セブン ミール サービス。 セブンイレブンの弁当宅配の利用方法・評判は?【高齢者にお薦めのセブンミール】

セブンイレブンの宅配「セブンミール」の口コミ評判。実際に使ってみたらめちゃ便利でした

セブン ミール サービス

セブン-イレブンの食材宅配ミールキット ミールキットとは? 下ごしらえ済みの食材セットです。 誰にでも簡単に時短調理ができるように、カット済み・下処理済みの食材と、献立レシピがセットになっています。 <今までのメニュー例> ミールキットのメリット• ・20分で調理完了! 難しい手順はありません。 一人暮らしではなかなか挑戦しづらい揚げ物メニューも20分でできちゃいます。• ・1食分の食材が届く! 冷蔵庫でいつ買ったのかわからない野菜のミイラが発見される…なんてこともありません。• ・好きなメニュー1食分から始められる! 日替わりメニューやごちそうメニューなど、献立の種類も豊富。 その中の1食分から注文可能です。 「とりあえず試してみたい」という方でも気負わずにチャレンジできます。 こんな一人暮らしの方におすすめ• ・料理の初心者• ・野菜もお肉もバランスよく食べたい• ・ゆっくり料理する時間がとれない• ・自宅で宅配を受け取るのは難しい…etc. そのほかにも、普通に調理するよりも準備・後片付けがグンとラクになるなど、メリットは盛りだくさん。 セブン-イレブンの店舗で受取りならお届け料金は0円になります。 ミールキットの料金 ミールキット1食分の価格はこちらです。 1週間分を一気に注文したい!という方は「7日間セット」でのご注文も可能です。 詳しいメニューは、こちらのミールキットのメニュー一覧ページをご覧ください。 新規の会員登録はこちらから。 「楽においしく料理をつくりたい」 「もっとゆとりをもった生活がしたい!」 という方は、ぜひ「ミールキット」をチェックしてみてくださいね。 ここからは、セブン-イレブンの食材注文・宅配サービス「セブンミール」で買える、一人暮らしの料理におすすめの食材をご紹介します。 かしこく使えば一人暮らしの食事の料理がグッと簡単になるので、ぜひご利用ください。 カット野菜 便利なカット野菜や生鮮野菜、果物やきのこなども注文できます。 そのまま使える便利なカット野菜もありますよ。 カット野菜(生食用) 料理の付け合せやサラダ、薬味などいろいろ使える便利なカット野菜。 洗わずそのまま使えるので、忙しい方にも嬉しいですね。 一人暮らしの食材宅配サービスは「セブンミール」が便利! セブン-イレブンの宅配サービスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 セブンミールはこんな時に便利!• ・スーパーが開いている時間に買い物できない時• ・買い物に出かけるのが面倒な時• ・まとめ買いしたい時 利用方法• 1.スマホやパソコンからセブンミールにアクセス• 2.欲しい商品をカートに入れる• スーパーまで行くのは面倒でも、コンビニなら気軽に行くという方も多いのではないでしょうか。 ここで紹介した商品以外にも、飲み物や調味料、お弁当やスイーツなども注文可能。 気になる方はぜひ一度のぞいてみてくださいね。 また、地域により、商品の規格や価格が異なる場合がございます。 あわせて読みたい• 2018-12-27 日のランチどうしていますか?毎日お弁当を作るのは大変だし、毎日外食するのもお金がかかってしまいます。 手軽なコンビニを利用している方も多いのではないで […]• 2019-05-07 健康が気になる方やダイエット中の方に朗報です! 実は、セブン-イレブンには低カロリーの食べ物がたくさんあります。 この記事では、セブン-イレブン […]• 2019-08-08 セブン-イレブンで買えるお茶が大集合! 毎日の水分補給に飲むペットボトルはもちろん、超ハイコスパの紙パック、家族で飲める大容量のお茶など全部ま […]• […]• 2018-10-01 最近、セブン-イレブンが「野菜」に力をいれているらしいんです。 種類豊富なカット野菜や提携農家が栽培する生鮮野菜の販売など、幅広く野菜商品を取り揃 […].

