バッタの大群 日本。 バッタ(サバクトビバッタ)の大群が中国へ。農作物を食い尽くす|気になる調べ隊!

コロナに続くもう一つの危機――アフリカからのバッタ巨大群襲来(六辻彰二)

バッタの大群 日本

下記クリックで好きな項目にジャンプ• サバクトビバッタが日本に来ることは可能? 結論から言うと サバクトビバッタが日本に来る可能性はほぼゼロに近いようです。 実はサバクトビバッタによる蝗害 こうがい は紀元前から度々起きており、頻繁にアフリカ、中東、アジアに被害を与えています。 「え?アジアって言ったら日本も危なくない?」と思いそうですが、長い歴史の中でもサバクトビバッタが日本に渡ってきた記録はないそうです。 サバクトビバッタの被害が及んでいるアジアはパキスタンやインドなどで、日本に被害が及んだことは一度もないとのこと。 そもそもサバクトビバッタが日本に来るには、まずは中国に入る必要がありますが、中国にもサバクトビバッタは侵入することができないと言われています。 中国に侵入できない理由は以下の通りです。 ヒマラヤ山脈を超えられない サバクトビバッタの被害は中国の隣国であるインドやパキスタンまで及んでいるため、「中国への侵入も目前?」と言われていました。 しかし、パキスタンやインドから中国に侵入するには、広大な山々が連なるヒマラヤ山脈を超えないといけません。 サバクトビバッタの最大飛行高度は海抜2000mが限界であるとともに、生息の限界高度でもあるとのこと。 そのことから、平均して3000m級の山が重なる ヒマラヤ山脈をサバクトビバッタたちが超えることは基本的にはありえないようです。 気温が低いと飛行できない サバクトビバッタは名前に「サバク」とつくことから分かるように、暑い気候を好むそうです。 ヒマラヤ山脈の殆どの場所では想像通りに極寒なので、サバクトビバッタも結局 凍えて全滅する可能性が高いみたいですね。 中国への侵入の可能性はゼロではない? 上述した通り、気温や高度の問題でサバクトビバッタは基本的に中国へ入れません。 しかし、今回の爆発的な大繁殖で、 「ヒマラヤ山脈を迂回するサバクトビバッタも現れるのではないか?」とも言われているようです。 独立行政法人経済産業研究所 RIETI というところでは、 (1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート (2)ミャンマーから雲南省に至るルート (3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルート の3つがサバクトビバッタが迂回して中国に侵入する可能性があることを示唆しています。 でも今サバクトビバッタは何でも食べる「群生相」に変化しているので、 「有害な植物を食い荒らして迂回ルートからの侵入する」というのも可能性としてはありそうな気もしますよね。 ただ逆に、長年サバクトビバッタを監視している国際連合食糧農業機関 FAO では、そもそも中国がサバクトビバッタの被害を受ける対象にも含んでいません。 インドは注意を示す 「caution」、パキスタンは脅威を示す 「threat」のカラーで色付けされています。 しかし、肝心の中国はというと、サバクトビバッタの被害対象となる色すら塗られていません。 長年サバクトビバッタを監視している国連の機関が、 「そもそも中国に入る可能性はない」と判断している証拠ともとれますね。 古代からサバクトビバッタの大繁殖の被害はありますが、中国に侵入した記録がないようなので、侵入の可能性は限りなく低いのかもしれません。 サバクトビバッタが海を渡る可能性は? 仮に中国にサバクトビバッタが侵入したら、海を渡って日本に侵入することも想像できます。 そもそも 「サバクトビバッタが海を渡るほどの飛行距離をもっているのか?」というのが気になるところ。 サバクトビバッタの飛行距離とは一体どれほどなんでしょうか? サバクトビバッタの飛行距離 調べてみたところ、サバクトビバッタの飛行距離は1日に 100~200kmの距離だそうです。 また中国ニュースの日本版のネット記事によると、風に上手く乗った場合は700km以上に飛行距離が伸びるのだとか。 飛行距離が700km以上というのはエビデンスがないので正直盛っている感はありますが、風に乗ることで大きく飛行距離を伸ばせることは想像できますよね。 この飛行距離踏まえると、侵入経路次第では日本への飛来も全くのゼロではないのかもしれません。 日本への侵入経路と飛来について サバクトビバッタが海を渡るというのは極めて可能性が低いことです。 ただ上記の飛行距離を踏まえると可能性としてはゼロとは言い切れません。 