俺 の 気持ち を 答え なさい。 子供の頃の謎。国語「登場人物の気持ちを答えなさい」を考えてみる

タモリ倶楽部でも特集された「作者の気持ちを答えよ」問題にまつわる根強い誤解|矢野利裕|FINDERS

俺 の 気持ち を 答え なさい

2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月•

次の

#1 比企谷八幡の心は動かない

俺 の 気持ち を 答え なさい

スポンサードリンク 奇抜な次の問いに答えなさい(笑)8選 今回紹介するのは、奇抜な次の問いに答えなさい(笑)8選です。 ぜひご覧ください。 「料理が出来る男はモテる!」 「カメラが趣味の男はモテる!」 「仕事が出来る男はモテる!」 「女の気持ちが解る男はモテる!」 「サブカルに詳しい男はモテる!」 「好きな事に情熱を注いでいる男はモテる!」 「たくさん食う男はモテる!」 Q:上記の前提となる条件を答えなさい(5点) — アラブ三郎 alovesun 3. 【問】朝のクソ忙しい時間帯、もっちゃりもっちゃりとスローフードを満喫している3歳児に「早くしなさい」という言葉を使わず、かつ機嫌を損ねてギャン泣きさせ一層無駄な時間を費やすことを防ぎつつ、早くご飯を食べ終わらさせる方法を求めよ。 【問題】 次のうち作成されたのが最も新しいファイルを選びなさい 修論暫定版. tex 修論最終版. tex 修論修正版. tex 修論完成版. tex 修論完成版2. tex 修論完成版ver3. tex 修論完成版のコピー. tex 修論完成版のコピーのコピー. tex 修論印刷版. tex 修論提出版. tex 修論提出版(修正済). tex shuron. 信じられないぐらい積もった雪をかきわけて授業参観に来てみたら息子が日にちを間違えていたらしく保護者は自分一人だと知った時の父親の気待ちを140字で述べよ。 (10点) — ヲノサトル wonosatoru 7. 問1 あなたは彼女と服屋さんにいます。 彼女が服Aと服Bを手に取り「どっちがいいかな?」と聞きました。 ベストな解答を答えなさい。 (配点2点) 正解 「え?どれ?」と2つ手に取り「んー、どっちもアリなんだけど俺はこっちかな…でも、どっちも好きだから2つとも着てよ」と言って両方自分が買う。 当直中、先輩医師の妻から外線連絡「夫につないで下さい 今日当直のはずなんですけど…」 本日、その先輩医師は当直ではない。 どのように対応すべきか 30秒以内に述べよ。

次の

小学校の国語の問題で、この時の◯◯の気持ちを答えなさい。そして、答えに...

