カナダ 素材。 カナダのコインと紙幣をお見せします デザインはこれです

カナダのコインと紙幣をお見せします デザインはこれです

カナダ 素材

カナダは昔、正式な国旗がありませんでした。 1世紀近くもの間、国旗に関する論争が続き、1964年に何人かが共同でデザインしたものが議会委員会で検討され、さらに論議を重ねて翌年正式に制定されました。 赤と白はカナダの公式色です。 これは、1921年にキング5世がカナダの王室を宣言して、その際に赤と白をカナダのシンボルカラーとしたためです。 中央に描かれているのは、カエデの葉(メープルリーフ)です。 カエデの葉は、18世紀以来カナダの紋章として使用されてきたもので、カナダの国旗は別名「メイプルリーフ旗(The Maple Leaf Flag)」と呼ばれています。 葉のとけの数に特別な意味はありません。 風洞試験により、このデザインが強風条件下で試験したときに、さまざまな形の中で最もぼやけていないことが確認されたのちに、葉のとげの数と配置が決められました。 現在のカナダ国旗が決まるまで 第二次世界大戦中、レッド・エンサイン(赤地にカントンのユニオンフラッグ)はカナダの国旗として認められていました。 1946年の特別合同委員会が推奨する国旗 1960年代までに公式のカナダ国旗に関する議論が激化して、それは政治的な論争の対象となり、1964年の大国旗議論で頂点に達しました。 1963年、レスター・ピアソン党首の少数派自由党政府が権力を得て、15人から成る多党議会委員会を設置し、いくつかの案の中から新しいデザインの選考が始まりました。 カナダのモットーである「海から海へ」を表した両端の青と3つのカエデの葉を組み合わせた案をピアソンは推しました。 この案は「ピアソンペナント」と呼ばれています。 翌年、新しい自由党委員会が結成されました。 ピアソンペナント案と現在の国旗の基となる単一葉の案が競い、投票の結果、単一葉の案が選ばれました。

次の

ポリマー紙幣

カナダ 素材

【北米の大規模建築で活用広がる】 国内における大規模木造建築物に対する関心が高まる中、北米では一足早く、木造用木質材料を使った大規模木造建築の計画が増加している。 カナダの林産企業で組織する「カナダ林産業審議会」の日本事務所(カナダウッドジャパン)のショーン・ローラー代表は「ここ5-6年でマスティンバー(比較的質量の大きい構造用木質材)の利用が加速し、北米では大規模木造建築が珍しい存在ではなくなってきた」と語る。 日本の建築市場における木材利用拡大に向け、NLT(釘接合集成板)を含む木材全般の利用拡大を促進する活動を進める。 その後、SDGs(持続可能な開発目標)への企業の関心の高まりとともに、大規模建築物での木材利用の動きが徐々に出始めている。 北米におけるマスティンバーの普及は少し早く、「10年前にはそれほどの量はなかったが、現時点ではマスティンバーを使った建物が500カ所以上で設計中だ」(ローラー代表)と明かす。 その多くが12-18階建ての高層ビルだ。 背景には「システムエンジニアやソフト会社の人手が不足している」(同)という現象がある。 「給与だけでなく、若い人の就労環境を良くするため、社屋などにマスティンバーの利用を求める施主が増えた」(同)という。 麓英彦日本副代表は「マスティンバーは質量も大きいためCO2を効率よく貯留できる。 LEED(環境性能評価システム)認証でもプラチナやゴールドを取得しやすいと言われている」と語る。 カナダ・モントリオールの延べ5万5500㎡のコンドミニアムでは、CLT(直交集成材)をふんだんに使うことで「高い断熱性能によるランニングコストの低下につながった」(ローラー代表)。 北米企業の間で、若年エンジニア不足が顕在化する中で、SDGsや環境への意識が高まり、第三者による環境性能の評価を得られた良質な就労環境を提供できるマスティンバーの利用が一気に広まっている。 製品が普及すれば、サプライチェーンの裾野が広がる。 12年には3カ所だったマスティンバー工場が19年末には14カ所に増え、さらに7工場の新設も計画されており、「補助金に頼る育成市場から脱却し、本格的なビジネスになってきたことを示している」(同)。 木質材料として日本国内で利用が広がっているのは、CLTだ。 木の繊維方向が直交するように重ね合わせて接着し、強度が高いのが特長で、建築基準法に基づく一般的な設計法も施行されている。 それは「100年以上前に北米の都市部で建てられた7-8階建ての木造ビルの床構面にNLTが使われていた」(麓副代表)という歴史的経緯だけでなく、「釘で接合している製材品同士を少しずつずらすことで曲面をつくりやすい。 接着剤を使わないため、化石燃料不使用という環境面のメリットもある。 うまく使えば、解体後にバラして再利用することも可能。 NLTと鉄筋コンクリートを一体化し、床構面で使うこともある」(同)といった使い勝手の良さが理由になっている。 ローラー代表は「曲面の屋根にはNLTを使うなど、適材適所で組み合わせることが大事」と指摘する。 カナダ林産業審議会の日本国内での活動は、国内でのツーバイフォー工法のオープン化とともに始まった。 国内団体と共同での準耐火試験や構造試験など同工法の普及を進めてきた。 今後も、大規模建築での木材利用のための大臣認定取得支援など「NLT、CLTを問わず、木材利用の拡大に向けて活動できれば」(ローラー代表)と意欲を示す。 日本のゼネコンには「特殊な技術での木材利用ではなく、一般的に使える技術の開発を進めてほしい」(同)と呼びかけた上で、カナダでの状況を踏まえ「木材を利用するためには、製材から構造設計まで総合的なサービスをパッケージで提供する必要がある。 国内で普及するためにはゼネコンにも木材を扱える構造設計者の存在が重要だ」と指摘する。