ではこの侵入経路について深堀りしていきます。 朝鮮半島からの侵入経路 先ほど書いた通り、サバクトビバッタはかなりの距離を飛行します。 しかし、中国から日本までの距離はそれよりも全然ありますから、中国から直で飛来するのは難しいとのこと。 ただサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たら、流石に話は変わってきます。 仮にサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たとしたら距離的にもかなり縮まりますから、 サバクトビバッタの飛行距離でも十分飛来するのは可能です。 下の図を見ても分かりますが、韓国の釜山から対馬経由だと距離も全然近いですもんね。 ん~、ただですよ? 砂漠で生きているサバクトビバッタがそもそも中国大陸を横断して、韓国まで来ること自体がやはり考えづらいですねw 飛行距離的には可能かもしれませんが、中国には寒い地域もいっぱいあるようですから、そこを横断してくることは結構ムリがあります。 台湾から侵入経路 サバクトビバッタが中国大陸を横断して朝鮮半島へ、そこから日本へ飛来というのは色々とムリがあります。 しかし台湾経由だと 可能性的には全くのゼロでもない気もします。 というのも、1928年にフィリピンのルソン島で繁殖したトノサマバッタが、台湾や日本の石垣島、宮古島に飛来して作物を食い荒らしたことがあったとのこと。 台湾に近いフィリピンのバタン島でも200km以上の距離がありますし、石垣島は約500km、宮古島は約590kmほど離れています。 上でも書いたように、バッタ達は風に上手く乗ると飛距離大幅に伸びるので「海上の風に乗って飛来したのでは?」と言われているようですね。 その距離を飛行してきた事実があるということは、条件が揃えば サバクトビバッタも台湾経由で日本に飛来することが可能ということになります。 台湾と中国大陸の距離も近いですしから、飛行距離的にもサバクトビバッタが台湾に渡れることは実質可能と言えます。 可能性的には低いですが、風を利用して長距離を飛行できる事実がある以上、日本も油断できませんね! 日本のカビ エントモフトラ属 に弱い?・・・2020年4月17日追記 サバクトビバッタについてさらに調べていたんですが、彼らが日本に来ても被害の発生はあまり考えづらいそうです。 というのも、湿気が多い日本には「 エントモフトラ属」というカビが存在しており、この カビがバッタにとっては天敵だからのようです。 狭く平原の少ない日本の土地では、バッタ科(トノサマバッタ等)が数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくいため、限られた地域でしか発生していない。 また、エントモフトラ属(ハエカビ属・ハエカビ目)のカビを始めとした天敵の存在も、結果として蝗害を抑えていると考えられている[34]。 このカビは寄生性のようで、昆虫などはよく寄生されて命を落とすことが多いみたいです。 仮にサバクトビバッタが日本に飛来したとしても、このカビによって日本国内での被害はかなり小さく済む可能性は高いようですね~。 ちなみに、ウィキペディアによると 「このカビの特性を利用して害虫などの駆除も過去に試された」とのこと。 その試みについての記事は見つからなかったのですが、害虫などがカビによって駆除できたら色々とメリットもありそうです。 ただし、一回も上手く言ったことがないようですよw サバクトビバッタが日本に来る可能性と侵入経路についてのまとめ サバクトビバッタが日本に来るにはまず中国に入る必要があります。 しかし、サバクトビバッタはヒマラヤ山脈を超えれないので、中国に侵入することは現実的には難しいようです。 国連の機関でも中国をサバクトビバッタの被害区域に含んでいないことから、中国侵入の可能性はかなり低いんでしょうね。 ということは、 サバクトビバッタが日本に来ることも現実的には難しいということですね。 仮に中国にサバクトビバッタが侵入しても、平均100~200kmの飛行距離を踏まえると日本への飛来は難しそうです。 朝鮮半島まで来たら流石に海を渡って飛来しそうですが、サバクトビバッタの構造上中国大陸を横断してくるのはまず不可能でしょう。 海を超えてきたのであれば、まず隣国まで侵入していなければ日本には到達できないので、なにかしらニュースになっていてもおかしくなさそうですが・・・。 考えられるものとしては、船に紛れて海を渡って来たとかでしょうか。 ちなみに調べて見たら、「イボバッタ」や「クルマバッタモドキ」というバッタは6月には成虫になっているものもいるようです。

