群青 合唱 歌詞。 あいりんご🍏🍎💕

谷村新司 群青 歌詞&動画視聴

群青 合唱 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年10月) 『 群青』 平成24年度卒業生 の リリース 2014年9月1日 録音 2013年3月 Harmony for JAPAN 2013にてライブ録音 2014年3月 Harmony for JAPAN 2014にてライブ録音 2014年7月 杉並学院SGホールにてレコーディング 時間 35分54秒 「 群青」(ぐんじょう、英語題: Azure)は、平成24年度卒業生と、音楽教諭の小田美樹によって作られた曲。 2013年8月10日、楽譜第1刷発行。 2014年9月1日、CDリリース。 いずれもが発行している。 「群青」の誕生まで [ ] は、、南部の小高区に位置した。 2011年3月11日ので、津波により街が甚大な被害を受け、生徒も4名死亡した(うち、「群青」1期目の平成24年度卒業生の同級生が2名)。 この曲を作った、平成24年度卒業生は震災当時、中学1年生をもうじき修了する頃であった。 この頃の1年生は106名在学していた。 2011年3月11日は、3年生の卒業式が行われ、午前中で学校は放課となった。 その数時間後の14時46分、が発生、津波によって小高の街は甚大な被害を受け、後に小高中の生徒が4名死亡した。 そのうち1年生は2名死亡した。 また、によって、小高区が半径20km圏内の警戒区域に指定されたことから、小高中学校も小高区外に避難することとなった。 その際、津波で犠牲となった2名を除く104名の1年生も、大半の97名は小高中学校を離れ、北は、南はまで、全国に散り散りとなった。 4月22日に新学期を迎え、南相馬市北部の鹿島区にある、を間借り(およそ半年後、同じく鹿島区にあるに仮設校舎が完成し移転)して再開した小高中学校も、2年生に進級した生徒はわずか6・7名にとどまった。 友だちが全国に散り散りとなり、原発事故で小高に戻れないことなど、様々な不安が生徒たちにのしかかり、わずか6・7名の2年生も、心を痛め、音楽の授業では歌が歌えなくなっていた。 音楽の授業を受け持っていた音楽教諭の小田美樹も歌うことができなかった。 皆が歌うことの難しさを感じていた。 ある日、歌が歌えなくなった生徒たちの授業を受け持っていた小田が、小高中を離れた生徒がどこにいるのか把握するため、大きな日本地図に生徒の顔写真を貼り付けていたら、生徒たちが口々に「遠いね」「どうやったら行けるの」「〇〇さんはどうしているだろう」「〇〇市はどんなところなんだろう」「でも、この地図の上の空はつながってるね」など、気持ちを露わにした。 そこから、歌うことができなくなった2年生の生徒たちと小田による詩づくりが始まった。 そして、2年生の生徒たちが3年生に進級する。 小高中学校では毎年、卒業式の時に卒業生が希望や未来を語った歌を合唱することが、毎年の慣例となっている。 津波で2名の同級生を亡くしたり、遠い疎開先から今もなお戻ってこない同級生などを思ったりする3年生が、思いを綴った日記や作文、他愛もないおしゃべりから、3年生の思いを地道に小田は書き留めていき、それをつなぎあわせて、「群青」の大筋の歌詞が出来上がった。 この詩に、小田が作曲して、平成24年度卒業生のための卒業式の歌「群青 - 平成24年度 小高中学校卒業生に捧ぐ」が完成した。 2013年2月のことであった。 「群青」という題名は、小高中学校の校歌に「群青」という言葉があることのほか、小高中の野球クラブの「小高群青クラブ」、小高中の文化祭の「群青祭」といった、小高中を象徴する言葉であることから、「群青」と名づけた。 生徒たち自ら作詞したこの曲を練習するにつれて、長い間歌が歌えなくなっていた3年生の生徒たちも、徐々に歌声を取り戻し、卒業式ではできるかどうか危惧されていた学年合唱で、「群青」を合唱することを成功した。 