次の

セブンミール、セブンイレブンが 宅配サービスを開始!対応店舗は…

セブン ミール サービス

閲覧はPDFをご覧下さい。 セブンミールに会員登録(入会金・年会費無料)すると毎月、専用カタログが送られてくる。 カタログには日替わり弁当、惣菜、下ごしらえ済みの食材、デザートなどが載っていて、利用者はそこから好きなものを選んで電話やインターネットで注文する。 一年三六五日いつでも一食分から注文できるが、一回の注文は合計一〇〇〇円以上が条件。 最寄のセブンイレブンの店舗で商品を受け取れば送料は不要だが、宅配だと一回につき二〇〇円(税込み)の配達料がかかる。 売上高は公開していないが、現在の会員数は約一四万人。 サービスエリアの拡大とともに徐々に増えてきた。 「このまま順調に会員数が伸びていけば、事業としてやっていける感触にはなってきた。 カタログの制作費や、電話の問い合わせに対応するサービスセンターの維持費などがかかるため、あともう一息という感じ。 正直なところ、やっと先が見えてきた」と、同社営業部の石塚光男マネージャーは率直に現状を説明する。 常勝イメージの強いセブンイレブングループだが、この事業ではかなり苦しんできた。 二〇〇〇年八月にセブンミールが発足してから、すでに六年以上がたっている。 二年目に全国展開をするとしていたスタート時の計画は大幅にずれ込んだ。 そもそも設立時のセブンミールは、介護サービスの需要拡大を主なターゲットとしており、現在とはまったく事業コンセプトが異なっていた。 スタート当初は専用便で行っていた宅配業務を、ヤマト運輸にアウトソーシングしたことが事業拡大の決め手になった。 コンビニチェーンと宅配事業のトップ同士が手を組み、ライバルには真似のできないビジネスモデルを構築しつつある。 47 MARCH 2007ビジネスチャンスの到来に沸いていた。 配食サービスが直接、保険給付の対象になっていたわけではないが、高齢化社会の進展状況を考えれば期待できる分野とされた。 これまで若年層を主要顧客として成長してきたセブンイレブンが、シニア層を取り込んでいくうえでも有効な手段と思われた。 セブンイレブンは当初、この事業を訪問介護サービス大手のニチイ学館と組んで進めようとした。 セブンミールの資本金三億円の当時の出資比率は、セブンイレブンが六〇%、ニチイ学館が三〇%。 残りを三井物産とNECが五%ずつ出していたが、この二社はあくまでもサポートする立場にすぎない。 実質的にはセブンイレブンとニチイ学館による新規事業だった。 高齢者をメーンターゲットとする食事の宅配ビジネスを全国展開する。 しかし、この目論見はあっけなく破れた。 介護サービスに携わる事業者が、利用者に特定の物品販売を推奨することは望ましくないという行政などの考え方があって、思うように営業活動を展開できなかったのである。 これによって設立時のシナリオは完全に狂ってしまった。 ほどなくニチイ学館は資本を引き上げ、セブンイレブン九〇%という現在の出資比率に落ち着くことになる。 採算の合わなかった専用物流さらに深刻な問題を抱えていたのが物流だった。 この事業にとって宅配の物流は、ビジネスの成否すら決しかねない重要な業務だ。 このため発足時のセブンミールは、すべての宅配業務を専用便でまかなおうと考えていた。 物流センターについても専用拠点を構える方針だった。 利用者が増えて配送密度が高まれば、専用物流でもコストは合う。 セブンイレブンの共配センターの運営で取引のある物流業者を中心に展開していけば、ゼロからのスタートというわけでもない。 初期段階では共配センターの一角に間借りするなどしてコストを抑え、専用車両の台数も最低限にとどめる。 会員数の伸びに応じて専用インフラを拡充していけばいい、という考え方である。 たしかに利用者の密度がある程度まで達しさえすれば、専用物流の優位性は大きい。 何よりも購入者がすぐに口に入れる食事を扱っていくうえで、物流まで自ら管理しているほうが消費者の信頼を得やすい。 