミ 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エイジェンシー 大阪NSCの29期生で相方のかんざきさんは5期先輩にあたる。 コンビの結成は2008年4月で13年目のコンビだ。 2016年の第一回上方漫才協会大賞では大賞にノミネートされるなど賞レースで活躍している。 冒頭で「あまりメジャーではないコンビ」と言ったが、M-1グランプリやキングオブコントでは準々決勝まで進出 歌ネタ王決定戦では第1回から6年連続で準決勝に進出するなど、評価の高いコンビだったことが言える。 決勝戦くらいしかテレビで見ないため知らないコンビだったが、ネタを見ていると非常に面白い! こんな面白いコンビを知らなかったのがもったいないと思える! いつから内臓疾患の持病があったかの情報はなかった! 川口敦典さんの情報についてはあまり公表されていないようだ。 これからどんな病気を抱えていたのか、いつから持病があったのか情報が公表されるかもしれないので、分かり次第追記していく。 改めて病気の怖さを痛感するね。 健康であることがどれだけ大切なことか。 適度な運動や生活習慣を見直していかないとね! スポンサーリンク 川口敦典さんの家族や持病まとめ てんしとあくまの川口敦典さんは36歳という若さで内臓疾患のため亡くなった。 結婚して奥さんや子供がいるという情報は見られなかったので独身の可能性が高い。 持病について詳細や時期は分からなかった。 情報があれば追記していきたい。 川口敦典さんのご冥福を心よりお祈り致します。

次の

ブラマヨ小杉君はNSCの生徒時代から「素人の声」ではなかった【度肝を抜かれたお笑い界の巨人たち】(日刊ゲンダイDIGITAL)

川口 敦典

川口敦典のプロフィール 名前:川口敦典(かわぐちあつのり) 生年月日:1983年6月22日 年齢:36歳 出身地:大阪府吹田市 身長:175cm 体重:70kg 血液型:B型 趣味:野球観戦 担当:ツッコミ 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エイジェンシー 大阪NSCの29期生で相方のかんざきさんは5期先輩にあたる。 コンビの結成は2008年4月で13年目のコンビだ。 2016年の第一回上方漫才協会大賞では大賞にノミネートされるなど賞レースで活躍している。 冒頭で「あまりメジャーではないコンビ」と言ったが、M-1グランプリやキングオブコントでは準々決勝まで進出 歌ネタ王決定戦では第1回から6年連続で準決勝に進出するなど、評価の高いコンビだったことが言える。 決勝戦くらいしかテレビで見ないため知らないコンビだったが、ネタを見ていると非常に面白い! こんな面白いコンビを知らなかったのがもったいないと思える! いつから内臓疾患の持病があったかの情報はなかった! 川口敦典さんの情報についてはあまり公表されていないようだ。 これからどんな病気を抱えていたのか、いつから持病があったのか情報が公表されるかもしれないので、分かり次第追記していく。 改めて病気の怖さを痛感するね。 健康であることがどれだけ大切なことか。 適度な運動や生活習慣を見直していかないとね! スポンサーリンク 川口敦典さんの家族や持病まとめ てんしとあくまの川口敦典さんは36歳という若さで内臓疾患のため亡くなった。 結婚して奥さんや子供がいるという情報は見られなかったので独身の可能性が高い。 持病について詳細や時期は分からなかった。 情報があれば追記していきたい。 川口敦典さんのご冥福を心よりお祈り致します。

次の