復讐 の カルテット ネタバレ。 韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ!

韓国ドラマ|復讐のカルテットのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

復讐 の カルテット ネタバレ

ドゥレは、子役出身のスター女優。 そんなドゥレは、周囲に迷惑をかけがちだが、いつも母親が守ってくれていた。 しかし、親愛なる母親がストーカーにより殺されてしまう。 ウニャンは、大手の秘書で一児の母親。 ある日、ウニャンの代わりに夫が子守をすることになるが… 夫が不倫相手の元へ行き、その間に家が火事になり、愛してやまない娘アルムを亡くしてしまう。 ダルヒは、見た目はお金持ちのようだが、幼いころから貧しい生活をしていた。 そんなダルヒは、アメリカに留学しメイクで有名人になった。 しかし、ダルヒを良く思わないセラに、泥棒扱いされ言い合いになる。 言い合いのさなか、セラの頭の上に花瓶落下し、意識不明になる。 驚いたダルヒは逃げるが、その様子を見ていた使用人から脅迫を受けるようになる。 同じ日に悲劇が起こった3人の女性。 そんな女性たちの友情と奮闘を描いたドラマ。 もし自分の娘も事故に巻き込まれて、娘を失ってしまうことを考えると、とても痛たまれない感じで観ていました。 自分も娘を亡くしたら、ウニャンのように、事故をした犯人を探し出したいと思いますが、さすがに傷心状態でウニャンのような行動は取れないだろなと思いました。 事故を起こしたダリは、観ていて「とても悪女だな」と思いました。 結果的には、ダリの思惑通りに上手いこといかないのですが、なんて最低なヤツだと観ていて腹が立ったなぁ…。 でもドゥレ、ハリ、ウニャン、三人の、同じ境遇で結ばれた友情に感動するところもたくさんありました。 ハラハラドキドキの展開がすごくて、どんどん引き込まれてしまいました。 イ・ジフンさんやチィ・ユヌさんなど若手俳優さんの熱演が光っていて、とても良かった!!オ・ユナさんの涙を流す演技がすごく印象的で素敵でした。 キム・ジュヒョンさんの安定した演技力で存在感がすごいですね。 ほんとに大切な人を失ってしまった時というのは、人はどんなことでもやってしまうんだろうと感じました。 同じ立場になったとしたら自分はどうするか考えさせられました。 復讐のカルテット(姉は生きている)-相関図・キャスト情報.

次の

放送終了「復讐のカルテット」ソン・ヨウン&元SISTAR ダソム&ヤン・ジョンア、悪女たちの結末とは

復讐 の カルテット ネタバレ

(C)SBS 元SISTARのダソムが振り切った悪女役で2017年SBS演技大賞では新人演技賞を受賞した話題作「復讐のカルテット(原題:姉は生きている)」(全54話)、BSテレ東にて明日11月27日(水)(月~金曜午後2時56分~)より放送の第1話~第5話のあらすじを紹介、Youtubeにて予告動画が視聴できる。 ハリの恋人ナ・ジェイルは弁護士で大企業コンリョンに就職が決定したエリート。 ジェイルの大親友ソル・ギチャンはカモミールの品種改良に挑戦中で、国産カモミールで化粧品を作るのが夢だ。 一方、ギチャンの恋人ヤン・ダリはメイ クを学ぶため米国留学中。 ある日、在米コリアンの富豪の令嬢セラ・パクの機嫌を損ね、ダイヤのペンダントを盗んだとぬれぎぬを着せられる。 ダリはセラ・パクの家の家政婦に事故の目撃写真があると脅され、金を要求される。 その頃、ク家ではセジュンの スキャンダルに激怒したピルモがセジュンに永遠にアメリカで暮らせと通告。 セジュンは自分を出来損ない扱いする父に怒りと悲しみを募らせる。 ダリの突然の帰国を 喜ぶギチャンはジェイカモミールの品種改良にも成功し、幸せの絶頂。 その頃、ルビー化粧品では高騰するエジプト産カモミールが問題となり、セギョン はソル・ギチャンと契約を結び国産に切り替えると嘘を報告。 そこへダリがセギョンを訪ね、ジェイカモミールの取り引きを申し出る。 救急車から投げ出されたハリはタクシーから降りてきたダリに助けを求めるが、ダリ はそれを振り払う。 その頃、ク家ではアメリカへ行ったはずのセジュンをクンジャがホテルにかくまうが、そこにピルスンが乗り込んでくる。 一方、心労で入院するウニャンをテスの同僚 のパク記者が見舞いに訪れ、テスの日本出張がパク記者と一緒でなかった事実が発覚。 そんな中、ハリとウニャンとドゥルレは事故の真相を調べるべく 警察を訪ねるが、警察は捜査終了を繰り返すのみ。 ウニャンはタクシー会社に電話してチン・マルボクの住所を聞き出し、3人で訪ねていく。

次の

[B!] 韓国ドラマ

復讐 の カルテット ネタバレ

ドゥレは、子役出身のスター女優。 そんなドゥレは、周囲に迷惑をかけがちだが、いつも母親が守ってくれていた。 しかし、親愛なる母親がストーカーにより殺されてしまう。 ウニャンは、大手の秘書で一児の母親。 ある日、ウニャンの代わりに夫が子守をすることになるが… 夫が不倫相手の元へ行き、その間に家が火事になり、愛してやまない娘アルムを亡くしてしまう。 ダルヒは、見た目はお金持ちのようだが、幼いころから貧しい生活をしていた。 そんなダルヒは、アメリカに留学しメイクで有名人になった。 しかし、ダルヒを良く思わないセラに、泥棒扱いされ言い合いになる。 言い合いのさなか、セラの頭の上に花瓶落下し、意識不明になる。 驚いたダルヒは逃げるが、その様子を見ていた使用人から脅迫を受けるようになる。 同じ日に悲劇が起こった3人の女性。 そんな女性たちの友情と奮闘を描いたドラマ。 もし自分の娘も事故に巻き込まれて、娘を失ってしまうことを考えると、とても痛たまれない感じで観ていました。 自分も娘を亡くしたら、ウニャンのように、事故をした犯人を探し出したいと思いますが、さすがに傷心状態でウニャンのような行動は取れないだろなと思いました。 事故を起こしたダリは、観ていて「とても悪女だな」と思いました。 結果的には、ダリの思惑通りに上手いこといかないのですが、なんて最低なヤツだと観ていて腹が立ったなぁ…。 でもドゥレ、ハリ、ウニャン、三人の、同じ境遇で結ばれた友情に感動するところもたくさんありました。 ハラハラドキドキの展開がすごくて、どんどん引き込まれてしまいました。 イ・ジフンさんやチィ・ユヌさんなど若手俳優さんの熱演が光っていて、とても良かった!!オ・ユナさんの涙を流す演技がすごく印象的で素敵でした。 キム・ジュヒョンさんの安定した演技力で存在感がすごいですね。 ほんとに大切な人を失ってしまった時というのは、人はどんなことでもやってしまうんだろうと感じました。 同じ立場になったとしたら自分はどうするか考えさせられました。 復讐のカルテット(姉は生きている)-相関図・キャスト情報.

次の