いったん展開してしまえば、物流インフラそのものがライバルとの差別化要因にもなる。 しかし、これも甘かった。 前述したような介護保険にまつわる見込み違いもあって、肝心の利用者数がなかなか伸びなかった。 当然、専用物流の採算割れが続く。 かといって、宅配料金を大幅に値上げすることもできなかった。 嗜好性の強いピザや寿司ならまだしも、毎日の食事のために利用者が高い送料を負担しつづけるとは考えにくいためだ。 日常的な食材の宅配ビジネスで現在、圧倒的な強みを発揮している生協の個配事業が、一週間に一度だけのルート配送となっているのも、専用便による宅配コストの制約があるためだ。 こうすれば一週間分をまとめ買いするため、一回あたりの購入額がまとまり物流効率を確保できる。 これに対して、一〇〇〇円以上の注文であればいつでも専用便で配達するというセブンミールの当初のビジネスモデルは、かなり劇的に配送密度を高められなければ成立しえないものだった。 結果として、セブンミールの事業展開は当初の計画とは大幅に乖離してしまった。 スタートから数カ月こそ順次、一都三県にサービスエリアを拡大していったが、その後は長い停滞を余儀なくされた。 ある意味では事業のセブン・ミールサービス営業部の石塚光男マネージャーMARCH 2007 48当がほとんどだ。 昼食にせよ夕食にせよ配達時間の制約も厳しい。 セブンイレブンの店舗から先だけとはいえ、多忙な日々を送っているセールスドライバーが、この仕事を新たにこなせるのかどうか分からなかった。 ただしネットワークを限りなく緻密にしていこうとするセブンイレブン側の発想そのものは、全国の拠点数を五〇〇〇店に増やす計画にすでに着手していたヤマトと完全に一致していた。 ごく狭いエリアの中で、セールスドライバーの顔の見えるサービスを提供しようとしていたヤマトにとって、生活に密着した日常食の配達が魅力的であったことも想像に難くない。 二〇〇三年の半ばに、両社は北東京の一部の地域でテストをスタートした。 ヤマト運輸でセブンミール向けの営業を担当している宅急便第二営業部の大場史宣係長は、ヤマト側の雰囲気をこう振り返る。 「あの頃は当日配達そのものがほとんどなかったし、このような荷物を大々的に扱うのも当社にとって初めての経験だった。 かなり多くの人間が荷扱いのテストなどを繰り返したと聞いている。 ドライバーの話から、問題点を現場レベルで検証する必要もあった」一年近い慎重なテストを経て、両社は二〇〇四年七月からサービスを本格展開しはじめたのだが、実はそこにはセブンミールとは無関係の事情も働いていた。 ちょうど当時は、日本郵政公社とローソンが急接近していた時期。 二〇〇四年八月一七日には、ローソンがヤマトに取扱店契約の解約を通告し、袂を分かつことになる。 こうした宅配便の取扱店をめぐる地殻変動が、一方ではセブンイレブンとヤマトの盟友関係を深めることにつながっていた。 ヤマトにとってセブンイレブングループと協業する意味はより大きなものとなり、このことは専用物流から脱却しようとしていたセブンミールの思惑と合致した。 両社は互いに協力しあいながら、ヤマトの現場にこの新しい業務を浸透させていった。 サービスを開始するときには、必ずセブンミールの担当者が当該エリアのヤマトの主管支店に出向いて、エリア支店長たちを集めて説明会を催すといったことを繰り返した。 荷主の熱意はヤマトの現場にも伝わり、最初はこの仕事に難色を示していたドライバーも徐々に協力的になっていった。 「スタートから一カ月もすると、ドライバーの負担は思ったほど大きくないことが現場でも分かってきた。 まだ現状では一人が担当している件数が少ないこともあるが、ほとんどのお客様は限界すら感じてもおかしくない状況だったはずだが、セブンミールが真骨頂を発揮したのはここからだった。 専用物流に見切りをつけて、ヤマト運輸と組むという大胆な方針転換をしたのである。 常識的に考えれば、ターミナルなどでのリレー方式の仕分けを特徴とする宅配便のインフラで、日常の食事は扱えない。 