マグロ から 揚げ。 揚げてるので安心!マグロの竜田揚げ丼(まぐろの竜田揚げを使ったどんぶりもの)

揚げてるので安心!マグロの竜田揚げ丼(まぐろの竜田揚げを使ったどんぶりもの)

マグロ から 揚げ

唐揚げは、定食や弁当のおかずとして、特に鶏の唐揚げが老若男女を問わず高い人気があります。 一方、竜田揚げは唐揚げとはまた違った味と食感で美味しいですよね。 しかし、それぞれの違いは何かと聞かれると、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。 2つとも似たような調理方法で作られますが、どのような違いがあるのか、詳しくみていきたいと思います。 唐揚げの一般的な調理方法について 唐揚げは、食材をそのまま下味も粉もつけないで油で揚げるという意味の「から揚げ=空揚げ」であったとも言われています。 そのために、食材に小麦粉やかたくり粉などを薄くまぶして下味をつけないで油で揚げて作る調理方法で作るといわれています。 なお、ただ単に唐揚げというと通常は鶏の唐揚げのことをいいます。 そのため、唐揚げは、その他の食材を油で揚げたものは含まないと思っている人もいるかもしれません。 しかし、魚や野菜を使っても調理方法が同じであれば唐揚げと呼びます。 一方で、竜田揚げとはどのような調理法?唐揚げとの違いは? 竜田揚げの「竜田」の語源に複数の説があります。 1つは、百人一首の句に奈良県の北西部を流れる「竜田川」からきているという説です。 この竜田川が、紅葉の名所であったことから赤褐色の揚げ物を紅葉に見立てて竜田揚げと呼んだという説です。 もう1つは、旧日本海軍の艦船の「龍田」で船員への食事に小麦粉の代わりに、かたくり粉を使って唐揚げが作られ、その料理の評判が良かったためと広まったという説です。 艦船の名前を使い「龍田」で揚げられた料理から「竜田揚げ」になったと言われています。 これらの説から、一般的に竜田揚げとは、食材に下味をつけるために、しょう油やみりんで作ったタレに食材を漬け込んでから、かたくり粉をまぶして揚げた料理になります。 そのため、かたくり粉だけを使い、下味をつけて、調理した後の色が唐揚げより濃い色になっているのが竜田揚げとなります。 " 3. 唐揚げと竜田揚げの区分のあいまいさ しかし、インターネットで竜田揚げのレシピを見ると、唐揚げで下味にしょう油を使うレシピがたくさんあります。 また、竜田揚げのレシピを見ると、かたくり粉だけでなく小麦粉を使ったレシピもあります。 このことから、唐揚げと竜田揚げの区分は、プロの料理家は別にして、もはや明確な区分と言うものがなくなっているといえるでしょう。 唐揚げと竜田揚げにつきもののレモンに関するマナー 唐揚げや竜田揚げには、通常レモンが添えられています。 このレモンに関して、唐揚協会は注意を促しています。 唐揚げが提供されたら、無条件で唐揚げすべてにレモンをしぼってかけてしまう人がいるが、これはマナー違反であるというのです。 なかには、レモンをかけないで唐揚げを食べたい人もいるので、断りもなくかけないで欲しいという理由だそうです。 もはや唐揚げには、レモンをしぼってかけるのが常識になっています。 マナーをまもり、レモンをしぼる前に一声かけて気持ち良くおいしくいただきましょう。 豆知識をご紹介!北海道の名物料理「ザンギ」とは ザンギとは、北海道民に広く知られている釧路で生まれたご当地料理の「鶏の唐揚げ」と言える料理です。 「くしろザンギ推進協会」によると、昭和35年に、釧路市にある鶏肉料理店で、鶏の骨付き肉を唐揚げにしソースにつけた料理がザンギです。 今や、鶏だけでなく、地元産の食材を使い、さけ・くじら・鹿・たこなどのザンギがあります。 また、かたくり粉の代わりにそば粉を使った「そばザンギ」などレパートリーが拡大しているようです。 いろいろとレシピの範囲が広がるのは、唐揚げが、それだけ日本人に好まれているということでしょう。 唐揚げと竜田揚げには、本来は根本的な違いがあること、しかしその相違点が現在は崩れて、明確な区分がなくなってきていることを紹介しました。 また、併せて唐揚げとレモンの関係、および唐揚げに似たご当地料理を紹介しました。 他にも、知ってるようで知らない「違い」がたくさん!.

次の

揚げてるので安心!マグロの竜田揚げ丼(まぐろの竜田揚げを使ったどんぶりもの)

マグロ から 揚げ

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の

ブリの竜田揚げ|レシピ|ゆとりの空間

マグロ から 揚げ

離島好きの皆さま、離島にお住まいの皆さま、こんにちは! リトレンゴ編集部の日野です。 リトレンゴではこの夏、小笠原諸島へ現地取材に行ってまいりました! 旅行記などは「」ページに随時アップしていきますので、ぜひご覧くださいね。 先日、小笠原・父島(ちちじま)の漁師の方からメバチマグロを送っていただきました。 なんだか不思議な感じがしますが、これも立派な『東京都産』のマグロです。 太平洋をのびのび泳いでいた活きの良いマグロを、冷凍せずにそのまま島から直送してもらったので、鮮度も抜群。 小笠原から届いたメバチマグロ ちなみに、父島ではメバチマグロのことを「バチ」と呼んでいるそう。 メバチマグロは他にも、地方によって「キツネ」「ダルマ」など、いろんな面白い呼び方をされています。 メバチマグロのお刺身 とても新鮮なメバチマグロなので、半分はお刺身にしてそのままいただきましたが、残りの半分は揚げ物にしてみました。 という訳で、今回は「メバチマグロのハーブ揚げ」のレシピをご紹介します。 レシピ:メバチマグロのハーブ揚げ メバチマグロのハーブ揚げ 材料(二人前)• メバチマグロ・・1サク• 薄力粉・・・・・適量• パン粉・・・・・適量• とき卵・・・・・1個• まずマグロのサクを4、5センチの厚みに切ります。 薄力粉をマグロにまぶします。 卵を塗り込みます。 パン粉とモリンガをまぶします。 油を180度に熱して、約1分揚げたら出来上がり。 揚げたてのメバチマグロ。 付け合わせは、ミニトマトのピクルスです。 揚げる時間はもう少し短くても大丈夫です。 目安としては、周りがこんがり色づいてきたらOK! 中心まで火が通らないうちに、油から取り出すのがコツです。 外側がサクサク香ばしく、中身はふわふわの食感を楽しめます。 マグロは新鮮なものなら、メバチマグロでなくても美味しく仕上がります。 また、ハーブも自宅にモリンガのお茶が大量にあったのでそれを使ってみましたが、タイムやローズマリーなど、たいていの乾燥ハーブなら何でも合うと思いますので、お好みのものをお使いください。 味付けは、シンプルに塩でいただくのが一番おすすめです。 小笠原のお土産、パッションフルーツのドレッシング 今回はメバチマグロと一緒にいただいた小笠原パッションフルーツのドレッシングで、サラダも作りました。 見るからに鮮やかな色でとっても美味しそう! タネが取り除いてあるので、食感もすごくなめらか。 すりおろした野菜の風味とパッションフルーツの程よい甘さがマッチした、トロピカルなドレッシングです。 パッションフルーツ好きの方には特におすすめ。 小笠原でしか買えないお土産ですので、もし現地のお店で見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の