それ以降、この曲は小高中学校の在校生たちに代々受け継がれている。 全国への広がり [ ] 2013年3月にで行われた、東日本大震災復興支援コンサート「Harmony for JAPAN 2013」ハーモニーコンサートで、小高中学校の平成24年度卒業の3年生を始めとする、小高中学校特設合唱団が編曲前のオリジナル・ヴァージョンの「群青」を歌った。 このコンサートで、「群青」は大反響を呼んだ。 会場で聴いていたは、同席していたに編曲を推した。 信長が編曲を手がけた「群青」の混声3部合唱、混声4部合唱、同声2部合唱の3ヴァージョンの楽譜は、から2013年8月10日に発行された。 それ以降、『』を始めとする、多くの報道機関からもこのことが報じられ 、小高中学校の「群青」は日本各地、さらに国外でも注目され、大きな広がりを見せている。 タイトルや、作詞者名、作曲者名、編曲者名、巻頭にあるメッセージ文や、巻末にある歌詞などに英訳文が併記されている。 また、2014年8月30日から31日にかけてで放送された『第37回』でも、完成までの道のりや、小高中学校の現在の生徒の活動の様子などがVTR放映された。 「群青」1期目の平成24年度卒業生と、平成26年度の小高中学校の生徒たち、そしての合同による合唱が、で生演奏された。 楽譜 [ ] 2014年現在、より販売されている。 また、混声4部合唱、混声3部合唱、同声2部合唱ともに、表紙・裏表紙は、の教諭・関口聡による、小高区村上海岸から撮影した、群青色の水平線の写真が採用されている。 また、タイトルや作詞者名、作曲者名、編曲者名、群青の譜面の巻頭にあるメッセージ文、巻末にある歌詞などに英訳文が併記されている。 混声4部合唱版• 作詞:福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生(構成:小田美樹)• 作曲:福島県南相馬市立小高中学校音楽教諭 小田美樹• 編曲:信長貴富• 混声3部合唱版• 同声2部合唱版• 同上 CD [ ] 2014年現在、より、販売されている。 CDのジャケットには楽譜と同じ写真が採用されている。 収録内容 [ ]• 作詞:福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生(構成:小田美樹)• 作曲:福島県南相馬市立小高中学校音楽教諭 小田美樹• 編曲:• オリジナル・ヴァージョン• 指揮:小田美樹• 演奏:福島県南相馬市立小高中学校 特設合唱団• 伴奏:石井凛• 録音:2013年3月 Harmony for JAPAN 2013にてライブ録音• 混声3部合唱版• 指揮:渕上貴美子• 演奏:杉並学院・菊華混声合唱団• 伴奏:高橋烈• 録音:2014年7月 杉並学院SGホールにてレコーディング• 混声4部合唱版• 指揮:渕上貴美子• 演奏:杉並学院・菊華混声合唱団• 伴奏:高橋烈• 録音:2014年7月 杉並学院SGホールにてレコーディング• 同声2部合唱版• 指揮:渕上貴美子• 演奏:杉並学院・菊華女声合唱団• 伴奏:高橋烈• 録音:2014年7月 杉並学院SGホールにてレコーディング• カラ・ピアノ• 伴奏:高橋烈• 録音:2014年7月 杉並学院SGホールにてレコーディング• 指揮:• 演奏:Harmony for JAPAN 2014 合唱団・管弦楽団• 録音:2014年3月 Harmony for JAPAN 2014にてライブ録音• カラ・オーケストラ• 指揮:本山秀毅• 演奏:Harmony for JAPAN 2014 管弦楽団• 録音:2014年3月 Harmony for JAPAN 2014にてライブ録音 出典 [ ]• 群青の生い立ち• 「群青」楽譜のメッセージ、および• 朝日新聞デジタル - [ ] 注釈 [ ].