荷扱いに無理があるし、コスト面でも合わないことは容易に想像できる。 しかし、すでにドミナント展開を果たしているセブンイレブンの店舗から先だけであれば、宅配事業者の緻密なネットワークを活用できるのではないか。 これがセブンミールの発想だった。 ネットワークの緻密さに共通点宅配パートナーが、最初からヤマトありきだったわけではない。 全国展開を視野に入れて大手宅配業者と組むことを考えたのだが、パートナー選びは慎重に進められた。 「何よりも最も信頼できるところはどこなのかを考えた。 きちんとチルド配送をやってもらえることが必須条件だったし、利用者からの信用も大切だ。 いろいろと調べていったなかで評価が一番高かったのは、やはりヤマト運輸だった」(石塚マネージャー)もっとも、ヤマトにとってもこの仕事は、安請け合いできるものではなかった。 一般的な宅配荷物と違って、セブンミールの商品はビニールの手提げ袋に入っているだけのお弁ヤマト運輸・宅急便第2営業部の大場史宣係長49 MARCH 2007リピーターのため、少し集配コースを変えれば対応できる。 むしろ、この業務をきっかけに、新たに『宅急便』のお客様になっていただけるといった付帯効果に目を向けるようになった」とヤマトの大場係長は述懐する。 新しい流通インフラの誕生専用物流からの脱却という決断は、セブンミールにとっても吉と出た。 全国の現場を均一サービスで運用できるヤマトと組んだことによって、サービスエリアの拡大は格段に容易になった。 この新しい役割分担を本格的にスタートしてから約七カ月後の二〇〇五年二月には、対象エリアを関東全域へと拡大。 以降は段階的に対象エリアを広げ続け、ついに昨年一〇月に、冒頭で述べた全国展開へとこぎつけた。 従来とは打って変わった順調なエリア拡大を支えたのは、両社が協力しあいながら問題の解決に取り組んだことが大きかった。 たとえば、セブンイレブンの各店舗の商圏と、ヤマトのドライバーの集配エリアが食い違っているようなエリアで、セブンミールが受けた注文通りにヤマトのドライバーが動いていると、担当エリアの外にある店舗まで集荷に行くといったムダが発生してしまう。 異なる会社が別々の事業を展開している以上、違いがあるのは当たり前だ。 しかし、これを放置しておくと、ヤマトの現場にばかりシワ寄せがいき、いずれはセブンミールの配達品質の低下として表れることになる。 こうしたケースではヤマトからセブンミールに依頼して、店舗や利用者の調整を図ってもらい、無理のない配送体制を構築できるようにしているのだという。 また、一部のドライバーに仕事を集中させないための工夫もしている。 セブンミールは会員に、昼食を正午までに届けることを約束している。 これに対して、昼食のための商品がセブンイレブンの店舗に納品される時刻は、午前八時三〇分から十一時までと店舗によってまちまちだ。 十一時すれすれに着荷する店舗では、それから約一時間で集荷と宅配を終える必要がある。 このようなスケジュールで動いている地区で取扱件数が重なれば、現場はたちまちパンクしてしまう。 こうした事態を未然に防止するため、セブンミールは前日の午前十一時に締め切った注文を、その日の一七時にはヤマトに流している。 情報はヤマトのサービスセンターを経由して各ドライバーに伝えられ、もしパンクが予想されるような場合は、前日のうちに現場レベルで対策を打つ。 「一度でも配達が遅れれば大きなクレームにつながりかねない。 そうならないように前日の夕方と当日の朝の二度、あえて同じ情報を現場に流すようにしている」とヤマト運輸・宅急便第二営業部の上野真弘氏は言う。 会員が自分で注文した商品だけに、配達時に留守宅になっていることは少ない。 それでも急用などで不在だった場合は、通常業務と同じように不在票を残し、一度だけ再配達に応じることがルールになっている。 その際にはセブンミールのコールセンターに会員から連絡が入ることもあるが、不在票に書かれたドライバーの携帯電話に直接、連絡が入ることが多い。 