俺 の 気持ち を 答え なさい

比企谷八幡の心は腐っていた。 中学三年の時、折本という女に恋をしてしまい、つい告白をしてしまった。 結果は…なんとOKをもらった。 比企谷八幡は嬉しくなり、思わず涙目になるほど喜んだ。 …その裏に隠された気持ちがあることが知らずに。 中学卒業間近、折本から別れ話を出された。 比企谷八幡は別れたくなく、別れたい理由を聞いた。 理由は、他に好きな人ができたから。 比企谷八幡は、誰だと聞いたが誤魔化され、一方的に別れさせられた。 その日の夜、比企谷八幡は泣いた…。 その翌日から、比企谷八幡は死んだ魚のような目になり、クラスメイトは気持ちが悪いと近寄らなくなった。 しかし、たった一人だけ比企谷八幡に声をかけた女子が居た。 とても優しく気遣いができる人だった。 話していくうちに、比企谷八幡はその女子に心が惹かれていった。 またしても、比企谷八幡はその人に告白 してしまった。 返ってきたのは、告白の返事ではなく、嘲笑であった。 そして、 「気持ち悪いからやめてくんない?どんだけちょろいんだよ(笑)」 という言葉であった。 折本とその女子は友人であった。 比企谷八幡は遊び道具として扱われたのだ。 その日の夜、比企谷八幡は洗面所で嘔吐してしまった。 翌日、その事を知ったクラスメイト達は、流石にひどいと思ったのか、折本らを責めたてた。 その事が唯一の心の励みとなった。 卒業式当日、卒業アルバムの余白のページにクラスメイト達が書きにきてくれた。 比企谷八幡は驚いたが、同時に喜んだ。 しばらくし、自分の卒業アルバムを受け取ると、そこには、 『マジキモい』『死ね』『お前と話しているとき吐き気がした』『人類のゴミ』『いや、ゴミ以下だろ(笑)』『やめろよお前ら!こいつが泣いたら、もっとキモくなるだろ(笑)』『折本ら責めたの、あれ演技だから(笑)』 その日から、比企谷八幡は誰も信じられなくなった。 それから一年後。 [newpage] 「比企谷、このレポートはなんだ?」 その声の主は、平塚静。 現国の先生をやっている。 見せられたレポート用紙には何も書かれておらず、唯一書かれているのは、クラスと番号と名前だけだった。 「いや、何も書くことがなかったんで。 」 レポートのタイトルは『高校生活を振り返って』だ。 「ほんとに何もなかったのか?」 「はい、特には。 」 「…はあ、比企谷。 友達はいない…よな?」 「いませんよ。 」 別にホントの事なんで普通に答えた。 「そ、そうか…。 ちょっとついて来い。 」 「はい、わかりました。 」 と答え、本当は行きたくないのだが、労力の無駄だと判断し、ついて行った。 連れてこられた場所は、なんの変哲もない教室。 プレートには何も書かれておらず、普通の生徒は近寄りさえしないだろう。 平塚先生がスライド式の扉を開けると、そこには一人の女性が座って読書をしていた。 「平塚先生、ノックをしてから入って下さい。 」 「あーすまないな。 」 「それでそのゾンビのような男は?」 「この男の名前は、比企谷八幡だ。 」 自分で言うのもめんどくさいので、平塚先生が言ったあとにお辞儀をした。 「その男が今回の依頼人ですか?」 「いや違う、これは私からの依頼だ。 この男を普通の男子高校生にして欲しい。 」 「普通…と言われましても。 」 「…あーすまない。 この男の心は腐っているのだ。 それ故、何も感じない。 」 「腐っている?それに、何も感じないとは?」 そう言って、その少女は比企谷八幡の顔を見る。 「目は腐っているようなのですが、心もですか?」 「そう、心もだ。 」 「…」 …たしかに俺の心は腐っている。 たぶん目も。 いや、確実に。 だから、腐っているとかゾンビのようなとか言われても、別に気にしない。 それは自分が1番分かっていることだからだ。 「そこの比企…谷君?腐っているとはどういうことなの?」 「…俺に聞かれてもな。 」 「いいから答えなさい。 」 「…はあ、めんどくさい。 」 「…!!文句があるならはっきり言いなさい。 」 「文句はない。 ただどんなふうに腐っているとか、自分で言うのはおかしいだろ?」 「確かにそうね…じゃあ、平塚先生腐っているとは、どういうことでしょう?」 「こいつは自分の意見を言わないし、他人の意見に賛同することも反対することもない。 …自分の悪口を言われても何も文句は言わない。 …そこらへんに落ちている石ころと同じだ。 」 「だから、腐っていると…。 」 そう平塚先生は言って立ち上がる。 「それじゃあ任せたぞ雪ノ下。 」 そう言って平塚先生は教室の外へと去って行った。 その後に俺もついて行く。 「っておい!お前はここにいるんだ!」 「…わかりました。 」 そう言って俺は立ち止まった。 俺が止まったことを確認すると再び平塚先生は去っていってしまった。 