次の

カナダ発Roots(ルーツ)|おすすめ商品6選!日本に店舗はある?

カナダ 素材

光を曲げるレンズのようなものだそうです。 着用した者をあたかも透明人間のようにしてしまう、『攻殻機動隊』の 熱光学迷彩、もしくは『メタルギアソリッド』の ステルス迷彩、さらには『ハリー・ポッター』の 透明マント。 存在しないがために呼び名がいろいろありますが、あのSFアイテムは誰もが憧れる一品ですよね。 人類はこれを実現させようと、さまざまな研究が行われてきました。 現代科学の粋を集めれば生み出せそうな気もしますし、時空を捻じ曲げでもしない限り、そんなこと不可能じゃないの? という気もするのですが…コレが ホントに実現しそうなのです。 スクリーン状の素材「量子ステルス」 作っているのはカナダの軍服メーカー、で、この技術は 「量子ステルス(Quantum Stealth)」と名付けられ、現在は特許申請中とのことです。 もありますが、まずは短めの動画ででチェックしてみてください。 Video: なるほど、警備用の 盾に使えば対峙する側はどこを狙えば良いのかわからなくなりますし、肉眼に限らず近紫外、近赤外、短波赤外線スペクトル、熱スペクトルで見てもかなり隠れられています。 それに少し 湾曲させると、真後ろにあるヘルメットも完全に見えなくなってしまいましたね。 逆光とはいえ外からの光を反射しているにも関わらず、です。 左右反転も出来る で確認できるのですが、この「量子ステルス」はレンズのような役目も果たすことから、一定の距離を離れると背後で人物が歩く方向とは 反対に歩いているように反射されます。 これも敵を撹乱させるのに役立つとのこと。 「量子ステルス」のニュートラル・ゾーンとデッド・ゾーンとを、中央と外側のどちらに設定するかで、反射の仕方が変わるそうです。 また 円筒状にした中に物体を置いたテストもあり、これも背景は透けて見えるのに物体があるのかどうかすらも、非常にわかり辛い感じに反射しています。 タネ明かしは、光の波長を相殺させる、 破壊的干渉を人工的に起こしているから…なのだとか。 4つの特許はどれもスゴい ハイパーステルス社のによりますと、この素材に電力は使わず、昼夜を問わず人、乗り物、船、宇宙船、建物などを隠すことが可能とあります。 また、同社はこの技術で 4つの特許を出願しています。 ひとつ目はこの素材そのもので、ふたつ目は 太陽光パネルに利用することで、既存のパネルの 3倍以上の電力を提供するというもの。 3つ目は裏側にプロジェクターを使い、「量子ステルス」をスクリーンとして使うと ホログラフのような映像が浮かび上がるディスプレイ・システムで、4つ目は レーザー光線を散乱させるというもの。 「量子ステルス」に一筋のレーザーを照射すると、それが 388万8000本に分散させられるらしく、たとえは自動運転車で必須のなどレーザーを使った距離測定をもっと精密にすることが可能になるのだそうです。 そのおかげで ステルス戦闘機の検知にも役立つというから、目には目を、ステルスにはステルスを、って感じがSF感をより高めてくれます。 軍事目的オンリーというけれど いわく、紙のように薄く作られた「量子ステルス」の特許は、 軍事的な目的でしか利用できないのだそうです。 ハロウィーンの仮装に使うくらいなら可愛いものですが、もし犯罪組織やテロリストに悪用されたらトンでもないことになりそうです。 当然ながら戦地に投入されるのでしょうけども、太陽光パネルやLiDERなどの応用なら身近に役立ちそうですよね。 Source: , , , , via• Tags :•

次の