このように現場で完結して処理できることも、担当エリアの狭いヤマトならではの強みといえる。 セブンミールによる食事の宅配ビジネスは、一万二〇〇〇近い店舗をドミナント展開しているセブンイレブンと、全国に約四万人のセMARCH 2007 50の活動をバックアップする存在へと変わった。 つまり、かつてはプロフィットセンターだったセブンミールが、コストセンターへと変質しているのだ。 現在、セブンミールの宅配コストは、セブンイレブンの本部とFC店がそれぞれに負担している。 これによって本部が後押ししようとしているのが、いわゆる? 御用聞き〞だ。 近年、セブンイレブンの本部は、各店舗による御用聞き営業を推進してきた。 飽和感の出てきたコンビニ市場で勝ち残っていくためには、店舗ごとに近隣住民にアプローチしていく必要がある。 そうすれば既存の商圏をさらに深耕できるはず、というわけだ。 だが現実には、店舗が抱えている人手は限られている。 住民に個別にアプローチをしている余裕などないという店だって当然ある。 「いつも加盟店さんがお客様のところに行けるとは限らない。 だが、忙しいときはヤマトさんを使えばいいとなれば、お店の安心感につながる。 もちろん加盟店さんが自分で配達した場合は、ヤマトさんへの支払いは発生しないため、お店の取り分が増えるようになっている」とセブンミールの石塚マネージャーはヤマトと組んだ意義を強調する。 現在のセブンミールは、セブンイレブンの本部がチェーン全体で御用聞き営業を推進していくための企画部門のような位置づけになっている。 だからこそセブンミールがカタログやネットを介して受注する売り上げも、すべて当該エリアの店舗の扱いになる。 このように直接、利益を追求しなくなったことが、コスト面でヤマトと折り合えるようになった最大の理由といえる。 一連の取り組みの背景には、セブンイレブンの店舗の一日あたりの販売金額の下落も影響している。 ピーク時の九三年に六八万円余りあったセブンイレブンの平均日販は、現状では五万円近く減っている。 見方を変えれば、一日あたり五万円分の物流インフラが遊んでいるということだ。 このインフラを有効活用できれば、多少のコスト負担が発生しても全体としては採算が合う。 セブンイレブンとヤマトが構築した物流インフラに乗せられる荷物は、いまセブンミールが扱っている食事だけに限られない。 今後は利用者の反応をみながら、さまざまな試みがなされるはずだ。 こうした試みを通じて、コンビニと宅配業のトップ同士による強者連合が相乗効果を発揮するようであれば、ライバルも対抗せざるをえない。 他社はどのような戦略に出てくるのか。 興味深いところだ。 (フリージャーナリスト・岡山宏之)ールスドライバーを抱えているヤマトの組み合わせだからこそ軌道に乗った。 いずれかが単独でやろうとしても難しかったはずだ。 強者同士のコラボレーションが、新しい流通インフラを生み出した。 単独事業から? 御用聞き〞支援へ物流コストの問題もクリアしつつある。 まず店舗まで商品を運ぶコストは、セブンイレブンの商品供給網に相乗りすることでかなり軽減できた。 もちろんセブンミールにしてみれば、物流業者に代わって、新たにセブンイレブンの本部への支払いが発生した。 それでも専用物流と比較すれば、物流効率が異なる分、負担は小さくなっている。 また、宅配物流のコスト負担についても、ビジネスモデル全体のなかでメドをつけようとしている。 現状でも、会員から受け取る宅配料金二〇〇円だけでは、店舗への集荷と会員への宅配費用の全額をまかなうことはできない。 セブンミールが実際にヤマトに支払っている金額との差額は、常に持ち出しになっている。 これが同社の事業にとっては大きな課題だったのだが、まったく異なる観点から解決する方法があった。 実はヤマトと組むことを決めた時点で、セブンミールの事業モデルは本質的に変わっている。 当初は? 事業〞として利益を生み出すことを最大の目的としていたのだが、およそ三年ほど前からは、セブンイレブンのFC店ヤマト運輸・宅急便第2営業部の上野真弘氏.