次の

合唱曲「群青」から見える作曲の必然性

群青 合唱 歌詞

素敵な合唱曲紹介シリーズ こんにちは!合唱作曲家の弓削田です。 この記事は3人のために書きました。 素敵な合唱曲を、探している人• 合唱曲の秘密を、知りたい人• これからこの歌を、歌う人 福島県で生まれた感動の合唱曲「群青」をご紹介します! まずは聴いてみましょう~ 群青(歌詞) ああ あの街で生まれて君と出会い たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね 今旅立つ日 見える景色は違っても 遠い場所で 君も同じ空 きっと見上げてるはず 「またね」と手を振るけど 明日も会えるのかな 遠ざかる 君の笑顔今でも忘れない あの日見た夕日 あの日見た花火 いつでも君がいたね 当たり前が幸せと知った 自転車をこいで 君と行った海 鮮やかな記憶が 目を閉じれば 群青に染まる あれから二年の日が 僕らの中を過ぎて 三月の風に吹かれ 君を今でも想う 響けこの歌声 響け遠くまでも あの空の彼方へも 大切な全てに届け 涙のあとにも 見上げた夜空に 希望が光ってるよ 僕らを待つ群青の街で ああー きっとまた会おう あの街で会おう 僕らの約束は 消えはしない 群青の絆 また 会おう 群青の街で 作詞 福島県南相馬市立小高中学校 平成24年度卒業生 作曲 小田美樹 福島県南相馬市立小高中学校 教諭 (許諾番号9020135001Y38029) この曲について この曲が生まれたのは、福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市。 南相馬の子どもたちが東日本大震災によって離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、 書き留めた言葉を、小高中学校の小田美樹先生がまとめて、曲をつけた作品だそうです。 震災後、全国に避難していった友だちが原発事故で小高に戻れないなど、たくさんの不安が生徒たちにのしかかり、わずか6、7名の2年生も、心を痛め、音楽の授業では歌が歌えなくなっていたそうです。 音楽の小田美樹先生も・・・。 ある日、小高中を離れた生徒がどこにいるのか、大きな日本地図に生徒の顔写真を貼り付けながら、子どもたちが「遠いね」「でも、この地図の上の空はつながってるね」など話しながら、詩づくりが始まったそうです。 子どもたちの思いを綴った日記や作文、他愛もないおしゃべりから、小田先生は子どもたちの想いを書き留めていき、それをつなぎあわせて、「群青」ができあがったそうです。 震災が起きたあの日 あの日僕は、仙台空港に向かう飛行機に乗るために北海道の千歳空港で搭乗するのを待っていました。 突然の大きな揺れ。 空港でのアナウンスは「仙台空港の道路にひびなどの異常があるかどうか確認中です」というもので、まさかあのあと、仙台空港にも津波が押し寄せてきて、飛行機に乗れないなんて想像もできず・・・。 さらにあのような大きな被害があるなんて夢にも思わず。 ホテルのテレビをつけた時、はじめて、大変なことが起きた・・・と呆然としたのを覚えています。 一緒に居た、仙台イングリッシュセンターの校長先生夫妻は、学校が心配だから、と福島行きの飛行機をとりなおし、僕たちは福岡に戻るように。 とチケットを取り直してくれました。 あの時の、先生たちの落ち着いた行動と優しいまなざし、そして勇敢な姿は、忘れられません。 2ヶ月経ち、初めて足を運んだ東北 「歌で元気を出させてほしい」と声をかけてくれたのは、山形県酒田市の薬局さん。 直接的な被害はなかったけど、避難してきている人がいるから・・・ということで、コンサートをさせていただくことに。 そのまま3日間で5件の演奏をしながら、酒田市、天童市、山形市、米沢市と山形をまわり、そして、そのあと仙台や岩手にも回っていきました。 「東北から東北へのメッセージコンサート」と題して、ハンカチにメッセージを書いてもらい、それらをリレーしながら回りました。 「東北は夢から復興していくんだよ」 そう言ってくれたのは、コンサートで出会ったお客さんで、「心配してくれてありがとう、だけど心配しすぎなくていい。 」「東北は夢から復興していく。 心配しすぎずに、あなたも自分の夢にむかってがんばりなさい」と声をかけてくれました。 その言葉がとても力強く、心に残りました。 子どもたちの歌声を通じて、みんなで元気になれるように・・・。 そんな願いを込めました。 「群青」とはだいぶ違う雰囲気の曲ですが・・・自分なりに、東北で教えていただいたことを歌にしました。 聴いていただけたら嬉しいです。 始めようもう一度 そのままの自分 信じることから Believe in Dream 夢を信じて そう一緒に Believe in Dream どんな明日を描こう So…負けないで どんな時も一人じゃない lalala… 作詞・作曲:弓削田健介.