次の

バッタ大発生(蝗害)の恐怖――『バッタを倒しにアフリカへ』まえがき公開|光文社新書

バッタの大群 日本

インドにバッタの大群が来襲している動画が話題になっています。 エグいwww この大群に火炎放射器ぶっ放してーww これ穀物に影響与えるから月曜日チャート動くよ。 バッタの大群は、アフリカのエチオピアとソマリアで発生したものが移動しているそうです。 バッタの大群はエチオピアとソマリアで発生し、 ケニアに拡散。 国連(UN)食糧農業機関(FAO)によると、 エチオピアとソマリアでは過去25年間、 ケニアでは過去70年間で最悪の蝗害(こうがい)となった。 afpbb. 食糧農業機関 FAO がバッタによる農作物被害を懸念している国の地図がありました。 nikkei. 大群のバッタはサバクトビバッタ? 150㎞飛べる体に変異する? 大群でインドに来襲しているバッタは、 サバクトビバッタだそうです。 サバクトビバッタはなぜ大群になっているのでしょうか? なんとサバクトビバッタを含む何種類かのバッタは、1匹で行動する孤独相から、 集団で行動する群生相に変異することがあり、 群生相になったバッタから生まれたバッタは生まれたときから群生相になるのだそうです。 そして群生相となったバッタは、 体も大きく変化するようです。 サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化する。 筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わる。 数十億匹規模の大集団となって、 餌を探して約100キロメートルの距離を5-8時間飛ぶこともできるという。 afpbb. では、どうやって孤独相から群生相へ変異するのでしょうか? バッタが孤独相から群生相に変異するのは脳内物質セロトニンが原因? イギリスの研究機関が、 バッタが群生相に変異するのは脳内物質のセロトニンが関係しているという研究結果を発表しました。 【関連記事】バッタが群れとなる原因は脳内物質セロトニン、英研究 — AFPBB News afpbbcom バッタの後ろ脚をくすぐると、2時間後、そのバッタは、 作物を食い尽くす巨大な群れを構成する一員となる準備が整う。 これは、脚をくすぐって刺激するのは、 通常1匹で行動するバッタが、食糧不足のために 集団にならざるを得ない状況でぶつかり合うのと同じ状況を作り出すことになるためだが、 研究者らは群れを作る理由は分かってはいたものの、 急激な生物学的変化が起こる仕組みについては90年間も頭を悩ませていた。 afpbb. また、群生相のバッタのセロトニン水準は孤独相のバッタより3倍高いことも判明した。 ー中略ー だが、孤独相のバッタにセロトニンの生成を抑制する物質を注入すると、 そのバッタは落ち着いたままで、後ろ脚を刺激したり群れが現れても群生相には転換しなかった。 一方、セロトニンの分泌を刺激する物質を注入されたバッタは、 きっかけとなる刺激がなくても群生相へと変形したという。 afpbb. 普段一匹で孤独に行動するバッタも、 セロトニンが増え、ストレス耐性ができることで、 集団でいることに耐えられる体になるのでしょうか。 興味深い研究結果ですね。 環境変化によりアフリカのサバクトビバッタの生息地が密になり、 繁殖したバッタ同士が触れ合う機会が増えセロトニンの分泌を促し、 孤独相から群生相に変異したことが、 バッタの大群の発生の経過のようです。 バッタの大群は日本にも来る? アフリカからインドに被害をもたらしているサバクトビバッタの大群。 150㎞も飛ぶ能力を持つこの大群は、 日本にも来る可能性はあるのでしょうか? 通常、サバクトビバッタの生息地に日本は含まれていませんので、 日本に来ることはないと安心してよいのでしょうか? サバクトビバッタは風に乗って1日に150キロ近く飛ぶが、 標高の高いヒマラヤ山脈を超えることは難しく、 パキスタンから中国に直接飛来することはこれまでも稀だった。 しかし、南米原産のヒアリが日本で繁殖しているように、 ヒトやモノの移動が虫の移動を促すことは、これまでにもあったことだ。 上海税関は4月24日、梱包用木箱からサバクトビバッタが初めて発見されたと発表した。 yahoo. また、直接日本にサバクトビバッタの大群が来襲することはなくても、 日本が作物を輸入している国がサバクトビバッタの被害を受けることにより、 日本の食物危機が発生する可能性はあります。 コロナウイルスで世界が被害を受けている中、 バッタの大群も新たな脅威として注目する必要がありそうです。

次の

東アフリカのバッタ大発生で深刻な農業被害 日本に来る可能性は?

バッタの大群 日本

「この…大群は…恐ろしい」 アルバート・レマスラニ氏は4月、アフリカ、ケニア北部で息を弾ませながらこう言った。 レマスラニ氏は自身を撮影した動画のなかで、サバクトビバッタの群れをはたきながら歩いている。 体長5センチ余りのサバクトビバッタは厚い雲のように同氏を取り囲み、1万組のトランプが一斉に切られているかのような羽音を立てる。 「数百万匹はいます。 あちこちで…食べています…悪夢が現実になったような光景です」。 レマスラニ氏はうめくように語った。 最大2500万人が食料不足に レマスラニ氏(40)はケニア中部の村オルドニイロに家族と暮らし、ヤギの世話をしている。 ヤギたちは低木や高木を食べて生きている。 レマスラニ氏は地元の言い伝えでしかサバクトビバッタを知らなかった。 ところが2020年、食欲旺盛なサバクトビバッタの大群が数十年来の規模で東アフリカに押し寄せた。 サバクトビバッタは底なし沼のような食欲の持ち主で、農業に壊滅的な被害をもたらす恐れがある。 成虫は自身の体重と同じ量の植物を1日で食べることができる。 サバクトビバッタの体重は約2グラムだ。 群れはニューヨークを埋め尽くしても余りある規模の700億匹に達することもあり、その場合、約13万6000トンもの作物が1日で失われる計算になる。 もっと小さな4000万匹の群れでも、3万5000人分の1日の食料に匹敵する量の植物を1日で食べてしまう。 今回の大量発生は、エチオピアとソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最悪の規模となっている。 一帯は作物の生育期を迎えており、新型コロナウイルスの影響で対策が難航している間に、サバクトビバッタの群れは増殖している。 国連食糧農業機関(FAO)は、東アフリカの最大2500万人が2020年、食料不足に見舞われると試算している。

次の