比企谷八幡の心は腐っていた。 中学三年の時、折本という女に恋をしてしまい、つい告白をしてしまった。 結果は…なんとOKをもらった。 比企谷八幡は嬉しくなり、思わず涙目になるほど喜んだ。 …その裏に隠された気持ちがあることが知らずに。 中学卒業間近、折本から別れ話を出された。 比企谷八幡は別れたくなく、別れたい理由を聞いた。 理由は、他に好きな人ができたから。 比企谷八幡は、誰だと聞いたが誤魔化され、一方的に別れさせられた。 その日の夜、比企谷八幡は泣いた…。 その翌日から、比企谷八幡は死んだ魚のような目になり、クラスメイトは気持ちが悪いと近寄らなくなった。 しかし、たった一人だけ比企谷八幡に声をかけた女子が居た。 とても優しく気遣いができる人だった。 話していくうちに、比企谷八幡はその女子に心が惹かれていった。 またしても、比企谷八幡はその人に告白 してしまった。 返ってきたのは、告白の返事ではなく、嘲笑であった。 そして、 「気持ち悪いからやめてくんない?どんだけちょろいんだよ(笑)」 という言葉であった。 折本とその女子は友人であった。 比企谷八幡は遊び道具として扱われたのだ。 その日の夜、比企谷八幡は洗面所で嘔吐してしまった。 翌日、その事を知ったクラスメイト達は、流石にひどいと思ったのか、折本らを責めたてた。 その事が唯一の心の励みとなった。 卒業式当日、卒業アルバムの余白のページにクラスメイト達が書きにきてくれた。 比企谷八幡は驚いたが、同時に喜んだ。 しばらくし、自分の卒業アルバムを受け取ると、そこには、 『マジキモい』『死ね』『お前と話しているとき吐き気がした』『人類のゴミ』『いや、ゴミ以下だろ(笑)』『やめろよお前ら!こいつが泣いたら、もっとキモくなるだろ(笑)』『折本ら責めたの、あれ演技だから(笑)』 その日から、比企谷八幡は誰も信じられなくなった。 それから一年後。 [newpage] 「比企谷、このレポートはなんだ?」 その声の主は、平塚静。 現国の先生をやっている。 見せられたレポート用紙には何も書かれておらず、唯一書かれているのは、クラスと番号と名前だけだった。 「いや、何も書くことがなかったんで。 」 レポートのタイトルは『高校生活を振り返って』だ。 「ほんとに何もなかったのか?」 「はい、特には。 」 「…はあ、比企谷。 友達はいない…よな?」 「いませんよ。 」 別にホントの事なんで普通に答えた。 「そ、そうか…。 ちょっとついて来い。 」 「はい、わかりました。 」 と答え、本当は行きたくないのだが、労力の無駄だと判断し、ついて行った。 連れてこられた場所は、なんの変哲もない教室。 プレートには何も書かれておらず、普通の生徒は近寄りさえしないだろう。 平塚先生がスライド式の扉を開けると、そこには一人の女性が座って読書をしていた。 「平塚先生、ノックをしてから入って下さい。 」 「あーすまないな。 」 「それでそのゾンビのような男は?」 「この男の名前は、比企谷八幡だ。 」 自分で言うのもめんどくさいので、平塚先生が言ったあとにお辞儀をした。 「その男が今回の依頼人ですか?」 「いや違う、これは私からの依頼だ。 この男を普通の男子高校生にして欲しい。 」 「普通…と言われましても。 」 「…あーすまない。 この男の心は腐っているのだ。 それ故、何も感じない。 」 「腐っている?それに、何も感じないとは?」 そう言って、その少女は比企谷八幡の顔を見る。 「目は腐っているようなのですが、心もですか?」 「そう、心もだ。 」 「…」 …たしかに俺の心は腐っている。 たぶん目も。 いや、確実に。 だから、腐っているとかゾンビのようなとか言われても、別に気にしない。 それは自分が1番分かっていることだからだ。 「そこの比企…谷君?腐っているとはどういうことなの?」 「…俺に聞かれてもな。 」 「いいから答えなさい。 」 「…はあ、めんどくさい。 」 「…!!文句があるならはっきり言いなさい。 」 「文句はない。 ただどんなふうに腐っているとか、自分で言うのはおかしいだろ?」 「確かにそうね…じゃあ、平塚先生腐っているとは、どういうことでしょう?」 「こいつは自分の意見を言わないし、他人の意見に賛同することも反対することもない。 …自分の悪口を言われても何も文句は言わない。 …そこらへんに落ちている石ころと同じだ。 」 「だから、腐っていると…。 」 そう平塚先生は言って立ち上がる。 「それじゃあ任せたぞ雪ノ下。 」 そう言って平塚先生は教室の外へと去って行った。 その後に俺もついて行く。 「っておい!お前はここにいるんだ!」 「…わかりました。 」 そう言って俺は立ち止まった。 俺が止まったことを確認すると再び平塚先生は去っていってしまった。

次の