次の

群青の歌詞

群青 合唱 歌詞

素敵な合唱曲紹介シリーズ こんにちは!合唱作曲家の弓削田です。 この記事は3人のために書きました。 素敵な合唱曲を、探している人• 合唱曲の秘密を、知りたい人• これからこの歌を、歌う人 福島県で生まれた感動の合唱曲「群青」をご紹介します! まずは聴いてみましょう~ 群青(歌詞) ああ あの街で生まれて君と出会い たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね 今旅立つ日 見える景色は違っても 遠い場所で 君も同じ空 きっと見上げてるはず 「またね」と手を振るけど 明日も会えるのかな 遠ざかる 君の笑顔今でも忘れない あの日見た夕日 あの日見た花火 いつでも君がいたね 当たり前が幸せと知った 自転車をこいで 君と行った海 鮮やかな記憶が 目を閉じれば 群青に染まる あれから二年の日が 僕らの中を過ぎて 三月の風に吹かれ 君を今でも想う 響けこの歌声 響け遠くまでも あの空の彼方へも 大切な全てに届け 涙のあとにも 見上げた夜空に 希望が光ってるよ 僕らを待つ群青の街で ああー きっとまた会おう あの街で会おう 僕らの約束は 消えはしない 群青の絆 また 会おう 群青の街で 作詞 福島県南相馬市立小高中学校 平成24年度卒業生 作曲 小田美樹 福島県南相馬市立小高中学校 教諭 (許諾番号9020135001Y38029) この曲について この曲が生まれたのは、福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市。 南相馬の子どもたちが東日本大震災によって離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、 書き留めた言葉を、小高中学校の小田美樹先生がまとめて、曲をつけた作品だそうです。 震災後、全国に避難していった友だちが原発事故で小高に戻れないなど、たくさんの不安が生徒たちにのしかかり、わずか6、7名の2年生も、心を痛め、音楽の授業では歌が歌えなくなっていたそうです。 音楽の小田美樹先生も・・・。 ある日、小高中を離れた生徒がどこにいるのか、大きな日本地図に生徒の顔写真を貼り付けながら、子どもたちが「遠いね」「でも、この地図の上の空はつながってるね」など話しながら、詩づくりが始まったそうです。 子どもたちの思いを綴った日記や作文、他愛もないおしゃべりから、小田先生は子どもたちの想いを書き留めていき、それをつなぎあわせて、「群青」ができあがったそうです。 震災が起きたあの日 あの日僕は、仙台空港に向かう飛行機に乗るために北海道の千歳空港で搭乗するのを待っていました。 突然の大きな揺れ。 空港でのアナウンスは「仙台空港の道路にひびなどの異常があるかどうか確認中です」というもので、まさかあのあと、仙台空港にも津波が押し寄せてきて、飛行機に乗れないなんて想像もできず・・・。 さらにあのような大きな被害があるなんて夢にも思わず。 ホテルのテレビをつけた時、はじめて、大変なことが起きた・・・と呆然としたのを覚えています。 一緒に居た、仙台イングリッシュセンターの校長先生夫妻は、学校が心配だから、と福島行きの飛行機をとりなおし、僕たちは福岡に戻るように。 とチケットを取り直してくれました。 あの時の、先生たちの落ち着いた行動と優しいまなざし、そして勇敢な姿は、忘れられません。 2ヶ月経ち、初めて足を運んだ東北 「歌で元気を出させてほしい」と声をかけてくれたのは、山形県酒田市の薬局さん。 直接的な被害はなかったけど、避難してきている人がいるから・・・ということで、コンサートをさせていただくことに。 そのまま3日間で5件の演奏をしながら、酒田市、天童市、山形市、米沢市と山形をまわり、そして、そのあと仙台や岩手にも回っていきました。 「東北から東北へのメッセージコンサート」と題して、ハンカチにメッセージを書いてもらい、それらをリレーしながら回りました。 「東北は夢から復興していくんだよ」 そう言ってくれたのは、コンサートで出会ったお客さんで、「心配してくれてありがとう、だけど心配しすぎなくていい。 」「東北は夢から復興していく。 心配しすぎずに、あなたも自分の夢にむかってがんばりなさい」と声をかけてくれました。 その言葉がとても力強く、心に残りました。 子どもたちの歌声を通じて、みんなで元気になれるように・・・。 そんな願いを込めました。 「群青」とはだいぶ違う雰囲気の曲ですが・・・自分なりに、東北で教えていただいたことを歌にしました。 聴いていただけたら嬉しいです。 始めようもう一度 そのままの自分 信じることから Believe in Dream 夢を信じて そう一緒に Believe in Dream どんな明日を描こう So…負けないで どんな時も一人じゃない lalala… 作詞・作曲:弓削田健介.

次の