次の

セブンイレブンの宅配「セブンミール」の口コミ評判。実際に使ってみたらめちゃ便利でした

セブン ミール サービス

セブンイレブンの食材宅配サービス・セブンミールとは セブンイレブンで取り扱っている食材の宅配サービスに、お急ぎ便!もっとお急ぎ便!と急に入用になった食材にも対応してくれるんですって。 nanacoのポイントも貯まるセブンミールの魅力や申込み方法、手数料を分かりやすく説明します。 利用者の感想も参考にどうぞ。 セブンミールのサービス内容は? セブンミールではセブンイレブンで取り扱っている食材や食品のほかにも、お取り寄せ商品の購入や健康食品・サプリメントの購入も可能となっています。 またお酒や生活雑貨も取り扱っていますし、ギフト用のセットにも対応しているので贈り物も手軽に注文できます。 食材に関しても、食材単体のほかにも毎日宅配してもらえるお弁当も取り扱いがあります。 特にお弁当に関してはエリア限定で販売されているものがあったり、健康面に配慮されたものなどその人の状態に応じて使い分けが可能です。 ほかにも商品の届け先は自宅以外にも職場やオフィスなども対応しており、 「お急ぎ便」「もっとお急ぎ便」など急遽必要になったものをすぐに届けてもらえるサービスもあります。 参考サイト: セブンミールを利用する際の初期費用について セブンミールを利用するためには会員登録が必要ですが、会員になるための 入会費や年会費は無料となっています。 そのため初期費用は無料なので、注文した商品の代金のみが毎月かかるようになります。 セブンミールを利用する際の送料や手数料は? セブンミールを利用する際には500円以上から注文できるようになっています。 その際にかかる 送料や手数料は無料なので、支払う金額は注文した商品の代金のみです。 セブンミールの取扱商品について セブンミールでの取扱商品は、基本的に最寄のセブンイレブンで取り扱っている商品全般が対象です。 毎月発行されているカタログに掲載されている商品数はおよそ1000点ほどで、500円以上であれば1点からでも注文できます。 取り扱っている商品の内容としては食材のほかにもお取り寄せやギフト商品、健康食品やサプリメント、生活雑貨があります。 食材に関しては販売されているお弁当のほかにも、 毎日届けてもらえる献立弁当も多種用意されているところが魅力です。 セブンミールのおすすめポイントは? セブンイレブンの宅配サービスであるセブンミールの魅力は、 近くて便利なコンビニがさらに身近に利用できるところにあります。 毎月定期的に利用する場合以外にもその都度必要な時だけ注文も出来ますし、500円から送料無料で利用できるところは大きなおすすめポイントになっています。 ほかにも支払い方法は現金やクレジットカードなど選択できますし、セブンイレブン専用の nanacoカードで支払うとポイントが還元されるので貯まったポイントを別のところで活用できるのです。 他のクレジットカードでもポイントが還元されるので、ポイントを上手く溜めたいと言う人にもおすすめです。 このように誰もが手軽に利用できるだけではなく、便利に利用できるところがセブンミールの最大のおすすめポイントとなっているのです。 参考サイト: セブンミールはお得で便利でした 入会手続きも簡単 私は以前からコンビニチェーンの中では商品の品ぞろえや価格帯といった面でもセブンイレブンさんが気に入っており、セブンイレブン関連の商品を届けてくれるセブンミールの存在を知って利用することにしました。 インターネットで気軽に申し込みすることができましたし、 入会金や年会費なども無料なので会員になるまでのハードルはとても低く、トラブルなくすぐに入会することができました。 支払いに関しても後日指定した記入口座から自由に引き落としができるほかに、 最寄りのセブンイレブンでも1か月分まとめて支払いできるのでとても便利でありがたかったです。 健康バランスの取れた品揃えに感動 我が家は現在夫婦2人暮らしなのですが、 セブンミールでは1人前単位から注文できるお弁当やお総菜といった食品の品ぞろえが豊富に用意されていますので、まったく飽きることがありませんでした。 セブンミール専属の管理栄養士が監修する健康バランスによく配慮されたメニューばかりなので安心です。 また お気に入りはカット済みの食材セットで野菜などがあらかじめ煮物や汁物などを食べる際のサイズにカットされているので、 自宅で調理する手間が省け助かっています。 セブンプレミアムブランドのお菓子や飲み物といった商品も豊富に用意されているのでこちらのブランドが好きな夫も喜んでいます。

次の